トップガン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トップガン』とは1986年にアメリカ合衆国で制作された青春映画である。アメリカ海軍のエリートパイロット養成機関「トップガン」に送り込まれた青年マーヴェリックが美しき教官チャーリーとの恋、ライバルとのトップ争い、そして友人の死を乗り越えていく姿を描き出していく。迫力満点の空中戦、戦闘機に乗っているかのような臨場感、胸躍る音楽に彩られた大ヒット作だ。

『トップガン』の概要

『トップガン』とは1986年にアメリカ合衆国で制作された青春映画である。アメリカで公開後、最初の週末で819万3052ドルで1位、国内総興行成績は1億7千678万1728ドルとなった。日本では同年12月6日に公開され、興行収入は39億5000万円を記録した。

アメリカ海軍戦闘機兵器学校に送り込まれた青年マーヴェリックはエリートパイロットの称号を得るために厳しい訓練に励み、美しき女性教官チャーリーとの恋、そして友人グースの死という困難を乗り越えて大きく成長していく映画となっている。

謎の死を遂げた父親の影を引きずり、天性の勘を頼りに戦闘機を操縦する青年マーヴェリックはある日、上官に友人のグースと共に呼び出される。
成績優秀であったクーガーがパイロットを辞めたことにより、2人はアメリカ海軍戦闘機兵器学校、通称「トップガン」へ送り込まれることになったのだ。
訓練開始前に行われた非公式のパーティーで美しい女性に一目惚れしたマーヴェリックだが、その相手は彼の教官であるチャーリーだった。
厳しい戦闘訓練に日々励むマーヴェリックとチャーリーは互いの立場を越えて次第に恋に落ちていく。
そのような時、訓練中にマーヴェリックは事故によって友人グースを亡くしてしまう。
事故調査委員会の査問によって責任を問われることはなかったものの、彼は強い自責の念に駆られてしまう。
教官ヴァイパーの願いもむなしく、かつて見せていた野性的で攻撃的だった操縦は失われてしまい、ワシントンD.C.での就職を決めたチャーリーからは失望されてしまう。

そのようなマーヴェリックに対し、教官でありマーヴェリックの父親と戦友であったヴァイパーは彼にある秘匿事項を告げる。それはマーヴェリックの父親が友軍機を救うために多数の敵機の攻撃を受けて命を落としたという事実であり、軍事境界線を越えた上空での戦闘であったことから国家機密扱いとされていた。
解雇を覚悟で機密事項である亡き父の英雄的な行為を話すことにより、ヴァイパーはマーヴェリックに復活を促すのだった。

マーヴェリックは卒業式に出席するが、謝恩会の最中にインド洋上への出撃命令が出される。
いざ出撃したものの、やはりマーヴェリックはグースを失った恐怖がよみがえり、戦闘から逃げ出してしまう。
自分の乗る戦闘機の後部座席にいるかのように感じたマーヴェリックは戦闘に復帰し、敵機を撃墜していく。
そしてマーヴェリックは仲間と協力し合うことの大切さを知る優秀なパイロットになり、友人グースを亡くした自責の念を克服し、チャーリーとの劇的な再会を果たすのだった。

エリートパイロットを目指す青年が友人の死を乗り越え、美しき女性教官との恋を通して成長していく姿に勇気付けられる映画となっている。

『トップガン』のあらすじ・ストーリー

アメリカ海軍戦闘機兵器学校へ

クーガーが自主退官したことによりマーヴェリックはレーダー要員グース(画像左)と共にトップガンに送り込まれる

マーヴェリックは謎の死を遂げた父親の影を引きずり、野生の勘を頼りに型破りな操縦を行うアメリカ海軍所属のパイロット。友人で陽気な性格のレーダー要員であるグースが今では彼の唯一の家族だ。
ある日マーヴェリックは、優秀なパイロットであるクーガーが操縦する僚機と共にインド洋上での国籍不明の戦闘機との空中戦を繰り広げていた。執拗に敵の戦闘機に追いかけられてパニックに陥ったクーガーをマーヴェリックとグースは機転を利かせて空母へ帰還させることに成功するが、クーガーはその時の恐怖心が拭いきれずにパイロットの職を自ら辞した。
上官スティンガーから呼び出しを受けたマーヴェリックはグースと共にアメリカ海軍戦闘機兵器学校、通称「トップガン」に送り込まれることが決まる。
そして、訓練開始前に開かれた非公式な歓迎パーティーに出席したマーヴェリックは1人の女性シャーロットに一目惚れする。

厳しく過酷な訓練と美しき女性教官との恋

マーヴェリックは生徒という立場を越えて美しき教官チャーリー(画像左)と恋に落ちていく

マーヴェリックはアメリカ海軍のわずか1パーセントのエリートパイロットになるべく、厳しく過酷な訓練に励んでいく。マーヴェリックは歓迎パーティーで一目惚れした女性に再会する。彼女は宇宙航空物理学の専門家で、チャーリーと呼ばれる教官だったのだ。
教官と生徒という立場を越えて次第に2人は惹かれ合っていき、チャーリーはマーヴェリックを自宅での夕食に招いた。
初日の訓練終了後、厳格な教官ヴァイパーから規則を守ることや仲間と協力することの重要性について叱責されるが、ライバルであるアイスマンと常に成績のトップを争い続けていた。

友人グースの死

訓練中にレーダー要員のグース(画像左)が命を落としてしまう

マーヴェリックは教官チャーリーと恋に落ちていく。そして厳しく過酷な戦闘訓練と座学に励んでいくが、悲劇が起きてしまう。
グースと共に攻撃訓練の最中、不慮の事故によってグースが命を落としてしまったのだ。
事故の原因は戦闘機が操縦不能の状態に陥ったことであり、マーヴェリックに過失はないと事故調査員会は結論を出した。
しかし、この唯一の家族であり友人でもあったグースを失ったことでマーヴェリックは自責の念に駆られてしまう。
ヴァイパーはマーヴェリックを飛ばし続けることを決めるが、かつて見せていた野性的かつ攻撃的な操縦は見られず、弱気で恐怖心におびえる操縦になってしまっていた。
ついには、ワシントンD.C.での就職が決まったチャーリーからは失望したことを告げられてしまう。

父の死の真相

マーヴェリックは教官ヴァイパー(画像右)から父親の死の真相を知らされる

自責の念に駆られ、チャーリーからも失望されてしまったマーヴェリックは教官ヴァイパーの自宅を訪ねる。
実はヴァイパーはマーヴェリックの父親であるデューク・ミッチェルの戦友だった。
ヴァイパーは自身が解雇されることを覚悟し、マーヴェリックに機密事項を告げる。
彼の父親であるデューク・ミッチェルは友軍機を救うために敵機の攻撃にさらされて命を落としたという。
軍事境界線上を越えた交戦であったことを理由に、父親の死の真相は国家機密の扱いにされていたのだった。
自らを犠牲にして仲間を救い出した英雄的行為をした父親について話すことで、ヴァイパーはマーヴェリックに復活を促すのだった。

復活と劇的な再会

父親の死の真相を教官ヴァイパーから聞かされたマーヴェリックはトップガンの卒業式に出席する。その後行われた謝恩会の最中、インド洋上で情報収集活動を行っている巡洋艦援護の緊急出撃命令が出される。
レーダー要員が決まっていないマーヴェリックに対しヴァイパーは、自分が一緒に飛ぶことができると告げる。
出撃していたアイスマンは敵機相手に苦戦を強いられ、ハリウッド/ウルフマン機が撃墜されたことにより、マーヴェリックは自責の念を克服できないまま出撃を余儀なくされる。
敵機の猛烈な攻撃に愕然とするマーヴェリックだったが、前方からの敵機が起こした乱気流によって一時的に制御不能の状態に陥ってしまう。
その状態から脱したものの、グースを亡くした恐怖の記憶がよみがえり、戦闘から逃げ出してしまう。
レーダー要員であるマーリンの叱咤やグースのドッグタグを握り絞めて、まるで祈るかのようにグースにどうすればよいのかとつぶやきながらマーヴェリックは戦闘に復帰する。
敵機の攻撃に苦戦するアイスマン/スライダー機と協力して敵の戦闘機を4機撃墜し、残り1機を撤退させることに成功する。
敵に撃墜されたハリウッド/ウルフマン機も無事に生還を果たした。
空母に戻ったマーヴェリックはアイスマンとわだかまりを解消させる。さらに、マーヴェリックは一匹狼からチームワークを知る優秀なパイロットに成長した。友人でありレーダー要員であるグースを亡くしたことに対する自責の念を克服したのだった。そしてマーヴェリックはグースのドッグタグを海に投げ捨て、自分なりの弔いを行った。
インド洋上での戦果は世界中に知らされ、このことを評価した軍の上層部の計らいによってマーヴェリックはトップガンの教官になることを決める。
その知らせを聞いてワシントンD.C.から戻ってきていたチャーリーとマーヴェリックは劇的な再会を果たすのだった。

『トップガン』の登場人物・キャラクター

主人公

マーヴェリック/ピート・ミッチェル(演:トム・クルーズ)

CV:渡辺裕之(フジテレビ版)/高橋広樹(日本テレビ版)/塚本高史(ソフト版)/森川智之(テレビ東京版・追加収録部分)
コールサインはマーヴェリックで、階級は大尉。
天才的な操縦技術を持つパイロットであるが、謎の死を遂げた父親デューク・ミッチェルの影を引きずるかのような飛び方は周囲から危険視されている。
クーガーがパイロットの職を辞したことによってトップガンへグースと共に送られ、厳しい訓練に励んでいく。
非公式な歓迎パーティーで一目惚れした女性教官チャーリーと恋に落ちていく。
訓練中に親友グースを亡くしたことで激しい自責の念に駆られてしまうが、父親の戦友であったヴァイパーの励ましと秘匿事項とされていた父親の死の真相を知り、復活を遂げる。

トップガン関係者

チャーリー/シャーロット・ブラックウッド(演:ケリー・マクギリス)

setsuwo3g4
setsuwo3g4
@setsuwo3g4

Related Articles関連記事

エイリアン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

エイリアン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『エイリアン』とは、1979年に公開された『ブレードランナー』や『ハンニバル』などで知られるリドリー・スコット監督の、SFホラー映画の元祖ともいえる作品だ。監督の出世作でもあるが、主人公のリプリーを演じたシガニー・ウィーバーの名を、世界中に広めた映画でもある。 宇宙船に入り込んだ姿を見せないエイリアンが、次々と乗組員を襲っていくホラーSF映画で、エイリアンという名称を定着させたことでも知られる。 その後もシリーズ化されるなど、映画界に衝撃を与えた作品だ。

Read Article

宇宙戦争(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙戦争(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙戦争』とは、アメリカ合衆国で2005年6月に公開されたSFアクション映画である。 H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』を原作としたスティーヴン・スピルバーグ監督作品。 主人公レイは、離婚した妻がボストンの実家を訪ねる間、妻に引き取られ、自分を軽蔑する子供達ロビーとレイチェルを預かった。そんなある日、奇妙な稲妻が町に落ち、地中から巨大な何かが現れて人々を攻撃、街を破壊していく。今まで家族をかえりみなかった父親だったが、必死に子供達を守っていく中で家族を守る父親へと変わっていく。

Read Article

アウトロー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アウトロー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アウトロー』とは、2012年に公開されたアメリカのサスペンスアクション映画で、リー・チャイルドが発表した小説『アウトロー』を原作としている。5人の命が亡くなる射殺事件の容疑をかけられたジェームズの要請を受けたジャック・リーチャーは、弁護士の依頼を受けて不可解な射殺事件の捜査を開始することにする。監督はクリストファー・マッカリーが努め、主人公のジャック・リーチャーをトム・クルーズが演じ、ロザムンド・パイク、リチャード・ジェンキンス、デヴィッド・オイェロウォ、ロバート・デュヴァルらが共演した。

Read Article

オール・ユー・ニード・イズ・キル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

オール・ユー・ニード・イズ・キル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』とは、桜坂洋が2004年に発表したライトノベル「All You Need Is Kill」を原作に、ダグ・リーマンが映画化した作品。エイリアンに侵略されつつある近未来の地球を舞台に、出撃しては戦死する2日のループを繰り返し、戦闘能力を身に着け、ループの原因となっている敵を倒す方法見つけ出して勝利を掴むまでを描く。

Read Article

ミッション:インポッシブル(M:I)のネタバレ解説・考察まとめ

ミッション:インポッシブル(M:I)のネタバレ解説・考察まとめ

1966年から7年間放送された往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」を基に、トム・クルーズが主演と初のプロデューサーを兼ね、ブライアン・デ・パルマ監督で映画化したスパイ・アクション超大作。1996年製作のアメリカ映画。スパイ組織IMFに属するイーサン・ハントは、ある任務に失敗し多くの仲間を失うが、生き残ったことで裏切り者にされてしまう。身の潔白を証明するため、新たなメンバーと独自に捜査を開始する。

Read Article

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』とは、2018年に公開されたスパイ・アクション映画。1996年の『ミッション:インポッシブル』から続くトム・クルーズ主演・製作シリーズ作品の第6作目。 イーサン・ハントがテロ組織「シンジケート」の残党「アポストル」によるプルトニウム爆破テロを防ぐためにチームと一丸となって奮闘する展開と共に、彼がいかに家族や仲間を大切に想っているかが描かれる。

Read Article

M:i:III(ミッション:インポッシブル3)のネタバレ解説・考察まとめ

M:i:III(ミッション:インポッシブル3)のネタバレ解説・考察まとめ

往年の人気TVドラマ「スパイ大作戦」の映画化で、大ヒットスパイ・アクションにまで成長させたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第3弾。2006年公開のアメリカ映画。TVシリーズ「エイリアス」「LOST」で注目を集めたJ・J・エイブラムスの劇場映画初監督作品。フィアンセとの結婚を控え、一線を退き教官となった主人公イーサン・ハントが、凶悪な敵を前に世界を駆け巡り、再び危険なミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル2(M:I-2)のネタバレ解説・考察まとめ

ミッション:インポッシブル2(M:I-2)のネタバレ解説・考察まとめ

往年のTVドラマ「スパイ大作戦」を映画化した「ミッション:インポッシブル」に続き2000年に製作されたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第2弾。バイオレンスの詩人ジョン・ウー監督が起用され、前作とは一味違った独自のアクション・シーンが満載。休暇中のイーサン・ハントの元に、新たなミッションが届いた。それは20時間で人を死に至らしめる驚異の殺人ウィルス”キメラ”を狙う元同僚の陰謀を阻止することだった。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

往年の人気TVシリーズを、トム・クルーズ製作・主演、「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督で映画化した大ヒット・アクションシリーズ第4弾。前作から5年後の2011年、日米同時公開。爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む姿を圧倒的なスケールで描き出す。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクションのシリーズ第5作。2015年公開のアメリカ映画。監督は、クルーズ主演映画「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。各国の元エリート諜報部員を集めた謎のスパイ組織「シンジケート」の暗躍により、秘密工作機関IMFはまたも解体の危機に陥る。組織の後ろ盾を失いながらも、イーサンは仲間とともに世界の危機を救うため史上最難関のミッションに挑む。

Read Article

レインマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

レインマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レインマン』とは、1988年にアメリカで公開された、自由奔放な弟と自閉症の兄の心の繋がりを描いたロード・ムービーである。高級車のディーラーの仕事をしているチャーリーの元に疎遠だった父親の訃報が届き、そこで初めて自分に兄がいるという事実を知る。事業が上手くいかず四苦八苦していたチャーリーは遺産目当てに故郷に戻るが、遺産の300万ドルが兄のレイモンドに相続されることを知り、施設にいたレイモンドを半ば強引に連れ去るのだった。

Read Article

【日本大好き】海外芸能人・有名人・セレブまとめ

【日本大好き】海外芸能人・有名人・セレブまとめ

日本人の間でも広く知られている海外の芸能人・有名人・セレブの中には、大の親日家として友好的な顔を見せてくれる人もいます。特に日本好きとして知られるトミー・リー・ジョーンズは長年BOSSのCMに出演してくれており、彼の姿を楽しみにしていた日本人も多いのではないでしょうか。この記事では、そんな「日本大好き」な海外の著名人について紹介しています。

Read Article

【トム・クルーズ】この渋さがたまらない!海外のカッコイイおじさま俳優まとめ【ブラッド・ピット】

【トム・クルーズ】この渋さがたまらない!海外のカッコイイおじさま俳優まとめ【ブラッド・ピット】

海外の俳優たちを見てみると、けっこう歳がいっているはずなのにめちゃくちゃカッコイイ人っていますよね。ヒゲや長髪など、日本人男性がやるとあまりウケが良くないビジュアルも、海外だとなぜか魅力的に映るのが不思議です。この記事では、アラフォー以上の海外の俳優についてまとめました。いやぁみんなカッコイイですね!このシブさ、そして全身から溢れ出る大人の余裕と色気がたまらん。

Read Article

【トム・クルーズ】来日したハリウッドスターと一緒に現れる戸田奈津子の画像まとめ【ジョニー・デップ】

【トム・クルーズ】来日したハリウッドスターと一緒に現れる戸田奈津子の画像まとめ【ジョニー・デップ】

ハリウッド映画が公開されるのに合わせて海外のスターたちが来日するのはよくある話ですが、彼ら/彼女らとともに必ずといっていいほど一緒に現れるのが戸田奈津子。字幕翻訳家として様々な作品を手がけてきた彼女は、スターの通訳としても活躍しています。この記事では、そんな戸田奈津子とハリウッドスターたちとの共演画像についてまとめました。仕事とはいえ、こんなに間近でスターと接せられるなんて、ファンからしたら羨ましすぎますね!

Read Article

【タイタニック】今すぐ見るべき「名作映画」ランキングTOP30!【ゴッド・ファーザー など】

【タイタニック】今すぐ見るべき「名作映画」ランキングTOP30!【ゴッド・ファーザー など】

これだけ観ておけば話の種に困ることはない、名作だけに絞った映画ランキングを作りました!タイタニックやゴッド・ファーザーなど、映画好きなら全て観ておいて当たり前の作品ばかりです!もしまだ観たことがない映画があれば、この機会に是非鑑賞してみてください!

Read Article

目次 - Contents