目次

  1. 第十章の「あらすじ」
  2. 第十章の「見どころ」
%e3%82%81%e3%82%93%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%b4%e3%82%8a%e3%82%8a %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

 さあ、「めんたいぴりり」の始まりです。
今回から、「ふくのや」に新しく従業員が加わることになり、「松尾の恋物語」が始まります。
また、「ふくのや」の明太子を真似する店が出てきます。
 スケトウダラと俊之の掛け合いも見どころです。

第十章の「あらすじ」

 明太子がなかなか売れず、俊之は行き詰っていた。
ある日の夜、再び俊之の夢の中にメスのスケトウダラが登場する。
 北海道産のスケトウダラは何故か博多弁で
「卵を勝手にいじくる回すな!!卵を返せ!!」と俊之に迫る。
 俊之は「北海道産のスケトウダラが何故博多弁でしゃべるのか?」と尋ねるが、
スケトウダラは聞こえないふりをする。
 スケトウダラは実力行使で卵を返してもらおうとするが、
自分で転んでしまい、「暴力はいかん!!」と訴える・・・。

L9pal

 夢の中での俊之とスケトウダラの掛け合いのシーンです。
北海道産のスケトウダラが何故か博多弁でしゃべる点が面白いです!!
目を閉じると、華大のお二人らしい「面白さ」が伝わってきます。

 次の日の朝、俊之の様子がおかしい。俊之はお経を唱えて、売れ残りの明太子の供養をしていた。
俊之の姿に「ふくのや」のみんなは動揺を隠せなかった。
 俊之は「(私たちは)命を食べて生きている。それを忘れてはいけない。」と言った。
「ふくのや」のみんなが唖然としていると、俊之は続けて、
「明太子はスケトウダラの卵であり、海を泳ぐはずだった。それを美味しいとか、まずいとか言ってはいけない。」と言った。
千代子が「商売なんだから仕方ない。」と言うが、俊之は「売れるとか売れないとか関係ない。」と言い、その後、
「食事とは生きとし生けるための供養です。いただきなさい。」と言いうと、「ふくのや」のみんなはお経を唱えた。

 その後、でんさんの奥さんと立ち話をしていると、若い女性が俊之を訪ねてきた。
彼女の名前は「岡村ミチエ」。
俊之がキャバレーで出会った女性で、酔っぱらった勢いで「ふくのや」で働かないか?と言ってしまったため、
「ふくのや」を訪ねてきたのだ。
ミチエは千代子に「今日から「ふくのや」に住むことを俊之と約束した。」と言った。
 千代子の表情は一変し、「鬼のような怒りの表情」に変わっていき、ミチエを「ふくのや」に案内した。

21471 main

 ミチエが初めて「ふくのや」を訪ねるシーンです。

21471 sub 3435202052751e092.78572479

 ミチエが俊之がいるかどうか千代子に聞いているシーンです。

009 1

 ミチエが千代子に「俊之と「ふくのや」に住むことを約束した。」というシーンです。
この後、千代子の表情が「鬼のような怒りの表情」に変わります。

 その後、俊之が帰ってくるなり、千代子は俊之を突き飛ばし、ミチエについて問い詰める。
俊之は「しまった」という表情で「キャバレーで知り合った女性で、酔った勢いで「ふくのや」で働かないか?と言ってしまった。」と言う。
千代子は怒りまくると、ミチエは俊之に挨拶する。
ミチエは千代子に対しても挨拶をし、自転車のパンクを治してしまい、千代子や俊之を感心させる。
その後、ミチエの働きぶりに千代子は感心し、ミチエと気が合うようになる。
 ミチエは北九州市の門司生まれで、どうしても親元を離れたかったのだった。
 ミチエは「ふくのや」で働くことになり、「ふくのや」のみんなに自己紹介をする。
その後、松尾はミチエに一目ぼれをし、ミチエに熱烈な自己アピールをする・・・。
この回から、松尾の「恋物語」が始まることとなる・・・。

 丁度その頃、「怪しい男」が「ふくのや」の周りをウロウロし、「ふくのや」を覗こうとしていた。
笹島がたまたま、その男を入り口で見かけ、不信感を抱く。
 次の日、ミチエが店番をしていた時、再び「怪しい男」が朝から何回も「ふくのや」の周りをウロウロしていた。
その後、千代子が婦人会に出かけていき、ミチエが一人で留守番をしていると、
「怪しい男」が、明太子を全部買って行った・・・。

 その後、従業員は「ふくのや」の明太子を真似して、天神の店で偽物の明太子が売りに出されていることを知る。
従業員が真似した店に文句を言いに行こうとするが、俊之は「まあ、いいではないか?」と止めた。
続けて「真似されるということは、それだけ「ふくのや」の明太子が美味しいということだから、
うちがもっと頑張ればいい。」と言ったその時、風呂場からミチエの叫び声が・・・。

 ミチエが風呂に入っている所を誰かに覗かれていたのだ。「ふくのや」の従業員が慌てて駆け付けた・・・。
駆け付けた時、千代子が服でミチエの裸が見えないように隠しており、
千代子の話では「誰かに風呂場を覗かれていた。」とのこと。
 松尾はミチエが見えないように自分で目隠しをし、「覗きか痴漢か!!」と怒るが、
八重山は「ふくのや」の明太子の味を盗もうとしたのでは?と言った。
笹島は天神の店を偵察に行こうとするのを俊之は止めた・・・。

第十章の「見どころ」

 今回の見どころは、3つある。
 まずは、再び相方の博多大吉がスケトウダラ役として出演し、俊之役の博多華丸との「博多弁」での「掛け合い」のシーンである。
以前のスケトウダラと俊之の掛け合いのシーンの時と同様、
北海道産のスケトウダラが何故か「博多弁」でしゃべっている点が福岡限定の放送ドラマの
「めんたいぴりり」しか味わえない「面白さ」であり、華大さんらしさが出ているシーンである。

 次に、俊之がキャバレーで知り合った「ミチエ」の礼儀正しさと仕事ぶりのよさから、千代子が気に入り、気が合うようになる。
その後、「ふくのや」の従業員として働くようになるのだが、ミチエに松尾が一目ぼれをし、松尾の「恋物語」がこの回から始まる。
松尾のミチエに振り向いてもらうために、一生懸命優しくする場面が純粋で微笑ましい。
その後の松尾の「恋物語」の展開にも注目である。

 最後に、「ふくのや」の明太子を真似して、偽物の明太子が他の店でも売り出されるようになることで、
従業員は止めてもらうよう文句を言いに行こうとする俊之の「寛大さ」である。
俊之が言った「真似をされることは「ふくのや」の明太子が美味しいということだから、うちがもっと頑張ればいい。」という考えが
後に明太子が「福岡土産の代名詞」として広まっていくこととなっていく・・・。

 次回は、「怪しい男」と「偽の明太子」を出した店が明らかになる事となるが・・・。
俊之の「明太子」に対する「思い」が明らかになっていく・・・・。
 次回をお楽しみに・・・。