目次

  1. 「民放連賞」とは?
  2. 「めんたいぴりり2」が受賞した理由
  3. 「めんたいぴりり」について
  4. 「めんたいぴりり2」について
  5. 最後に・・・。

「民放連賞」とは?

 「民放連賞(日本民間放送連盟賞)」とは、放送技術の向上と放送活動の発展を目的に、
民放連が1953年(昭和28年)に創設した賞で、毎年1回優秀な番組、事績を対象に、
優れた番組、優秀と認められた事績に対して贈られる、由緒ある賞である。

「めんたいぴりり2」が受賞した理由

 今年、めんたいぴりり2」について、審査員から
「出演者のハイテンションな演技がドラマに圧倒的なパワーをもたらしている。
「明るいシーン」だけでなく、「時代の影」もさりげなく表現している点が、
物語を立体的にしている」と高い評価を頂いている。

「めんたいぴりり」について

Bdc8079c49a1bad93f0b9210c67a75e4

「めんたいぴりり」のDVDです。

 詳しくは私が書かせていただいている連載記事コラムやDVDを観て頂きたいのだが、
俊之と千代子の青春時代の出来事や、戦時中~「ふくのや」が大企業となり、俊之が開発した「明太子」が「博多名物」として、
定着するまでのストーリーが描かれている。
 時には面白く、時にはシリアスに描かれている「人情ドラマ」である。

「めんたいぴりり」のダイジェスト動画です。

同じく、「めんたいぴりり」のダイジェスト動画です。

「めんたいぴりり2」について

Thumbnailf26cdcab4d84fe9b9abba4ec7264c4b4

「めんたいぴりり2」のDVDです。

 こちらも、詳しくは私が書かせていただいた連載コラム記事とDVDを観て頂きたいのだが、
舞台は戦後の「ふくのや」で、前作「めんたいぴりり」とは別の物語として描かれている。
 「めんたいぴりり」同様、笑いあり、涙あり、感動ありのドラマとして描かれている。

「めんたいぴりり2」のダイジェスト動画です。

最後に・・・。

 今回は「めんたいぴりり2」受賞記念として「めんたいぴりり」と「めんたいぴりり2」を
取り上げて書いてみました。
秋の夜長に是非、「めんたいぴりり」と「めんたいぴりり2」を観てみませんか?
きっと、心の疲れが取れてホッコリすること間違いないです。