キャプテン・マーベル(Captain Marvel)のネタバレ解説まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

『キャプテン・マーベル』の概要

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカン・コミック「マーベル・コミック」における『キャロル・ダンヴァース』の実写映画化作品で、女性ヒーローであるキャプテン・マーベルを主人公としたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。同一の世界観で構成された「マーベル・コミック」の実写映画である『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては21番目の作品。前作は『アントマン&ワスプ』、次作は『アベンジャーズ/エンドゲーム』である。製作会社はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが行っている。監督はアンナ・ボーデン&ライアン・フレック、脚本はメグ・レフォーヴ、ニコール・パールマン、ジェネヴァ・ロバートソン=ドゥウォレットなどが担当。2019年3月6日に台湾において初公開され、その後アメリカ合衆国で2019年3月8日、日本では2019年3月15日に公開された。

マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズとしては初の女性単独主役作品で、1995年を舞台に主人公であるキャロル・ダンヴァースがヒーロー「キャプテン・マーベル」となっていく経緯が描かれる。なお大元のストーリーとなる原作コミック『クリー・スクラル・ウォー』の発売は1971年である。

1995年、クリー帝国が支配する惑星ハラ。6年前に記憶を失った状態でクリー人に拾われ、特殊部隊「スターフォース」で訓練を受けてきた女性ヴァースは、日々悪夢に悩まされていた。ある時、ヴァースは任務中にクリー人の宿敵スクラル人に捕えられ、失った自らの過去の記憶を探られてしまう。隙をついて逃げ出したヴァースだったが、ハラに帰還する途中で力尽き、地球・アメリカ合衆国のレンタルビデオ店に墜落する。騒ぎを聞いて駆け付けたのは、後にアベンジャーズを結成する若き日のニック・フューリーだった。2人の出会いによって、物語が大きく動き出す。

『キャプテン・マーベル』のあらすじ・ストーリー

悪夢から目を覚ましたヴァース。窓の外には惑星ハラの朝の風景が広がっている。

1995年、惑星ハラ。異星人クリー人の支配する、宇宙の強大な軍事国家であるクリー帝国の首都で、ヴァースは自分の乗った戦闘機が墜落するいつもの悪夢から目を覚ました。ヴァースは6年前にクリー人によって拾われ、訓練によって特殊能力を身につけた女性戦闘員である。現在はクリーのエリート部隊である「スターフォース」に所属し、闘いの日々を送っていた。スターフォースの上官であるヨン・ロッグとの戦闘訓練でいつも負けてしまうヴァースは、ロッグ、また惑星ハラを統治している人工知能「インテリジェンス」から、勝つためには自らの感情を抑えるよう繰り返し助言されていた。また、クリー人に拾われる前の記憶を失ったヴァースは、ヴァーチャル空間でインテリジェンスと対話している時に見える見知らぬ年上の女性の事をいつも気にしていた。

ある時、宿敵であるスクラル人に捕えられた仲間を救出する作戦に参加したヴァースは、姿を自由に変化させられるスクラル人の罠にはまって捕えられてしまう。解剖台の上で目を覚ましたヴァースは、スクラルによって過去の記憶を探られる。走馬灯のように浮かんでくる過去の記憶イメージの中で、ヴァースは地球の空軍基地や目の前に並ぶ戦闘機、自分に親しげに話しかける褐色の女性、また小さい女の子が車のレースで転倒する様子、軍隊の訓練で罵倒されながら地面に叩きつけられる女性、「博士」と呼ばれるいつも夢に出てくる年配女性を目にする。ヴァースはそれらの断片的な映像から、自分がC-53という惑星で生まれた事、キャロル・ダンヴァースという名前で空軍に所属していた事、ヴァーチャル空間で見える知らない女性がローソンという名前である事を知る。

突如、眠りから覚める様に覚醒したヴァースは、拘束具を引きちぎり、周囲のスクラルを吹き飛ばした。襲い掛かってくるスクラルたちを次々と投げ飛ばし、脱出艇に乗り込むヴァース。そして宇宙空間に脱出するが、脱出艇が近くの惑星C-53の重力に引き込まれ大気圏に突入、外装が壊れ外に放り出されてしまう。そしてヴァースは、惑星C-53こと「地球」の、アメリカ合衆国にあるレンタルビデオショップ「ブロックバスター」の上に墜落した。

スクラル人を追いかけ、電車に乗るヴァース。

ヴァースはそのままC-53こと地球でローソンを探すための調査を開始するが、ヴァースを追いかけてきたスクラル人と戦闘になる。警察が出動する騒ぎとなり、騒動を聞きつけた若き日のS.H.I.E.L.D.捜査官ニック・フューリーと、相棒のコールソンがレンタルビデオ店を訪れた。ヴァースは、ニックたちにクリー、スクラルについて説明するが、到底信じてもらえない。そこへ、スクラル人の狙撃兵が再び店を襲撃してくる。ヴァースの反撃によって逃げ出した狙撃兵を追いかけて店を飛び出したヴァースは、駅から電車へと乗り込んだ。ニックたちはその電車を車で追いかけるが、助手席にいたはずのコールソンは実はスクラル人の変身した姿だった。襲い掛かってきたスクラル人とニックはそのまま車中でもみ合いになり、車は事故を起こし大破。コールソンに化けていたスクラル人は死亡する。その後、警察署で死亡したスクラル人が解剖され、正体が地球外生物であると判明。その事実を直視して、ニックはヴァースの話を信用せざるを得なくなる。

狙撃兵を取り逃がしたヴァースは、蘇った記憶の中にあった、過去にローソンと訪れたバーに出向いた。そこへニックが訪れ、スクラル人を捕まえるべくヴァースに協力を申し出る。そして2人は、ヴァースが所属していたとされる空軍施設へ、過去の記録を求め向かう事となった。

過去の記録を手に入れるため、空軍基地を訪れたニックとヴァース。

記録が保管されている空軍施設へやってきたヴァースとニックは、グースと呼ばれるどこか不思議な猫に出会う。猫好きのニックは、自分に懐くグースを可愛がる。いよいよ過去の記録を調べると、ヴァースが所属していた部隊ではローソン博士の主導のもとで、インフィニティ・ストーン(巨大なエネルギーを持つ石)の力利用したエンジン「ライトスピード・エンジン」を開発する「ペガサス計画」が進められていたことが明らかになった。さらに、残されていたローソンの手記により、ローソンがクリー人であったこと、6年前に相方であるパイロットとの実験飛行中に死亡したこと、そのパイロットがかつてキャロル・ダンバースと言われる名で呼ばれていたヴァース本人であったことが判明する。急いで惑星ハラにいる上司ロッグと連絡を取り、自身の過去とローソンの存在について説明するキャロル(ヴァース)。実は、ロッグこそがライトスピード・エンジンを奪うため、ローソンとキャロルを飛行中に攻撃した本人であった。その事実を隠し、キャロルに事情を説明するロッグ。ロッグの話から、確かに以前マー・ヴェルという名のクリー人が、惑星間の戦争で勝利するため「エネルギー・コア」の研究を地球で行っていたことが明らかになる。エネルギー・コアとは、インフィニティ・ストーンの一つである「スペース・ストーン」のエネルギーを利用した巨大な軍事エネルギーで、ペガサス計画は表向きの理由で博士はその力を宇宙規模で利用するつもりだったのだ。

そこに、ニックの上司であるケラーが、命令を無視して勝手な行動をしているニックを追いかけてくる。しかし、そのケラーはスクラル人タロスの変身した姿だった。キャロルの攻撃でタロスを弾き飛ばし、居合わせたグースを連れて基地を脱出する2人。途中でケラーと共にニックを追いかけてきたコールソンと鉢合わせる。コールソンもケラーの部下としてニックを捕獲する立場にあったが、ニックに考えがあることを察したコールソンはあえて2人を見逃す。小型機に乗って空軍施設を脱出したキャロルとニックは、かつてローソンとキャロルが遭遇した事故の現場を目撃したという、元空軍パイロットのマリア・ランボーの家に向かう。一方で、クリー帝国のエリート部隊「アキューザーズ」の長官ロナンは、スクラルたちを追って地球へと宇宙船を進めていた。

マリア・ランボーの家に訪れたキャロルとニック。マリアとその娘のモニカは、死亡したはずのキャロルとの再会に驚きながらも、彼女を歓迎する。そこへタロスたちが現れるが、自分たちに敵意はなく、更に6年前の事故を記録したローソン博士の音声データを持っているとキャロルたちに話す。音声データを再生してみると、ローソンとキャロルはテスト飛行中に何者かの攻撃を受け墜落したこと、ローソンが死ぬ間際に、自分が異星人で惑星ハラから来たことをキャロルに打ち明けていたことが明らかになった。

それを聞いたキャロルに、過去の記憶が完全に蘇る。墜落後、敵に奪われる前にライトスピード・エンジンを壊そうとした2人を狙撃してきた相手はロッグだった。ロッグにエンジンを渡さないようキャロルがエンジンを打ち抜いた瞬間、青い稲妻に包まれたキャロルへエネルギーが取り込まれ、両手から光子ビームを発射する特殊能力が身についた。その後、ロッグは記憶を失ったキャロルをクリーに連れて行き、騙して自分たちの味方に引き入れていたのだった。

タロスは、スクラル人はクリー人の侵略によって母星を追われてしまったこと、マー・ヴェルことローソン博士がその悪事に気づき、スクラル人を救おうとしていたことを説明する。キャロルはローソン博士の意思を引き継ぎ、スクラル人を救うことを決意。マリアに宇宙船の副操縦を頼み、ローソン博士が残していた宇宙空間の座標に向かった。その後、地球に到着したロッグはキャロルと会うが、すぐにそのキャロルがスクラル人が化けた姿であることに気づいた。真実を知ってしまったキャロルを追いかけ、宇宙へと向かうロッグ。

座標の宇宙空間に到着すると、そこには透明になった大きな宇宙船が停泊していた。そこには母星を追われたスクラル人たちが隠れ住んでおり、着いてきたタロスは家族との再会を喜び合う。ロッグに利用されタロスたちスクラル人を攻撃したことを謝罪するキャロル。更に船内で、キャロルはマー・ヴェルの残した青いキューブを見つける。キューブは、巨大なエネルギーを秘めたテッサラクトと呼ばれる物質だった。その様子を見ていたグースの頭が突然割れて、触手を伸ばしてテッサラクトを飲み込んでしまう。グースは、巨大な触手であらゆる物質を飲み込んでしまう危険宇宙生物フラーケンが姿を変えた姿だったのだ。その後、以前のような猫の姿に戻ったグースに驚くのも束の間、すぐにスターフォースたちが到着し、キャロルたちは取り押さえられてしまう。ロッグは、キャロルをインテリジェンスの空間に向かわせて記憶を改ざんし、再び味方に引き入れようとする。しかし、キャロルはインテリジェンスの精神空間で自分の事をヴァースと呼ぶローソン博士に向かい合い、自分はヴァースはなくキャロルであるとはっきりと告げた。その瞬間、キャロルの全ての力は覚醒し、キャロルの真の力である複数の特殊能力を操る宇宙由来の超絶的なパワー「バイナリー・パワー」によって周囲のスターフォースたちを倒してしまう。

ヴァースであった過去から決別し、キャロルとして力を覚醒させる。

キャロルの逆転で、上手く逃げ出したタロスやニックたち。途中で立ちはだかるスターフォース兵士も再び触手を出したグースが飲み込み、マリアの操縦によって全員宇宙船で脱出することに成功する。マリアたちはスターフォースたちの追っ手を上手く撃退し無事地球に戻って来るが、ロッグの宇宙船だけはしつこく追いかけてきた。そこへ覚醒したキャロルが到着し、ロッグの宇宙船を難なく破壊。さらに、ロナンの率いる軍隊が発射した大量のミサイルも全て撃墜する。その後、ロナンの宇宙船の前まで飛んできたキャロルを見て、ロナンは撤退を指示しハラへ引き返して行く。

地上へ戻りロッグと対峙したキャロルは、ロッグの言い訳に耳を貸さず、殴りつけ宇宙船に押し込める。キャロルはロッグに向かって、クリー人による侵略は自分が終わらせるということをインテリジェンスに伝えるよう言い、そのまま宇宙船をハラへ向かって発進させた。

数日後、S.H.I.E.L.D.で飼育することになったグースに顔を引っかかれるニック。ニックはキャロルから、スクラル人たちに新しい星を見つけるため宇宙に旅立つことを告げられ、グースとテッサラクトを守るよう依頼される。更にキャロルから、何かあれば自分を呼び出せる様にと、改造したポケベルを渡された。

キャロルは旅立つ直前、マー・ヴェルの意思を引き継ぐことで自分もマー・ヴェルと名乗りたいとモニカに相談するが、モニカに呼びやすい「マーベル」という名をすすめられ、それに決める。こうしてキャプテン・マーベルが誕生し、キャロルはタロスたちと宇宙へと向かっていった。キャロルたちの出発後、グースによるひっかき傷が治らず眼帯をはめたニックは、コールソンに地球を守るためヒーローを集める計画を練っていることを話す。計画書を書き始めたニックは、ふとキャロルが空軍時代に乗っていた戦闘機の写真に目を止める。そこに書かれていたアベンジャーの単語から、ニックはその計画書のタイトルを「アベンジャーズ・イニシアティブ」に決定する。

時は流れて、サノスによって宇宙の全生物が半分に減らされてしまった世界。消えずに残されたキャプテンアメリカたちヒーローは、今後の対策について話し合っていた。ニックが消滅する前に持っていたポケべルを調べていたところ、突然目の前にキャプテン・マーベルが現れる。ニックがポケベルから送った信号により、宇宙から助けに来たのだった。一方で、ニックのいなくなったS.H.I.E.L.D.のオフィスでは、グースが体の中からテッサラクトを吐き出していた。

『キャプテン・マーベル』の登場人物・キャラクター

キャロル・ダンヴァース / ヴァース / キャプテン・マーベル(演:ブリー・ラーソン)

惑星ハラで暮らす、クリー帝国のエリート部隊スターフォースの隊員。周囲からはヴァースと呼ばれており、過去の記憶をほとんど失っている。強靭な肉体と特殊な能力を持つが、衝動性が高く感情に流されやすいことをスターフォースの上長であるロッグからしばしば注意されている。

物語序盤ではクリー帝国を支配する人工知能「インテリジェンス」の洗脳によりクリー人の宿敵であるスクラル人に敵対心を抱いている。スクラル人に捕えられ、その宇宙船から逃げる途中で地球にたどり着き、ニック・フューリーと共に失われた記憶の手がかりを探す。その中で、実は地球人であり、かつてはアメリカ空軍に所属するパイロットであったことを知る。実の名をキャロル・ダンヴァースといい、親の無理解や、空軍の男性訓練生たちの嘲笑にも負けず、自力で軍部の重要プロジェクト「ペガサス計画」に参加していた過去を持っていた。ライトスピード・エンジンといわれる光速エネルギーを使用した特殊エンジンを開発し軍事利用するというペガサス計画は、地球人に変装したローソン博士というクリー人の女性が進めていた。ロッグはそのエンジンを狙うが、ロッグに奪われる前にライトスピード・エンジンをキャロルが爆破したことから、エンジンから放出された力がキャロルに宿り、特殊能力が身についた。その後、ロッグは爆破の衝撃で気を失ったキャロルを連れ帰り、クリー人の味方として洗脳していたのだ。

記憶を取り戻したキャロルはスクラル人に謝罪し、そこでクリー人が武力でスクラル人の母星を侵略していたことを知り、かつてクリー人でありながらスクラル人たちを救おうとしたローソン博士の意思を引き継ぐことを決意。戦いの中で彼女の真の力であるバイナリー・パワーに覚醒し、ニック、空軍時代の同僚であるマリア・ランボー、スクラル人のタロスたちと共にロッグ、ロナンたち追っ手のクリー人を撃退した。

スクラル人と共に彼らの新天地を探しに宇宙に旅立つ際に、ニックへ困った時はいつでも自分を呼び出せるよう改造したポケットベルを手渡す。エンドロールの後で、サノスが宇宙の生物の半分を消滅させた地球に帰還。残されたアベンジャーズのヒーローたちに、ニックの安否について尋ねる。

なお6歳のキャロルはロンドン・フラー、13歳のキャロルはマッケナ・グレイスがそれぞれ演じている。

ニコラス・ジョセフ・“ニック”・フューリー(演:サミュエル・L・ジャクソン)

後にS.H.I.E.L.D.の長官として、アベンジャーズ計画を発案することとなるエージェント。S.H.I.E.L.D.の上官ケラーよりキャロルの調査を任命され、彼女と行動を共にする。本作では初めて異星人の脅威を目撃し、後に宇宙からの侵略者から地球を守る目的で、ヒーローたちを集結させることになる。

エージェントとして優秀な能力を持ち、時に上司の命令を無視し1人で行動することもある熱い性格でもある。猫好きで空軍基地で出会ったグースという猫を可愛がるが、グースに目をひっかかれたことで後の眼帯姿となった。デジタル技術により、サミュエル・L・ジャクソン本人を25歳若返らせた姿で登場している。

タロス(演:ベン・メンデルソーン)

スクラル人の将軍で、クリー人とは敵対状態にある。ニックやヴァースとして洗脳されていたキャロルと互角に戦い、その戦闘能力は高い。捕まえたキャロルの記憶を無理矢理探るなど強引で冷酷な性格のように思われるが、実際はスクラル人の妻子や同胞たちに愛情を持っており、クリー人によって滅ぼされた母星の代わりとなる地を探している。

キャロルの記憶の中でローソン博士の開発したライトスピード・エンジンの情報を知り、地球へ逃げたキャロルを追いかける。ニックの長官ケラーに擬態し一度は空軍施設でキャロルたちを追いつめたが、取り逃がしてしまう。だが、施設で手に入れたローソン博士の記録をその後キャロルに渡し、それによって記憶を取り戻したキャロルにクリー人とスクラル人の争いについて説明、キャロルと和解し共闘することになる。

その後、キャロルたちと共に宇宙へ行き、ローソン博士の手引きで宇宙船に隠れていたスクラル人の妻子や同胞たちと再会。クリー人の追っ手を撃退し、全員で地球に脱出する。最後は、キャロルと共にスクラル人の新しい故郷となる星を探しに旅立っていく。

ケラー(演:ベン・メンデルソーン)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが勤めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

マイティ・ソー(Thor)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

アントマン&ワスプ(Ant-Man and the Wasp)のネタバレ解説まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

『スパイダーマン』とは、MARVEL COMICS発祥のアメコミヒーローである。 スパイダーマンは、スパイダースーツを着用してヴィランたちと戦いを繰り広げる。これまでスパイダーマンは『サム・ライミ版スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』『MCUスパイダーマン』の3つのシリーズで映画化されてきた。シリーズによってスパイダースーツの形状や能力が異なっている。

Read Article

アイアンマン2(Iron Man 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に遭ってしまう。

Read Article

アイアンマン(Iron Man)のネタバレ解説まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

スパイダーマン3(Spider-Man 3)のネタバレ解説まとめ

「スパイダーマン3」は2007年のアメリカ映画で、全3部作の3作目となる。原作:スタン・リー、監督:サム・ライミ、出演者:トビー・マグワイア、ジェームズ・フランコ、キルスティン・ダンスト。 幸せな生活を送っていたスパイダーマンこと「ピーター」は、ある日伯父を殺した真犯人が別にいる事実を知らされる。砂の怪物「サンドマン」となったその男に報いを受けさせるため、スパイダーマンは全身を黒く染めていった。

Read Article

ブラックパンサー(Black Panther)のネタバレ解説まとめ

『ブラックパンサー』とは、2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第18作目。 アフリカの小国ワカンダを舞台に、ヒーローにして国王のブラックパンサーとワカンダの支配を目論むヴィラン・キルモンガーとの闘いを描く。 現在、アメリカで史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(GotG)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックの中でもマイナーながらもカルトな人気を誇るコミックの実写映画化作品。トレジャー・ハンターのピーターが、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラ、遺伝子操作で生まれたアライグマに似たロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、それに全身イレズミ・マッチョのドラックス等と共に、銀河を舞台に凶悪な敵に立ち向かう痛快スペース・アクション。14年に公開され、全世界で7億ドルを超える大ヒットとなった。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(Avengers: Age of Ultron)のネタバレ解説まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)のネタバレ解説まとめ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)」は2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第19作目にして集大成となる「アベンジャーズ」シリーズの第3作。 シリーズ最大のスーパーヴィランのサノスとの闘いが描かれる。舞台は全宇宙のあらゆる場所で、シリーズで最もスケールの大きい闘いが展開。 現在、世界で史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

アイアンマン3(Iron Man 3)のネタバレ解説まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(Captain America: The First Avenger)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(GotG2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックスのヒーローチーム・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが主役の映画の第2弾。 前作で瀕死の重傷を負ったグルートがベビー・グルートとして復活し、ほのめかされていた主人公ピーターの出生の秘密が明らかになる。相変わらずヒーローとはかけ離れた言動のメンバーたちが大暴れする、コメディ色の強いシリーズである。 MCUシリーズとしては第15作目で、2017年に公開された。

Read Article

スパイダーマン(Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン』とは、スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作、サム・ライミ監督の2002年公開のアメリカ映画。全3部作の1作目である。高校生のピーター・パーカーは校外学習先で遺伝子操作された“スーパースパイダー”に偶然かまれ驚異的な力を手に入れた。幼なじみのメアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)や友人のハリー・オズボーンとともに過ごしながら、ピーターが正義のために悪と戦うスパイダーマンになるまでが描かれている。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier)のネタバレ解説まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)のネタバレ解説まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

マイティ・ソー バトルロイヤル(Thor: Ragnarok)のネタバレ解説まとめ

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(Thor: The Dark World)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

アベンジャーズ(Marvel's The Avengers)のネタバレ解説まとめ

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

スパイダーマン2(Spider-Man 2)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン2』とはサム・ライミが監督した2004年のアメリカ映画。2002年公開の『スパイダーマン』の続編で、3部作の2作目である。スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作。大学生になったピーター・パーカーはスパイダーマンとして日々街の人を助けていたが、スパイダーマンの生活が忙しくなり過ぎて、次第にピーター・パーカーの生活に支障をきたすようになってしまう。そしてピーターは突然スパイダーマンの力を失い、思い悩んだ末に「スパイダーマンを辞める」ことを決意する。

Read Article

インクレディブル・ハルク(The Incredible Hulk)のネタバレ解説まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ3のネタバレ解説まとめ

MCUのフェイズ3では今までの10年間を一区切りさせるということで、大人気の原作を元にしたシビル・ウォーを皮切りにインフィニティ・ウォー以外でもヒーローの大規模なクロスオーバーが描かれている。また、インフィニティ・ストーンの謎が次々に明かされるフェイズでもある。スパイダーマンやドクター・ストレンジなどの新たなヒーローも参入し、フェイズ4に向けた伏線も張られ始める。 MCUフェイズ3の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ2のネタバレ解説まとめ

マーベル作品の個々のヒーロー映画をひとつながりの物語にするMCUシリーズ。フェイズ2ではアントマンやスター・ロードなど新たなヒーローの登場もあるが、既出のヒーローの内面の掘り下げも多く行われている。特にチームの中心となっているアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーの3人についてはアベンジャーズとしてではなく関わった事件について描かれた。 MCUフェイズ2の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

MCUシリーズにおけるインフィニティ・ストーンのネタバレ解説まとめ

マーベルスタジオが制作するスーパーヒーロー映画作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース」。多数の作品が作られているMCUシリーズにおいて、物語の重要なカギとなる存在が、インフィニティ・ストーンである。6つ存在するこの石はすべてを集めたものに絶大な力をもたらすという。それぞれの持つ力と、その6つの力が集まる映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にて、どのような力を発揮したのかについてをまとめる。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ1のネタバレ解説まとめ

マーベルは2008年公開のアイアンマンを皮切りに、個々のヒーロー映画の世界を全てつなげてひとつの物語にするという試みを開始した。フェイズ1では中心となるヒーローたちのオリジンを中心に構成されていて、長い歴史のあるアメコミを初めて見る人にもわかりやすくヒーローが紹介されている。 MCUフェイズ1の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

ヴェノム(Venom)のネタバレ解説まとめ

『ヴェノム(Venom)』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。日本での公開は2018年11月2日。ソニー・ピクチャーズの保有するマーベル・コミックのキャラクターを実写映画化した『ソニー・ユニバース』シリーズの第1作品目。 地球外生命体シンビオートに寄生され、ヴェノムに変身する特殊能力を手に入れたジャーナリストエディ・ブロックの闘いを描く。

Read Article

ルーム(Room)のネタバレ解説まとめ

2015年に公開されたレニー・エイブラハムソン監督のヒューマンドラマ。17歳の時に誘拐され7年間監禁され続けた女性ジョイと、監禁された“部屋”でジョイが産んだ息子ジャックが、決死の覚悟で“部屋”から脱出する様と、その後に待ち受ける数々の困難を乗り越えていく姿を描く。本作でアカデミー主演女優賞を獲得したブリー・ラーソンと、天才子役と評されたジェイコブ・トレンブレイの、魂の演技が光る。

Read Article

デッドプール(Deadpool)のネタバレ解説まとめ

デッドプール(Deadpool)とは、2016年2月にアメリカ合衆国で公開された映画。監督はティム・ミラー。日本では、2016年6月に公開。 X-MENシリーズの映画で8作目にあたり、初めてR指定され、日本では15歳以上対象の映画になった。 主役のウェイドはヒーローとは呼べない男。そんなウェイドはフランシスに騙されて、恋人も誘拐される。ウェイドはデットプールを名乗ってフランシスを追う。

Read Article

ハルク(Hulk)のネタバレ解説まとめ

『ハルク』とは、2003年のアメリカ映画。アメコミ『超人ハルク』を原作とした実写映画化作品。監督はアン・リー、出演はエリック・バナ、ジェニファー・コネリーら。 若き科学者ブルース・バナーは偶然の事故により大量のガンマ線を体に浴びてしまう。その事故をきっかけにブルースは怒りを抱くと緑色の怪力・ハルクに変身してしまう体となってしまった。理性が働かず、本能のままに暴れて街を破壊するハルクに政府は兵器を投入して捕獲しようとする。しかしブルースの同僚であるベティーだけは彼を救おうとしていた。

Read Article

目次 - Contents