龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

秋山駿(あきやま しゅん)

CV:山寺宏一

前作「龍が如く4」に登場した主人公のひとりで、神室町の金融業「スカイファイナンス」の社長。
他の町金融が融資を断った客にも金貸しをやり、さらに無担保や無制限、おまけに利子すら取らないことから、「神室町の駆け込み寺」という二つ名で神室町の住人たちから有名な存在となっている。

前作の東城会と上野誠和会の抗争事件を解決してから2年、神室町を離れて大阪に新店舗を開くべく蒼天堀の雑居ビルの一室に移住したが、新店舗を開く気はさらさらなく気ままな生活を送っていた。そんなある日、かつて自分が3億円を融資した顧客のひとりである朴の訃報を知ることになり、さらに遥との出会いを果たす。そして「アイドルになる」という遥の夢を守るべく、彼女と共に朴の死の真相を追う。

品田辰雄(しなだ たつお)

CV:森川智之

本作で登場した新主人公で、名古屋の雑居ビルのペントハウスで一人暮らしをしている貧乏風俗ライター。
かつてはプロ野球界にその名を轟かせた強豪チーム「名古屋ワイバーンズ」の主力バッターであり、当時は野球に情熱をかけていたからこそ活き活きとした日々を送っていた。しかし15年前、名古屋ワイバーンズのライバルチームである「東京ギガンツ」との試合で野球賭博関与といういわれのない罪を着せられ、野球協会から球界永久追放という無情な処分を下されることになる。

それからは15年もの間、貧乏風俗ライターとしての生活をそれなりに楽しんで生きていたが、ある日、仕事を終えて自宅に帰るとマスクとサングラスで素顔を隠した謎の男といきなり出会すことになる。そして謎の男から「15年前の野球賭博の事件の真相を調べてほしい」という依頼を出され、表向きでは渋りながらも、本心では自分が全てを失うことになった事件の真相を知りたいと思っており、依頼を引き受けることを決意する。

主要人物

堂島大吾(どうじま だいご)

CV:徳重聡

東城会六代目会長で、桐生の戦友にして兄弟分。
前作「龍が如く4」での上野誠和会との抗争事件の後、組織の立て直しを図るべく、対立関係にあった近江連合と五分の盃を交わし、本部長である青山の助力を得て弱体化した組織の立て直しを進めていた。

その最中、近江連合七代目会長・黒澤の危篤の報せを耳にし、黒澤の死で五分の盃が白紙となると共に近江連合の極道たちが再び動き出し、東城会との全面戦争が起きることを危惧する。
全面戦争による東城会の崩壊を危惧した大吾は、北方組、名古屋組、山笠組と日本各地の力を持つ極道組織と同盟を結び、東城会の力を上げていくことを決意。そこで山笠組の拠点がある福岡へ向かい、組長の斑目と会談した後に何処かへ姿をくらました。

森永悠(もりなが ゆう)

CV:東地宏樹

東城会系組員・会長護衛役。兄弟分の相沢と共に大吾の身辺警護と補佐を青山から任せられ、大吾と共に福岡へ訪れた。
慇懃な性格で礼節を弁えており、大吾や青山ら上の人間の命令に対しては順守を貫くほど組員としては非常に忠実で、青山もその忠実さを買って護衛役という大役を任せるに至った。
しかしある時、大吾が突然姿をくらましたことで相沢ともども護衛役としての責任を青山に追及され、相沢と共に永洲街を昼夜問わず駆け回って大吾を探していたところで桐生と出会うことになる。

その正体は近江連合七代目会長である黒澤の傘下のひとりで、義理人情を尊ぶ大吾の東城会の取り仕切り方に疑問を持っていたことから、弟分の相沢を次期会長とするべく、青山と共謀して黒澤に東城会を売る計画を進めていた。相沢ともども青山から任された会長護衛役も、監視役という本来の目的を隠すための名目である。

相沢聖人(あいざわ まさと)

CV:安元洋貴

東城会系組員・会長護衛役。兄弟分の森永と共に大吾の身辺警護と補佐を青山から任せられ、大吾と共に福岡へ訪れた。
普段は寡黙を装っているが、その性格は森永とは真逆に感情的で、ひとたび熱くなるとつい手が出てしまう。そのため、交渉などの頭脳労働は森永に任せており、自分は戦闘などの肉体労働を担当している。

その正体は森永と同じように黒澤の傘下のひとりで、森永と共に大吾への監視を目的として青山から護衛役としてつけられる。さらに黒澤の実の息子であるが、汚いやり方しかできない黒澤を軽蔑しきっている。
そして、極道の世界は家柄や才能など生まれた時から持っているものではなく、自分の拳も含めた実力ただひとつだけで勝ち上っていくものだという信念を持っている。その上で強大なカリスマ性と人望を持つ桐生の存在を知ってから彼を越えるべき壁だと認識し、彼との本気の戦いを心の底から待ち望み続けている。

真島吾朗(まじま ごろう)

CV:宇垣秀成

東城会舎弟頭・直系真島組組長。
かつては「嶋野の狂犬」とも呼ばれ、超武闘派として桐生と共に名を馳せた伝説的な極道のひとりで、桐生とは何度も好敵手として拳を交えあっているが、幾度となく戦いを共に乗り越えたことで強い友情で結ばれている。

前作「龍が如く4」での上野誠和会との抗争事件の後、自分と同じ直系組長になった冴島が、東城会でもう一度やり直すための「禊ぎ」として自ら進んで入所したのと入れ替わりに、東城会の舎弟頭となる。
その後、冴島の留守を守る形で舎弟頭として青山と共に大吾の補佐をして東城会を支え続けていたが、黒澤の危篤に伴って東城会の勢力増強のために北方組との盃交渉へ向かうが、大吾の後を追うようにして突如行方をくらました。

青山稔(あおやま みのる)

CV:堀内賢雄

東城会本部長兼会長秘書・直系青山組組長。
信賞必罰を理念に掲げた厳格かつ冷徹な性格で、本部長兼会長秘書という立ち位置から、実質上東城会のNo.2のポジションに立っている。
東城会に忠誠を誓い、かつ結果を残した組織は新参であっても直系昇格などの見返りを与えるが、不祥事を起こしたり、結果を残せない組織は古参であっても容赦なく切り捨てる。そうしたドライな辣腕に対して批判や恨みを買うことも少なくないが、その辣腕が東城会の立て直しにも繋がっていることから、No.2のポジションと合わせて東城会の現体制の最重要人物として注目されている。

大吾が山笠組との盃交渉で福岡に向かう際、自身も彼の片腕として大勢の組員を引き連れて同行するが、その直後に大吾の失踪という予期せぬ事態に見舞われ、急遽会長代行となった。
しかし実は森永や相沢と同じく黒澤の傘下のひとりであり、黒澤の力を借りて東城会を乗っ取ることが本来の目的である。大吾が失踪して会長代行として選ばれたのを機に、九州の山笠組を支配下に置くべく斑目の暗殺を企てる。

伊達真(だて まこと)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

目次 - Contents