目次

  1. 総集編の「みどころ」
  2. 最後に・・・。

総集編の「みどころ」

 「華丸・大吉のなんしようと?」は当初は30分番組だったが、ゲストを迎えての1時間番組になったのは、2014年からである。
今回はゲストを迎えてお送りした時の総集編をコーナーごとに紹介する。

 まず、華丸・大吉のなんしようと?」では、ゲストに色々な体験をしてもらっている。
その中でも、印象に残ったものをまとめてコーナーにして紹介していく。
中でも、私が一番印象に残っているのは、サバンナの八木が斎場で終活体験として、
実際に棺桶に入るシーンである。

 次に、「華丸・大吉のなんしようと?」では、いろいろな人たちとの触れ合いのシーンが見どころのひとつである。
皆さんそれぞれ特徴があって面白かったが、その中でも、特に面白かったシーンを紹介する。
どのシーンも特徴があって、面白かった。
私が一番印象に残ったのは、COWCOWが久留米市を散策した時のシーンが一番印象に残っている。

 最後にお酒で乾杯のシーンの総集編である。
各地でのお酒を飲むシーンも多かったが、その地域それぞれ特徴がある。
その中でも、特に面白かったシーンを取り上げて紹介していく。
私が印象に残ったシーンは、サバンナとの散策で、大トロをつまみに「ワンカップ」を飲むシーンや、
ケンドウーコバヤシと一緒に梅酒を飲むシーンである。

 
 

最後に・・・。

 現在も、博多華丸・大吉の冠ローカル番組として続いている「華丸・大吉のなんしようと?」
 現在も続いている理由として、全国区のバラエティー番組とは違って、素のお二人の姿を垣間見ることが出来ることである。
そのキャラクターが、福岡の人達に親しまれている。
その雰囲気の中に、ゲストの皆さんも肩の力をぬいた状態で出演しているので、華大のお二人だけでなく、
ゲストの皆さんの素の姿を見ることが出来る点も面白さのひとつである。

 これからも「ローカル番組の代名詞」として、続いていくである番組であると同時に、期待できる番組である。

「華丸・大吉のなんしようと?」の総集編の動画です。
面白さてんこ盛りです!!