ハリー・ポッターと死の秘宝(Harry Potter and the Deathly Hallows)のネタバレ解説まとめ

612hoyxdccl

ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。
J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

あらすじ・ストーリー

ホグワーツに帰らず、分霊箱を探す旅に出ることを決意した、ハリー、ロン、ハーマイオニー。死喰い人(ヴォルデモート卿の従者)に追われながら、分霊箱の手がかりを集めていく。困難に直面しながらもいくつかの分霊箱の破壊に成功した三人は、残りの分霊箱はホグワーツにあると考える。そして死喰い人に支配され、スネイプが校長となったホグワーツへと向かう。ダンブルドア軍団の面々に力を借りながら、分霊箱を探す三人。しかし、ヴォルデモートの登場によりホグワーツは戦地となってしまう。自分のために大勢の命が散り、胸を痛めるハリー。そんな中、死に際のスネイプから渡された記憶によって、ハリー自身が七つ目の分霊箱であったことを知る。自らを犠牲とするため、一人でヴォルデモートの元へ向かうハリー。死の呪文を受け、一時は命を失う。しかしハリーが母から受けた守りの魔法や偶然によって奇跡的に復活。再びヴォルデモートと対峙し、勝利する。
そして数年後、ジニーと結婚したハリーは自分たちの子供をホグワーツに送るため、再びホグワーツ特急を待つのであった。

死の秘宝の伝説

Dd1c7b68c9c852513937747292d0fd40

死の秘宝のマーク。三角が透明マント、丸が蘇りの石、真ん中の棒がニワトコの杖を表している。

魔法界のおとぎ話「吟遊詩人ビートルの物語」に出てくる三つの道具。全ての秘宝を集めた者は死に打ち勝つことができると言われている。物語には、ニワトコの杖、蘇りの石、透明マントが出てくるが、透明マントを手にした者以外は死によって命を奪われている。

ニワトコの杖

Fullsizerender  12

死の杖や、宿命の杖と言われるほど強力な杖。ニワトコの木でできていることから、その名が付いている。全ての杖に忠誠心があると言われ、杖を何らかの形で勝ち取ることでその忠誠心を強く抱かせることが可能だが、この杖の場合は忠誠心は杖を勝ち取った者に完全に移動することになる。そのため、忠誠心のある方が真の所有者となり、それ以外が使用しても、呪文の威力が弱くなる。最強の杖と言われているが、能力は使用者の魔力を増大させるのみである。
今作では忠誠心がダンブルドアからマルフォイへ。マルフォイからハリーへ移動している。今作の終盤でこれ以上の争いを防ぐためハリーが自らの手で折り、捨てている。

蘇りの石

Resurrection stone

ダンブルドアの遺品としてハリーが渡されたスニッチの中に、蘇りの石が隠されていた。

使うことで死者が現れ、会話が可能となる石。死者は生き返る訳ではなく、ただ幽霊のように現れるのみである。元はマールヴォロ・ゴーントの指輪にはめられていたが、指輪が分霊箱であったためダンブルドアが破壊後スニッチに隠し、ダンブルドアの死後ハリーの元に渡った。今作の終盤、ハリーが死を決意した際に使用し両親とルーピン、シリウスと再会している。また石は森に落としていったため、その後はどこにあるかわからない。

透明マント

Fotonoticia 20150918100142 1280

纏うことで姿を消すマント。魔法界にはいくつかの透明マントが存在するが、本物の透明マントは一つだけである。時間が経つとで効力が消えてしまう物と違い、本物の透明マントは永久に効力が持続する。本物の透明マントはハリーの父、ジェームズが元々持っていた物で、ジェームズの死後ハリーに渡っている。今作で初めて、ハリーは持っていた透明マントが死の秘宝の一つだと知る。

七つの分霊箱

ヴォルデモートが作り出した分霊箱。自身の魂を分割し、物に隠すことで肉体が攻撃されても魂をこの世に繋ぎとめておくことができる。作るためには他者の殺害が条件となるため、最も邪悪な発明と言われている。分霊箱の中には身に着けた者の不快な感情を増幅させる力を持っているものがある。ヴォルデモートはこれを破壊されないよう、罠を張り隠すなどの方法で守っている。魔法などで破壊することは困難で、自己修復ができないよう一撃必殺のような方法でしか破壊はできない。物質や生物など、決まりは定められていないため、何でも分霊箱にすることができる。

トム・リドルの日記

Fullsizerender  7

学生時代のヴォルデモートが愛用していた日記。第二シリーズ「秘密の部屋」で登場しハリーの手によって破壊されている。この時は治療不可能な猛毒を持つバジリスクの牙で刺したため、破壊に成功した。

マールヴォロ・ゴーントの指輪

Fullsizerender  6

ヴォルデモートの祖父、マールヴォロ・ゴーントが身につけていた指輪。第六シリーズの「謎のプリンス」の直前、ゴーント家に隠されていたところをダンブルドアが見つけ、破壊している。この時はバジリスクの毒を吸収したゴドリックの剣を使ったため、破壊に成功した。石は蘇りの石が使われており、破壊後蘇りの石はスニッチの中に隠された。

スリザリンのロケット

Fullsizerender  15
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(Harry Potter and the Prisoner of Azkaban)のネタバレ解説まとめ

三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(Harry Potter and the Chamber of Secrets)のネタバレ解説まとめ

二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(Harry Potter and the Order of the Phoenix)のネタバレ解説まとめ

復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)のネタバレ解説まとめ

イギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリーが闇の魔法使いヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

ハリー・ポッターと謎のプリンス(Harry Potter and the Half-Blood Prince)のネタバレ解説まとめ

活発に活動を始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(Harry Potter and the Goblet of Fire)のネタバレ解説まとめ

四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

共通点が見えてくる?ハリー・ポッター主な登場人物の組み分けまとめ

ハリー・ポッターシリーズの登場人物の組み分けについてまとめました。 大人気小説の物語を彩る魅力的な登場人物たち。 彼らが通うホグワーツにはそれぞれ違う性質を持つ4つの寮に生徒を組み分ける儀式があります。 彼らが何故その寮に組み分けられたのか分かれば物語がより楽しめるかも!?

Read Article

目次 - Contents