目次

  1. 14回目の「あらすじ」
  2. 14回目の「見どころ」

14回目の「あらすじ」

 「華丸・大吉のなんしようと?」はチュートリアルと一緒に大吉の出身地である「古賀市」を散策する。
 実は古賀市はチュートリアルの徳井にとって、「淡い思い出のある場所」として思い入れがある場所である。

 一行が町を散策している時に徳井の「甘酸っぱいコリの思い出話」を語った。
そして、一行は老舗のハウスメーカーの住宅展示場を見学することに・・・。
話題は大吉が古賀市で家を建てる話題になり、みんなが、番組の企画で家を建てるよう、大吉をイジる・・・。
 その間、チュートリアルのお二人は社長の車やバイクに興味津々。
そして、ここで「ハプニング」が・・・。さて、ロケはどうなるのか?
 色々なモデルルームを見学して、木のぬくもりが伝わってきて、一行は感動する・・・。

 一行はモデルルームを後にすると、徳井が「昔好きだった彼女と会えなかった」という話を始める。
その後、華大のお二人が「古賀市のイメージ」を語っていく・・・。

 そして、一行は、酒屋に立ち寄り、立ち呑みを始める。
この時に、徳井が人生で一度しか降られたことがないことを語り、
唯一、振られた人が古賀市で出会った人だということを語る。
 酒屋を後にした一行は、真向いにある「畳屋」を訪れる。
畳を作っている所を見て、一行は感動する・・・。

 そして、とうとう徳井の思い出の場所である、デパートへ・・・・。
そして、徳井はぼんやりと「昔の淡い時の事」を思い出そうとするが・・・。
さて、徳井は昔のあの頃を思い出せたか?
徳井は、昔好きだった人と再会できたか?

 その後、一行は大吉が昔から通う「フードコーナー」へ・・・。
そして、冷たいものを食べたり飲んだりしながら休憩する。
話題は、徳井の思い出話へ・・・。
好きな人のことを知りたいという徳井に対して大吉は説得する・・・。

 そして、最後に一行は温泉に入りに行く。
温泉の「あるシステム」に一行は感動する・・・。
そして、温泉に入って、ゆったりとした雰囲気でエンディングを迎える・・・。

 

14回目の「見どころ」

 この回の「見どころは」、チュートリアルの淡い恋の思い出話によって、番組の進行が進んでいく。
そして、最後に徳井の「好きな人に対しての思い」も描かれている。
 また、華大の中の良さはもちろんのこと、チュートリアルのお二人の仲の良さも表現されている所も
注目ポイントである。と同時に、華大に対してのチュートリアルのお二人の「ツッコミ」の面白さも見ものである。
 更に、今回も個性の強い人たちとの出会いが番組をより面白くしている。

 さて、次回はどんなゲストを迎えて、どんな番組を繰り広げるか・・・?
次回もお楽しみ・・・。

「華丸・大吉のなんしようと?」のチュートリアルの回です。
徳井の「淡い恋の思い出話」とともに、番組が展開していきます。