サクラ大戦TV(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サクラ大戦TV』とは、セガサターン用アドベンチャーゲーム『サクラ大戦』及び、ゲームのストーリーを元に新たなストーリーや構成を加えたテレビアニメ作品である。ゲーム版の世界における日本の年号である太正12年、真宮寺さくらの帝国華撃団加入から、葵叉丹率いる黒之巣会との戦いまでを描いている。ゲーム版が帝国華撃団隊長の大神一郎を主人公とした恋愛シミュレーションであるのに対し、本作は華撃団隊員の真宮寺さくらを主人公としたメンバーの結束をメインテーマとして描いており、シリアスなストーリー展開が特徴である。

『サクラ大戦TV』の概要

『サクラ大戦TV』とは、セガ・エンタープライゼス(後のセガ)より1996年に発売されたセガサターン用ソフト及び、それを原作としたテレビアニメ作品である。テレビアニメは2000年4月8日より全25話で放映された。TBS製作ではテレビアニメおよびサクラ大戦アニメシリーズとして、最後のセル画フィルム撮影作品(「セル」とよばれる透明シートに描かれる絵を数枚重ね、動きのある部分のシートを差し替えていき、撮影する手法)である。
本作は『サクラ大戦TV』・『TV版 サクラ大戦』と表記され、ゲーム版と区別されることが多い。
蒸気技術が発達した架空の「太正時代」を舞台に、少女たちの劇場での華やかな姿や、帝都を守るために命を懸けて戦う姿を描いた、スチームパンク作品(蒸気機関が現代の発展を超越した社会を前提としたSF作品)である。原作ゲームと違いシリアスな展開や異なるストーリー展開が特徴である。
帝都東京を守るため、帝国華撃団花組へ入隊した真宮寺さくら。時には「華撃団」として帝都転覆を狙い、強大な力で立ちはだかる黒之巣会を倒すため命を懸けて戦い、時には「歌劇団」帝都の人々に夢と希望を与えるべく舞台で輝く少女達を描いた作品である。
原作であるゲーム『サクラ大戦』第1作目は仲間たちとの信頼が戦闘での力に反映されるシステムや、「次回予告」を各話に挟むなど、物語を彩るTVアニメーション的な演出が多くのファンを獲得することとなった。1996年にはCESA大賞(現・日本ゲーム大賞)において作品賞を受賞するなど根強い人気を誇った。また、セガフェス2016にておこなわれた総選挙において『サクラ大戦』が「作品部門」と「復活期待部門」で1位を獲得した。週刊ファミ通2020年6月25日号(2020年6月11日発売)のセガ60周年特集企画では、「セガファン実態調査」というアンケートの「もっとも思い入れが深いセガハードのゲームタイトルは?」という項目で『サクラ大戦』が1位を獲得した。2018年より『サクラ大戦』の新作ゲームプロジェクトが始動し、2019年、キャラクターデザインに『BLEACH』作者の久保帯人を迎え、ゲーム『新サクラ大戦』をPlayStation4で発売することを正式発表した。2020年4月3日よりTVアニメ『新サクラ大戦 the Animation』が放映された。ゲーム『サクラ大戦』発売時はセガサターンオリジナルタイトルとして最大のセールスを記録した。ゲーム『新サクラ大戦』までのシリーズ・関連作品の国内累計出荷本数は400万本を突破しており、長きに渡って愛されるコンテンツである。

『サクラ大戦TV』のあらすじ・ストーリー

真宮寺さくら帝国歌劇団入隊へ

初めて帝都にやってきたさくら

時は太正12年、桜の舞い散る季節に故郷の仙台を離れ帝都東京にやってきた真宮寺さくら。故郷には無い様々な目新しいものに目を奪われながら、やっとの思いで指定された住所、大帝国劇場へたどり着く。帝都を守るため、「帝国華撃団」へ入隊するために上京したさくらだが、劇場には「帝国歌劇団」の文字が。どこからどう見ても一般的な劇場に戸惑い、勝手に探索するうちに上映中の公演をめちゃくちゃにしてしまうことに。神崎すみれを始めとした女優達、劇場の事務や売り子をしている帝劇三人娘といった大帝国劇場の面々に最悪な第一印象を与えてしまう。訳のわからないまま、さらに劇場の地下に迷い込んださくらは、初めて見る蒸気と人知を超えた能力である霊力を動力源とした人型兵器「光武」を前にし、恐怖でパニックに陥る。さくらの強大な霊力に反応し、暴走する光武。さくらが正気に戻ったときにはすでに光武は大破した状態であった。ここであまり説明を受けていなかったさくらは、「帝国歌劇団」は平時の姿であり、すみれ達が「帝国華撃団花組」として光武に乗って戦い、帝劇三人娘も花組のサポートに回る「帝国華撃団風組」であると知る。神崎すみれに平手打ちをされ、今すぐ目の前から消えるよう言われてしまい、大帝国劇場を後にするさくら。あてもない中、長屋の家族が暖かく迎えてくれ一晩泊めてもらうこととなった。一方劇場では、華劇団の面々がさくらの入隊について受け入れるか否かの議論を繰り広げていた。
翌日、まださくらの入隊に対し納得のいかない隊員達に、副司令藤枝あやめが昨晩の映像を見せる。ひとりでに動く光武の映像を目にし、改めてさくらの霊力の強さを認識した隊員達はしぶしぶさくらを受け入れることに。あやめは隊長のマリア・タチバナへさくらを連れ戻すことを命じる。
劇場の前をうろつくさくらにマリアが声をかけ、改めて帝国華撃団花組の組織、光武についてなどを説明する。説明した上で戦うことに迷いがあるか問いかけるマリア。迷いがあると正直に答えるさくらに対し、「迷っているものとは一緒に戦えない。」「戦場での迷いは仲間を死に追いやってしまう。」と言い放ちさくらのもとを去ってしまう。
長屋に再び戻ったさくら、直後大きな地震が発生する。地震は浅草寺周辺の限られた地域でのみ発生しており、敵である「脇侍」の襲来を意味していた。自身を暖かく迎えてくれた長屋の人々の危機に、使命を思い出すさくら。光武が使えない状況の中、出動した花組の隊員を力を合わせ戦い、敵を殲滅する。戦うことに迷いがなくなったさくらは、改めて帝国華撃団花組への入隊を決意する。

さくらの初舞台

さくらに稽古をつけるマリア

初めての戦闘から自分の霊力の制御ができず、もどかしい思いをするさくら。悩むさくらへ帝国歌劇団支配人・帝国華撃団司令長官である米田一基より、役者としてのデビューが言い渡される。演技の経験など全く無いさくらは、初舞台に向けてマリアから役者としての基礎を叩き込まれることとなった。一生懸命に稽古に取り組むさくらを指導しつつ、役者としての勘の良さを認めるマリアだった。舞台稽古が始まり、さくらはアイリスやすみれの演技やプロ意識に圧倒され、より一層練習に気合が入る。同時に戦いに向けての鍛錬もより一層力を入れるようになった。
再び帝都を脇侍が襲う。まだ出動できないはずのさくらだったが、無断で光武に乗り出動をしようとする。米田は霊力を制御できていないさくらを止めようとするが、懇願するさくらを信じ、出動を許可する。さくらの父、真宮寺一馬を思い浮かべ、さくらの歌劇団としての初舞台を見守る米田であった。

大神隊長就任、黒之巣会登場

突如現れたミロク

霊力の高さで選定された花組隊員は、全員女性のため衝突が多々発生する状況であった。打開策として、米田は男性の新隊長を迎え入れる準備をしていた。
一方さくらは久々の休日に、アイリスを連れ出し仲を深めようとする。ショッピングや遊園地など、徐々に心を開くアイリスだったが、楽しそうな親子連れを目にし心を痛める。アイリスが幼少期に両親から隔離され過ごしていたことを知らないさくらは両親について発言をしてしまい、アイリスの怒りに触れてしまう。強大な霊力を持つアイリスは乗っていた観覧車を破壊し、瞬間移動をして姿を消してしまう。
米田は新隊長を探すため、海軍士官候補生の練習を訪れる。霊力の高さでは加山雄一が一番だったが、突然起こった火災に対し、一番に光武へ乗り込み事態を収拾しようとしたのは大神一郎だった。米田は大神を新隊長に選んだのだった。
帝国華撃団・花組の新隊長に就任した大神一郎。同時に元隊長のマリアは大神の補佐に任命される。戦闘経験もなく、実績も積んでいない大神に対し、なぜ大神が隊長に選ばれたのか疑問に思うマリアだったが、あやめからはマリアにできないことが大神にはできる、とだけ告げられる。
大雨の降る中、原因不明の高熱にうなされるアイリス。これから起こる不穏な出来事を予期していた。花組の隊員へは秘密裏に、米田とあやめが霊能部隊・夢組の研究所を訪ねる。米田は加山へ脇侍の出現した場所について調べさせ、結果何者かの闇の霊力、凄まじい怨念が確認された。夢組は米田の見守る中脇侍の遺体を解体していく。大勢の読経に囲まれ、解体が始まった矢先、脇侍の腹から白い腕が現れる。同時に夢組の施設は崩壊していく。現れた花魁のような風貌の女性は黒之巣会の死天王の一人、紅のミロクであった。夢組の施設を帝国華撃団花組の本部と思ったミロクは脇侍を出現させ、施設へ攻撃を始める。
夢組の研究所にて脇侍の出現反応を感知した花組は、米田とあやめが同じく施設にいることを知り、救出に向かう。ミロク率いる脇侍達と戦闘を始める花組だったが、各々単独行動を取り苦戦を強いられる。それぞれ相打ちの状態で脇侍を倒す中、大神はミロクを追う。圧倒的な戦力の差に大神は手を出せず、ミロクを取り逃してしまう。光武は大破し、苦い戦いの結果となった花組。その姿を見た米田は、残りの花組隊員である、李紅蘭・桐島カンナを呼び戻す決断をする。

花組全員集合、心を一つに

カレーを作る花組

前回の戦闘で悔しい思いをした花組の面々、劇場は暗い雰囲気に包まれていた。そんな中、李紅蘭が帝撃の兵器の開発担当支部である花やしき支部から呼び戻される。花組隊員であり光武の開発担当である紅蘭は、着任早々光武の整備に入り、さくらが光武を好きでは無いことを見抜く。光武の素晴らしさをさくらに説いた後、光武と友達になれる方法を教えると伝える。
翌日、紅蘭は模擬戦闘にて隊員それぞれの霊力を数値化する。結果に驚くさくら、模擬戦闘で勝利した紅蘭が一番低い数値を出していたのだ。他の隊員は霊力と光武の波長がバラバラになっているのに対し、紅蘭と光武は全く同じ波長を出していた。光武と仲良くなる方法を紅蘭に尋ねるさくら。紅蘭はまず光武を好きになることではないかと答える。
マリアは大神へ隊員個々の戦力差を埋めるべきだと訴える。大神はマリアへ、戦力差を埋めることよりも互いに心を通わせることが重要だと説く。抽象的な表現に納得できないマリアであった。
隠密行動部隊・月組の加山らは脇侍の出現について捜査中に黒之巣会死天王である蒼き刹那・白銀の羅刹の二人と遭遇し負傷する。
最後の花組隊員、桐島カンナは上海の空手大会から帰還し、蕎麦屋の店主に優勝を報告する。突如カンナは血の匂いを感じとる。カンナは仲間達を殺され、刹那に追い詰められる加山を助け、陸軍病院へ運んだ。
大神の命令により、朝食を共に取る花組隊員。大神に賛成していたさくらを除き、それぞれ別の時間・別の朝食を取っていた隊員達は不服である。前回の模擬戦闘よりも良い結果を出す大神達だが、さくらはまだ光武について掴めないでいた。
翌日、朝食に大量のガッツリした料理を作るカンナ。カンナの帰還に喜ぶ隊員達。塞ぎ込みがちだったアイリスもカンナの帰還を喜んでいるようだった。ギトギトした料理を食べられないというすみれはカンナと言い合いを始める。二人の恒例行事のようだ。カンナは初対面の大神と早速手合わせをするが、空手の腕は圧倒的にカンナが上だった。カンナは大神へ、沖縄時代の話を語る。同じ釜の飯を食う仲間は自然に信頼関係ができていたが、体育会系の考えのため花組の皆はついて来れないのではないかと。
それでも続けたいと答える大神へ、カンナは賛成し、皆でカレーを作ろうと提案する。不服を言いながらも楽しそうに作業を進める隊員達であった。カレーが完成したのも束の間、刹那と羅刹が出現する。心を読む刹那に警戒する花組。羅刹に翻弄され、劣勢になる中、すみれに激励されさくらは光武と心を通わせることができた。さくらに脇侍を撃破され、刹那達はその場を去る。戻った花組は皆でカレーを食べるのであった。

舞台に懸ける想い

パンフレットの誤植

急遽決まった大英帝国文化親善大使来日記念レビューを控え、舞台稽古に精を出す花組。さくらは同じ箇所で何度もつまづいていた。さくらのもとへ実家から権爺がやってきた。父の命日よりも舞台を優先したさくらを説得しにきたのだ。さくらは舞台は一人がかけてもダメだと舞台に出る意思を伝える。舞台のパンフレットが納品された。しかし、そのパンフレットはすみれの名が「つみれ」と誤植されていたのだ。すみれはこんなパンフレットが配られるようであれば舞台を降りるという。すみれに見せたいものがあると呼び出す大神。すみれの誤植を皆で修正していたのであった。さくらはマリアの下で個人稽古を行う。皆の姿に心を動かされたすみれは、さくらの練習に付き合うのであった。
一方叉丹は「天封石」と呼ぶ稀代の魔人、天海僧正を封印した石を破壊していた。合計五つあり、全て破壊すると天海の怨念を解き放つことができる。「まずは一つ」と満足げに高笑いをする。
レビュー当日、緊張するさくらを勇気付けるすみれ。舞台の幕が開き、権爺は一馬の写真と共にさくらの活躍する姿を目にすることができた。

マリアの過去

モスクワ時代のマリア

加山は脇侍と思われる目撃情報をもとに、帝都地下鉄トンネルへ調査に入る。再び刹那・羅刹と遭遇し、危ういところを偶然近くにいた大神に助けられる。加山は助かったものの、大神は羅刹達に連れ去られてしまう。刹那は大神に花組の隊員が傷つく幻覚を見せ、精神的に疲弊させていく。大神の正確な場所がわかるまで待機命令が出されるが、マリアは一人で大神の救出に向かう。一人で脇侍を倒す中、5年前のモスクワで、信頼する隊長を戦場で失った過去を思い出していた。隊長を失った後も戦い続け、いつしか「火喰い鳥(クワッサリー)」と呼ばれるようになっていた。刹那の攻撃から精神崩壊寸前の大神を救ったマリア。刹那達の攻撃を受ける中、さくら達が駆けつける。大神達の避難を確認し、花組は羅刹達のいるトンネル内に爆撃を仕掛け、撤退した。爆撃の炎を眺めながら、「地獄よりも天国よりもやっぱり現実が最高さ。俺たちはどんな時も生きることを諦めない。それを約束してくれるかい?」と問いかける大神に微笑むマリア。過去に囚われていたマリアの心が救われた瞬間だった。

帝国歌劇団花組の日々

天候を読むカンナ

黒之巣会が息を潜める中、花組は稽古や演習の日々を送っていた。
次回公演の看板が設置されたが、カンナは大型の台風が来るため降ろしたほうが良いという。沖縄で何度も台風を経験してきたカンナは、空の様子から台風の予想ができるようになっていた。すみれは自身が大きく描かれた看板であり、快晴の状況から絶対に台風は来ないという。言い合う二人は来る来ないで懸けることに。一方自然災害から帝都を防衛するためすみれの父が経営する神崎重工により帝都気象台が設置される。気象長官は直撃すれば帝都が壊滅状態になるレベルの台風が接近していると報告する。帝都に緊急警報が発令される。気象台よりも早いカンナの予想に感心する一同。台風対策を行う中、裏で黒之巣会の叉丹の手により二つ目の天封石が破壊されたのであった。
街が混乱する中、今度はカンナが「台風は来ない」と言い出す。接近するものの、逸れるそうだ。しかし、すみれは父の会社である神崎重工の作った帝都気象台が来ると言うなら来ると言い張る。再び来る来ないの言い合いをするカンナとすみれだったが、復旧した気象台でも台風が逸れたと情報が入る。安堵する人々、賭けに負けたすみれは罰として給仕をさせられるのであった。
花組は一週間伊豆の大島で強化合宿を行うことに。光武を使ったトレーニングをする中で火山が噴火、さくらと紅蘭は崖崩れに巻き込まれてしまう。負傷した紅蘭は、夜が明けたら一人で麓へ降りるようさくらを説得する。紅蘭を助けるため、さくらは一人で麓へ向かう。無事花組の皆と合流できたさくらは紅蘭を救出することができた。
7月5日、アイリスは10歳の誕生日を迎えた。誕生日を祝ってもらえると思っていたが、日本ではまだ誕生日を祝う習慣がない。思っていたバースデーケーキやプレゼントが無くショックを受けるアイリス。花組の皆はアイリスを喜ばせるために生誕祭をするが、西洋式を知らないため手探りの宴会となる。がっかりし、飛び出してしまうアイリス。もう一度アイリスを喜ばせるために再度パーティーの準備を始める。そんな中脱線車輌の復旧工事の任務が舞い込む。アイリスのために急いで任務を完了し戻る花組。改めて、生まれて初めて皆に祝われるパーティーに嬉し泣きするアイリス。米田達が成長した花組の姿を見守る中、新しく金色の光武が倉庫に加わっていた。

2ckillthi
2ckillthi
@2ckillthi

Related Articles関連記事

サクラ大戦(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サクラ大戦(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サクラ大戦とは1996年9月27日にセガゲームスより発売されたアドベンチャーゲーム。 蒸気機関が普及する「太正」時代を舞台に、主人公(プレイヤー)が特殊部隊「帝国華撃団・花組」を率いて都市に巣食う闇の勢力と対決する。 テレビアニメのほか、OVA、ドラマCD、小説、舞台、マンガ、パチンコ・パチスロなど幅広く展開されている。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

キノの旅(Kino's Journey)のネタバレ解説・考察まとめ

キノの旅(Kino's Journey)のネタバレ解説・考察まとめ

時雨沢恵一によるライトノベル、及びそこから派生したアニメ作品。原作のイラストは黒星紅白。 旅人キノと喋るモトラド(二輪車)エルメスが不思議な国々を巡る、ショートストーリーの連作シリーズ。キノとエルメス以外にも、「師匠と相棒」「シズと陸(とティー)」「フォトとソウ」などが主人公になる話もある。 アニメは2003年4月~7月に全13話が放送され、2017年3月12日には再アニメ化が告知された。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)のネタバレ解説・考察まとめ

ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)』とは株式会社セガより2001年6月に発売されたアクションゲームである。2001年6月にドリームキャスト用として発売された後、同年12月にはゲームキューブ用に『ソニックアドベンチャー2 バトル』が発売された。また2012年10月にPlayStation 3用、Xbox 360用がダウンロード版として販売された。前作『ソニックアドベンチャー』の続編ではあるが、ストーリー的繋がりは無く本作からでも楽しめるゲームである。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く7 光と闇の行方』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如くシリーズ」の第7作目に当たる作品である。キャッチコピーは「ゲームに飽いた人たちへ」。本作は、龍が如くの主人公であった桐生一馬に代わり春日一番が主人公となり、彼が刑務所というどん底に突き落とされてから本物の龍になるまでの姿を描いている。重くハードなストーリー展開はそのままに、これまでの喧嘩アクションに新しくライブコマンドRPGバトルが加わり、これまでのシリーズとは全く異なったRPG作品となっている。

Read Article

《必見!》なぜ『サクラ大戦』シリーズはめちゃくちゃ人気があるのか?(まとめ記事)

《必見!》なぜ『サクラ大戦』シリーズはめちゃくちゃ人気があるのか?(まとめ記事)

『サクラ大戦』を知らない人は、絶対に一読してください!『サクラ大戦』シリーズは世代と全く異なる年齢層の方でさえ、ファンになってしまうほどの魅力の塊。そんな大人気『サクラ大戦』シリーズの魅力を、今回は伝説である大神一郎様とご一緒に、まとめてみました。

Read Article

【知っておきたい!】ギャルゲー・エロゲー原作のアニメまとめ【サクラ大戦・AIR他】

【知っておきたい!】ギャルゲー・エロゲー原作のアニメまとめ【サクラ大戦・AIR他】

近年ではギャルゲーやエロゲーが原作のアニメも多く、「このアニメの原作はギャルゲーだったんだ」と驚いた経験がある人も少なからずいるだろう。ここではギャルゲー・エロゲーが原作のアニメをまとめた。ストーリーがしっかりしているギャルゲー・エロゲー作品も多いので、偏見を持たずに一度見てみると良い。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents