パルプ・フィクション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パルプフィクションとは、クエンティン・タランティーノ監督による1994年公開のクライム映画である。主演はジョン・トラボルタで、その他出演者にサミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン等がいる。本作は、アカデミー賞の脚本賞を受賞した。ギャングであるヴィンセントと相棒ジュールズは、ボスからの命令でスーツケースを取り返すべく、アパートに潜入する。本作は、主人公ヴィンセントのエピソードを含む3つの異なる犯罪エピソードから構成されている。ストーリーの時系列と映画の時系列が異なる構成が話題を呼んだ。

『パルプ・フィクション』の概要

『パルプ・フィクション』とは、クエンティン・タランティーノ監督による1994年公開のクライム映画である。本作は、ストーリーの時系列と映画の時系列が異なるという特殊な構成が用いられていることが特徴である。本作はクエンティン・タランティーノ監督の2作目の映画であり、アカデミー賞7部門にノミネート、脚本賞を受賞し、出世作となった。主演を務めたのは、ジョン・トラボルタである。その他出演者として、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン、ブルース・ウィリス等がいる。タイトルの「パルプ・フィクション」とは、アメリカの安価な紙に印刷された大衆向けで安っぽい雑誌のことを指す。本作は、そのパルプフィクションの様な大衆向けな3つのショートストーリーから構成されている。ギャングであるヴィンセントと相棒ジュールズは、ボスからの命令でスーツケースを取り返すべく、アパートに潜入する。また、中年ボクサーのブッチはギャングのボス、マーセルスと八百長試合を約束するが、それを破り試合に勝利するどころか、相手ボクサーを死に追いやってしまう。これら別々のストーリーが、互いに影響しあっていき、『パルプ・フィクション』という一本の映画を構成していく。

『パルプ・フィクション』のあらすじ・ストーリー

プロローグ

朝方のコーヒーショップで不良カップルのパンプキンとハニーバニーが会話に花を咲かせている。その内容は、「犯罪の中で最も確実なものはコーヒーショップ強盗だ」という内容だった。二人はコーヒーカップを置き、キスをすると机の上に立ち「強盗だ!」と叫ぶ。
場面は変わり、二人組のギャング、ヴィンセントとジュールズは、ボスの命令でとあるスーツケースを取り返すべく、車を走らせていた。アパートにつくと、そこには若者のギャングたちがハンバーガー片手にくつろいでいるところだった。ヴィンセントとジュールズは、彼らをいとも簡単に撃ち殺し、スーツケースを手にした。

ミアとのデート

ヴィンセントとジュールズは、取り返したスーツケースを届けるべく、ボスのマーセルスが待つバーへと向かった。バーにつくとマーセルスはボクサーのブッチと話し合いをしている。マーセルスはブッチに八百長試合を持ち掛け、ブッチはそれに答え金を受け取っていた。ブッチとの話が終わると、マーセルスはヴィンセントに、自分の留守の間、妻のミアの食事の相手をするように命じる。
ヴィンセントは、ミアとの食事の夜の前に売人からヘロインを購入し、ミアの元へと向かった。ミアは魅力的だったが、ボスの妻に手を出すと自分の命が危ないと肝に銘じ、紳士的なデートをすることを心に誓う。ヴィンセントとミアは1950年代風のレストランに行き、シェイクやステーキを楽しみ、店内で行われているツイストコンテストに出場し、ダンスを楽しんだ。レストランから帰った二人は良い感じのムードになったが、ヴィンセントは自制心を保つためにトイレへと向かった。ヴィンセントを待つ間ミアは、彼の持っているヘロインを発見。彼のいないうちにそのヘロインを鼻へと吸い込んだ。ヴィンセントがトイレから戻ると、ミアは泡を吹いて倒れていた。彼は慌ててミアを車に乗せ、応急処置のために売人の元へと急ぐ。ヴィンセントと売人はうろたえながらもミアの心臓へとアドレナリンを注射する。すると彼女は息を吹き返した。ヴィンセントとミアは今日のことは誰にも他言しないと誓いを立てるのだった。

ブッチの時計

ボクサーのブッチは、マーセルスとの八百長試合の契約を交わした試合を目前に控えていた。しかし、試合が始まると、ブッチはマーセルスとの誓いを破り、相手を倒すどころか、相手ボクサーを死に追いやってしまう。ブッチは慌てて会場から逃げ出すと、恋人ファビアンの待つモーテルへと駆け込んだ。ブッチには計画があった。ブッチは自分が負ける条件でマーセルスとの契約を結んだのにも拘らず、自分が勝つ条件で賭け事をし、二重の金を手にした。予定では大金を手にし、恋人とともに明日の列車で街を出ようとしていた。次の日の朝、恋人ファビアンとともにモーテルを出ようとすると、父親の形見の腕時計が手元に無い事に気付く。その時計は亡き父がベトナム戦争の最中身に着けていた時計だった。彼にとってその時計を無くして街を出る事など考えられなかった。ブッチはギャングが張り込んでいるであろう自分の家へと戻り、腕時計を取り返す事を決意する。ブッチの家にはヴィンセントが待ち伏せていたが、ブッチが家に戻った際、幸運にもヴィンセントは銃を置いてトイレに入っていた。ブッチはヴィンセントが置いたマシンガンを手にし、トイレから出てきたヴィンセントに銃弾を食らわせる。無事時計を手にモーテルへと戻ろうとしたブッチだったが、今度はマーセルスと出くわしてしまう。ブッチとマーセルスは、街中での乱闘の末にリサイクルショップに入り込む。ブッチは何とかマーセルスをノックアウトしようとするが、リサイクルショップの店主メイナードに二人ともやられてしまう。メイナードは店の地下へと二人を連れ込み、二人をレイプしようとする。しかしブッチはその腕っぷしの強さからメイナードへ反撃。彼の息の根を止めることに成功する。ブッチから命を助けられたマーセルスは八百長試合の件をチャラにしてくれ、条件として二度とこの町へ戻らないようにブッチに告げる。

ジミーとザ・ウルフ

場面は再びヴィンセントとジュールズがスーツケースを奪取する場面まで戻る。若いギャング衆のアパートで華麗にスーツケースを奪い去ったかのように見えた二人だったが、アパートのトイレにはもう一人ギャングが隠れており、ジュールズとヴィンセントは去り際にギャングから銃弾を浴びせられてしまう。しかし、銃弾は綺麗に二人の元から外れ、二人は命拾いする。ジュールズはこれを神のご加護と捉え、この仕事を最後にギャングの道から足を洗おうと考える。しかし、それは一筋縄ではいかなかった。ヴィンセントとジュールズはギャング衆の生き残りを人質に車に乗せ、アパートを去っていった。しかし、帰りの車内で、ヴィンセントは銃の暴発によって人質を撃ち殺してしまう。二人はこんな血まみれの車で大通りを走ることなどできないと考え、友人のジミーの元へと避難する。ジミーは電話でマーセルスへと助けを求める。するとマーセルスは二人の元に掃除屋ザ・ウルフを派遣した。ザ・ウルフの的確な指示により血まみれの車と死体は綺麗さっぱり処理することに成功する。死体を処理した後、ヴィンセントは腹ごしらえと、ジュールズをコーヒーショップへと誘う。

エピローグ

一仕事終えたヴィンセントとジュールズは、コーヒーショップへと向かった。そこでジュールズはヴィンセントにギャングから足を洗う事を伝える。ヴィンセントはそれに反対したが、彼はトイレへと行き話は一時中断する。そんな最中、コーヒーショップではパンプキンとハニーバニーが強盗を始めてしまう。ジュールズは、強盗に巻き込まれてしまうが、冷静に様子を伺っている。パンプキンとハニーバニーは客を銃で脅し、一人ずつ客の財布を取っていく。そして、遂にジュールズの番が来てしまう。パンプキンはジュールズの財布を奪うどころか、マーセルスのスーツケースまで要求する。それまで黙ってみていたジュールズもそれには反抗し、パンプキンに銃を突きつける。ジュールズにとってパンプキンとハニーバニーを撃つことなど簡単だった。しかし、ジュールズはギャングの仕事からは足を洗う事を決意していたため、銃ではなく話し合いを選ぶ。ジュールズはパンプキンとハニーバニーを説得することに成功、颯爽とコーヒーショップを後にするのだった。

『パルプ・フィクション』の登場人物・キャラクター

ヴィンセント・ベガ(演:ジョン・トラボルタ)

日本語吹替:鈴置洋孝
本作の主人公で、ボス、マーセルスの元で働くギャングである。人から命令されるのが嫌いという性格の男である。以前住んでいたアムステルダムから戻ってきた。ボス、マーセルスの命令により1日だけ彼の妻ミアの世話を見ることになる。ジョン・トラボルタが演じている。

ジュールズ(演:サミュエル・L・ジャクソン)

rickdrummer
rickdrummer
@rickdrummer

Related Articles関連記事

アンブレイカブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンブレイカブル』とは、2000年製作のアメリカ映画。日本公開は2001年の6月。大ヒットとなった「シックス・センス」の次にM・ナイト・シャマランが手掛けた作品。脚本もシャマラン自身が担当した。凄惨な列車事故に遭いながら、ただ一人かすり傷ひとつ負わずに生き残った男が辿る数奇な運命を描く。主演は「シックス・センス」に続きブルース・ウィリス。共演はサミュエル・L・ジャクソン、ロビン・ライト・ペン。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

Read Article

フェイス/オフ(Face/Off)のネタバレ解説・考察まとめ

「男たちの挽歌」などで香港ノワールの一時代を築き、ハリウッドに渡ったジョン・ウー監督による想像を絶するアイディアのアクション大作。1997年製作のアメリカ映画。FBI捜査官アーチャー(ジョン・トラボルタ)は逮捕した凶悪テロリスト、トロイ(ニコラス・ケイジ)の顔を移植。組織壊滅を狙いおとり捜査に乗り出すが、今度はトロイがアーチャーの顔を移植して逃走。お互いの顔を入れ替えた2人の壮絶な戦いが展開する。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

ガタカ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガタカ』とは1997年にアメリカで製作されたSF映画。 遺伝的優劣によって人生が左右される近未来社会の中で、遺伝的問題を抱えた1人の青年が不屈のチャレンジ精神で人生を切り開き、夢を叶えようとする姿を描いている。遺伝子がすべてと言われる世界の中で、当り前である概念を打ち砕き、不可能を可能としようとする姿に周囲が心動かされていくヒューマンストーリーでもある。現実感のある設定と名言の詰まったセリフの数々は、見る者の心に訴えかけ、今もって語り継がれる作品となっている。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

シックス・センス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シックス・センス』とはブルース・ウィルス主演の1999年のミステリー映画。 タイトルを直訳すると第六感。ブルース・ウィリスが演じる小児精神科医が、死者が見えるという第六感を持つ少年と向き合っていく、というストーリーだ。 映画館での上映では、「映画の秘密を話さないでください」のブルース・ウィリスの前置きも話題となり映画は大ヒット。アカデミー賞でも多くの部門にノミネートされた話題作。 監督は『サイン』などのM・ナイト・シャマラン。 第六感を持つ少年を演じたオスメントの名は世界中に知られた。

Read Article

海の上のピアニスト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『海の上のピアニスト』とは1998年に製作された、あるピアニストの生涯を描いたイタリア映画である。船の中で生まれ育った、「1900」と名付けられた主人公のピアニストとして活躍、ともに演奏するトランペット吹きの男との友情、とある少女への恋などを巨匠エンニオ・モリコーネの作る音楽に乗せて描く。監督は『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレで、主人公のピアニストをティム・ロスが演じ、プルイット・テイラー・ヴィンスらが共演した。

Read Article

デス・ウィッシュ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デス・ウィッシュ』(Death Wish)とは、アメリカ合衆国で製作されたアクション・スリラー映画である。1974年に映画化された『狼よさらば』のリメイク作品。舞台はシカゴ、もはや警察でさえお手上げな無法地帯と化した町でブルース・ウィリス演じる外科医ポール・カージーは何不自由なく暮らしている。が、ある日何者かに襲われ妻を亡くし、娘は昏睡状態となる。家族の復讐を心に誓ったポールは「シカゴの死神」と化して自らの手で悪を成敗していく。監督のアメリカ銃社会への問題提起が伝わる映画である。

Read Article

天使にラブ・ソングを…(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『天使にラブ・ソングを…』とは、1992年にアメリカで上映されたコメディ映画である。リノのラウンジでしがない歌手をしていたデロリス・ヴァン・カルティエは、殺人現場を目撃してしまったことから修道院へと身を潜めることとなった。派手で堕落的な生活を送っていたデロリスは、厳格な生活を送る修道院のシスター達と歌を通して心を通わせていく。コメディ映画でありながら、ハートフル要素も含んだ大ヒット映画だ。全世界で合わせて2億の興行収入を記録し、ゴールデン・グローブ賞では作品賞にノミネートされた。

Read Article

二ッ星の料理人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『二ッ星の料理人』は2015年にアメリカで公開されたヒューマンドラマ映画である。料理の世界を舞台に、孤高の天才料理人・アダムの挫折と成長の軌跡をたどる美食エンターテイメント作品だ。酒とドラッグに溺れ転落したアダムは、再起を目指してロンドンでレストランをオープンさせる。完璧な料理を追い求めようとするアダムは周囲とぶつかり合いながら、完璧なだけでは人の心を動かせないことに気付いていく。天才だが横暴なシェフが、出会った仲間との絆や恋を経験し、人として成長していく姿を描いた心温まるヒューマンドラマだ。

Read Article

【映画紹介】タランティーノの真骨頂!『パルプ・フィクション』の色褪せない名シーン3選

クエンティン・タランティーノといえば、ずばり『パルプ・フィクション』ですよね!1994年に公開され、気付けば21年も経ってしまいましたが、何回観ても、何年経っても色褪せない面白さ&スタイリッシュさ。賛否両論ある作品ではありますが、改めて本作の魅力を名シーンと共に振り返りたいと思います。

Read Article

目次 - Contents