ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』とは、2005年にアメリカで公開されたファンタジー映画である。クライブ・ステープルス・ルイスの『ナルニア国物語」を原作としている。本作品はシリーズの第1作目である『ライオンと魔女』を実写映画化している。映画の撮影はニュージーランド、チェコ、ポーランド、イングランドで行われた。全世界で7億円を稼ぐほどの人気ぶりで、歴代収入では第38位となる。映画の配給はウォルト・ディズニー・ピクチャーズによる。

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』の概要

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』とは、2005年にアメリカで公開されたファンタジー映画である。クライブ・ステープルス・ルイスの『ナルニア国物語」を原作としている。本作品はシリーズの第1作目である『ライオンと魔女』を実写映画化たた。撮影はニュージーランド、チェコ、ポーランド、イングランドで主に行っている。全世界で7億円を稼ぐほどの人気ぶりで、歴代収入では第38位となる。映画の配給はウォルト・ディズニー・ピクチャーズによる。
本作はニュージーランドで撮影され、壮大なスケールで撮影した映画は見ている側にナルニアの非現実的な世界観を感じさせる。登場するナルニアの国民には、本物の獣と感じさせるほどのメイクが施されており、その技術の高さから第78回アカデミー賞でメイクアップ賞を受賞した。映画だけでなく、ゲームでこの世界観を味わうこともできる。イギリスのゲーム制作会社、トラベラーズテイルズがアクションアドベンチャーゲームとしてゲーム化しており、プレイステーション2、Vbox、ニンテンドーゲームキューブ、ニンテンドーDS、ゲームボーイアドバンスで発売されている。本、映画、ゲームなど様々な形でファンタジーな世界観を味わうことができる。
ナルニアの国民は全員、半人半獣という奇怪な外見をしており、言葉を発する。不思議なキャラクター像は、見ている側を不思議な世界観に引き込む。ぺベンシー兄弟は白い魔女と戦うため、ナルニアの王であるアスランを探しに旅をする。しかし、その旅の途中では魔女の手下であるモーグリムに襲われて死にかける。何度も怖い思いをするぺベンシー兄弟は、「すぐに帰りたい」と願っていた。しかし、ナルニアの国民から「君たちがナルニアに平和を取り戻すんだ。そういう予言が広まっている。」と半信半疑で聞いていた。魔女の手下に襲われたときはナルニアの国民に何度も助けられ、命拾いをしてきた。それを考えると、ぺベンシー兄弟は「ナルニアの国民を苦しめたくはない」と思うようになり、4人で一緒に魔女を倒すことを決意する。次々に起こる危険な試練を兄弟4人で一緒に乗り越える姿には、強い兄弟愛を感じさせられる。

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のあらすじ・ストーリー

ぺベンシー兄弟の疎開

疎開先の屋敷近くの駅で、ぺベンシー兄弟は迎えに来るマクレディを待っている。

イギリスに暮らすぺベンシー兄弟4は、戦争の激しい空襲から逃れるため、田舎に疎開することになる。まだ幼い末っ子のルーシーは母親のヘレン・ぺベンシーと離れることが寂しかった。ヘレンは4人と最後の別れを惜しみ、抱き合おうとする。次男のエドマンドは人前で抱き合うことが恥ずかしく思い、顔を反らして機嫌を悪くするのだった。ヘレンは長男のピーターに「みんなをよろしくね」と言い残し、最後に手を振って別れる。ピーター、エドマンド、長女のスーザン、ルーシーの4人は田舎に住むカーク教授の屋敷に住むことになる。同じく屋敷に住むマクレディは子供が苦手で、4人への態度は厳しかった。屋敷に着き、部屋へ案内する際にはぺベンシー兄弟に「お屋敷でのルールを守ること。走らない。騒がない」と厳しく注意した。「そして何よりも教授の邪魔をしないこと」と念押しをする。ぺベンシー兄弟はカーク教授が何者なのか、詳しく知らされていなかった。

衣装たんすを見つける

かくれんぼが始まると、ルーシーは急いで隠れ場所を探した。するとある部屋に行きつき、そこで大きな衣装タンスを見つけた。

母親の元を離れた上に、屋敷で思いっきり遊ぶことを制限されたため、ルーシーは退屈そうにしていた。屋敷に着き、次の日は大雨だったため、外に遊びに行くこともできなかった。そこで、退屈しのぎのためにルーシーが「かくれんぼしない?」と急に提案をする。ピーターに「お願い」とおねだりをし、妹の可愛い笑顔を見たピーターは「1、2、3...」とカウントを始めた。無理矢理スタートしたかくれんぼに、スーザン、エドマンドも仕方なく付き合う。ルーシーは急いで隠れる場所を探しに行き、隠れることができそうな部屋を探していると、大きな衣装たんすが置いてある部屋を見つける。急いでそこに隠れ、たんすの奥まで進んだ。すると、その先には現実世界とはかけ離れた雪景色が広がっていた。ルーシーは異世界のナルニアの国に来てしまった。

タムナスとルーシーの出会い

すると、その先には現実世界とはかけ離れた雪景色が広がっていた。ルーシーは異世界のナルニアの国に来てしまった。

ルーシーは突然異世界に来てしまったことにワクワクしていた。すると、周囲で物音がすることに気付き、人の気配を感じた。振り向くと、下半身がヤギの脚で上半身は人間の姿をしたタムナスを見つける。驚いたルーシーは悲鳴を上げた。タムナスに「あなたは何者?」と尋ねると「フォーンです。あなたは耳のないドワーフですか?」と聞き返した。しかし、ルーシーに「女の子よ」と返事をされ、人間がナルニアにいることにびっくりする。ナルニアの国は白い魔女によって支配されており、人間を見つけたら白い魔女に引き渡さなければならなかったからだ。もし引き渡すことをしなかったら、見つけたナルニアの者も罰せられることを知っていた。それは避けたかったため、ルーシーをお菓子でつって家に連れ込み、笛で子守唄を吹いて眠らせた。ルーシーはタムナスの狙い通り寝てしまう。しばらくして、ルーシーが起きた時には部屋が真っ暗になっていた。部屋の隅で座り込んでいたタムナスに「どうしたの?」と聞くと、白い魔女に人間を引き渡す命令をされていることを伝えられた。「誘拐したんです」とタムナスは話した。でも、「まだ小さなルーシー引き渡すことができない」と思い、逃がした。その際にルーシーは泣いているタムナスにハンカチを渡す。

現代に戻る

ルーシーはナルニアに入ってきた入り口を見つけると、急いで中に入り、現実世界に戻ることができた。白い魔女に引き渡されることなく、無事に帰ってきた喜びから「大丈夫よ!帰ってきたわ!なんともない!」と大声で衣装たんすの置いてあった部屋から飛び出した。しかし現代では、かくれんぼが続いており鬼であるピーターが探し出そうとしているところだった。ピーターに「かくれんぼのルールを知ってるか?」とバカにされる。ルーシーは今までナルニアにいたことを伝えるため、衣装たんすにピーター、エドマンド、スーザンを案内する。その際に再び衣装タンスを確認してもらったが、もとのたんすに戻っていた。ピーターに「俺達にはそんな想像力はない」と言われ、信じてもらえなかった。

エドマンドもナルニアへ

「残りの3人の人間も一緒に捕まえよう」と考えた魔女は、エドマンドに城の場所を伝える。

ルーシーはナルニアが衣装たんすの向こう側に存在することをみんなに信じてもらえず、ショックを受けていた。同時に、魔女の命令を無視したタムナスがその後どうなっていたのか、気になる。そのため、夜中に他の兄弟が寝ているすきを見て、再び衣装たんすに向かう。ルーシーが扉を開けると、中から冷たい風が吹き出てきた。ナルニアが存在する、と確信したルーシーは再びたんすの中に入り、タムナスの家に向かった。また、ルーシーがこっそりと衣装たんすに向かうのをエドマンドは見ていた。気になったルーシーを追って衣装たんすの中に入ると、エドマンドもナルニアの国へ着いた。広がる雪景色が異世界のようで信じ切れず、すぐにルーシーを探しに行こうとする。しかしルーシーに会う前に、白い魔女に遭遇してしまった。エドマンドは白い魔女が、人間を城に連れて行くことを知らなかった。白い魔女はエドマンドがアダムの息子であり、人間だと分かると「他にも仲間がいるかもしれない」と疑う。より多くの人間を見つけたいがために、お菓子を与えながらエドマンドにどこから、誰と一緒に来たのか聞きだす。エドマンドは「妹を探しに来ただけです」と話す。他にも人間がいると知った白い魔女は、「兄弟は何人?」と聞いた。エドマンドが「4人です」と答えると、白い魔女は「エドマンドを利用して、他の3人も一緒に城に呼び出そう」と考えた。魔女は魔法で温かい飲み物と、ターキッシュ・デライトを出し、エドマンドに食べさせた。魔女はエドマンドに確実に他の3人を連れてきてほしかったため、「城に来れば、王になれる。王には家来が必要よ。今度、あなたの家族を紹介して」と嘘をでっちあげた。それを信じ切ったエドマンドは、「この国の王になれる。兄さんよりも偉くなれる」と考え、ピーター、スーザン、ルーシーを魔女の城に連れて行くことを約束する。

白い魔女の秘密を知る

白い魔女と別れた後、「エドマンド?」と呼ぶルーシーの声が聞こえた。ルーシーと再会し、最初に来た時に会ったタムナスのことを話された。「タムナスは無事よ。白い魔女にまだ見つかってないって」とルーシーは言う。エドマンドは白い魔女のことをよく知らなかったため、聞き返すと「ナルニアの女王と言っているけど、嘘なの」と言われる。エドマンドはたった今あった女性が白い魔女だと分かり、普通の魔女でないことを悟った。しかし、ルーシーを不安にさせてはいけないと思い、ここでは黙っていた。

信じてくれない

タムナスの無事を確認できたルーシーは、エドマンドと一緒にすぐに現代に戻った。現代は時間は進んでおらず、夜のままだった。エドマンドも一緒にナルニアに行ったため、「一緒にピーターたちを説得できる」と思ったルーシーは「本当にあったの!」とベッドルームで寝ているピーターに飛びつく。その声で、寝ていたスーザンも起きてしまった。ルーシーは「エドマンドも一緒に行ったの!」と話すと、スーザン、ピーターから視線を向けられた。しかし、意地の悪いエドマンドは「話を合わせただけさ」とナルニアに行ったことを認めなかった。遊ばれていたことをルーシーは知り、ショックでベッドルームを飛び出した。ルーシーは廊下を飛び出すと、カーク教授にぶつかってしまう。マクレディが泣いているルーシーを落ち着かせている間、カーク教授は別の部屋で何があったかスーザン、ピーターに聞いた。「ルーシーが魔法の国を衣装たんすの奥に見つけたと言うんです」とスーザンは話す。
するとカーク教授は「彼女は真実を言っとる。家族を信じないでどうするんだ」とピーターとスーザンに説教をした。それでも、まだ自分の目で見ていないスーザン、ピーターはナルニアがあることを信じられなかった。

4人でナルニアへ

衣装たんすに入り、奥まで進むとそこにはあたり一面雪で覆われているナルニアの国だった。

ルーシーはナルニアの存在を信じてもらえず、機嫌を損ねていた。ピーターは「これ以上衣装たんすに近づくと、エドマンドがまたルーシーをからかう」と考え、衣装たんすを目にしないように、次の日はみんなで外で野球をしていた。ルーシーが機嫌が悪く、1人で離れたところで本を読んでいた。ピッチャーのピーターはボールを投げ、バッターのエドマンドが打った。ボールはカーク教授の屋敷の、教授のコレクションが置いてある部屋の窓似当たって割れる。音を聞いたマクレディがすぐに部屋へ来る足音がしたため、4人で急いで隠れようとする。隠れられる部屋を探していると、衣装たんすがある部屋にたどり着く。その部屋には近づかないことをピーターは決めていたが、マクレディが向かってきていたため、急いでたんすの中へ入った。奥まで進むと、辺りには雪景色が広がっていた。4人でナルニアの国へ来てしまった。本当にナルニアがあったことを知ったスーザン、ピーターは驚いた。ナルニアを見れたスーザンは満足し、「戻りましょう」と言う。しかし、エドマンドは白い魔女と兄弟を連れて4人で城に向かうことを約束していたことを思い出す。そのため、「あちこち見てみよう」と引き止める。ルーシーも少し乗り気で、「タムナスに会って!」とわがままを言った。ピーターは「よし、そうしよう」と言い、4人でタムナスの家に向かった。

yumy
yumy
@yumy

Related Articles関連記事

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

スプリット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スプリット』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開は2017年の5月。23人もの別人格を持つ多重人格者に誘拐されてしまった女子高生たちが体験する、予想不可能な恐怖を描く。監督は「シックス・センス」「アンブレイカブル」「サイン」など、意表を突いたラストやどんでん返しで有名なM・ナイト・シャマラン。誘拐犯である多重人格者をジェームズ・マカヴォイが熱演し、主役の女子高生をアニャ・テイラー=ジョイが演じている。

Read Article

シュレック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック』は、2001年に公開されたアメリカのフルCGのアニメーション映画である。ジャンルはファンタジー、アドベンチャー、コメディに分類される。公開年にはアカデミー長編アニメ賞を受賞した。大人向けに制作された作品で、ユニークなセリフが数多く盛り込まれている所が魅力の1つである。 ある日、シュレックという怪物が人里離れた沼で平凡に暮らしている所に、おとぎ話の主人公達が押し寄せてきた。自分が再び平凡に暮らせるよう、ロバのドンキーと共にフィオナ姫を探す旅に出たのであった。

Read Article

フライト・ゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『フライト・ゲーム』とは、2014年に公開されたアメリカのサスペンスアクション映画である。航空保安官としての任務でニューヨーク発ロンドン行きの飛行機に搭乗したビルは、何者かから機内で20分後に人を殺すというメッセージを携帯電話に受信する。ビルは周囲の協力を得ながら事件解決に向けて動くが、徐々に彼自身がハイジャック犯なのではないかと周囲から疑われてしまう。監督はジャウマ・コレット=セラが務め、主演したリーアム・ニーソンとは2度目のタッグとなった。共演はジュリアン・ムーアら。

Read Article

シュレック2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック2』は、2004年のアメリカ合衆国のファンタジー、アドベンチャー、コメディ映画。2001年に公開された『シュレック』の続編。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、アニー賞にノミネートされたが、受賞は逃す結果となった。 本作で新しく登場する長ぐつをはいたネコの、殺し屋モードと甘えモードのなんとも言えないギャップが、本作の魅力の1つである。 幸せな結婚生活を送っていたシュレックとフィオナ姫は遠い遠い国から結婚を祝う舞踏会の招待状が届いた。そこで2人は、様々な困難に立ち向かう事となる。

Read Article

ブリジット・ジョーンズの日記(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記』とは、2001年に公開されたロマンティック・コメディ映画。原作は作家ヘレン・フィールディングの同名コラムで、結婚相手が見つからない女性の寂しい本音を赤裸々に描いている。ブリジットはちょっと太めのシングル女性で、お酒と煙草が止められず、恋も仕事も失敗ばかり。そんなブリジットの等身大の姿が、世の女性の多くの共感を呼び、異例の大ヒットとなった。温かくて親切で正直な愛すべきキャラクター、ブリジットの恋と仕事を巡るドタバタ劇を描いたコメディ満載のハートフルストーリーだ。

Read Article

目次 - Contents