龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

これまでのシリーズ作品と同じように、接客してほしいキャバ嬢の指名、ドリンクやフードの注文、トークや同伴といったコマンドをうまく使い、さらに何度も通って接客を受けてキャバ嬢の好感度を上げていくのがこのキャバクラでの攻略の目標となる。そして新要素として「フリーアクションシステム」が追加され、これまでのシリーズ作品ではキャバ嬢の話を聞くだけだったが、聞き手側である主人公からも話題を振ったり、追加オーダーの注文やプレゼントなど様々なフリーアクションを行うことができるようになった。さらに店でのひと時の後に一定確率で発生した、お店の外へ出て街を一緒に歩くデートイベント「アフター」にいつでも誘うことができるようになった。しかし、承諾するかはキャバ嬢の気分次第となり、その後も何度も頼むことができるが機嫌を損ねてしまい好感度が大きくダウンしてしまうこともあるので注意が必要となる。

豊富なバリエーションのミニゲームが遊べる「プレイスポット」

「龍が如く」シリーズお馴染みのミニゲームは本作でも健在で、本作では神室町の他にも、福岡、札幌、大阪、名古屋と舞台の幅が広がったことでそのバリエーションが一気に増えている。そして内容も、これまでのシリーズ作品を上回ると言っていいほどボリューム満点となっている。そこで本作で遊ぶことができるプレイスポットを以下に紹介する。

雪合戦

北海道でプレイできるミニゲームで、エリア内で対戦相手と雪玉をぶつけ合い、制限時間内に対戦相手より多く得点を稼ぐことが主な内容となる。エリア内に乱立するように設置された雪の柱に隠れながらの奇襲攻撃や、正面から突っ込んで雪玉をばらまいて攻撃を行うなど、様々な戦い方で勝負することができる。

コーチンズカップ・クラシック

名古屋でプレイできるミニゲームで、コーチンを育成して能力を強化し、レースに参加させて対戦相手のコーチンと競わせるのが主な内容となる。コーチンの育成はトレーナーにアイテムを渡すことででき、トレーナーの好みにあったアイテムを渡すことでその効果がアップし、さらにアイテムによって稀にスキルがつき、レースで有利な展開に立つことができる。

ツッコミ職人

大阪でプレイできるミニゲームで、△、□、○の3つのボタンにそれぞれ割り振られたツッコミを、ボケ担当の芸人・ハルオが作ったネタに合わせて入れていくのが主な内容となる。そして、タイミングもよく見計らって適切にツッコミを入れることで観客から笑いが起こり、画面上部に表示された「ゲラゲージ」が溜まっていき、ゲラゲージを一定以上溜めるとクリアとなる。

めん処「龍屋」

福岡でプレイできるミニゲームで、客の注文に合わせて様々な硬さのラーメンを出していくのが主な内容となる。注文を受けるとカウントダウン後に麺が茹でられ始め、画面にある4つの「麺の硬さバー」が上昇していくので、□、△、×、○とそれぞれの客に対応したボタンを注文された硬さのタイミング(「バリカタ」「カタ」「普通」「ヤワ」「バリヤワ」の5種類)に合わせて押していくのがポイントとなる。

パチンコ

福岡の永洲街「パーラーラッキー」と、東京の神室町の「ボルケーノ」で遊ぶことができるミニゲームで、前作「龍が如く4」に登場した実在機種「CRバーチャファイターMVJC」「CRアラジンデスティニーEX」でプレイすることができる。そして基本的なルールは前作と同じく玉を買ってパチンコをプレイし、さらに獲得した玉は景品として様々なアイテムと交換できる。

パチスロ

「龍が如く2」以来の再登場となるミニゲームで、大阪の蒼天堀の「サンライズ」と、神室町の「ボルケーノ」でプレイすることができる。基本ルールはパチンコと同じく玉を買ってパチスロをプレイするもので、こちらも獲得した玉を様々なアイテムと交換することができる。そしてプレイできる機種は「アラジンA」と「獣王」の2つで、どちらも実在機種として有名なものである。

ゲームセンター

これがシューティングゲーム「ガンライン」の画面。無敵の戦闘機を自機として操り、画面右のベースユニット(拠点)を守りながら迫り来る敵を倒していくのが主な内容となる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

目次 - Contents