テルマ&ルイーズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『テルマ&ルイーズ』(Thelma and Louise)とは、1991年5月にアメリカで公開されたロードムービーである。平凡な主婦テルマが、友人のウェイトレス、ルイーズと共にドライブに出かけた。途中のドライブインで、テルマが見知らぬ男たちにレイプされそうになった時、ルイーズは男たちを射殺してしまう。二人はそのまま銀行強盗をして逃避劇を繰り広げる。二人の女性の日常から転落していく様を描いたバイオレンス作品。

『テルマ&ルイーズ』の概要

『テルマ&ルイーズ』(Thelma and Louise)とは、1991年5月にアメリカで公開されたロードムービーである。同年10月に日本でも公開された。監督はリドリー・スコットで『エイリアン』も担当した監督である。製作費が16億5000万なのに対し興行収入は45億4000万となった。

ウェイトレスとして仕事をこなすルイーズ・ソーヤーは、上司から「離婚するため、妻に別荘を取り上げられてしまうことになった。その前に大いに使ってほしい」と声を掛けられた。そこでルイーズは親友のテルマ・ディキンソンを旅行に誘う。嬉しいと言うテルマ・ディキンソンだったが、旅行に行くことさえ夫であるダリル・ディキンソンに伝えることさえ出来ないのであった。そんな中、旅行に行く前日の夜、ダリルは帰りが遅くなると言うが夜な夜な遊んでいるのである。
翌日の朝、ルイーズがテルマを迎えに行くと、テルマは強盗犯や熊が襲ってくるかもしれないからと銃を持ってきたのだ。ルイーズは驚くが、とりあえずバッグの中に入れて出発してしまったのだ。
テルマが寄り道したいと言い出したため、別荘に向かう途中で酒場に行くのである。そんな二人に話しかけてきたのはハーラン・パケットだった。美人に目がないハーランは、テルマに好意を寄せていくのである。音楽が流れ始めてきたので、テルマはハーランと踊り始めたのだ。ルイーズも男性に誘われて踊りますが、別荘への到着が遅れてしまうことから、テルマに出発を知らせに行くのである。ぐるぐる回転していたテルマは気分が悪くなった為、ハーランが気分転換させようと外へ連れ出したのだ。
ハーランの目的はテルマの体である。嫌がるテルマを殴り、犯そうとしたのだ。ルイーズが気がついて、ハーランの頭に銃を突きつけ他のである。 冗談だと引き下がっていくハーランに、ルイーズは銃を下げた。しかし、腹がたったハーランは女を蔑むように罵ってきたのである。
我慢できなかったルイーズは、ハーランの胸を銃弾で撃ち抜いてしまったのだ。
旅行どころではなくなり、テルマは動揺してトイレに行った。テルマとルイーズは残金を確認して、モーテルで休むことを考るが、お金が足りなかったのだある。警察に行こうと言うテルマだったが、警察なんか信用できないと、ルイーズは反対し他のだった。

いっぽう、ハル・スローコム警部はハーランの遺体を確認し、酒場のウェイトレスに事情を聞いていたのである。ウェイトレス、レナはテルマとルイーズが犯人だとは思えないことと、ハーランが死んで当然の男だったと話したのだ。不倫された妻か、不倫した相手の亭主が犯人じゃないのと言いうのである。上司に相談すると、ハル警部は広域捜査に切り替えるように指示されFBIにも連絡をしたのだ。
ルイーズは彼氏のジミー・レノックスに電話をして、貯金残高分を貸して欲しいと頼み込んだのだ。オクラホマ・シティに電報送金を頼むと、彼は了承してくれたのである。それでテルマとルイーズは、警察から逃げるため国境を超えてメキシコに向かうことを決意したのである。

テルマとルイーズの友情や、次々と訪れて来る問題を二人がどのように乗り越えていくのかが、見ているうちに引き込まれていく映画となっている。

『テルマ&ルイーズ』のあらすじ・ストーリー

旅に出るテルマとルイーズ

旅に出る前に写真を撮るテルマ(右)とルイーズ(左)

ウェイトレスとして仕事をこなすルイーズ・ソーヤーは、上司から「離婚するため、妻に別荘を取り上げられてしまうことになった。その前に大いに使ってほしい」と声を掛けられた。そこでルイーズは親友のテルマ・ディキンソンを旅行に誘うことを思いつく。しかし専業主婦のテルマは 夫のダリル・ディキンソンに強く言えず、旅行に行くことを伝えることも出来なかった。そのダリルは仕事で帰りが遅くなると言うが実は夜な夜な遊び歩いており、妻のテルマに対して強くあたっていたのである。

旅行当日の朝ルイーズは必要なものだけ素早く準備するが、テルマはとにかく目に付いたものを適当に鞄に詰め込んでいた。
そしてダリルが帰ってくる前に、逃げるようにルイーズの車に乗り込んだ。 迎えにきたルイーズに対しテルマは、「旅行なんて久しぶり。羽目を外して楽しむわよ!」とはしゃぐ。そして、テルマは強盗犯や熊が襲ってくるかもしれないからと銃を持ってきた。ルイーズも驚くが、とりあえずバッグの中に入れて出発してしまったのだ。

ハーランを撃ち殺してしまう

バーでハーラン(右)と飲むテルマ(左)

旅の途中テルマが「寄り道をしたい」と言い出したため、二人は酒場に向かった。ダリルの束縛から解放されたテレサがどんどん酒を飲んでいると、ハーラン・パケットという男が話しかけてきた。美人に目がないハーランは、テルマに好意を寄せていくのである。さらに音楽のリズムにあわせてテルマはハーランと踊り始めた。

ルイーズも男性に誘われて踊るが、別荘地への到着が遅れてしまうことから、テルマに出発を知らせに行くがテルマの姿が見当たらない。ぐるぐる回転して踊ったテルマは途中、気分が悪くなりハーランが気分転換させようと外へ連れ出していた。
しかし実は、ハーランの目的はテルマの体だった。それに気付いたテルマは抵抗するがハーランに殴られ、犯されそうになる。
そこにルイーズが現れ、ハーランの頭に銃を突き付けた。「すまない冗談だ」とテルマから離れるハーランに、ルイーズは銃を下げる。すると腹がたったのか、ハーランは2人を女を蔑むように罵ってきたのである。
それを聞いて我慢のできなかったルイーズは、ハーランの胸を銃弾で撃ち抜いてしまった。自首したところでどうにもならないと諦めた2人は、車で逃走。パニック状態の2人は罵り合いながらも、車を走らせ現場から逃げた。

その後、ルイーズは気分が悪くなってしまいテルマにどこかでコーヒーを飲んで今後どうするか考えようと提案する。コーヒーを飲んで落ち着こうとする二人だったが旅行どころではなくなり、テルマは落ち込んでしまう。ルイーズは残金を確認して、モーテルで休むことを考えるが、お金が足りなかった。逃走は諦めて警察に行こうと言うテルマだったが、ルイーズは警察なんか信用できないと反対した。

酒場ではハル・スローコム警部がハーランの遺体を確認し、酒場のウェイトレスのレナに事情を聞いていた。レナは二人が犯人とは思えないこと、ハーランは死んで当然の男だった事を話す。 ハル警部は上司に相談すると、広域捜査に切り替えるように指示された。FBIにも連絡し、本格的に二人の捜査に乗り出したのである。

ルイーズは彼氏のジミー・レノックスに電話をして、貯金残高分を貸して欲しいと頼む。ルイーズは電報送金で頼むと、ジミーは困惑するも了承してくれたのであった。

メキシコに逃亡することを決意

メキシコに逃げることを決意したテルマ(左)とルイーズ(右)

再び休憩所に到着したルイーズは、再度ジミーに電話した。電話でジミーはクラブ経営の友達に頼んで、小切手を現金にしているところだと状況を説明した。ルイーズはお金を借りる理由を車を買うことだと説明する。ルイーズがお金を受け取る場所はバガモンド・モーテル。ルイーズはお金を受け取る人物名を「ピーチェス」にしてほしい、と頼んだのである。

テルマはルイーズから、怪しまれないようにダリルに明晩戻ることを伝えるようにと言われた為電話するテルマだったが、夜な夜な遊んでいたにも関わらずダリルから「すぐに帰ってこい」と怒鳴られた。それに対しテルマは「夫であって父親じゃないんだ、くたばれ!」と怒って電話を切ったのである。

こうして二人はメキシコに逃亡することを決意をし、再び旅が始まった。

JDと出会う

テルマと戯れるJD

テルマがダリルとの電話を終え公衆電話から戻ろうとすると、ヒッチハイカーの男性JDと出会う。JDは大学に戻る途中で、家の途中まで乗せてくれないかと頼んできた。テルマは彼と話していくうちに意気投合したので了承したいのだが、ルイーズは信用できないと許可しなかった。落ち込むテルマとJDだったが、ルイーズは無視して車を走らせた。

その最中オクラホマからメキシコに行くにはテキサスを通らなければならないのだが、テキサスで幼い頃レイプをされたルイーズは、通らない道をテルマに探すように頼む。「メキシコに行くためにテキサスを通らないなんて無理な話しだ」と口論している内に、元の道にもどって来てしまうのであった。

テルマはJDがまだ車を探していたのを見つけ、ルイーズに子犬の真似をしてJDも連れていくようにお願いした。テルマのどうしてものお願いにルイーズは渋々、JDを連れていくことを了承したのである。こうして二人の乗っている車に新たな仲間が加わったのである。

夫との別れ

ハル警部は、現場からサンダーバードが走り去る目撃証言を聞く。そして、サンダーバードの持ち主がルイーズ、そして助手席にテルマが乗っていた事が分かっていく。ハル警部は職場を訪れた後、テルマの夫ダリルに話しを聞きに行った。殺人の疑いの掛かっている女の車の助手席にテルマが乗っていると言われ、ダリルはピザを足で踏んでしまうほど驚くのであった。
お金を受け取る場所に到着したところで2人はJDとお別れをした。ルイーズはジミーからお金が送金されているか確認しようとすると、ルイーズの前にジミー本人が来ていたのである。その出来事にルイーズはジミーがそこまで心配してくれているとは思わず驚く。
ジミーは何があったのか、なんのためのお金なのかと説明を求めてくる。しかし、ルイーズはすぐに分かることだと言い「私たち別れよう」と告げた。ジミーはそれに対し、なぜ別れなければならないのかと突然の出来事に怒りながら聞いてくる。今度は僕(ジミー)が悪かったのか、結婚のタイミングが遅かったのかと結婚指輪を渡した。しかし、ルイーズは「嬉しいけど、今は無理なの」タイミングが悪かったのだと下を向く。何かを悟ったジミーは納得し、ルイーズはテルマの部屋にお金を置いてジミーとの最後の夜を共に過ごしたのである。

JDとの再会

テルマとベットで語り合うJD

その晩にテルマの部屋がノックされたので、テルマが扉を開けると、そこにはJDの姿があった。JDは行く当てがなく雨で車もつかまらない状態で、泊めてくれないかと尋ねてきた。テルマは彼を部屋に通し、次第にベッドで跳ねたりなど楽しく話をしていく。
話していくうちに打ち解け合い、JDは仮釈放中の身で、逃げている最中だと話出した。何をやったのか興味津々なテルマは、JDがコンビニなどで強盗を行ったと話を聞きくのである。テルマも気を許してしまい今まで自分たちが何をしてきたのかを話してしまった。そして紳士でクールに語る彼の姿に、テルマは目を輝かせているのである。

4年間付き合ったダリルと18で結婚したテルマは、他の男性を知りなかったのである。そんな彼女は、ほかの男とsexしてみたかったのだ。シャワーを浴びたばかりの上半身裸の彼がテルマの視界に入り、次第に興奮していくのである。そして、二人は盛り上がった流れでsexを始めるのであった。

JDに騙されたテルマ

翌朝ジミーはルイーズに指輪を持っていて欲しいと言い、了承したルイーズとジミーは熱いキスを交わし、ジミーと別れた。

そして朝ごはんを食べる為、食堂のルイーズの横に席にやってきたのは、薬でもやってるかのような妙なハイテンションのテルマだったのである。初めてほかの男とのsexの良さを知ったテルマは、昨晩のJDとの行為を熱く語るのであった。しかし、話を聞いていくうちに変に思ったルイーズは、現在JDが部屋に一人きりだと言うことに気づく。

何かを察したルイーズは慌てて部屋に戻ると案の定、ジミーから借りたお金が全て盗まれていたのである。

何か吹っ切れたテルマとルイーズ

何か吹っ切れたテルマ(右)とルイーズ(左)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

【トリビア・伏線】ファイト・クラブの徹底解説・考察まとめ【ネタバレ】

『ファイト・クラブ』とは1999年公開のアメリカ映画。鬼才と呼ばれるデヴィッド・フィンチャーが監督を務めた。不眠症の”僕”は自分とは正反対の自信家でマッチョな男タイラーと出会い、男同士が素手で殴りあう「ファイト・クラブ」と言う組織を結成していく。殴り殴られることで自分の存在意義を確認するが、やがて組織はテロリズムに傾いてき、”僕”は衝撃の事実を知ることとなる。 巧妙に張り巡らされた伏線とサブリミナル効果、ラストシーンの解釈、製作時のトリビアなどをネタバレ解説していく。

Read Article

ファイト・クラブ(Fight Club)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイト・クラブ』とは、1999年製作のアメリカ映画である。1996年に発表されたアメリカの小説家チャック・パラニュークによる同名小説が原作となっている。監督はデヴィッド・フィンチャー。アンダーグラウンドな雰囲気と過激な暴力描写、また自由で大胆不敵、それでいて頭も切れるブラッド・ピット演ずる、タイラー・ダーデンの存在感。その彼の魅力に惹かれてしまう、主人公(演:エドワード・ノートン)の繰り出す非合法な活動が、やがてテロ活動にまで発展してしまう様を描く、カルト映画である。

Read Article

ブラック・レイン(Black Rain)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・レイン』とは、1989年公開のアメリカ映画。リドリー・スコット監督によるポリス・アクション・ムービー。マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、高倉健、松田優作といった豪華な日米キャストの共演や、大阪での長期にわたるロケーション撮影が話題となった。ニューヨークで逮捕した男を日本に護送した2人の米国の刑事が、日本の警察と文化やスタイルの違いから対立しながらもお互い協力してヤクザと戦う物語を、大阪の街を舞台に描く。

Read Article

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

それでも夜は明ける(12 Years a Slave)のネタバレ解説・考察まとめ

19世紀のアメリカで、自由黒人であるにも関わらず奴隷として売られ、12年間の奴隷生活を送ることとなったソロモン・ノーサップの実話を、彼が書いた体験記をもとにスティーヴ・マックイーン監督が映画化、2013年に公開された。主人公のソロモン・ノーサップをキウェテル・イジョフォーが熱演。監督の志に賛同したブラッド・ピットが制作段階から参加し、出演も果たしている。

Read Article

ハンニバル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハンニバル』とは、2001年の米英伊合作によるサイコ・スリラー映画である。原作はトマス・ハリスの同名小説で、大ヒット作『羊たちの沈黙』の続編に当たる。監督はリドリー・スコットが務め、主人公レクター役は前作から引き続きアンソニー・ホプキンスが担当した。元精神科医で狂気の連続殺人鬼「ハンニバル・レクター博士」を巡る、極めて猟奇的な物語。FBI捜査官クラリスは彼を追うのだが、その先には身も凍る恐ろしい惨劇が待っていた。息を飲むスリリングな展開と、絵画のような映像によるコントラストは必見である。

Read Article

エイリアン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『エイリアン』とは、1979年に公開された『ブレードランナー』や『ハンニバル』などで知られるリドリー・スコット監督の、SFホラー映画の元祖ともいえる作品だ。監督の出世作でもあるが、主人公のリプリーを演じたシガニー・ウィーバーの名を、世界中に広めた映画でもある。 宇宙船に入り込んだ姿を見せないエイリアンが、次々と乗組員を襲っていくホラーSF映画で、エイリアンという名称を定着させたことでも知られる。 その後もシリーズ化されるなど、映画界に衝撃を与えた作品だ。

Read Article

セブン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

1995年のアメリカ映画。監督はデヴィッド・フィンチャー。 舞台は犯罪がはびこるアメリカの大都会。キリスト教の「七つの大罪」に沿って人を殺していく猟奇殺人犯を、退職間近の老刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と、血気盛んな若手刑事ミルズ(ブラッド・ピット)が追っていく。 独創的な映像センスと、人間の暗部を描いた脚本が魅力のサイコサスペンス。

Read Article

ブレードランナー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品。1982年公開。 レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

Read Article

オデッセイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『オデッセイ』は、2015年にリドリー・スコットが監督を務めたアメリカ映画。原作は2011年に出版されたアンデイ・ウィアーのヒット小説『火星の人』。 過酷な状況に置かれながらも人間性を失わず、生存の危機に立ち向かう宇宙飛行士。そして、彼を助けようと奮闘する人々を描いた。NASAが全面的に協力し、惑星科学部門の責任者、ジェームズ・グリーンが科学技術面のアドバイザーとして雇用されている。

Read Article

セブン・イヤーズ・イン・チベット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『セブン・イヤーズ・イン・チベット』とは1997年のアメリカの伝記映画。スイスの山アイガー初登頂で名高いオーストリアの登山家ハインリヒ・ハラーの自伝を映画化。彼がチベットで過ごした7年間、若きダライ・ラマ14世との交流によってもたらされる心の変遷をチベットのオリエンタルで美しい映像が映し出す。ジャン=ジャック・アノー監督作品。主演のハインリヒ.・ハラーに当時絶大な人気を得ていたブラッド・ピットを迎えた。複雑な中国とチベットの関係を描いている映画であることから、中国は中国での本作の上映を禁止した。

Read Article

天使にラブ・ソングを…(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『天使にラブ・ソングを…』とは、1992年にアメリカで上映されたコメディ映画である。リノのラウンジでしがない歌手をしていたデロリス・ヴァン・カルティエは、殺人現場を目撃してしまったことから修道院へと身を潜めることとなった。派手で堕落的な生活を送っていたデロリスは、厳格な生活を送る修道院のシスター達と歌を通して心を通わせていく。コメディ映画でありながら、ハートフル要素も含んだ大ヒット映画だ。全世界で合わせて2億の興行収入を記録し、ゴールデン・グローブ賞では作品賞にノミネートされた。

Read Article

NEW

Mr.&Mrs. スミス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Mr.&Mrs.スミス』とは、監督はダグ・リーマン、脚本はサイモン・キンバーグが手掛けた、2005年公開のラブアクションムービーである。ジョンとジェーンはコロンビアのボゴタで出会い、2人は一夜にして恋に落ちる。そのまま、お互いに暗殺者という身分を隠して結婚することを選ぶ。パートナーへの熱も冷めた結婚数年後のある日、2人が同じターゲットの暗殺の依頼を引き受けたことから夫婦関係に変化が起こる。競合組織のヒットマンである2人が、戦闘と恋に火花を散らし、壮大なアクションを繰り広げている。

Read Article

パルプ・フィクション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パルプフィクションとは、クエンティン・タランティーノ監督による1994年公開のクライム映画である。主演はジョン・トラボルタで、その他出演者にサミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン等がいる。本作は、アカデミー賞の脚本賞を受賞した。ギャングであるヴィンセントと相棒ジュールズは、ボスからの命令でスーツケースを取り返すべく、アパートに潜入する。本作は、主人公ヴィンセントのエピソードを含む3つの異なる犯罪エピソードから構成されている。ストーリーの時系列と映画の時系列が異なる構成が話題を呼んだ。

Read Article

ジョー・ブラックをよろしく(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョー・ブラックをよろしく』とは、1998年にアメリカで公開されたファンタスティック・ラブストーリーである。事故死した人間の姿を借りて地上に舞い降りた死神は、死期が迫っている大富豪のビル・パリッシュの元に現れた。ビルは自分の命の延長と引き換えに人間界の案内役を引き受ける。ビルの家族に友人だと紹介された死神は、ビルの娘であるスーザンに惹かれ、次第にスーザンも死神に恋をしてしまうのだった。死神と人間の切ない恋模様と家族愛が描かれている。監督は、マーティン・ブレストが担当している。

Read Article

【映画紹介】タランティーノの真骨頂!『パルプ・フィクション』の色褪せない名シーン3選

クエンティン・タランティーノといえば、ずばり『パルプ・フィクション』ですよね!1994年に公開され、気付けば21年も経ってしまいましたが、何回観ても、何年経っても色褪せない面白さ&スタイリッシュさ。賛否両論ある作品ではありますが、改めて本作の魅力を名シーンと共に振り返りたいと思います。

Read Article

目次 - Contents