ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』概要

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは、『E.T.』などで知られるスティーヴン・スピルバーグが監督を務めたSFパニック・アドベンチャー作品である。1作目となる『ジュラシック・パーク』に続く第2弾である。前作の大ヒットにより公開前の評価は高かったが、第18回ゴールデンラズベリー賞において「最低続編賞」「最低脚本賞」「最低人命軽視と公共物破壊しまくり賞」にノミネートされるなど実際は酷評される結果となった。前作では自然をコントロールしようとする人間の傲慢さなどを描き出していたが、今作でもそれを学んでいないなど作品のメッセージ性が薄いということが言われている。
コスタリカ沖にある島、ロス・シンコ・ムエルタスは’’サイトB”と呼ばれる「ジュラシックパーク計画」においての恐竜クローン生産拠点であった。ジュラシックパーク計画が頓挫したことでハモンドの会社は倒産寸前となってしまい、この危機を救おうと甥のルドローは恐竜を生け捕りにし、ジュラシックパークをアメリカのサンディエゴに再建する計画を立てる。マルコムはハモンドにサイトBの調査隊のリーダーを依頼され、一度は断ったものの、恋人の恐竜学者サラがサイトBへ向かったことを知り、仕方なく向かうことになる。サイトBで多くの人間が恐竜に襲われながら、ルドローはティラノサウルスをサンディエゴに連れていくことに成功するが、そこで再び悲劇が起こってしまう。

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』のあらすじ・ストーリー

遺伝子会社であるインジェン社の創始者ジョン・ハモンドは恐竜のテーマパークである「ジュラシック・パーク」をイスラ・ヌブラル島に作り出そうとしていた。しかし、開業前の視察段階にティラノサウルスやヴェロキラプトルが檻から脱走し、視察メンバーの一部が食い殺されてしまう事件が発生し、パークはオープンすることなく幕を閉じた。
その事件から4年後、コスタリカ沖にあるイスラ・ヌブラル島から南西140㎞に位置するソルナ島(サイトB)でポールとデアドラ夫妻が娘のキャシーを連れ、バカンスを満喫していた。夫妻が海辺でまったりする中、キャシーは森の入口で突如20~30匹のコンプソグナトゥスに襲われてしまう。幸い軽いけがで済んだが、夫妻は恐竜の存在に驚きを隠せなかった。
ハモンドが経営していたインジェン社は、甥のルドローが代表を務めていた。そんな中、マルコムはハモンドの屋敷に呼び出される。ハモンドの屋敷へと向かう地下鉄でマルコムは変わった男に声をかけられる。マルコムは4年前の事件で出会った恐竜の存在を世間に公表していたが、世間には信じてもらえていなかった。「恐竜の存在を信じる」とマルコムに絡む中、マルコムは周囲の奇妙な目にさらされるのであった。ハモンドの屋敷へと到着する。執事の案内でハモンドの部屋へと通され、サイトBの存在を知らされる。その場所は、過去のジュラシックパーク計画で恐竜たちのクローンを製造する場所であった。4年前の事件以降サイトAであるイスラ・ヌブラル島とともに封鎖し放置されていた。そうすれば、アミノ酸のリジンという酵素を自力で作り出せないように遺伝子操作されていた恐竜たちは死に絶えるだろうと予想されていた。しかし、サイトBでの恐竜の存在が明らかになったことで、ハモンドはマルコムに実態調査を依頼しようとしていた。他にもドキュメンタリー映像作家のニック・オーウェンや、野外装備専門家エディ・カーにも依頼をしていた。4年前の事件でこりごりしていたマルコムは依頼を拒否するが、恋人である古生物学者のサラがすでに調査に入っていることを知り、調査ではなく救助を目的として行くことを決意する。一方、甥のルドローはハモンドの意思とは異なり、恐竜を金儲けに利用しようするために捕獲へと動いていた。

出典: www.cinemacafe.net

ステゴサウルスを観察するサラ

マルコムとニック、エディ、ルドローは船長のカルロスの警告を聞きながらも、サイトBへと出発する。出発前に留守番を言い渡されていたマルコムの娘ケリーはこっそりと船に忍び込み、島へと着いてきてしまう。船で島へ到着したマルコムらがサラに衛星電話をかけると、携帯の音が鳴るボロボロのカバンを発見する。恐竜にすでに襲われたかと焦るが、サラは大興奮でステゴサウルスの写真を撮影していた。マルコムの警告をよそに、サラはステゴサウルスの子供を触り、親を怒らせてしまう。子供から離れ、木の中に隠れることで何とか難を逃れたが、調査自体が自然を変えてしまうと忠告するマルコムにサラは聞く耳を持たない。調査を進めると恐竜たちが生きながらえているのは、草食恐竜がアミノ酸のリジンを豊富に含んだ豆類を好んで食べており、肉食恐竜はその草食恐竜を食べるからだとわかった。初めて見る恐竜にニックとエディも大興奮であったが、そんな時ベースキャンプから火の手が上がっていることに気づく。慌ててトレーラーの戻ると、驚くことにケリーが料理をしていたのだ。ケリーが留守番をしていると思っていたマルコムは驚き、連れて帰ろうとするが、そこへインジェン社のヘリ部隊が到着する。ルドローは恐竜ハンターのローランドに依頼し、恐竜の捕獲をしようと動いていた。ティラノサウルスを捕獲することに執念を燃やすローランドはティラノサウルスの足跡をたどり、巣を発見する。そこで生後2週間ほどの子供を連れだし、親のティラノサウルスをおびき出す罠を仕掛けた。ルドローは事業拡張のための出資者を集めるために恐竜を島からアメリカに運び出し、サンディエゴでジュラシックパークの再建を計画していたのだ。この事態を予測していたハモンドから指示を受けていたニックは、マルコムたちと恐竜たちが閉じ込められている檻の鍵を破り、恐竜たちを逃した。逃げ出した恐竜たちが暴れ、キャンプはパニックに陥り、それをみたローランドは激怒し、副隊長として現場を任せていたディーターを叱責する。この混乱に乗じてニックは罠として仕掛けられていた子供のティラノサウルスを保護する。

出典: contents.oricon.co.jp

ロープにしがみつき生還するマルコムとサラ

マルコムが反対するのをよそに、ニックは足を怪我したティラノサウルスの子供を手当てしようとトレーラーに連れ帰り、サラとともに手当てをする。親のティラノサウルスが向かってくることに危険を感じたケリーとマルコム、エディは高所へ避難するが、そこへティラノサウルスの咆哮が響き渡る。トレーラーと連絡が取れなくなり、マルコムは確認のためにトレーラーへと戻る。そこへ、子供を取り返しにティラノサウルスがやってきた。マルコム達はティラノサウルスの子供を外へ逃がすが、ティラノサウルスはトレーラーを襲い、そのまま崖から突き落とそうとする。外へ逃げることができなくなったマルコムたちは崖に宙吊りとなってしまう。絶体絶命の状況の中、車で駆け付けたエディがロープを投げ込みトレーラーを引き上げようとする。しかし、エディはティラノサウルスに襲われ、食い殺されてしまう。そのままトレーラーは谷底に転落したが、間一髪のところでマルコムたちはロープにしがみつき生還する。崖をよじ登ったマルコムらは後から駆け付けたローランド達に引き上げられた。

出典: pbs.twimg.com

夜営の途中にティラノサウルスに襲われる一行

ローランドたちの通信装置は恐竜たちに壊され、マルコムたちの無線と衛星電話もトレーラーに積んであったため、一同は外への連絡手段を失ってしまっていた。ルドローは古い本部ビルの隣にある通信センターに行けば、連絡をすることができると提案した。通信センターまでは歩くてほぼ1日かかる距離であったが、その途中にはヴェロキラプトルの縄張りがある危険地帯を通らなければならない。一方、このままここにいれば、またティラノサウルスが再び襲ってくるかもしれない。そこでローランドがリーダーとなり通信センターを目指すことにした。途中、休憩中に恐竜ハンターの一員であるディーターは仲間のカーターに荷物を預け、用を足そうと離れる。しかし、ヘッドホンで音楽を聞いていたカーターはディーターの声を聞いていなかったために、一行はディーターがいなくなったことに気づかず出発してしまい、ディーターは道に迷ってしまう。そのまま迷っていたディーターは山道から滑り落ちてしまい、そこでコンプソグナトゥスの群れに襲われてしまう。ディーターが行方不明となったことに気づいたローランドは探しに行くが、既にディーターはコンプソグナトゥスに食い殺されていた。さらに一行が夜営していると、サラのベストについたティラノサウルスの子供の血を追ってティラノサウルスが現れた。一行は慌てて逃げ出すが、ローランドはライフルで仕留めようとする。しかし、なぜか弾が抜かれており、代わりに麻酔弾を打ち込んだ。一方、ニックとサラ、ケリーは洞窟に逃げ込んでいた。そこで一緒に逃げ込んでいた恐竜ハンターの一人であるロバートが、服の中に入っていた蛇に驚き、慌てて洞窟を飛び出してしまいティラノサウルスに食べられてしまう。一方その頃草原を抜けようとしたアージェイら恐竜ハンターたちは、ヴェロキラプトルの群れに襲われてしまっていた。ニックたちはマルコムと合流し、アージェイのバックが置き去りにされているのを見つける。危険を察知したマルコムは全速力で草原を駆け抜けるが、マルコムは崖から転落して足を負傷してしまう。ニックは助けを呼ぶためにけがをしたマルコムをサラ達に任せ、一足先に通信センターに辿り着き、施設の電源を入れ、ハーベスト基地に救助隊を要請した。マルコム、サラ、ケリーも遅れて通信センターの隣の本部ビルに到着した。通信センターへと向かおうとしたところ、ヴェロキラプトルが突如現れる。サラとケリーは納屋に逃げ込み、裏の扉の下から土を掘って逃げようとする。しかし、裏にもヴェロキラプトルが現れ、囲まれてしまう。建物の上のほうへ逃げようとするも、ヴェロキラプトルは襲ってくる。マルコムが絶対絶命の状況の中、ケリーは得意の鉄棒を生かして、ヴェロキラプトルを外へ蹴り飛ばし、撃退することに成功する。
次々と襲ってくるヴェロキラプトルをかわし、3人は救助に来たヘリに乗り込んだ。先に乗っていたニックと島を去る中、ローランドの銃弾を抜いたのはマルコムだったことが判明する。一方ローランドはティラノサウルスの生け捕りに成功し、ルドローはその子供も捕獲しており、アメリカに連れ帰ろうとしていた。しかし、ローランドは相棒であったアージェイが草原でヴェロキラプトルに襲われ死んでしまったことがショックで、これ以上仲間を失いたくないと、これ以上の関わりを避け去っていった。

出典: www.thecinema.jp

サンディエゴの街で大暴れするティラノサウルス

アメリカに帰国したルドローは「ジュラシック・パーク・サンディエゴ」の建設の記者会見を開いていた。その時、ティラノサウルスを乗せたS・S・ベンチャー号が到着したが、船からの応答がなく、様子がおかしいことに気づく。そのまま船は港に減速することなく激突する。会場が騒然とする中、ルドローとインジェン社の社員が中を確認すると船の乗組員が全滅していた。インジェン社の警備員が誤って貨物室の扉のスイッチを押してしまい、そこへ檻を破ったティラノサウルスが現れ、サンディエゴの街へと出ていってしまう。ローランドの麻酔薬で眠っていたはずのティラノサウルスだったが、その効果を減らす薬の量を見誤り、暴走してしまっていたのだ。加えて、ルドローはティラノサウルスの子供を飛行機でパーク予定地に運んでいたため、子供を探すために、ティラノサウルスは出ていったのだ。
サラは脱水状態であるティラノサウルスはどこかで水を飲んでから餌を食べる行動をすると予測した。そして、ティラノサウルスをドックに呼び戻し、捕獲して島へ送り返すために子供を囮に使おうと計画する。サラの推測通り、ティラノサウルスは住宅街のプールの水を飲み、その場にいた飼い犬を捕食し、そのまま街で大暴れをしていた。その家に住むベンジャミンはティラノサウルス足音で目を覚まし、庭にティラノサウルスがいることに気づく。そのことを両親に伝え、半信半疑な両親とともに窓から庭を覗くと大きな口を開けたティラノサウルスが咆哮を響かせていた。サンディエゴが大パニックとなる中、マルコムとサラは建設予定地から子供を連れ出し、車に乗せてティラノサウルスをおびき寄せた。港まで誘導することに成功し、そのまま船へ乗せ、二人は海へ逃げ込んだ。ラドローは「子供を返せ」としつこく追っており、船内で子供を見つけるが、親のティラノサウルスに襲われ、そのまま子供に捕食されてしまう。マルコムは貨物室の蓋をしめ、サラがティラノサウルスに麻酔を撃ち事なきを得た。そのまま船は海軍の大規模な護衛作戦のもとソルナ島へと向かった。その後ハモンドは、コスタリカ政府の生物保護局と協力して島を人間と隔離して、保護することを提唱した。サイトBでは恐竜たちが自由に動き周り、物語は幕を閉じる。

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の登場人物・キャラクター

イアン・マルコム(演:ジェフ・ゴールドブラム)

出典: livedoor.blogimg.jp

日本語吹き替え:大塚芳忠
本作の主人公であり、カオス理論学者。4年前のジュラシック・パーク事件の時も現場にいた。前作では陽気なキャラクターであったが、今作ではその事件のトラウマからか恐竜に対しての恐怖心や警戒心が強く、そのイメージは影を潜めている。一方恐竜に大興奮し、一人行動してしまうサラや娘のケリーに振り回されることが多い。ハモンドにサイトBの生態調査を頼まれ、一度は拒否するものの、恋人のサラがすでにサイトBへと行っていることを知らされ、救助の名目で参加することになる。サラやケリーを守るためにヴェロキラプトルをおびき寄せる囮になるなど、勇敢な行動も見せた。終盤にはサンディエゴで暴れるティラノサウルスをサラと協力し、サイトBへと送り返すことに成功する。

サラ・ハーディング(演:ジュリアン・ムーア)

出典: kaigai-drama-board.com

日本語吹き替え:勝生真沙子
恐竜調査隊の一員であり、マルコムの恋人。古生物学者のため恐竜への知識は深い。マルコム達より先にサイトBへと到着し、調査を進めていた。大胆な性格のせいでステゴサウルスに襲われるなど危険な目に遭うことも多い。恐竜愛護主義でニックと共にハンターたちのキャンプに捕まった恐竜たちを逃がし、キャンプを壊滅状態に追いやり、大勢のハンターたちが犠牲となる要因にもなった。またティラノサウルスの子供を治療するためトレーラーへと連れ帰っている。恐竜の捕獲には反対しており、サンディエゴでティラノサウルスが暴れた時には、マルコムと協力しサイトBへと送り返すことに成功する。

ケリー・カーティス(演:ヴァネッサ・リー・チェスター)

出典: lh3.googleusercontent.com

日本語吹き替え:渕崎ゆり子
マルコムの娘。マルコムには留守番を言い渡されていたものの、こっそりと着いてくるがすぐに後悔する。鉄棒が得意であり、ヴェロキラプトルを撃退する時にその技術を活かしている。母親はマルコムと離婚しており、作中では登場しない。マルコムの恋人であるサラにはなついている。

ニック・ヴァン・オーウェン(演:ヴィンス・ヴァーン)

出典: isyokuju.com

aoha-aiyori
aoha-aiyori
@aoha-aiyori

Related Articles関連記事

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』とは、2018年6月22日にアメリカ合衆国で公開された映画。『ジュラシック・パーク』シリーズ5作目の映画である。 日本公開は2018年7月13日。前作での大惨事から3年。放棄されたジュラシック・ワールドを有したイスラ・ヌブラル島には火山噴火の兆候が見えていた。噴火へのタイムリミットが迫る中、主人公オーウェンと彼の仲間たちは恐竜たちの救出チームに参加する。それぞれが奮闘する中、オーウェンたちは救出劇の裏に隠された陰謀にも巻き込まれていく。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ、Ready Player One)のネタバレ解説まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

トランスフォーマー(Transformers)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年にアメリカ合衆国公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

ジュラシック・ワールド(Jurassic World)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・ワールド』とは2015年のアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシック・パーク』シリーズ4作目である。前作に引き続きスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めている。イスラ・ヌブラル島で起きた「ジュラシック・パーク」の事件から22年。新たなるテーマパーク「ジュラシック・ワールド」がオープンし、多くの観光客で賑わっていた。しかし、新たな目玉アトラクションとしてパークが用意していた新種恐竜インドミナス・レックスが脱走し、パークは大パニックに陥る。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

グレムリン(Gremlins)のネタバレ解説まとめ

『グレムリン』とは、1984年にジョー・ダンテ監督による映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

リアル・スティール(Real Steel)のネタバレ解説まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

NEW

【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とはアメリカのSF映画で、1985年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編作品である。 1989年公開で原題は『Back to the Future Part II』。監督は前作と同じロバート・ゼメキスが務めた。 主人公マーティは、親友であるドクから未来で息子に危険が迫っているといわれ、デロリアンで30年先の未来へタイムスリップする。Part2に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

目次 - Contents