ハリー・ポッターと炎のゴブレット(Harry Potter and the Goblet of Fire)のネタバレ解説まとめ

Fullsizerender  13

四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。
J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

あらすじ

ウィーズリー家の招待でクディッチ・ワールドカップの決勝戦を観戦しに行くこととなったハリー。試合の後、ヴォルデモートの部下「死喰い人」が観戦者を攻撃するという事件が起こる。間一髪ハリーたちは助かるも、その影響で新学期のホグワーツにも緊張感が漂っていた。そんな中、ホグワーツで三校の代表生徒が対抗して戦うトライ・ウィザード・トーナメントが開催される。各校一人ずつ代表者が選ばれていく中、異例の四人目の代表者として選ばれてしまったハリー。命を狙う何者かの仕業だと指摘されるも、四人目の代表選手として参加することとなる。ドラゴンから卵の奪還、水魔から人質を救うなどの危険な課題を乗り越えながら、ハリーは少しずつ優勝へ近づいていく。しかし最終課題を終え、優勝杯を手にした瞬間に事態は一変。墓場へと移動させられたハリーとセドリックは、ヴォルデモートの復活を目の当たりにする。復活したヴォルデモートとの戦いを余儀なくされたハリー。圧倒的な力に押されるも、杖の不思議な共鳴によって難を逃れる。墓場から再び移動したハリーは、セドリックの亡骸を手にヴォルデモートの復活を訴えるのであった。

用語

大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)

大きな魔法学校である、ホグワーツ魔法学校、ダームストラング専門学校、ボーバトン魔法アカデミーの三校が合同で行う行事。それぞれの学校で代表者が一人ずつ選ばれ、様々な課題で優勝を目指す。優勝した選手は栄光を手にするとともに、賞金を手に入れることができる。開催される期間は不規則で、何年も開催されないこともある。

憂いの篩(ペンシーブ)

Fullsizerender  19
Fullsizerender  18

憂いの篩に記憶を入れているシーン

ダンブルドア校長の部屋にある魔法道具。見た目は水盆であり、謎の銀色の物質が入っている。中には記憶の一部を入れることができ、中に入れた記憶を見ることができる。記憶は銀色の糸のような形をしている。ダンブルドアはメモがわりにこの篩を使っている。

主要な登場人物

ハリー・ポッター(演:ダニエル・ラドクリフ/吹替え:小野憲章)

Filmes 1493 fotos 13284

主人公でグリフィンドール生。今作では四年生となる。強大な闇の魔法使いヴォルデモートの攻撃から逃れた唯一の人物であり、死喰い人からも狙われるようになった。箒に乗る才能があり、クディッチでもその才能を発揮している。
勇気があり心優しい性格。しかし感情的になりやすい部分もある。今作の序盤では四人目の代表者に選ばれたことでロンと仲違いし、イライラしている様子も多く見られた。後見人であるシリウスとは、手紙のやり取りをしている。

ロナルド・ビリウス・ウィーズリー(演:ルパート・グリント/吹替え:常盤裕貴)

2a069bc6401db5ada4a1b39ff89a5b33

ハリーの親友でグリフィンドール生。愛称はロン。今作では四年生となる。以前までペットだったスキャバーズの代わりに、フクロウをペットにしている。
お調子者で仲間思い。優秀な兄が多いこと、有名なハリーと一緒にいることなどで地味な自分にコンプレックスを抱えており、今作ではハリーと仲違いすることもあった。ハーマイオニーがクラムと親密なところを見て苛立った様子は見せるが、自覚はしていない様子。

ハーマイオニー・グレンジャー(演:エマ・ワトソン/吹替え:須藤裕実)

Hermione 04

ハリーの友人でグリフィンドール生。今作では四年生となる。勉強家で習っていない呪文も使うことができる。屋敷しもべの不遇な扱いについて疑問を抱いており、それを改善するための活動を密かにしている。
勤勉で心優しい。図書室によく出入りしていて、今作でも課題をクリアするためのヒントをハリーのために探していた。また、ボーバトン生であるクラムとロンの間で気持ちが揺れ動くなどの様子も見られる。ロンとハリーが喧嘩した時は間に入るなど、二人の面倒をみることも多い。

今作で重要な人物

セドリック・ディゴリー(演:ロバート・パティンソン/吹替え:日野聡)

Fullsizerender  10

六年生でハッフルパフ生。監督生でもあり、寮生からの信頼も厚い。トライ・ウィザード・トーナメントの代表となるため、自ら志願し抽選で選ばれる。
心優しく努力家。誰に対しても誠実で、ハリーが四人目の代表者に選ばれた後も、変わらない態度で接していた。ヴォルデモートが復活した際に、死の呪文によって命を落とす。優秀なクディッチの選手でもあり、一度ハリーと戦った経験もある。

リータ・スキータ(演:ミランダ・リチャードソン/吹替え:勝生真沙子)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ハリー・ポッターと謎のプリンス(Harry Potter and the Half-Blood Prince)のネタバレ解説まとめ

活発に活動を始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

Read Article

ハリー・ポッターと死の秘宝(Harry Potter and the Deathly Hallows)のネタバレ解説まとめ

ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(Harry Potter and the Prisoner of Azkaban)のネタバレ解説まとめ

三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(Harry Potter and the Chamber of Secrets)のネタバレ解説まとめ

二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(Harry Potter and the Order of the Phoenix)のネタバレ解説まとめ

復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)のネタバレ解説まとめ

イギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリーが闇の魔法使いヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

共通点が見えてくる?ハリー・ポッター主な登場人物の組み分けまとめ

ハリー・ポッターシリーズの登場人物の組み分けについてまとめました。 大人気小説の物語を彩る魅力的な登場人物たち。 彼らが通うホグワーツにはそれぞれ違う性質を持つ4つの寮に生徒を組み分ける儀式があります。 彼らが何故その寮に組み分けられたのか分かれば物語がより楽しめるかも!?

Read Article

Contents