インクレディブル・ハルク(The Incredible Hulk)のネタバレ解説まとめ

71tiuhwp6ml. sl1000

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

『インクレディブル・ハルク』概要

Gl 003

2008年に公開されたマーベルコミックスのヒーロー・ハルクの実写化作品。ハルクが主役の映画では第1作目、『アイアンマン』をスタートとするMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)としては第2作目の作品である。日本では何故か『インクレディブル・ハルク』が『アイアンマン』よりも先に公開されたため、観覧者にとっては話の流れに若干の混乱を生じた。MCUシリーズの布石として、おまけ映像にはアイアンマンことトニー・スタークが出演して後のアベンジャーズ計画をほのめかしている。

ハルクの誕生とブルースの苦悩を描いた作品であり、ヴィランは原作でも有名なアボミネーションが登場する。人間ドラマが得意なエドワードが主役とあって、ブルースの悩んでいる様子や変身コントロールの努力が細かく描写された作品となった。次作からブルース役の俳優がエドワード・ノートンからマーク・ラファロに変更になるため、ノートンが演じるブルースはこれが最初で最後。
キャッチコピーは「その「力」、ためらうな。」であり、これはブルースはハルクを暴れさせることを極力避けたいと考えているので、ハルクの力を正義のために解放させることを言っている。

映画公開プロモーションの一貫で、青森のねぶた祭りにハルクねぶたを出品したことでも話題となった。
2003年にもアン・リー監督のもと『ハルク』が製作されたが、今回監督を務めたのはルイ・レテリエで、完全なリブート作品となっているため前作とのつながりは全く無い。

『インクレディブル・ハルク』のあらすじ・ストーリー

生物物理学者であったブルースは、アメリカ軍の依頼で強力な兵士を作る超人血清の分析を行っていた。第二次世界大戦中にも行われていた、スーパーソルジャー計画(超人を人為的に生み出す計画)が再開したのだ。研究が完成したことを確信したブルースは自分を実験台として超人血清の効果を確かめたが、投与時にγ線を照射したことで異常な反応が起こりブルースは緑の怪物・ハルクに変身してしまった。そばにいた恋人のベティや研究者たちをなぎ倒し、ブルースは行方をくらました。
軍はブルースが危険な存在であり、その危険すらも兵器として利用できると考え捕縛計画を進めていった。
特に指揮をとっているロス将軍はベティの父親であり、娘に大怪我をさせたことを恨みブルースを執拗に探していた。

5ヵ月後、ブルースは密入国を繰り返してブラジルに逃亡しており、ヨガと武道により心拍数をコントロールしようとしていた。ハルクになる条件はブルースの心拍数が200回/分を超えることであり、変身したら周りのものはなんでも破壊してしまうためブルースは変身しないよう努力しているのだ。彼はジュース工場で働いて生計をたてていたが、ある日怪我をして血液がジュースに混入してしまった。アメリカに出荷されたそのジュースを飲んだ男性が体内からのγ線被爆により死亡し、ブルースがブラジルにいることが軍に知られてしまった。
軍は迅速にブラジルへ精鋭部隊を送りこんでブルースを捕らえようとしたが、追跡の途中でブルースはハルクに変身し部隊は壊滅状態に陥ってしまった。

翌朝ブルースが目覚めるとグアテマラの森まで逃げ込んでおり、通りかかった車にメキシコの街まで送ってもらった。とりあえず洋服を購入し、ブルースはアメリカに向かう。秘密のチャットで連絡を取り合っていた人物から、血清の解毒薬の開発に以前の研究のデータが必要だと言われたためである。この人物はハンドルネーム”Mr.Blue”と名乗りブルースと交流しており、生物化学に詳しいようだった。
ブルース捕獲を失敗した軍もアメリカに戻っており、精鋭部隊の隊長であるエミルはハルクについてスーパーソルジャー計画の中核にいるロス将軍に詰め寄っていた。計画の概要を聞いたエミルは、肉体強化の研究に興味を引かれた。彼は昇級よりも現場で戦うことに陶酔していたのだ。

ブルースは昔働いていたカルバー大学に忍びこんで研究データを捜したが、軍により削除されていた。肩を落として潜伏先のピザ屋に戻ると、ベティがボーイフレンドのレナードと一緒に夕食を食べに来ていた。うっかりベティに姿を見られてしまったブルースは逃げるが引き止められ、ベティの家に行くことになった。そこで、ベティは研究データを保存したUSBを渡してくれたのだ。
同じころ、軍では血清をエミルに投与しようとしていた。本来はヴァイタ・レイという光線も血清の安定に必要なのだが(ブルースはこの光線の代わりにγ線を使用した)、血清のみ少量投与することで身体能力を高めようとしているのだ。

ブルースとベティが研究データの解析に大学へと訪れていることをかぎつけた軍がやってきて、追われているうちにブルースはハルクに変身してしまった。身体能力を上げたエミルもハルク捕獲に導入されハルクは一時劣勢になるが、その場の兵器とエミルを倒したため軍は撤退を決めた。まさに軍が撤退しようとしていた時、まだ撤退命令を聞いていないガンシップが飛来してマシンガンを掃射。ハルクの側に留まっていたベティがピンチに陥ったため、ハルクはベティを連れて逃げることとなった。
森の中の洞窟へと避難したハルクとベティ。翌朝目覚めるとブルースに戻っていたため、彼らはモーテルに避難場所を移してMr.Blueに直接会うための準備を整えていた。
ハルクと戦ったエミルは全身の骨を砕かれていたが、超人血清の効果で脅威的なスピードで回復を遂げた。

Mr.Blueはグレイバーン大学教授のサミュエル・スターンズという男であり、ブルース本人が現れて血清の解毒剤投与を申し入れると快諾してくれた。実験は成功で、ハルクに変化しかかったものの徐々にハルクからブルースへ戻っていった。サミュエルによればこの実験はブルースが被検体で初めて成功したということで、彼は実験のためにブルースから提供された血液を勝手に増やして実験を繰り返していたようだ。自身の血液が危険であることを熟知しているブルースは廃棄を希望するがサミュエルはあらゆる可能性を秘めた材料として聞き入れようとはしない。
そこへエミルが突入しブルースを殴って気絶させ、ブルースは軍に捕らえられてしまった。ハルクのようなパワーを得たいエミルは、サミュエルにブルースの血液を輸血することを強要した。今まで軍でも超人血清の過剰投与をされていたエミルにブルースの血液を投与すると、どんな影響が現れるか分からないとのサミュエルの静止も聞かず投与を実行。エミルは醜い怪物、アボミネーションに変身してしまった。
研究室が破壊されてサミュエルは弾き飛ばされるが、その際にブルースの血液が額の怪我に接触してしまった。彼の額がぐにゃぐにゃと波打って肥大していったが、その後の彼の様子は明らかになっていない。

アボミネーションは研究室破壊後にNYの街へ行き、大暴れしていた。どうやらアボミネーションはハルクを探している様子で、ブルースは自分が戦いに行くことを決意する。解毒剤で沈静化されたが、自分が危険にさらされればハルクが出てくるのではないかと考えたブルースは乗っていたヘリから飛び降りてアボミネーションの元に向かった。ギリギリではあったが予想通り、ブルースはハルクが現れて暴れはじめた。NYの街を破壊しながら戦うアボミネーションとハルクは力が拮抗していて中々アボミネーションを倒すことができなかったが、ついにハルクの渾身の一撃がアボミネーションへ直撃した。
そしてブルースはハルクの姿のまま、どこかに逃亡してしまった。

その後、ブリティッシュ・コロンビアに居を構えていたブルースは逃亡中にベティが質屋に入れていたネックレスを買い戻し、彼女に返送しようとしていた。ブルースは更に鍛錬を積み、心拍数を抑えるだけではなく変身自体をコントロールできるようにしているようだ。
ロス将軍はスーパーソルジャー計画の凍結やブルースの捜索難航に悩み、バーでひとりグラスを傾けていた。そこにトニー・スタークが来て、「私たちはチームを編成中だ」と話をする。その「私たち」とは何なのかとロス将軍が尋ねると、トニーは不敵に笑うだけであった。その計画こそが、アベンジャーズ計画である。

『インクレディブル・ハルク』の主な登場人物・キャラクター

Hulk(ハルク)/Robert Bruce Banner(ロバート・ブルース・バナー)(演:エドワード・ノートン)

Bruce

生物物理学者。周りからは「ブルース」か「バナー博士」と呼ばれることが多い。軍の依頼によりずっと凍結されていたスーパーソルジャー計画を再始動させるために、超人血清を完成させるべく実験を行い、血清の完成を確信して自分を実験台にしてしまった。以前の超人兵士計画で使われたヴァイタ・レイという光線の代わりに放射線の一種であるガンマ線を使用し、その結果自身の第2人格であるハルクが怪物めいた姿で表に出てしまう結果になる。
ブルースの心拍数が200回/分以上になるとハルクに変身する。ハルクは基本的に敵味方関係なく暴れて周りを破壊しつくす。そのためブルースはハルクに変身しないよう、怒りや恐怖を感じた時に心拍数が上がらないように武道やヨガを極めて自分をコントロールしようと努めている。
原作では初期のアベンジャーズメンバーであり、他のメンバー(アイアンマン、ワスプ、ソー、キャプテン・アメリカなど)に比べるとブルース自身はかなり温厚で常識人な部類である。

Hulk(ハルク)(声:ルー・フェリグノ)

Incredible hulk scream

映画では明らかにされていないが、原作ではブルースは幼少時に虐待を受けており、その影響で後にハルクになる別人格を生み出してしまったという設定がある。そのため同一人物であるが、人格的にはブルースとハルクは別。ブルースと人格が入れ替わると、周りにある敵と思しきものは全て破壊したい衝動に駆られて暴れまわる。
身体も巨大な緑色の怪物になり、皮膚の硬さ、筋力(比較的穏やかな状態でも100tを持ち上げる)、持久力、肺活量など他のヒーローやヴィランとは一線を画した能力を持っている。強力なパワーの代わりに知能はあまり高くなく、細かいことは考えずに自分の直感で行動する。言葉は理解することができ、映画でもブラック・ウィドウやキャプテン・アメリカの指示を聞いたりしている。
怒れば怒るほどそのパワーは強力になるうえ破壊を止めようとしないため、ブルースに戻すにはハルクを眠らせるか怒りを鎮静化しないと戻らない。
まだピンチに陥ったことはないが、原作の設定に沿うならば彼は強力なヒーリングファクター(X-MENのヒーロー・ウルヴァリンが保有している超速回復能力)も能力として持っている。
ちなみに、アイアンマンの耐荷重が100tなのは対ハルク戦を想定しているためである。

Elizabeth Ross Talbot(エリザベス・ロス・タルボット)(演:リヴ・タイラー)

Betty

周りからはエリザベスの愛称である「ベティ」と呼ばれることが多い。ロス将軍の娘。ブルースの恋人であり、ハルクに変身すると知っていてもその愛が変わることはなかった。
カルバー大学で細胞生物学を専門として働いており、バナーが初めて変身したときにも側にいた。ブルースが失踪したのちは精神科医のレナードと付き合っていたが、ブルースが帰ってくるとブルースを選んだ。
父のロス将軍のことは、家族を顧みず軍で働いて居ることからあまり好きではない。
マーベルヒーローの恋人は博識で気が強い女性が多いが彼女も例外ではなく、今作では乱暴な運転をしたタクシーの運転手に暴言を言い捨てていた。

Thaddeus E. Ross Talbot(タディウス・E・ロス・タルボット)(演:ウィリアム・ハート)

General ross guns down tih

アメリカ軍の将軍で、ベティの父親である。2回目のスーパーソルジャー計画の中心として動いており、バナー博士が軍から逃亡した際には彼の捕獲を上層部から命じられた。初めて変身した時に娘に大怪我を負わせたことでブルースを逆恨みしており、やっきになってブルースを捕まえようとしている。
再開した超人兵士計画のためにブルースの変身能力の研究を進めたいとも思っており、変身能力を解毒する気はない。
今作で秘密組織S.H.I.E.L.D.の情報網を使いブルースの居場所を突き止めたが、S.H.I.E.L.D.長官のフューリーはブルースを研究材料として扱うことに反対してロス将軍に進言していた。

Abomination(アボミネーション)/Emil Blonsky(エミル・ブロンスキー)(演:ティム・ロス)

3d5281d89aca7c04368c86aa4b96473e

アボミネーション

Eml

エミル

ハルク捕獲のために英国海兵隊から派遣された精鋭。戦うことに陶酔しており、ロス将軍が提案した超人血清の投与を快諾しハルクと戦っている。
実際ハルクと戦い敗北したことで、自分もハルクと同等のパワーを得たいと思い血清を分析していたスターンズ博士を脅迫してブルースの血液を輸血させた。その結果薬剤の量がオーバードーズに至り、アボミネーションに変身してしまった。
ブルースとは違い、変身後もエミルとしての自我を保っている。

Samuel Sterns(サミュエル・スターンズ)(演:ティム・ブレイク・ネルソン)

Samuel
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アイアンマン2(Iron Man 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に逢ってしまう。

Read Article

アイアンマン(Iron Man)のネタバレ解説まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(Guardians of the Galaxy Vol. 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックスのヒーローチーム・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが主役の映画の第2弾。 前作で瀕死の重傷を負ったグルートがベビー・グルートとして復活し、ほのめかされていた主人公ピーターの出生の秘密が明らかになる。相変わらずヒーローとはかけ離れた言動のメンバーたちが大暴れする、コメディ色の強いシリーズである。 MCUシリーズとしては第15作目で、2017年に公開された。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(Avengers: Age of Ultron)のネタバレ解説まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

アイアンマン3(Iron Man 3)のネタバレ解説まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(Captain America: The First Avenger)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)のネタバレ解説まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

マイティ・ソー バトルロイヤル(Thor: Ragnarok)のネタバレ解説まとめ

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが勤めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier)のネタバレ解説まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

アントマン&ワスプ(Ant-Man and the Wasp)のネタバレ解説まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(Thor: The Dark World)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

アベンジャーズ(Marvel's The Avengers)のネタバレ解説まとめ

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

ブラックパンサー(Black Panther)のネタバレ解説まとめ

『ブラックパンサー』とは、2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第18作目。 アフリカの小国ワカンダを舞台に、ヒーローにして国王のブラックパンサーとワカンダの支配を目論むヴィラン・キルモンガーとの闘いを描く。 現在、アメリカで史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Guardians of the Galaxy, GotG)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックの中でもマイナーながらもカルトな人気を誇るコミックの実写映画化作品。トレジャー・ハンターのピーターが、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラ、遺伝子操作で生まれたアライグマに似たロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、それに全身イレズミ・マッチョのドラックス等と共に、銀河を舞台に凶悪な敵に立ち向かう痛快スペース・アクション。14年に公開され、全世界で7億ドルを超える大ヒットとなった。

Read Article

マイティ・ソー(Thor)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

ハルク(Hulk)のネタバレ解説まとめ

『ハルク』とは、2003年のアメリカ映画。アメコミ『超人ハルク』を原作とした実写映画化作品。監督はアン・リー、出演はエリック・バナ、ジェニファー・コネリーら。 若き科学者ブルース・バナーは偶然の事故により大量のガンマ線を体に浴びてしまう。その事故をきっかけにブルースは怒りを抱くと緑色の怪力・ハルクに変身してしまう体となってしまった。理性が働かず、本能のままに暴れて街を破壊するハルクに政府は兵器を投入して捕獲しようとする。しかしブルースの同僚であるベティーだけは彼を救おうとしていた。

Read Article

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)のネタバレ解説まとめ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)」は2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第19作目にして集大成となる「アベンジャーズ」シリーズの第3作。 シリーズ最大のスーパーヴィランのサノスとの闘いが描かれる。舞台は全宇宙のあらゆる場所で、シリーズで最もスケールの大きい闘いが展開。 現在、世界で史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ1のネタバレ解説まとめ

マーベルは2008年公開のアイアンマンを皮切りに、個々のヒーロー映画の世界を全てつなげてひとつの物語にするという試みを開始した。フェイズ1では中心となるヒーローたちのオリジンを中心に構成されていて、長い歴史のあるアメコミを初めて見る人にもわかりやすくヒーローが紹介されている。 MCUフェイズ1の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ3のネタバレ解説まとめ

MCUのフェイズ3では今までの10年間を一区切りさせるということで、大人気の原作を元にしたシビル・ウォーを皮切りにインフィニティ・ウォー以外でもヒーローの大規模なクロスオーバーが描かれている。また、インフィニティ・ストーンの謎が次々に明かされるフェイズでもある。スパイダーマンやドクター・ストレンジなどの新たなヒーローも参入し、フェイズ4に向けた伏線も張られ始める。 MCUフェイズ3の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ2のネタバレ解説まとめ

マーベル作品の個々のヒーロー映画をひとつながりの物語にするMCUシリーズ。フェイズ2ではアントマンやスター・ロードなど新たなヒーローの登場もあるが、既出のヒーローの内面の掘り下げも多く行われている。特にチームの中心となっているアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーの3人についてはアベンジャーズとしてではなく関わった事件について描かれた。 MCUフェイズ2の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

MCUシリーズにおけるインフィニティ・ストーンのネタバレ解説まとめ

マーベルスタジオが制作するスーパーヒーロー映画作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース」。多数の作品が作られているMCUシリーズにおいて、物語の重要なカギとなる存在が、インフィニティ・ストーンである。6つ存在するこの石はすべてを集めたものに絶大な力をもたらすという。それぞれの持つ力と、その6つの力が集まる映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にて、どのような力を発揮したのかについてをまとめる。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents