グランド・ブダペスト・ホテル(The Grand Budapest Hotel)のネタバレ解説まとめ

『グランド・ブダペスト・ホテル』は、ウェス・アンダーソン監督、レイフ・ファインズ主演で製作された。ズブロフカ共和国にあるグランド・ブダペスト・ホテルが物語の舞台である。コンシェルジのグスタヴと部下のムスタファを主人公に、常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡り事件解明に奔走する。本作は1930年代、1960年代、1985年、現在と4つの時間軸で展開されていく。

軍警察の大尉である。
マダム・Dが殺害されたと知り、ルッツ城へ急ぐグスタヴを検問で止めたが、臨時通行証を発行した人物である。マダム・Dの殺害の容疑でグスタヴを逮捕した人物でもある。また、マダム・Dの第2の遺言は彼の手によって開封された。

ルートヴィヒ(演:ハーヴェイ・カイテル、吹替:竹本和正)

グスタヴが収容された刑務所の服役囚の一人である。
ルートヴィヒの書いた刑務所の地図を元に、グスタヴは脱獄を計画した。彼とグスタヴは脱獄に成功する。脱獄後、刑務所の前でグスタヴと別れその後は行方知れずである。

ムッシュ・アイヴァン(演:ビル・マーレイ、吹替:外谷勝由)

グスタヴが所属しているコンシェルジュの秘密結社の仲間である。
脱獄したグスタヴに、行方不明になっているセルジュ・Xの居場所を教え、そこに向かうための列車の切符を手配した人物である。また、グスタヴ愛用の香水もこの時に手渡した人物でもある。

作家(晩年)(演:トム・ウィルキンソン、吹替:外谷勝由)

グランド・ブダペスト・ホテルを書いた1985年時代の作家である。
物語冒頭での彼の語りから、1968年代、1930年代へと物語がスタートしていく。物語冒頭と、物語終盤で登場する作家の像は彼の顔になっている。

ムッシュ・ジャン(演: ジェイソン・シュワルツマン)

若かりし日(1960年代)の作家が訪れたグランド・ブダペスト・ホテルでコンシェルジュをしていた人物である。
ホテルに滞在している間「唯一気軽に言葉を交わす間柄になった」と作家が語っている。作家にムスタファの存在を教えたもの彼である。

クロチルド(演: レア・セドゥ、吹替:三浦綾乃)

マダム・Dの屋敷で働くメイドである。
マダム・Dの訃報を聞き、屋敷へ駆けつけたグスタヴとムスタファをマダム・Dの棺の前まで案内した人物である。また、少年と林檎の絵画を持ち出したのはグスタヴであるとドミトリーに言ったのも彼女である。

ムッシュ・チャック(演:オーウェン・ウィルソン)

グスタヴが刑務所に収容されていた際にグランド・ブダペスト・ホテルのコンシェルジュを勤めていた人物である。
グスタヴがマダム・Dの遺産を継ぎ、ムスタファがコンシェルジュとなった後もこのホテルで働いている様子である。

ムッシュ・マーティン(演:ボブ・バラバン)

ホテル・コンシェルジュのネットワーク鍵の秘密結社の一人であり、リッツ・インペリアというホテルのコンシェルジュをしている様子である。ムッシュ・アイヴァンからの電話を受けた各国のコンシェルジュの一人で、電話の中継をした一人でもある。
電話を受け次のコンシェルジュに伝言を回した。このワンシーン以外、登場しない。

『グランド・ブダペスト・ホテル』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents