龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

神室町のカジノ「竜宮城」内にある賭場でプレイすることができるミニゲームで、サイコロを3個振ってそのうちの2個が数字を一致させた際、残り1個が出す出目を競うのがルールとなっている。1〜6の数字のうち最も強いのが6で、弱いのが1となっており、理想として6、最低でも4と基本的に強い目を多く狙うのが攻略のポイントとなる。

こいこい

神室町のカジノ「竜宮城」にある賭場でプレイすることができるミニゲームで、種類の同じ花札を取っていき、その取った札で役を作って合計点数を競うのがルールとなっている。攻略のポイントとしてセレクトボタンによる中断があり、相手が役を作っても点数が表示される前に押して中断すればその分の点を相手に取らせることはなくなる。よって、自分より相手の点数が高くなる役を作られたら、点数が表示される前に中断してしまえば負けることはまずなくなる。

おいちょかぶ

神室町のカジノ「竜宮城」にある賭場でプレイすることができるミニゲームで、1〜3枚の札を組み合わせてその数値の合計値の下1桁を相手より先に9に近づけるのがルールとなっている。手札は合計値が9に近いほど強く、0に近いほど弱い。そしてこのゲームは対戦相手が親のみとなっており、子と子での勝負はないため、親の下1桁の数字を予想して勝負するのがポイントとなっている。

ゴルフ

蒼天堀の「横堀ゴルフセンター」でプレイできるミニゲームで、的を狙ってボールを打ち、命中させて得点を稼ぐのがルールで、規定のスコアを達成すると景品としてアイテムを入手できる。選べるコースは初級、中級、上級、プロの4種類がある。

温泉「湯乃園」

前作「龍が如く4」で登場した神室町のプレイスポットで、前項に紹介したミニゲーム「エアホッケー」がプレイできるのもこの場所である。そして、キャバクラで好感度を上げたキャバ嬢と一緒に訪れることもでき、隣の女湯に入っているキャバ嬢を○ボタン連打でイメージして楽しむことができる「妄想」イベントも本作でも挑戦できる。また、プレミアムアドベンチャーで桐生の場合は遥を連れて一緒に訪れることもできるが、この場合「妄想」と、エアホッケーでの「ガン見モード」「ヒートスマッシュ」が使用できない。

主人公たちのもう一つの物語「アナザードラマ」

桐生、冴島、遥、品田に用意された、メインストーリーとは違った視点で描かれるもうひとつのストーリー。4人がそれぞれ異なる土地で、慣れない環境の中で自分の生活を営んでいく姿がクローズアップされており、ミニゲームやミッションなど4人それぞれに違った遊び方が用意されている。ちなみに秋山は遥のアナザードラマとワンセットで描かれているため、彼のアナザードラマは存在しない。

桐生一馬:タクシードライバー

前作「龍が如く4」の戦いの後、堅気となって人生をやり直すことを決意した桐生は、福岡の永洲街にあるタクシー会社「永洲タクシー」でタクシー運転手として仕事をこなし、かつ法を犯さず目立たないようにしながら静かな日々を過ごしていた。しかしある時、永洲タクシーの社長である中嶋洋太郎に飲みに誘われた際、街中で絡んできたチンピラと一悶着を起こしてしまう。そしてそのチンピラが、福岡を中心にして悪名を轟かせる無法者揃いの走り屋集団「デビルキラー」のメンバーであり、桐生はこれがきっかけでデビルキラーに目をつけられてしまった。その後桐生は、タクシーを武器にする形で高速の世界での戦いに巻き込まれていくことになる。

送迎ミッションは客を目的地まで送り届けるだけでなく、送迎中の客からの質問の対応や雑談の相手、そして安全運転や急ぎの送迎という様々な要求もクリアする必要がある。

レースバトルはその名の通り、高速道路を舞台にした迫力満点のレースを楽しむことができる。

このアナザードラマでは、永洲タクシーに運転手として勤めている桐生にタクシーでの送迎の仕事が回ってくる「送迎ミッション」が発生する。そのミッションの内容は「安全運転で向かってほしい」「できるだけ早く送ってくれ」「前の車を尾行してくれ」など、乗ってくる客からの様々な要望通りに送迎するものと、客の会話に対応し、それにあった選択肢を選んでいくもののふたつとなっている。そして送迎ミッションと並ぶこのアナザードラマのメインとして「レースバトル」があり、都市高速を舞台にしてデビルキラーとのレースバトルを繰り広げることになり、送迎ミッション中にも発生することもある。また、桐生が使用しているタクシーはカスタマイズが可能で、走りの精度を高めるタイヤやターボ、ホイールなど様々なパーツを使ってレースに合わせて性能アップを図っていくのがレースバトルの攻略のポイントとなる。

冴島大河:狩猟と殺戮

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents