目次

  1. 18回目の「あらすじ」
  2. 18回目の「みどころ」

18回目の「あらすじ」

 「華丸・大吉のなんしようと?」は今回は華大のお二人だけで、飯塚市を散策していく。

 最初にお二人は、「モンシロチョウ」をキーワードにして、とあるホルモン料理店へ・・・。
華大のお二人は、「モンシロチョウ」の話を聞いて、唖然としてしまう・・・。
 さて、「モンシロチョウ」の正体とは・・・?
 その後、ホルモンを使った、ご当地グルメ「ほるホル丼」を試食することに・・・。
お二人はその美味しさに感動する。

 ホルモン料理店を後にしたお二人は、沢山の人達に声にかけられる。
 そして、お二人は「座って記念撮影が出来るオブジェ」へ訪れる。
そこで、華丸が撮影に挑戦することに・・・・。
大吉はどの姿を見て、感動する・・・。さて、その姿は・・・・?

 オブジェを後にしたお二人は、お二人は「こま資料館へ」・・・・。
沢山のこまのコレクションにお二人はビックリし、感動する。
そして、いよいr「長く回るこま」を回すことに挑戦・・・。
こまが回っている間、お二人は色々なこまを回してみて、感動する。
そして、お二人はこまを回す練習をするための工房へ・・・。
 さて、お二人が先ほど回していた「長く回るこま」のもとへ・・・。
まだ、回っていたので、お二人はビックリする。
(ちなみに、こまは17分20秒回っていた)

 次に、お二人は「激辛ホットドック」のお店を訪れる・・・。
そこで、お二人は100倍の辛さのホットドックに挑戦するが・・・。
あまりに辛さにお二人は悶絶する・・・。さて、お二人の運命は?

 ホットドックのお店を後にしたお二人は、羊羹屋を訪れる。
まず、お二人は抹茶と羊羹を試食して、感激する。
そして、お二人は、ご夫婦の馴れ初めや思い出の話を伺う。
 ご主人は昔、菓子メーカーで仕事をしていたこともあり、
羊羹はご主人が作っており、農業と兼業で作っているとのこと。
 お二人の馴れ初めは、青年団で知り合い、ご夫婦の二人とも、幼なじみだったとのこと。
新婚旅行は別府だったとのこと。
結婚当時は、専業農家だったが、機械の進歩により、時間があったので、羊羹を作っているとのことだった。
 最後にご夫婦クイズを実施。今回は奥様に出題される。
問題は、「ご主人が好きな食べ物は?」。さて、奥様は正解できたのだろうか?

18回目の「みどころ」

 この回の「みどころ」は華大のお二人の進行と言うことで、ゲストをお迎えした時とは違った「素朴な雰囲気」が出ている。
(今回は30分番組の進行で、ご夫婦クイズも実施されている)
 華大のお二人が決して無理をすることもなく、自然体な姿や表情で番組が進行していくので、
見ている側も安心して見ていられる。
その中でも、華大のお二人がわかりやすく引き出している点が今回の回の面白さである。
また、「激辛ホットドック」を食べたときのお二人の反応も見どころである。

 さて、次回はどんなゲストを迎えて、どのような番組を繰り広げるか?
次回もお楽しみ・・・。

飯塚市を散策している回の動画(その1)です。

同じく、飯塚市を散策している回の動画(その2)です。
「激辛ホットドック」のシーンが出てきます。