ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。
バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

『ジュラシック・パーク』の概要

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。
SF以外にスリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作で、2018年現在5作目まで公開されている。
製作はユニバーサルであり、テーマパークのユニバーサル・スタジオにもアトラクションとして公開されている。VFX(視覚効果)は『スター・ウォーズ』シリーズの監督ジョージ・ルーカスが所有していた映像スタジオ「インダストリアル・ライト&マジック(ILM)」。

最も成功した恐竜映画シリーズであり、恐竜映画の代名詞とも言える金字塔的作品。
それまではストップモーション、マペット、着ぐるみ、アニマトロニクス(機械仕掛け)などで表現されるのが主流だった恐竜が史上初めてフルCGにより描かれた作品である。

作り物とは思えないほどのリアルな恐竜の映像は当時の映画業界を震撼させ、映像革命の一つに挙げられている。後の作品に与えた影響は大きく、例としてジョージ・ルーカス監督を『スター・ウォーズ』シリーズに復帰させたことで有名。
ルーカスは『スター・ウォーズ』のエピソード1~3の構想があったが、1980~90年代の映像技術ではエピソードを表現することは不可能と考え、シリーズから身を引いていた。しかし、親友のスピルバーグが制作した本作を観賞したルーカスは衝撃を受け、復帰を決意したという。1997年の『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望 特別篇』でも本作の技術が使われている。

ストーリーはバイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖の中で、子供をはじめとした仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。マイケル・クライトン著の同名小説を原作としていて、クライトンは脚本にも参加している。大筋は原作に沿っているが、原作ではアクションよりも科学技術に関する議論の要素も多く、生存するキャラクターや結末など変更点も多い。

全世界興行収入10億2915万ドル。公開当時は全世界歴代興行収入1位となった作品であり、スピルバーグ監督作品では最大のヒット作である。同興行収入は1997年に『タイタニック』が更新し、2015年には『ジュラシック・ワールド』が本シリーズ最大のヒットを記録。

公開20周年にあたる2013年4月5日には、3D版に変換され再上映。『Jurassic Park: An IMAX 3D Experience』のタイトルでIMAX 3D版でも公開。日本では劇場公開はされなかったが、2015年に『ジュラシック・ワールド』公開に合わせて日本版ソフトが発売。

『ジュラシック・パーク』のあらすじ・ストーリー

オープニング:得体の知れない生物

生物の入った大きなゲージの運搬が行われていた。それはインジェン社の「パーク」を建設するためだった。大きなゲージから中の生物をパドック(生物を飼育するための小屋)へ移動させる作業を監視官のロバート・マルドゥーンは見張っていた。しかし作業の隙をついた生物は暴れ始めた。謎の生物に男性職員1名が捕まり、ゲージ内へと引き込まれそうになった。マルドゥーンは男性職員を助けながら、他の職員に「(ゲージ内の)彼女を撃て!」と命令したが、男性職員はゲージ内へと引き込まれてしまった。その時、謎の生物の目らしき物だけが映る。

前半:「ジュラシック・パーク」とは

ジュラシック・パークへの道のり

「パーク」と呼ばれる新しい施設を建設しているインジェン社の顧問弁護士のドナルド・ジェローナは社長を訪ねてドミニカ共和国にあるマノ・デ・ディオス琥珀鉱山を訪れた。しかし発掘人のファニート・ロスターノから社長は帰ってしまったと聞かされる。インジェン社は施設オープン準備中に謎の生物に襲われて重傷をおった男性職員の家族から訴訟を起こされていた。インジェン社は信用を取り戻す為に専門家であるアラン・グラント博士をパークに招待して安全性の保証をしてもらおうと考えていた。ロスターノは「グラントはモンタナの外には出ない。」と告げた。古生物学者のアラン・グラント博士と古植物学者のエリー・サトラー博士は恐竜の化石発掘を行っていた。発見した化石は小型肉食恐竜のヴェロキラプトルだった。グラントはラプトルに関する考えを言ったが、ボランティアで参加していた1人の少年に馬鹿にされ、ラプトルの頭の良さと殺し方の残虐さを少年に教えて脅かした。グラントは子供が苦手で大人気ない態度をとったと反省しているとヘリコプターが現れた。そしてインジェン社の社長であるジョン・ハモンドと対面。ハモンドは「パーク」が来年オープン予定だが信用を得るために専門家の意見が必要なのでグラント達にパークへ来てもらい推薦状を書いて欲しいと依頼。グラント達は断ろうとしたが、3年分の発掘資金を全額援助すると提案され、2人は承諾。一方、パークの管理システムエンジニアをしているデニス・ネドリーは、コスタリカでインジェン社のライバル会社の遺伝子学者ルイス・ドジスンと密会をしていた。ドジスンはインジェン社の研究データを盗もうと計画し、ネドリーに研究データを盗む事を依頼。ネドリーは大金を積まれ快諾。ドジスンはスプレー缶に見立てたデータ保管容器をネドリーに渡した。

パークへ向かうヘリコプター内でカオス理論学者(数学者の一種)であるイアン・マルコムとグラント、サトラー、ハモンド、ジェローナが対面。カオス理論を全く知らないグラントとサトラーに対して、マルコムはジョークを言った。それを聞いたハモンドは呆れて「君はロック・スターを連れてきたのか?」とジェローナに言った。やがてヘリはパークに到着する。

「ジュラシック・パーク」に到着

ブラキオサウルスを目にした一行。

パークに到着した一同は専用車で移動をし、ある地点で止まった。グラント達が見たのは生きた恐竜だった。生きた恐竜を見た一同は開いた驚愕し、ハモンドは生きた恐竜をアトラクションとして提供するのがパークで名前は「ジュラシック・パーク」と紹介。ティラノサウルスもいる事を聞いたグラントは腰を抜かした。そして施設の中心である「ビジターセンター」へと向かった。

恐竜を再生した仕組み

恐竜の孵化に立ち会うグラント達。
しかし、その恐竜はヴェロキラプトルの幼体だった。

ビジターセンターでは恐竜の再生技術の解説動画を鑑賞。パーク内にいる恐竜は全てクローンだ。恐竜の血液は樹液に閉じ込められて琥珀となった蚊から採取されていた。DNAには欠損箇所もあり、カエルのDNAで補っていた。恐竜の孵化にはダチョウの卵が使用された。遺伝子技術者がいるラボに案内された一同は人工孵化されている恐竜の卵を目にする。安全管理のため、パークの恐竜は全てラボで孵化させている。遺伝子学者のヘンリー・ウーは繁殖できないように全て雌で作っていると安全性を説明。マルコムは「生命はなんらかの道を見つける」と反論した。すると恐竜が目の前で孵化をし、グラントは恐竜に目を奪われたが、すぐ恐竜の種類を尋ねた。孵化した恐竜がヴェロキラプトルだと聞いたグラントは深刻な表情を浮かべた。

ラプトルへの恐怖

一同は専用車に戻りラプトルのパドックを訪れた。牛1頭が餌としてパドック内に入れられ、一瞬にして食べられた。しかし、ラプトルの姿は見れなかった。一同は監視員のマルドゥーンと対面。マルドゥーンは男性職員の事件を目の当たりにしたのでラプトルを処分すべきだと考えていた。ラプトルは3頭おり、中でも体の大きな「ビッグ・ワン」を警戒をしていた。パドックには高圧電流が流れているので逃げ出す危険性はないが、油断できないと考えていた。

恐竜再生の倫理的議論

入場料だけで稼げると喜ぶジェローナにハモンドは「金儲けのために作ったのではない」と反論。パークは客人をもてなす手段が完備され、楽しませる費用は惜しまないとハモンドは考えていた。昼食の際、パークへ賛成か反対かの議論が行われた。ジェローナ以外は反対をし、マルコムは生命を自由に操作して見せ物にする事は悪と言った。サトラーは恐竜の管理について言及し、グラントは絶滅した恐竜が人間と共存できる事を不安視し、パークで何が起こるかが不明だと言った。

ハモンドの孫

ディロフォサウルスのパドック。

一同はハモンドの孫レックスとティムと対面。ティムは恐竜が大好きでグラントのファンだったが、グラントは複雑そうだった。メンバーの揃った一同は専用車に乗り込みツアーへ向かった。04号にはジェローナ、レックス、ティムが同乗し、05号にはグラント、サトラー、マルコムが乗車。ハモンドはツアーに同行せず、ビジターセンターから様子を伺った。センターでは専用車へ搭載されているヘッドライトなどで故障が頻発していた事で揉めていた。故障に気づいたチーフエンジニアのレイ・アーノルドはハモンドへ報告。故障の原因はデニス・ネドリーのいい加減なプログラミングだ。人員が不足しシステムの管理などはネドリーだけが担当。プログラマーとして優秀なネドリーは人間性が欠落していた。ハモンドとネドリーは雇用条件を巡って何度も争っていた。一同はティラノサウルスのパドックに到着し、エサのヤギを入れたが反応はなく、姿を目にすることはなかった。退屈していたマルコムは車内でサトラーを口説こうとしたが、それと同時にグラントが何かを発見して車外へと飛び出し、その後をサトラーも追った。グラント達が目にしたのは草食恐竜のトリケラトプスだ。トリケラトプスは何かの病気を患っており麻酔で眠っており、有毒植物を誤って口にしたのかもしれないと予測し調査を開始。確証は得られなかった。ビジターセンターでは島に暴風雨が近づいていると連絡が入り、ツアーは中止となった。主要スタッフ以外は最終便で島から出る事に決まり、ハモンド、マルドゥーン、アーノルド、ネドリーが残る事となった。一同も天候の変化に気づき、車へと戻る事にしたがサトラーが調査を続行したいと希望し残る事となったのでサトラーだけは後ほどビジターセンターへと帰る事になった。ツアーメンバーが車に戻る頃には外は豪雨になった。

ネドリーの怪しい動き

ネドリーはシステムが停止と起動を繰り返すが問題ない事を言い席を外した。ネドリーが席を外して数分後、監視カメラとドアのロックなどのシステムが停止し、ネドリーは隙を見て恐竜のDNAを盗み、姿を消した。アーノルドがシステムの復旧を試みたが、パスワード入力が必要というメッセージが表示された。システム停止に伴い、パドックのフェンスに流れていた電流が切断。サトラー以外の乗っていた専用車は突然停車し、ビジターセンターとの通信もできない状態だった。一方、管理室ではラプトル以外のフェンスの電流が切断されていることに気づいた。フェンスの電流はネドリーが島から脱出するために遮断された。パスワードが分からずシステムの修復が不可能だった。システムの修復ができないと外部と連絡も取れないのでグラント達は島で孤立した状態だった。一同が止まった場所はティラノサウルスのパドックの目の前だった。

後半:解き放たれる恐竜達

hacheeeeer0
hacheeeeer0
@hacheeeeer0

Related Articles関連記事

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ)のネタバレ解説・考察まとめ

レディ・プレイヤー1(レディプレ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

NEW
グレムリン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

グレムリン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グレムリン』とは、ジョー・ダンテ監督による1984年の映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説・考察まとめ

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説・考察まとめ

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説・考察まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説・考察まとめ

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

パーフェクト ワールド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パーフェクト ワールド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

監督クリント・イーストウッド、主演ケヴィン・コスナーで1993年に公開されたアメリカ映画。 クリント・イーストウッドとケヴィン・コスナーというハリウッドの2大スター共演だが、フィリップ役の子役が素晴らしい演技を見せて、観るものを驚かせた。 脱獄囚ブッチは、逃亡中に8歳の少年フィリップと出会い、人質として連れ出す。逃亡の中で次第に心を通わせていく2人。せつないラストに心打たれるロードムービー。

Read Article

【BTTF3】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part III】

【BTTF3】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part III】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、アメリカのSF映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。 監督は全シリーズ共通でロバート・ゼメキスが務める。 PART2のラストで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ一通の手紙が届けられた。その手紙は1885年にタイムスリップしたドクからピンチを告げるものであった。 ドクを助けるためにマーティは1885年にタイムスリップする。 Part3に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

リアル・スティール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

リアル・スティール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とはアメリカのSF映画で、1985年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編作品である。 1989年公開で原題は『Back to the Future Part II』。監督は前作と同じロバート・ゼメキスが務めた。 主人公マーティは、親友であるドクから未来で息子に危険が迫っているといわれ、デロリアンで30年先の未来へタイムスリップする。Part2に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

デイブレイカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

デイブレイカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デイブレイカー』とは、オーストラリア出身のスピエリッグ兄弟の監督・脚本によるSFアクション・ホラー。人口の9割以上がヴァンパイアと化した近未来を舞台に、人間の減少により血液不足に陥った状況を解決するために代用血液の開発を進めていたヴァンパイアの男が、人間とヴァンパイアの双方を救う新たな道を探ろうとする。09年・オーストラリア・アメリカ製作。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

宇宙戦争(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙戦争(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙戦争』とは、アメリカ合衆国で2005年6月に公開されたSFアクション映画である。 H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』を原作としたスティーヴン・スピルバーグ監督作品。 主人公レイは、離婚した妻がボストンの実家を訪ねる間、妻に引き取られ、自分を軽蔑する子供達ロビーとレイチェルを預かった。そんなある日、奇妙な稲妻が町に落ち、地中から巨大な何かが現れて人々を攻撃、街を破壊していく。今まで家族をかえりみなかった父親だったが、必死に子供達を守っていく中で家族を守る父親へと変わっていく。

Read Article

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』とは、1868年出版のルイーザ・メイ・オルコットの自伝的小説『若草物語』が映画化されたもの。2019年12月に全米、2020年6月に日本公開。監督のグレタ・ガーウィグが脚本も担当。今作に挑むに当たってガーウィグ監督は、著者であるオルコットが「本当は何を言いたかったのか」という命題を深く掘り下げることに焦点を当てた。古来、女性が置かれてきた状況を顕在化することで、自分らしく生きたいと願う現代の女性へのオマージュに昇華させている。

Read Article

インデペンデンス・デイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インデペンデンス・デイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インデペンデンス・デイ』は1996年に公開されたアメリカのSFアクション映画。タイトルの意味は「独立記念日」で、物語の設定がアメリカの独立記念日である7月4日であることから取られている。 ある朝、世界各地の都市に巨大なUFOが突如出現し、大規模なレーザー攻撃で街を破壊していく。圧倒的な力を持つ宇宙人と人類との戦いを描く。

Read Article

アンブレイカブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アンブレイカブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンブレイカブル』とは、2000年製作のアメリカ映画。日本公開は2001年の6月。大ヒットとなった「シックス・センス」の次にM・ナイト・シャマランが手掛けた作品。脚本もシャマラン自身が担当した。凄惨な列車事故に遭いながら、ただ一人かすり傷ひとつ負わずに生き残った男が辿る数奇な運命を描く。主演は「シックス・センス」に続きブルース・ウィリス。共演はサミュエル・L・ジャクソン、ロビン・ライト・ペン。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』とは、2018年6月22日にアメリカ合衆国で公開された映画。『ジュラシック・パーク』シリーズ5作目の映画である。 日本公開は2018年7月13日。前作での大惨事から3年。放棄されたジュラシック・ワールドを有したイスラ・ヌブラル島には火山噴火の兆候が見えていた。噴火へのタイムリミットが迫る中、主人公オーウェンと彼の仲間たちは恐竜たちの救出チームに参加する。それぞれが奮闘する中、オーウェンたちは救出劇の裏に隠された陰謀にも巻き込まれていく。

Read Article

ジュラシック・パークIII(Jurassic Park III)のネタバレ解説・考察まとめ

ジュラシック・パークIII(Jurassic Park III)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パークⅢ』とは、2001年にアメリカで製作されたSFアドベンチャー映画である。1993年製作の『ジュラシック・パーク』、2作目の『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』に続くジュラシックシリーズ3作目である。前作から4年、古生物学者のアランは研究の資金難に陥っていた。そこにある夫妻が現れ、恐竜の島のガイドを頼まれる。当初は難色を示すアランだったが、しぶしぶ了承する。しかし、本当は行方不明になった少年の救出が目的であった。スピノサウルスに襲われながら、一行は島からの脱出を目指す。

Read Article

ジュラシック・ワールド(Jurassic World)のネタバレ解説・考察まとめ

ジュラシック・ワールド(Jurassic World)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・ワールド』とは2015年のアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシック・パーク』シリーズ4作目である。前作に引き続きスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めている。イスラ・ヌブラル島で起きた「ジュラシック・パーク」の事件から22年。新たなるテーマパーク「ジュラシック・ワールド」がオープンし、多くの観光客で賑わっていた。しかし、新たな目玉アトラクションとしてパークが用意していた新種恐竜インドミナス・レックスが脱走し、パークは大パニックに陥る。

Read Article

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

Read Article

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(インディ・ジョーンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(インディ・ジョーンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』とは1981年にアメリカ合衆国で公開されたアクション・アドベンチャー映画。主演はハリソン・フォード、監督にはスティーブン・スピルバーグ、原案と制作総指揮にジョージ・ルーカスが務めた。超常的パワーを秘めた聖櫃(アーク)を巡り、冒険家インディ・ジョーンズはナチス・ドイツを相手に争奪戦を繰り広げる。

Read Article

ターミナル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ターミナル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ターミナル』とはアメリカ合衆国で2004年6月に公開された、ロマンスおよびコメディー映画である。ある目的をもってアメリカ合衆国に入国するビクター・ナボルスキーだったが、母国でクーデターが起き国が消滅してしまう。無国籍状態となり入国ができなくなってしまった。それでも目的を達成するために、空港の乗り継ぎロビーでクーデターが終結することを待ち続ける。空港生活の中で国土安全保障省税関国境保護局との対立、キャビンアテンダントとの恋模様など様々なヒューマンドラマが描かれている作品である。

Read Article

パルプ・フィクション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パルプ・フィクション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パルプフィクションとは、クエンティン・タランティーノ監督による1994年公開のクライム映画である。主演はジョン・トラボルタで、その他出演者にサミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン等がいる。本作は、アカデミー賞の脚本賞を受賞した。ギャングであるヴィンセントと相棒ジュールズは、ボスからの命令でスーツケースを取り返すべく、アパートに潜入する。本作は、主人公ヴィンセントのエピソードを含む3つの異なる犯罪エピソードから構成されている。ストーリーの時系列と映画の時系列が異なる構成が話題を呼んだ。

Read Article

コーチ・カーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

コーチ・カーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コーチ・カータ』とは、弱小高校バスケ部が、スパルタコーチであるカーターの指導によって成長し、活躍する姿を描いた青春映画。落ちこぼれの集まりであるリッチモンド高校バスケ部に、OBであるケン・カーターが新コーチとして赴任してくる。カーターは、バスケの技術を教えるより先に、まず選手たちと契約を交わす。契約を守らない者は試合に出さないというカーターに対し選手たちは反発するが、徐々にカーターの真意を理解し耳を傾け、相互に信頼しあうようになる。

Read Article

ウエスト・サイド・ストーリー (映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ウエスト・サイド・ストーリー (映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウエスト・サイト・ストーリー』とは、1957年に上演されたミュージカル作品をスティーブン・スピルバーグ監督が現代版にアレンジした映画だ。物語の流れや人物の基本的な設定は変えず、現代の人々に合わせて内容に絶妙に手を加えることで若い世代にも響く作品に生まれ変わった。スピルバーグ監督の手腕が大いに発揮されている。 劇中の音楽も原作のものを元に、グスターボ・ドゥダメルにより色彩の増した編曲がされている。 物語本来の魅力と現代版のアレンジが新たな魅力を生み出す。

Read Article

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』は1984年5月23日にアメリカで公開されたアクション・アドベンチャー映画。監督はスティーブン・スピルバーグ、製作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォードであり、前作『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の続編にあたる。 富と名声の象徴である伝説の「サンカラ・ストーン」を巡り、冒険家インディ・ジョーンズが恐ろしい邪教集団「サギー教」と熾烈な争奪戦を繰り広げる。

Read Article

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』は1989年5月に公開されたアメリカ合衆国のアクション・アドベンチャー映画で、大ヒットアドベンチャーシリーズの3作目にあたる。 監督はスティーブン・スピルバーグ、制作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォード。「原点回帰」をテーマに胸躍る冒険活劇は健在で、主人公インディの父役としてショーン・コネリーが演じ話題となった。 キリストの血を受けた「聖杯」を巡り、冒険家インディとその父ヘンリーが宿敵ナチス・ドイツと争奪戦を繰り広げる。

Read Article

【映画紹介】タランティーノの真骨頂!『パルプ・フィクション』の色褪せない名シーン3選

【映画紹介】タランティーノの真骨頂!『パルプ・フィクション』の色褪せない名シーン3選

クエンティン・タランティーノといえば、ずばり『パルプ・フィクション』ですよね!1994年に公開され、気付けば21年も経ってしまいましたが、何回観ても、何年経っても色褪せない面白さ&スタイリッシュさ。賛否両論ある作品ではありますが、改めて本作の魅力を名シーンと共に振り返りたいと思います。

Read Article

目次 - Contents