グランド・ブダペスト・ホテル(The Grand Budapest Hotel)のネタバレ解説まとめ

『グランド・ブダペスト・ホテル』は、ウェス・アンダーソン監督、レイフ・ファインズ主演で製作された。ズブロフカ共和国にあるグランド・ブダペスト・ホテルが物語の舞台である。コンシェルジのグスタヴと部下のムスタファを主人公に、常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡り事件解明に奔走する。本作は1930年代、1960年代、1985年、現在と4つの時間軸で展開されていく。

グランド・ブダペスト・ホテルという小説を書いた作家である。
1960年代、グランド・ブダペスト・ホテルに宿泊し、老紳士ムスタファと出会い、彼とグスタヴの話を聞いた。その話を後に小説家した人物である。

ゼロ・ムスタファ(老紳士時代)(演:F・マーリー・エイブラハム、吹替:岩崎ひろし)

かつてグランド・ブダペスト・ホテルでグスタヴと共に働いていてロビーボーイである。
1960年代、グランド・ブダペスト・ホテルのオーナーであった。ホテルに泊まりに来た若き日の作家と出会い、グスタヴと共に働いた時代の昔話をした。作家は後に彼の話を元に小説を書いた。

アガサ(演:シアーシャ・ローナン、吹替:三浦綾乃)

ムスタファの恋人で、後に妻となる人物である。
1930年代、ムスタファと出会い恋人となる。ムスタファのよき理解者であり、彼を影ながら支える存在であった。ムスタファと結婚し一児を授かるも、流行り病によって早くに亡くなった。

マダム・D(演:ティルダ・スウィントン、吹替:よのひかり)

1930年代、グランド・ブダペスト・ホテルの常連客の大富豪の女性である。グスタヴの常連客でもあり、愛人の一人である。また、1930年当時グランド・ブダペスト・ホテルのオーナーでもあった。その膨大な資産目当てに、親族の手によって殺されてしまう。

セルジュ・X (演:マチュー・アマルリック、吹替:藤原貴弘)

マダム・Dの城の執事である。
マダム・D殺害を目撃した思われる重要参考人でもあり、重要な秘密を持っている人物であるが、行方不明となる。事件の真相を追うグスタヴと再会し、重要秘密をグスタヴに伝える前に殺されてしまう。

コヴァックス(演:ジェフ・ゴールドブラム、吹替:外谷勝由)

マダム・Dの遺言執行人の弁護士である。
また、セルジュがマダム・D殺害を目撃しているとされているが行方不明になっている、との情報をグスタヴにもたらした人物でもある。彼もまた、ドミトリーの遺産相続争いに巻き込まれ殺害されてしまう。

ドミトリー(演:エイドリアン・ブロディ、吹替:浜田賢二)

マダム・Dの息子である。
ほしいものは何でも手に入れようとする人物である。自分で直接手を下すのではなく、私立探偵を名乗るジョプリングを使い、遺産相続において邪魔になる人物を次々と殺害していく。マダム・Dの第2の遺言により、その遺産全てがグスタヴに相続されたことで、彼は姿を消した。

ジョプリング(演: ウィレム・デフォー、吹替:竹本和正)

私立探偵を名乗る人物である。
ドミトリーの手下のような立ち位置で、彼の命令のもと、マダム・Dの遺産相続において邪魔になる人物を殺害してる人物でもある。セルジュ・Xを殺害後、グスタヴと対峙し彼を殺そうとするが、グスタヴを助けようとしたムスタファによって崖の下に突き落とされ死亡した。

ヘンケルス(演: エドワード・ノートン、吹替:星野健一)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents