目次

  1. 12回目の「あらすじ」
  2. 12回目の「みどころ」

12回目の「あらすじ」

 「華丸・大吉のなんしようと?」は今回、「200回記念スペシャル」として、200号線付近(北九州市八幡西区~筑紫野市付近)をお二人で散策する内容となっている。
 
 最初にお二人は唐揚げ専門店を訪れ、唐揚げを試食することに・・・。
そこで、お二人は普通では想像がつかない「ある看板ペット」にビックリする・・・。
さて、その「看板ペット」とは?

 唐揚げ専門店を後にしたお二人は、的場池公園を訪れる。
丁度その時に、片づけをしていた複数の若い男性と出会う。
彼らは消防署に勤務しており、500人の幼稚園児たちと豆まきをしており、
鬼役として、「玉」をぶつけられていたのだという。

 そして、お二人が更に歩いていくと、変わった機会を見つける。
お二人がどういうものか尋ねると、
撮影用の小型ヘリコプターで、空からの撮影をリモコンで操作して撮影が可能と言うのだ。
 
 その後、撮影できる広い場所に移動をして、実際に空からの撮影してみることに・・・。
あまりの景色のきれいな移り具合にお二人は感動することに・・・。さらに、この機械で河川敷の撮影も可能であるということで、
実際に河川敷の撮影をしてみることに・・・。
その移り具合の美しさに、更にお二人は感動する・・・。
 
 的場池公園を後にしたお二人は、「城下町のジオラマ」を作っているおじいさんと出会うことに・・・。
その人は、「黒田官兵衛」を今宵なく愛するあまり、作ってしまったのだ。
 
 その後、御主人の奥様が登場し、お二人の慣れ初めの時の話やご夫婦ならでの「エピソード」のお話を伺うことになる・・。
最後に、「ご夫婦クイズ」として、奥様からご主人に出題することに・・・。さて、ご主人は奥様の「回答」見事当てることが出来るのか?
 仲むつましい「ご夫婦の雰囲気」に癒されながら、番組はエンディングを迎える・・・。

12回目の「みどころ」

 この回の「みどころ」は通常はゲストをお無えしての散策することになるが、
今回の場合、お二人しが出せない「ホッコリした安心できる雰囲気」を感じることが出来る。
と同時に、「普段テレビで観ること絶対に見れない「素のお二人の姿」見て、感じることが出来るものを
この回の「大きな魅力」である。

 ずっとゲストの方をお迎えして、番組を進行いていったパターンの番組の内容で紹介してきたので、
たまには、華丸・大吉さんのお二人だけの番組内容も新鮮で面白い・・・。

 さて、次回から、あた、ゲストを迎えての「華丸・大吉のなんしようと?」について紹介していく。
どんなゲストを迎えて、どんなロケ番組になるのだろうか?
次回もお楽しみ・・・。

 「華丸・大吉のなんしようと?」の「200回記念スペシャル」として、お二人で北九州市付近を散策するシーンの動画(前編)です。いろんな意味で新鮮な気持ちで観ることが出来る番組構成となってます。
普段の「バラエティー番組のお二人の姿」とは違った「素のお二人の姿」を垣間見ることができて、
面白いです。

 同じく、「華丸・大吉のなんしようと?」の200回記念スペシャルの動画(後編)の模様の動画です。
ここで、一組のご夫婦をお迎えして、お二人の慣れそれの話や、ご主人に「「ご夫婦クイズ」をだしてみたりと
番組の内容がてんこ盛りです!!
お楽しみ・・・。