ストリート・オブ・ファイヤー(Streets of Fire)のネタバレ解説まとめ

86915

『ストリート・オブ・ファイヤー』とは、ウォルター・ヒル監督による1984年製作のアメリカ映画。ロックンロールを中心とした音楽が効果的に使用された、ミュージック・ビデオ感覚のアクション映画である。本国アメリカよりも、日本で熱狂的に受け入れられ、1984年の「キネマ旬報」人気投票では読者部門第1位を獲得した。リッチモンドの街を舞台に、ストリートギャング“ボンバーズ”に拉致されたかつての恋人を救うため、故郷に帰ってきたヒーローの活躍を描く。

『ストリート・オブ・ファイヤー』の概要

26732

『ストリート・オブ・ファイヤー』とは、1984年製作のアメリカ映画。ストリート・ギャングに誘拐されたかつての恋人を救うために故郷に帰ってきたヒーローの活躍を描いた、ミュージック・ビデオ感覚のアクション映画である。また、アクション映画では珍しく、人が一人も死なない映画として有名になった。本国アメリカよりも、日本で熱狂的に受け入れられ、1984年の「キネマ旬報」人気投票では読者部門第1位を獲得した。アメリカ公開は1984年6月1日、日本公開は同年8月11日。
監督・脚本は『ウォリアーズ』『48時間』のウォルター・ヒル。製作はウォルター・ヒルの監督デビューから彼をサポートしているローレンス・ゴードンとジョエル・シルヴァー。撮影は『ウォリアーズ』『ランボー』のアンドリュー・ラズロ。音楽はアメリカのミュージシャンでスライド・ギターの名手として知られるギタリスト、ライ・クーダーが担当。ロックを中心とした音楽を効果的に使用し、ミュージック・ビデオを観ているような印象を残している。
キャストでは、帰ってきた街のヒーローに、本作が初の主演作となるマイケル・パレ。彼のかつての恋人でヒロイン役には、『リトル・ロマンス』でデビューし当時アイドル的な人気のあったダイアン・レイン。そして、無法者グループのリーダー役を、後に『プラトーン』で一躍有名になったウィレム・デフォーが圧倒的な存在感で演じている。

1984年に日本中の映画ファンを熱狂させた本作が、実に34年の時を経て2018年7月21日、デジタル・リマスター版、5.1CHの大音響にて、スクリーンに蘇った。宣伝コピーは「80年代を代表する<ロックンロールの寓話>ふたたび。あいつが帰って来た!」。

『ストリート・オブ・ファイヤー』のあらすじ・ストーリー

001

リッチモンドでの凱旋コンサートで熱唱するエレン・エイム&アタッカーズ。

アメリカのリッチモンドという街で、あるロック・コンサートが行われていた。リッチモンド生まれの人気女性歌手エレン・エイムが自分のバンド”アタッカーズ”を引き連れての凱旋コンサートである。レストランで働く女性リーヴァ・コーディやバーテンダーのクライドなど、エレンのファンで超満員の会場は彼女の熱唱に熱い声援を送っている。ところがその最中、ストリートギャング集団”ボンバーズ”のボスであるレイヴェンという男が、大勢の手下を引き連れて会場にやって来ていた。そして、エレンの歌が終わると同時に彼らは一斉にステージになだれ込んだ。大混乱となった会場の中でレイヴェンはエレンを拉致するとそのまま引き上げて行き、手下の連中は乗ってきたバイクで街中を大暴れしながら去って行った。
エレンが拉致されたことにショックを隠せないリーヴァは、街を離れていた弟のトム・コーディに手紙を出した。トムはかつてエレンの恋人だった男であり、リーヴァは弟にエレンのピンチを知らせれば彼女を助けに戻ってくるだろうと考えたのだった。

002

トムは、エレンを救いに故郷リッチモンドに帰って来た。

そして、トムはやはり帰って来た。彼はリーヴァに会うなり、「別れた女を助けに行けって言うのか!」と反発するが、リーヴァは弟がまだエレンに未練が有ることを分かっていた。その夜、トムは友人のクライドの店に飲みに行くと、そこで元陸軍で車両係をしていたという流れ者の女性・マッコイと出会って意気投合。行く当ての無い彼女を姉の家に泊めたトムは、1人になると秘かに持ち歩いていたエレンの写真を見ながら彼女を想い出していた。

翌日、トムは街の知人から密かにライフル銃やショットガン、リボルバー銃などの武器を調達する。午後には姉の店に、エレンのマネージャーで彼女の現在の恋人でもある小男ビリー・フィッシュを呼び出した。トムはビリーに、エレン救出に成功したら賞金1万ドルを出させる約束をする。さらに、ビリーがボンバーズのアジトがあるバテリー地区出身者だという事で彼を道案内に一緒に来させようとするが、渋るビリーにトムは「自分の女を人に救いに行かせるとは汚い野郎だ!」と罵って無理強いさせる。そして行動的なマッコイもトムに同行を頼み込み、3人はトムが街のチンピラから取り上げた車に乗り込むと、ボンバーズのアジトへエレン救出に向かった。

003

エレン救出にボンバーズのアジトへ乗り込むトムとマッコイ、そしてビリー。

ボンバーズのアジトでは、大勢の男と女が、ロックンロールを歌い踊り酒を飲みながら楽しんでいた。エレンは2階の部屋に監禁されており、彼女の美貌に魅せられていたレイヴェンは自分の女にしようと企んでいたのだ。やがてエレン救出に来た3人はアジトの近くに到着。ビリーが車に残り、マッコイは客を装って潜入しエレンを探しに行く。そしてトムは外で走るバイクを次々と銃で爆破させ、ボンバーズの注意を外に向けさせる。その隙にトムもアジトに潜入しエレン救出に成功した。トムは待機していたビリーの車にエレンとマッコイを乗せ先に行かせると、さらに爆破を続けてアジトを混乱させた。と、そこへレイヴェンがやって来た。お互い初対面の挨拶を交わすと「エレンを取り戻す」というレイヴェンに、トムは「いつでも来い」と返し、盗んだボンバーズのバイクに乗って逃走するのだった。

ビリー、エレン、マッコイと合流したトムは、車を捨て足早に繁華街を歩いていると、すでに警官がボンバーズ襲撃の捜査に嗅ぎまわっていた。トムは通り掛かった小型バスを無理やり停めると、運転していた黒人を銃で脅し全員で乗り込み逃走を続ける。そのバスには”ソレルズ”と名乗る4人組の黒人ミュージシャンが乗っており、スター歌手のエレンに気が付いた彼らは、歌を披露したりしてその場を和ませた。だがそれも束の間、警察の検問に引っ掛かり、トムはパトカーを銃で爆破してバスを強行突破させた。そして途中でバスを捨てると全員で駅に走り、電車に乗り換えてリッチモンドに帰還する。

004

レイヴェンとトムの1対1の壮絶なバトルが始まった。

リッチモンドでは、エレンが無事に戻った事で街中大喜びだった。そんな中、トムが金のために自分を救出したと知ったエレンは、彼に愛想をつかし足早にホテルに引き上げてしまう。また、警官から「レイヴェンがお前を殺しに来ると言ってきた。今夜中に街を出ろ!」と忠告されたトムは、ビリーの元へ行き1万ドルの賞金からマッコイの取り分1000ドルだけを受け取って去っていく。それを見ていたエレンは、自分の救出が金のためではないという彼の本心を悟り、彼を追い、2人の間に再び愛の炎が燃え上がるのだった。その夜、一緒に街を出て欲しいというエレンだったが、トムはレイヴェンの挑戦を受けるため、マッコイにエレンを匿わせると1人でボンバーズへ乗り込もうとする。だがリッチモンドはボンバーズに封鎖されていて街を出る事は叶わなかった。

翌日、レイヴェンを筆頭にボンバーズがリッチモンドにやって来た。あまりの人数の多さに、対応した警官たちが怯んでいると、そこへトムが現れた。警官はトムに「ぶっ潰せ!」と引導を渡す。レイヴェンはトムに一騎討ちを申し出て、トムも受けて立つ。そして大きなハンマーを武器にして1対1の戦いが始まった。五分と五分の壮絶なバトルが続き、最後は素手での殴り合いとなり、トムがレイヴェンを圧倒し完全にKOする。ボスの敗北、住民の決起の姿を見たボンバーズは、何も出来ずにそそくさと引き上げてしまうのだった。

005

それぞれの道を歩むエレンとトムは別れのキスを交わす。

リッチモンドの街に平和が戻ると、エレンの凱旋コンサートが再び行われた。前座で歌うザ・ソレルズをステージ袖で見ながら、掘り出し物を見つけたと大喜びのビリー。皆それぞれの道を歩むこととなり、トムはビリーに「エレンの事は任せる」と言い、エレンには「俺は君の付き人になる男じゃない。だが、必要な時は俺がいる。」と別れを告げながら最後のキスを交わした。

ステージに上がり熱唱するエレンの姿を見守りながら、トムは1人静かに会場を出る。そして気の合う友人となったマッコイと共に街を去って行った。

『ストリート・オブ・ファイヤー』の主な登場人物・キャラクター

トム・コーディ(演:マイケル・パレ)

01

本作のヒーロー。
姉のリーヴァから、かつての恋人エレンがボンバーズに拉致されたことを手紙で知らされ、故郷リッチモンドに戻って来る。
元々エレンを嫌いになって別れた理由ではなく、ロック歌手になる彼女の夢を叶えるために身を引いたので、エレンに対してはまだ未練があった。 エレンを救出後、彼女を守るためボンバーズのボス・レイヴェンと1対1の対決に挑む。
軍隊に居た経験から銃の扱いには長けており、エレン救出にボンバーズのアジトを襲撃した際には、ショットガンを撃ちまくった。

エレン・エイム(演:ダイアン・レイン)

02

本作のヒロイン。
リッチモンド出身の人気ロック歌手。
トムと恋仲だったが、2年前に彼が街を出て音信不通となり別れてしまった。現在はマネージャーを務めるビリーと恋仲となっている。
リッチモンドでの凱旋コンサートの途中、ボンバーズのレイヴェンに拉致されると、救いに来てくれたトムに再会。かつてトムが街を出た理由が、自分がロック歌手になるという夢を叶えるためだった事を知り、彼に対し再び恋の炎を燃やす。

レイヴェン(演:ウィレム・デフォー)

03

ストリート・ギャング集団”ボンバーズ”のボス。
人気歌手エレン・エイムの美貌に惚れ、リッチモンドの凱旋コンサートに乱入して彼女を拉致、アジトに監禁した。
アジトに潜入したトムにエレンを奪われ、なおかつアジトを滅茶苦茶に攻撃されると怒りが爆発。「エレンは必ず取り戻す」と豪語し、トムとの一騎打ちを申し出る。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents