龍が如く7 光と闇の行方(Yakuza: Like a Dragon)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く7 光と闇の行方』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第7作目に当たる作品である。キャッチコピーは「ゲームに飽いた人たちへ」。本作は、龍が如くの主人公であった桐生一馬に代わり春日一番が主人公となり、彼がどん底に突き落とされてから本物の龍になるまでの姿を描いている。

『龍が如く7 光と闇の行方』の概要

『龍が如く7 光と闇の行方』は、2020年1月16日にセガゲームスにより発売されたPlayStation4専用のゲームソフトである。PlayStation4のほか、SteamやXbox Series Xのローンチタイトルで配信されているというのは、ナンバリングタイトルの中でも本作が初となる。
2019年8月29日に「『龍が如く最新作』記者発表会」で発表されたタイトルで、今作は、「龍が如く6 命の詩。』の続編にあたる作品である。
今作の大きな特徴として、前作までの主人公「桐生一馬」に代わって「春日一番」が今作の主人公となっている点である。またその他登場人物も一新、ストーリーもこれまでにない新しいエピソードが描かれている。そして、アドベンチャー部分に大きな変更はないが、従来のアクションバトルではなくコマンド選択型RPGに変更された。2018年11月21日にスマートフォンアプリとして配信されていた『龍が如く ONLINE』も主人公は春日一番だが、こちらで描かれるストーリーは、序盤の導入部分は同じながら、それ以降は若干異なっている。
舞台はこれまでの東京の神室町や大阪の蒼天堀も含まれるが、メインとなるのは横浜をイメージした伊勢佐木異人町で、これまでにないマップの広さを縦横無尽に歩き回ることができる。
さらにゲスト出演として、俳優の中井貴一、堤真一、安田顕などが物語の中に登場し、「『龍が如く最新作』助演女優オーディション」に合格した鎌滝えり、宮越愛恵、里々佳、沢すみれ、柳いろはの5名が登場する。特に、グランプリに選ばれた鎌滝えりはプレイアブルキャラクターとして春日達と共に戦わせることができる。
2020年3月4日には、全国での累計出荷本数40万本突破の記録を見せるなど、世界中で注目される龍が如くシリーズの最新作である。

『龍が如く7 光と闇の行方』のあらすじ・ストーリー

第一章「光と影」

春日一番の初登場シーン。神室町のソープランド「桃源郷」で生まれ、荒川組で活動する裏表のない熱血漢である。

荒川真澄の初登場シーン。荒川組のトップであり春日にとって命の恩人、そして生きがいとなった人物である。少年時代は大衆演劇の一座で女形として活躍していたが、座長である父親が何者かに殺害され一座が解散したことをきっかけに極道の世界へと足を踏み入れた。

春日一番と荒川真澄の出会い。荒川はハッタリで呼び出されたにも関わらず、縁もゆかりもなかった春日を助けるために、自分の指を切り落とすことで助け出した。

荒川真澄は旅役者一座の一人だった。座長である父親は、中華料理店で謎の襲撃に会い殺害されてしまう。

春日一番は、両親の顔を知ることなく、ソープランド「桃源郷」で生まれ、両親の顔も知ることなく子供のころから神室町で荒れた生活を送っていた。そんなある日、春日はヤクザに喧嘩を売ってしまい誘拐されてしまう。「このままでは殺される......」そう感じた春日は、助かるために東城会の三次団体「荒川組」の名前を口にし、「自分は荒川組の人間である」とハッタリをかませてヤクザを脅そうとした。それを聞いたヤクザは荒川組に連絡をし、本当に組長の「荒川真澄」を呼んでしまう。「嘘がばれてしまう、このままでは殺される......」と諦めかけた春日の前で、荒川真澄は自身の指をケジメとして切り落とし、春日を連れ出すのだった。助けられたのち、お礼を言おうとする春日を荒川は殴り倒す。「ヤクザは一度でも弱いトコを見せたら終いだ」と言い荒川組の看板を守るためだったと春日に言い放つ。春日は「俺のコトなんか知らないって放っておいても......どうして......!?」という問いに対し、荒川は「さぁなぁ......俺を知ってたガキの前でカッコつけたかっただけかもな」と答えるのであった。この時、春日は自分のために尽くしてくれた荒川真澄に忠を尽くすことを決め、荒川組に入ることを決めたのである。こうして、春日と荒川の出会いは始まった。荒川真澄もまた、春日のように若くして家族を失った一人だったのである。幼いとき劇団の一員として父親と各地を飛び回っていた荒川は、中華料理店で父親が何者かによって射殺されてしまい劇団は解散、極道の世界へと足を踏み入れるきっかけとなった。

沢城丈の初登場シーン。荒川真澄に仕える武闘派の若頭で、シノギすらまともにできない春日一番を目障りで疎ましいと思っている。

荒川真斗の初登場シーン。荒川真澄の一人息子で、病気により生まれつきの車いす生活を余儀なくされている。ヤクザに対してコンプレックスがあり自分の父や春日のことをあまり良はく思っていない。

安村光雄の初登場シーン。春日の舎弟であり良き理解者で、周囲からはミツと呼ばれている。

堀之内十郎の初登場シーン。警視庁に入庁したエリートで、キャバ嬢である夢乃が惚れていた人物。陰で夢乃とともに荒川真斗の存在を嘲笑していた。

時は2000年、春日は荒川組の若頭となって安村光雄(ミツ)をしたがえ、荒川真澄の右腕である沢城丈に激しく叱責、罵倒されながらもシノギに勤しむ毎日を送っていた。また、春日は荒川真澄の息子である真斗の世話も任されていた。真斗は生まれつき下半身不随のため車いす生活を余儀なくされている荒川真澄の一人息子である。春日は真斗を若と慕い、その日も真斗が行きつけのキャバクラに同伴し世話をしていた。真斗は「今日は特別な日だ」と言い、非合法の薬品を使おうとする。春日の制止を振り切り注射を打つと、足が歩けるレベルまで回復した。向かったキャバクラでは、真斗は金に物を言わせ、夢乃というお気に入りの彼女へ高級時計プレゼントを渡して楽しい時間を過ごしていた。しかし、その後、春日はトイレで神奈川県警から警視庁として入庁した堀之内十郎と夢乃が親密な中であることを盗み聞く。さらに、そこで夢乃が真斗をヤクザの息子ということで良く思っていないことも聞いてしまうのだった。真斗は、先ほどまでの元気はなくなっており、春日に札束を投げ渡すとそのままクラブを後にした。その後、春日は荒川真澄と食事の約束をし、その道中で、春日は荒川から真斗の母親の話を聞かされる。24年前の大晦日、荒川は氷川興産という下っ端の組織に勤めていて、そこの組長から娘をもらってほしいと頼まれていた。しかし、荒川は、茜という別の女を愛し、隠れて付き合っていたのだった。結局茜との間に子供ができた荒川は、その赤ん坊が生まれるかどうかというタイミングで「俺には決めた女がいる」と組長に話を打ち明けるが、組は荒川を許さずに袋叩きにした。さらに組長は茜とその赤ん坊も殺すように、部下に命令をしてしまうのだった。命からがら逃げ出した荒川は、茜に電話をして病院から離れるように言い、喫茶「アルプス」で落ち合うことを伝えた。しかし、茜はそこには現れず、捕まってしまったのではないかと身を案じる荒川に茜から一本の電話がかかった。そこで荒川は、赤ん坊が生まれたこと、逃げて新宿駅のコインロッカーにいることを聞かされる。荒川は茜へ赤ん坊をロッカーに隠すことを提案し、あとで受け取りにいくことを伝えた。組に追われながらもコインロッカーへたどり着いた荒川は、そこで鍵を素手で壊し赤ん坊を見つけ出すことに成功する。春日は、荒川からそれが今の真斗だったこと、真斗はそのときの影響で低体温症にかかってしまい足が不自由になってしまったこと、茜は結局、氷室興産に連れ去られ殺されてしまったことなどを聞かされたのである。荒川は、「お前にはいずれ話しとこうと思っていた」と言い、春日とともに北京ダックを食べるために中華料理店へ向かうのだったが、大晦日のために休業していた。春日は自分の生まれた場所、ソープランド「桃源郷」の前を通り、23年前の1月1日に生まれたこと、母は産んですぐに失踪、父の代わりは血のつながりのない桃源郷の店長であったこと、荒川真澄と出会った日のことなどを思い返すのであった。

荒川に身代わりを頼まれる春日。親っさんへの恩返しができるという嬉しさから涙がこみ上げる。

後日、春日は荒川真澄に呼び出される。荒川は、沢城丈から電話があり、坂木組の組員である鈴森を殺してしまったと連絡が入ったことを春日に伝える。坂木組と言えば荒川組と因縁の深い東城会直径の組織である。東城会直径である坂木組が殺されたということが明るみになれば、荒川組は大きな痛手となる。沢城を失うわけにいかない荒川は、春日に頭を下げ、「務めに行ってもらえねぇか......イチ」と言い放った。下っ端の春日を身代わりに差し出し、被害を抑えようと考えていたのだ。ばつが悪そうな荒川に対して、春日は「頭下げるのは俺のほうですよ。俺ぁ、ずっとこんな日を待ってました。親っさんに恩返しできる日を......!」と言って涙を流し、荒川の提案を受け入れて警察へと出頭をするのだった。

第二章「血の再会」

足立宏一の初登場シーン。神奈川県警所属の警察官で、現在は免許センターの職員。春日が初めて仲間にする人物である。

春日は18年という刑期を終えるも、そこに荒川真澄は待っていなかった。

偶然にも、春日は鈴森の墓参りで荒川真澄の姿を見つける。しかし、春日の声が届くことはなかった。

崩壊後の桃源郷を訪れた春日と足立。東城会がいなくなり神室町はかつての街の様子とはまるで違っていた。

沢城をかばう形で刑務所務めを続けていた春日であったが、他の収容者との間で暴力事件を起こしてしまい3年刑期が伸びてしまう。そんなある日、収容中に荒川真澄から手紙が届く。内容は、刑期が延びなければ今頃は盛大に迎え入れていた、それが叶わずに寂しい想いをしているというものだった。「親は子がいて、初めて親になれるのだ」その言葉を読んだ春日は涙し、自分の過ちを反省する。時は2019年、18年という長い刑期を経ていよいよ出所日を迎え、刑務所の出口には荒川の親っさんが待っていてくれる......春日はそれを心待ちにしていたが、外には荒川の姿がなく唖然とする。ただ茫然と立ち尽くす春日の前に元刑事の足立宏一と名乗る男が現れた。足立は春日の個人情報を網羅していて、殺人を誰かの肩代わりしていることをにらんでいてマークしていたのである。春日は後をつけてくる足立を無視し大晦日の夜に沢城が撃った鈴森の墓参りに訪れた。そして、そこで偶然にも荒川真澄の姿を目にし「親っさん!!荒川の親っさん!!一番です!!」と声を荒げて荒川を呼ぶが、見知らぬふりをされてしまう。そこで春日は、荒川が東城会と抗争状態にあるはずの近江連合の墓参りをしていたことを知る。今の荒川は東城会を裏切り、近江連合若頭代行となっていたのだった。春日は足立から、かつての神室町を闊歩していた東城会が神奈川県警の3K作戦(ヤクザに食わせない、稼がせない、居住させない)により壊滅していたこと、東城会の内部情報を横流していた背景に荒川組があったこと、さらに近江連合が神室町で活動できるよう警察庁にも賄賂を渡していたことなどを聞かされた。もはや神室町は完全に近江連合のものとなってしまっていたのだが、それでも春日は信じようとしなかった。足立は春日に、神室町に居場所がないことを伝え、警察庁の不正捜査に協力させるために横浜へと連れていこうとするが、春日はその場を立ち去り神室町へと戻ってしまう。スマートフォンや電子タバコという文明の発達に驚きを隠せない春日、呆然としながらもかつての荒川組事務所へと向かうとそこは空きテナントとなってしまっていた。荒川組はどうなっているのか捜査を続ける中で、かつての知り合いである情報通「牛尾」が何か知っているかもしれないということを耳にする。牛尾を探し出すことに成功した春日は、荒川真斗が病気が悪化して死んだこと、それにより荒川真澄が変わってしまったのではないかと聞かされる。荒川組の真実を聞き行く当てがなくなった春日は、自分の生まれた家「桃源郷」へと立ち寄ったが、桃源郷は春日が服役中に抗争の舞台となったために見る影もなくつぶれていた。桃源郷の前で足立と再会し、様々に変わる状況を目にした春日は、東城会が壊滅したという事実を受け入れるほかなかった。足立はそこで改めて捜査を頼み込み、春日もそれに協力することを決めるのであった。

ニック・尾形の初登場シーン。春日にスマートフォン操作を教えることがきっかけで知り合いになる。この物語のキーを握る重要人物でもある。

平安楼にて沢城との再会を果たす春日。武闘派としての腕は衰えず、荒川真澄に会おうとする春日の前に立ちはだかる。

kazamidori-futa
kazamidori-futa
@kazamidori-futa

Related Articles関連記事

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents