目次

  1. 第11回目の「あらすじ」
  2. 11回目の「見どころ」

第11回目の「あらすじ」

 「華丸・大吉をのなんしようと?」は中川家のお二人を迎えて、福智町を訪れる。
福智町はローカル鉄道として「平成筑豊鉄道」が運行している。
 まず、一行は電車に乗るシーンからスタートする。

 その後、駅を見学させていただくことに・・・。
鉄道マニアで有名な中川家の礼二は駅の「中心部」を見て興奮する・・・。
 その後、実際に運転体験をすることに・・・。
(中川家の剛だけ前回のロケで酒を飲んでなかったので、剛が運転体験することに・・・。)
ここで、中川家の礼二とのミニコントが始まる・・・・。それに加えて、礼二が色々と口出しをしてくるシーンも見られる。
 その後、一行は電車の洗車見学をすることに・・・。
ここでも、中川家のミニコントが始まる・・・。
 その後、大吉が好きなキャラクター「ちくまる君」のマスコットを買っていく。

 駅を後にして、一行は商店街を散策し、いろんな人たちと触れ合っていく・・・。
その中でも、一行は「落雁屋」を訪れる。主にお供え物として、全国の寺に出荷しているとのこと。
その出来栄えは、まるで芸術品の様に美しいものであり、一行は感動する。

 その後、一行は「上野焼」で有名な窯元を訪れる。
この窯元は親子三代にわたって、行っている。
 そして、一行は作業場を見学させていただくことに・・・。
ここで、「あるハプニング」が起きるが・・・。さて、その「ハプニング」とは?
 作業場を後にして、一行は作品を見に行くが、ここで中川家の兄弟喧嘩が始まる。
その光景に華大のお二人は唖然としてしまう。さて、ロケはどうなってしまうのか? 
 
 そして、大吉が焼酎グラスを探すために、作品を選ぶことに・・・。
その後、大吉が選んだ焼酎グラスで焼酎を試飲することに・・・。
それにつられて、全員も作品でお酒を飲むことに・・・。
最後には、中川家のミニコントでエンディングを迎える・・・。

11回目の「見どころ」

 11回目の「見どころ」は鉄道マニアでもある礼二の「鉄道に対しての愛情の深さ」を感じることができる。
そして、その中でも、「中川家のミニコント」を取り入れることで、面白さを増している。
 今回は最初から最後まで「中川家の面白さ」を感じることが出来、番組としては最後まで楽しませてくれる内容となっている。
窯元での「中川家の兄弟喧嘩」に対する華大のお二人の反応と、兄弟喧嘩の「オチ」も見どころである。
併せて、窯元で起きた「ハプニング」も見どころのひとつである。
 それは、添付された動画を見て、面白さを感じて頂くことで、「面白さ」を感じることが出来る。
 華大のお二人の進行が、「中川家」のお二人の「面白さ」をより引き立たせているのも注目ポイントである。

 さて、次回は、どんなゲストを迎えて、どんなロケ番組になるのか・・・?
次回もお楽しみ・・・。

%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%a8 %e4%b8%ad%e5%b7%9d%e5%ae%b6

「華丸・大吉のなんしようと?」の中川家の回です。