レディ・プレイヤー1(レディプレ、Ready Player One)のネタバレ解説まとめ

180502 ready player 1 w1280

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。
荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

『レディ・プレイヤー1』の概要

Ready player one 4000x2287 steven spielberg 2018 4k 11600

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。日本では『レディプレ』の略称で呼ばれている。アメリカでは2018年3月29日、日本では同年4月20日に公開。

ストーリーは、荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年・パーシヴァルを主人公とし、個性あふれる仲間達との謎解きや冒険が描かれる。

80年代をメインとした映画をはじめ、過去のスピルバーグ作品やゲーム、音楽などあらゆるポップカルチャー要素が登場するオールスター級の内容は絶賛された。
原作はアーネスト・クラインによる小説『ゲームウォーズ』(原題:READY PLAYER ONE)であり、クラインは本作の脚本も担当。大筋は原作に沿っているが、キャラクターの国籍の違いや、原作のみ、もしくは映画のみにしか登場しないポップカルチャーも存在する。

制作会社は主にワーナー・ブラザース・ピクチャーズおよび、スピルバーグがCEOを務めるアンブリン・エンターテインメントが担当。その他にヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ、デ・ライン・ピクチャーズ、ファラ・フィルム&マネージメントが制作に参加したメジャー作品。配給はワーナー・ブラザース・エンターテインメント。
スピルバーグが監督作でワーナーとタッグを組むのは『A.I.』(2001年)以来。

それまでも『マトリックス』などのように仮想現実を舞台とした作品は存在したが、VR元年と言われた2016年以降に公開されたVRを題材とした映画では最も成功した作品。劇中ではヘッドマウントディスプレイが実際に使用されている。

製作期間は約3年で、スピルバーグ監督作品では『未知との遭遇』に次いで2番目に長い。スピルバーグは「今まで生きてきた中で1番技術的に複雑な映画だった」と語っている。

『レディ・プレイヤー1』のあらすじ・ストーリー

オアシスとは

Rp1 columbus

コロンバスの荒廃した街並み。

2045年、オハイオ州コロンバスは世界一発展した都市と言われていた。
しかし、実際には世界は暗く荒廃しており経済破綻寸前であり、それはコロンバスでも同様で、人々にとって現実は暮らしにくい場所となっていた。コーンシロップの品薄や電波帯域幅の不足の暴動などの社会問題を経て、人々はVR世界に居場所を求めるようになった。

8214cfbbdd3c4149417313a072a9ac4dfe3f22c2 hq

「オアシス」にログインする様子。

そのVR世界の名は「オアシス」。ヘッドマウントディスプレイを装着することで入り込むことができ、想像する限りあらゆるものが現実となる、世界最大のソーシャル・オンライン・ゲームの世界である。あらゆることが可能で、ハワイで大波に乗り、エジプトのピラミッドをスキーで滑り、エベレストをバットマンと登ることまでできた。

また、オアシスに課金することで装備やレベルをパワーアップさせることも可能で、同時にオアシス内で稼いだコインは現実世界で換金もできるため、生活収入を得る方法としても用いられていた。ただし、ゲーム内でアバターが死亡すると、それまで獲得したコインやアイテムや装備はすべて消去されるため、場合によっては大損失となることもある。

全世界のほとんどの人々が居場所としているほどで、単なるゲームではなく学校教育や会社業務もオアシスを通して行うほどであり、もう一つの社会となっているほどの規模だった。

Readyplayerone1 5.mp4 000437737

2025年に「オアシス」を発表したハリデーとモロー。

コロンバスが大都市とされているのは、オアシスの運営会社「GSS(グレガリアス・シミュレーション・システムズ)」の創始者であるジェームズ・ハリデーとオグデン・モローが起業した場所であるためだった。ジェームズ・ハリデーはオアシスを開発した張本人であり、オアシスを愛する人々にとってはヒーローであり、神に等しいほど崇拝されている存在だった。

Rpo1 5 1

ヘッドマウントディスプレイでオアシスにログインし、ウェイドからパーシヴァルへと姿を変える。

コロンバスで暮らす少年ウェイド・ワッツもハリデーを尊敬する1人で、80年代ポップカルチャーとオアシスを愛するギークだった。
現実では内気で冴えない少年のウェイドは、オアシスの最大の魅力は違う自分になれることだと語る。ウェイドはオアシス内では銀髪のクールなアバターに姿を変え、「パーシヴァル」という名のキャラクターとなっている。

Rpo1 5

オアシス内の親友のエイチ、侍のダイトウ、忍者のショウ。

オアシス内には親友で巨漢アバターのエイチ、侍のダイトウ、忍者のショウなど友人はいたが、パーシヴァルは彼らとリアルで会ったことはなく、チームを組むことはないソロプレイヤーだった。

イースターエッグ

Rpo1 5 2

2040年に他界したハリデー(葬儀の様子は『スター・トレック』のパロディ)。
アバター「全知全能のアノラック」となり、オアシス内に「イースターエッグ」と「鍵」を隠したことを告げる。

オアシス開発者・創始者・オーナーのジェームズ・ハリデーは、5年前の2040年1月7日に亡くなっていた。しかし、彼の遺言は全プレイヤーを震撼させた。

ハリデーはオアシス内のどこかに宝の卵「イースターエッグ」を隠していた。
それを最初に見つけた者にはハリデーの全財産であるグレガリアス社の持ち株(時価にして約5000億ドル)とオアシスの運営権が贈られるという。エッグを見つけるためには3つの試練をクリアして、3つの鍵を手に入れる必要があった。試練の内容やクリア方法を知っているのは今は亡きハリデーのみで、「鍵はそこら辺の石をめくっても見つからないぞ。鍵は眼に見えぬよう、迷路の奥にたたずむ秘密の部屋に隠した」と語った。こうして「ハリデーのイースターエッグ探し」というクエストが開催され、全プレイヤーが争奪戦を行っていた。

ハリデーは、死後は自身の意識をもとに作ったアバターである「全知全能のアノラック」の姿となり、エッグ争奪戦の行く末を見守っていた。

IOI社

Readyplayerone1 5.mp4 000637837

レース開始前の様子。

しかし、それから5年が経過したが、未だに第1の鍵すら誰一人手に入れていなかった。
第1の試練の場はかなり前に誰かが見つけていたが、その内容はある超難関レースを完走することであり、あまりに難しすぎて誰一人完走できずにいた。

そのレースは現在も行われていて、パーシヴァルも参戦していた。パーシヴァルやエイチなど、イースターエッグを探すプレイヤー達は「ガンター」と呼ばれていた。

Rpo1 5 3

IOI社の「シクサーズ」、「ハリデー研究チーム」、社長のノーラン・ソレント。

エッグを探しているのはガンターだけではなく、「シクサーズ」という集団もいた。シクサーズは、グレガリアス社に次ぐ世界第二位の企業「IOI社」の職員のプレイヤー達であり、この争奪戦に勝利して世界一の座を奪うことを目的としていた(つまり大金と運営権を得るための仕事としてエッグを探しているだけ)。IOIには「ハリデー研究チーム」という組織もあり、大勢のギークがハリデーの愛したポップカルチャーを研究し、エッグを見つけるヒントを探していた。
これらをまとめているのはノーラン・ソレントという男だったが、利益至上主義の悪どい人物で知られていた。しかしIOIはプロバイダー会社の最大手であるため、オアシスのプレイヤーもIOIの回線を利用せざるを得なかった。

第1の試練 レース

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future、BTTF)のネタバレ解説まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

トランスフォーマー(Transformers)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年にアメリカ合衆国公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(Back to the Future Part II、BTTF2)のネタバレ解説まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

リアル・スティール(Real Steel)のネタバレ解説まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

目次 - Contents