ボーン・レガシー(映画)のネタバレ解説まとめ

『ボーン・レガシー』とは『ボーンシリーズ』の4作目で、2012年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンをめぐる陰謀を描いた前3部作の裏で同時進行していたストーリーを描くスピンオフ的作品。ボーンの存在によりCIA上層部でさえ知らない国家的極秘計画が暴かれる危機が発生。計画隠蔽のために襲われた工作員アーロン・クロスの逃避行が描かれる。『ボーンシリーズ』の世界観を継承したストーリー展開に加え、前3部作後のCIAの状況もわかるファン必見の物語である。

『ボーン・レガシー』の概要

『ボーン・レガシー』とは、『ボーンシリーズ』の4作目で、2012年に公開されたサスペンス・アクション映画。映画の『ボーンシリーズ』は全5作で、1作目は『ボーン・アイデンティティー』、2作目が『ボーン・スプレマシー』、3作目が『ボーン・アルティメイタム』、4作目が今作、5作目が『ジェイソン・ボーン』。最初の3作を『ボーン3部作』とも言い、元となる小説の原作者はロバート・ラドラム。彼が死去した後、シリーズを引き継いだエリック・ヴァン・ラストベーダーが4作目の『ボーン・レガシー』を発表したが、映画は小説の内容とは全く異なる。シリーズのうち今作のみ主人公が異なり、時系列で『ボーン・スプレマシー』と『ボーン・アルティメイタム』の間とその後のスピンオフ的作品となっている。
監督は『ボーン3部作』の脚本を執筆したトニー・ギルロイ。主人公アーロン・クロスを『ハート・ロッカー』、『アベンジャーズシリーズ』のジェレミー・レナー、アーロンと共に逃げる女性博士マルタを『ナイロビの蜂』、『女王陛下のお気に入り』のレイチェル・ワイズが熱演。出演は他に『真実の行方』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のエドワード・ノートンなど。
主演のレナーは冒頭から極寒のアラスカの川に飛び込んだり、切り立った雪山を移動したり、狼と格闘したりと肉体の極限に挑む。狭い壁の間に滑り降り、敵を無力化したり、バイクでのチェイスシーンなどレナーのアクションシーンは今作の大きな見所となっている。タイトルの『レガシー(legacy)』は遺産を意味する。

記憶を失ったCIAの元トップ工作員ジェイソン・ボーンの協力によって、CIAの内部調査局長パメラが極秘計画「トレッドストーン」と「ブラックブライアー」を世間に公表した。CIAはこれらを隠蔽しようとするが、国家調査研究所のリック・バイヤーはこの暴露が現在実行中の他の計画にも影響を与え、それが国家の危機につながると考えた。CIA上層部でさえ知らない実行中の計画「アウトカム」を隠蔽するため即座に動き出したバイヤー。計画の関係者が次々と抹殺されていく中、「アウトカム」の最高傑作の工作員アーロン・クロスは逃げ延びる。自分の体調の維持のために必要な薬がなくなったアーロンは、定期的に自分を検査していたステリシン・モルランタ社の研究者マルタの元へ薬を求めて向かう。アーロンは家で命を狙われていたマルタを救い出すが彼女は薬を持っていなかった。2人は薬の代わりとなる活性ウイルスを求めてフィリピンのマニラへと向かうが、バイヤーは最強の暗殺者を向かわせ2人を抹殺しようとする。マニラで警察や暗殺者に追われた2人だが、何とか振り切り逃げ延びたのだった。

『ボーン・レガシー』のあらすじ・ストーリー

アラスカで訓練を積むアーロン

出典: www.iowanazkids.org

川に飛び込み目標物を取ってきたアーロン

極寒のアラスカにある特殊作戦の訓練地で、国家調査研究所の主導する極秘作戦「アウトカム」の作戦員のNo.5であるアーロン・クロスは厳しいトレーニングを積んでいた。雪が降り積もり凍った川に潜って目標物を見つけたり、襲ってくる狼を追っ払ったりしながら、アーロンは雪山を超え目的地に近づいていく。訓練課程において、アーロンは自分の血液採取や、青い薬と緑の薬の服用を義務付けられていた。

極秘作戦の暴露に伴う影響に対処する国家調査研究所のリック・バイヤー

出典: reggiestake.com

ターソに相談に来たクレイマー長官

CIAの元トップ工作員だったジェイソン・ボーンがアフリカ某国の元独裁者であるウォンボシの暗殺任務失敗が原因で記憶を失い、CIAに追われる身となって2年以上が過ぎていた。イギリスのガーディアン紙の記者サイモン・ロスがCIAの極秘計画「トレッドストーン」とそのバージョンアップ版の「ブラックブライアー」、そしてジェイソン・ボーンについてCIA内部から証言を得て記事を書こうとしていた。その動きを探知したCIA長官エズラ・クレイマーは、メリーランド州ベセスダにいる、退役軍人のマーク・ターソに話をしに来ていた。極秘計画を承認した自分の身を守るために、クレイマー長官は国家調査研究所の責任者リック・バイヤーに話すと言うが、ターソは自分が話すと返し、バージニア州レストンにいるリック・バイヤーに話に行った。

出典: ameblo.jp

対処を考えるバイヤー(画像左から2番目)と部下のディタ(画像右から2番目)、ゼヴ(画像右端)、アーサー(画像左端)

ワシントンDCにある国家調査研究所では、リック・バイヤーが「トレッドストーン」のCIAの調査報告を見て、「トレッドストーン」「ブラックブライアー」「アウトカム」「ラークス」の全作戦について自分に情報を上げるよう部下に指示していた。部下の一人であるゼヴが「ボーンの活動記録を読んだが信じられない。作戦第一期生で組織を離脱、薬もなく生存。生きたまま身柄を確保すれば貴重なデータが得られる」と言うが、バイヤーは「我々は命に関わる悪疫の話をしている。ボーンが道路で死んでいても奴には手を出すな。それより今直面している問題が及ぼす影響を考えろ。CIAのせいで暴露記事が出れば他の作戦も潰される。それを防ぐのだ」と話す。

ロンドンのウォータールー駅で、暴露記事を書かれることを恐れたCIAの対テロ極秘調査局の局長ヴォーゼンの指示によりロスは暗殺者に殺されてしまう。このニュースを見ていたバイヤーは苦悩の表情を浮かべる。

バイヤーは「トレッドストーン」の訓練発案者であるアルバート・ハーシュ博士とステリシン・モルランタ社の研究者で「アウトカム」の訓練発案者であるダン・ヒルコット博士が会議の場で親しくしている映像をYouTubeで発見する。それをターソとステリシン・モルランタ社の親会社であるキャンデント精密計量社の副社長であり、かつステリシン・モルランタ社の医療統括責任者であるテレンス・ワードに報告した。ハーシュとヒルコットは似たような会合に何度も出席しており、極秘作戦の医療チームの2大ボスが仲のいいところを見せていた。ロスの暴露記事が出れば「トレッドストーン」の訓練発案者であるハーシュは吊るし上げられ、知り合いのヒルコットも攻撃対象になることは確実である。それだけでなく、ヒルコットが発案した「アウトカム」は潰され灰になるとバイヤーは話す。ワードは反対したが、バイヤーはハーシュとヒルコットを消してもデータは残ること、そうすれば関連機関まで難は及ばず準備中の作戦は隠せること、火の粉が収まるのを待って立て直せばいいことなどを提案した。

山小屋に到着したアーロンと「アウトカム」作戦中止による作戦員の抹殺

出典: ishizukathd.wordpress.com

山小屋でアーロン(画像右)を待っていた男(画像左)

雪山では特訓を積み山を越えてきたアーロンを待っていた男がいた。「予定より早かったな」と言われ、アーロンは山を越えたことを告げる。「記録を更新した」と男が教えるが、アーロンは記録のことなど考えてもおらず、薬をなくしたので山を越えたことを説明する。男はアーロンを山小屋に入れ、「本部に報告しよう。血液サンプルを取りに来る」と告げる。無人機が来るまで3時間。薬について彼に質問されたアーロンは、身体用に緑、精神用に青の錠剤を服用していることを話す。小屋の中に血液サンプルがあることを見たアーロンは、彼はただの連絡員ではなく、工作員ではないかと考える。アーロンは予備の薬があるかを男に確認する。男に薬を飲んだのはいつか訊かれると、アーロンは青の薬は32時間前に飲んだきりだと話す。

その頃、CIAニューヨーク支部の対テロ極秘調査局の局長、かつ極秘作戦「ブラックブライアー」の現場責任者ノア・ヴォーゼンがボーン捜索の指示をチームに行っていた。ヴォーゼンの部下ウィリスはバイヤーに電話して、ボーンがニューヨークに戻ってきていることを伝える。

出典: ameblo.jp

木に掘られた名前

アラスカの山小屋では、無人機に血液サンプルを乗せ、アーロンと男が夜を過ごしていた。外から聞こえる狼の声にアーロンが「変だな。狼が人間の後をつけるなんて」という言葉に対して「お前は人間じゃないんだ」と答える。アーロンは、仲間は何人いるのか、ここで何をしているのか男に質問するが彼は答えない。「相手を探るのが仕事だろ」と言うアーロンは彼になぜここに飛ばされたのか、任務を放り出したのか、恋に落ちたのか等訊こうとする。相手の反応から恋に落ちたためここに飛ばされたと判断したアーロン。男は結局答えず、狼対策に銃を渡すだけだった。その晩、ベッドに横になったアーロンは、壁の木に多くの名前が彫られていることに気づいた。この山小屋に到達した極秘作戦の参加者と思われる名前の中には「ジェイソン・ボーン」という名前もあった。

一方、バイヤーは「アウトカム」の作戦中止に反対する米国海兵隊のポールセン将軍と会っていた。ポールセンは「イランのミサイル計画を36か月も遅らせた。北朝鮮での諜報活動の主役は『アウトカム』だ。パキスタン情報局にも工作員を潜入させた。そういう情報収集組織を解体するのか?」と反対するが、バイヤーは「即刻中止だ」と一刀両断した。ポールセンは「ニューヨークの追跡劇の裏にCIA?」という見出しの新聞を出し、「本当の原因はジェイソン・ボーンだな。奴が野放しになった」と畳みかける。続けて「全作戦で私に見えないのでお宅の作戦だけ。私の邪魔をするのはいつもお宅の組織だ。なぜそんな力がある?」と訊くと、バイヤーは「私も愛国者だ。この件では私も傷ついている。だが任務は任務。お互いそれを遂行する。以上だ」と話を打ち切った。

出典: www.iowanazkids.org

鼻血を出して死亡した韓国の女性工作員

韓国ソウルでは、血液サンプルを提出に来た「アウトカム」の女性工作員が新しい黄色の薬を渡されていた。青と緑の薬は服用中止となり、8日ごとにこの黄色の薬を1錠飲むよう説明され、服用後死亡。パキスタンのカラチでも男性工作員が渡された黄色の薬を服用し死亡。ステリシン・モルランタ社の研究所で最近マルタが検査をしていたNo.6も歩行中、鼻血を出して死亡した。

山小屋で攻撃されるアーロンたち

出典: loveactors.exblog.jp

無人機をライフルで狙おうとするアーロン

山小屋ではアーロンたちが吹雪のために出発を遅らせようと話している時、近づいてくる飛行機の音に気付く。本部に連絡するも応答がなく、昨日来たばかりの補給機のはずがないことから、2人は危険を察知する。アーロンは表で待機すると言い、山小屋を出た途端、山小屋は無人機からのミサイル攻撃を受けて爆発してしまう。爆風で飛ばされたアーロンだが、すぐに立ち上がり荷物を持って走り出す。バージニア州にある米空軍の無人機管制本部では、山小屋の男が爆死したはずなのに、発信機の信号が出続けていることを確認し、無人機で追跡を開始する。無人機管制本部では山小屋にいる男の抹殺を命令されており、アーロンが既に到着していることは知らなかったのだ。アーロンは山の上まで走り、自分の太腿に埋め込まれている発信機からの信号をアルミ皿で遮断する。そして吹雪で視界が悪く熱探知しようとして追跡してきた無人機をライフルで撃ち落とした。山小屋に戻り薬を探すアーロンだが、薬は爆発でなくなっていた。残っていた武器になりそうなものをかき集めたアーロン。

アーロンへのミサイル攻撃で過去を思い出すバイヤー

出典: www.fxguide.com

狼をおびき寄せたアーロン

無人機管制本部から連絡を受けたバイヤーが、発信機の信号が誰のものか調べさせると、それはアーロン・クロスのものだった。米空軍無人機管制本部に急ぎ向かったバイヤーは、無人機を雪山に向かわせる。アーロンは太腿に埋め込まれていた発信機を取り出し、自分の血で狼をおびき寄せ、狼を捕まえて、発信機を狼に飲み込ませた。信号の発信されている座標を特定した無人機管制本部は無人機により、熱源探知をしてミサイル攻撃を行った。ミサイルは逃げた狼に命中し、信号も消え、アーロンは死亡したとされた。

StoryMaker
StoryMaker
@StoryMaker

Related Articles関連記事

ボーン・アルティメイタム(映画)のネタバレ解説まとめ

『ボーン・アルティメイタム』とは『ボーンシリーズ』の3作目で、2007年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンは、CIAの極秘計画の暴露記事を書こうとする記者と接触したことで存在が見つかり、またもやCIAに狙われる。その一方、CIA内部の人間と協力し、極秘計画に絡んだ組織の陰謀を暴き、とうとう記憶を取り戻す。その場にいるかのような臨場感溢れる映像やスピーディなストーリー展開、スリリングな逃走劇など息もつかせぬシーンの連続で観る者を引き込む最高傑作。

Read Article

ボーン・スプレマシー(映画)のネタバレ解説まとめ

『ボーン・スプレマシー』とは『ボーンシリーズ』の2作目で、2004年に公開されたサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンの2年後を描く。インドでマリーと暮らしていたボーンの元に暗殺者が現れ代わりにマリーが殺されてしまう。自分を追う理由を知るため動き出したボーンだが、ある事件の容疑者に仕立てられる。CIAの追跡をかわしながら自分を巡る陰謀の真相を探るボーン。トンネルの中のカーチェイスなど前作以上にスピード感あるスリリングなシーンの連続で観る者を魅了する。

Read Article

ビッグ・フィッシュ(Big Fish)のネタバレ解説まとめ

『ビッグ・フィッシュ』とは2003年に公開されたアメリカ合衆国のファンタジー映画である。原作は『ビッグフィッシュ - 父と息子のものがたり』で、ティム・バートン監督による作品。病が悪化した父エドワードの看病をするために実家に妻とともに戻ったウィル。父はウィルが小さいころから自分の人生をおとぎ話のように語っており、ウィルは年を取るにつれその話を信じなくなり二人の間の関係は悪くなる。しかし、看病を通して時間を過ごすうちに二人の父子の関係は少しずつ変化していく。

Read Article

インクレディブル・ハルク(MCU)のネタバレ解説まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

メッセージ(Arrival)のネタバレ解説まとめ

『メッセージ』とは、本作後に「ブレードランナー2049」を撮るドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によるSFムービー。 突如地球上に現れた巨大な宇宙船。飛来した目的を探ろうと、船内の異星人とコミュニケーションをとるため軍に依頼された女性言語学者が、彼らと接触するうちに未来を見ることが出来るようになり、自分の人生を見つめ直していくシリアスタッチの知的なドラマ。2016年製作のアメリカ作品。

Read Article

バックドラフト(映画)のネタバレ解説まとめ

『バックドラフト』とは、消防士の兄弟の火災現場での活躍と葛藤、謎の放火犯を追う物語。監督は『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』で知られるロン・ハワードが務めており、出演者はカート・ラッセル、ロバート・デ・ニーロなど豪華な顔ぶれが揃っている。火災現場の視覚効果をアメリカの特殊効果及びVFXの制作会社インダストリアル・ライト&マジックが務めている。エグゼクティブ・プロデューサーはブライアン・グレイザーと『砂の惑星』のラファエラ・デ・ラウレンティスが務めている。

Read Article

ファイト・クラブ(Fight Club)のネタバレ解説まとめ

『ファイト・クラブ』とは、1999年製作のアメリカ映画である。1996年に発表されたアメリカの小説家チャック・パラニュークによる同名小説が原作となっている。監督はデヴィッド・フィンチャー。アンダーグラウンドな雰囲気と過激な暴力描写、また自由で大胆不敵、それでいて頭も切れるブラッド・ピット演ずる、タイラー・ダーデンの存在感。その彼の魅力に惹かれてしまう、主人公(演:エドワード・ノートン)の繰り出す非合法な活動が、やがてテロ活動にまで発展してしまう様を描く、カルト映画である。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

ボーン・アイデンティティー(映画)のネタバレ解説まとめ

『ボーン・アイデンティティー』とは、『ボーンシリーズ』の1作目で、2002年に公開されたサスペンス・アクション映画。原作はロバート・ラドラムの『暗殺者』。記憶を失くした男が、皮下に埋め込まれたマイクロカプセルを手掛かりにわかった名前はジェイソン・ボーン。自分が何者かを辿るなか、行く先々で警察やCIAに追われるが、知力と体に染みついた高い戦闘スキルで追跡をかわし、襲ってくる暗殺者を倒し、窮地を脱する。偶然知り合ったマリーと逃げる間に見せる人間らしさや生身の体で対決する迫力の格闘シーンも必見。

Read Article

【トリビア・伏線】ファイト・クラブの徹底解説・考察まとめ【ネタバレ】

『ファイト・クラブ』とは1999年公開のアメリカ映画。鬼才と呼ばれるデヴィッド・フィンチャーが監督を務めた。不眠症の”僕”は自分とは正反対の自信家でマッチョな男タイラーと出会い、男同士が素手で殴りあう「ファイト・クラブ」と言う組織を結成していく。殴り殴られることで自分の存在意義を確認するが、やがて組織はテロリズムに傾いてき、”僕”は衝撃の事実を知ることとなる。 巧妙に張り巡らされた伏線とサブリミナル効果、ラストシーンの解釈、製作時のトリビアなどをネタバレ解説していく。

Read Article

目次 - Contents