目次

  1. 第五章の内容
  2. 第五章の見どころ

第五章の内容

 「華丸大吉のYouTuberになりたい」も今回で五回目を迎える。今回から場所を変えての撮影となる。

 まず、彼らが「謝罪」するところからスタートするが、「謝罪」の理由は?
動画を観てからのお楽しみだが、ヒントを言うと、「謝罪」の理由は「私たちもよくやる様な事柄」と言ったほうがいい。
それは、彼らのローカル番組で事実が発覚し、「謝罪」に至ったとのこと。
その際に、彼らのやり取りの中から繰り広げられる、「グダグダ感」が非常に心地よく面白い。
彼らの「グダグダした話」だけでも十分面白いのだが、ここで本題へ・・・。

 今回のテーマは「タトゥシールを貼ってみた」に挑戦。
ファッションとして流行している「タトゥ」がシールになっているので、手軽に「タトゥ」が出来るというものだ。
華丸は腕に何種類かのタトゥシールを貼った後、顔へタトゥシールを貼ってみる・・・。
 さて、タトゥシールの挑戦だが、「華丸ワールド」から繰り広げられる「ボケ」で、
最後の「オチ」が思わぬ展開に・・・・。




 

第五章の見どころ

 実は撮影場所だけでなく、今までの彼らのYouTube動画と比べて、大きく変わった点がいくつかある。

 まずは、撮影場所が「居酒屋」でなくなったので、お酒やおつまみがなくなったことで、
「お酒にまつわる華丸のボケ」がなくなった点である。
このことにより、若い年代にも親しみがもてるような作品が期待できる。

 次に、華丸だけでなく、大吉も一緒に挑戦するという「共同参加型」になっている点だ。
今までは、「華丸ワールド」から繰り広げられる華丸の「ボケ」に
大吉が一方的に穏やかかつ鋭い「ツッコミ」をしていたが、
彼らが一緒に挑戦し参加することで、さらに「面白さ」が増している。

 最後に大吉の表情や言葉に変化が見られた点だ。
「華丸ワールド」から繰り広げられる華丸の「ボケ」に対しての
大吉の穏やかな「ツッコミ」というスタイルは変わらないが、
大吉が「ツッコミ」を入れる時に時折笑顔が見られるようになった。
また、時折、「博多弁」で会話したり「ツッコミ」を入れているので、
彼らの「面白さ」だけでなく、身近に感じられるような「親近感」が加わった。

 今回から更に見所満載になった「華大ワールド」の魅力を彼らの作品で感じてほしい。

 第五回目の彼らのYouTube動画作品です。
色々大きく変わってますので、今までとは一味ちがった「魅力」を感じることができます!!