目次

  1. 第八章の内容
  2. 第八章の見どころ

第八章の内容

 「華丸大吉のYouTuberになりたい」も今回で八回目。今回は華丸と大吉がそれぞれプレゼントをした企画で構成された動画作品である。

 最初に映画「スターウォーズ」の話題から、華丸が「スターウォーズ」が好きで、「ジェダイ」に憧れを持っている事を明かすところから始まる。
そして、「ジェダイ」の響きが「博多弁」に似ているという話題から、華丸プレゼンの企画がスタートする。題して・・・・・。

 「スターウォーズの名セリフを博多弁でいったみた・・・。」

 映画「スターウォーズ」の名セリフを、華丸が憧れの「ジェダイ」になりきって「博多弁」で言ってみると、いうシンプルな企画だ。
華丸は「ジェダイ」になりきって、博多弁で名セリフを言うが、最後には名セリフから脱線することとなる・・・・。

 次に大吉がプレゼンの、今までの作品とは視点を変えた企画。題して・・・・。

 「とんでもなく高いフルーツを食べてみた・・・・。」

 普段、なかなか口にする機会がない「高級フルーツ」を彼らが食べて、「本音」で感想をいう企画だ。
今回は彼らの本音での感想が聞けるので、テレビの「食リポ」での彼らとは違った「感想」が聞いたり、
「表情」を見たりすることができる。
と同時に、今回の高級フルーツの商品や「ビックリする値段の高さ」も注目ポイントである。

第八章の見どころ

 華丸のプレゼンの企画では、「スターウォーズ」の名セリフも華丸が「博多弁」で言い換えることにより、華丸のキャラクターと華丸しにか出せない「ボケ」による
「華丸特有の面白さ」が表現されており、「スターウォーズ」とは全く別の作品として成り立っている。

  大吉プレゼンの企画では、彼らの普段の生活感や性格を垣間見ることができる。
それは決してテレビでは見ることが出来ない「普段の彼らの姿」であり、貴重な部分である。
二人の会話の中にも、自然な彼らの「表情」や「仕草」、普段の会話の中から聞こえてきそうな「博多弁」があり、
まるで近くで彼らを見ているかの様に感じることが出来る。

 今回は二つの企画で構成された動画作品である。
それぞれの企画を見比べて、彼らそれぞれのキャラクターや魅力を感じてほしい。

 第八回目の動画作品です。
華丸と大吉がそれぞれプレゼンした企画を楽しみながら
彼らのキャラクターと魅力が感じられる作品です。