スパイダーマン2(Spider-Man 2)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン2』とはサム・ライミが監督した2004年のアメリカ映画。2002年公開の『スパイダーマン』の続編で、3部作の2作目である。スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作。大学生になったピーター・パーカーはスパイダーマンとして日々街の人を助けていたが、スパイダーマンの生活が忙しくなり過ぎて、次第にピーター・パーカーの生活に支障をきたすようになってしまう。そしてピーターは突然スパイダーマンの力を失い、思い悩んだ末に「スパイダーマンを辞める」ことを決意する。

『スパイダーマン2』の概要

自分はどう生きるべきなのか思い悩むピーター。

『スパイダーマン2』とは、スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作で、サム・ライミが監督した2004年公開のアメリカ映画である。2002年公開『スパイダーマン』の続編。本作含めた3部作全てをサム・ライミが監督している。

遺伝子操作されたクモに咬まれ“大いなる力”を手に入れたピーター・パーカーは、大学生になってからも“親愛なる隣人”スパイダーマンとして街の人を助けていた。しかしスパイダーマンとしての生活を最優先にせざるを得ない日々が続いていた為、次第に大学・ピザ配達のアルバイト・カメラマンといった他の生活に支障をきたしてしまう。さらには、多忙のため最愛の女性メリー・ジェーン・ワトソン(MJ)にも愛想を尽かれてしまう。すべてがうまくいかない中、ピーターは突然スパイダーマンとしての力を失ってしまう。スパイダーマンとして生きるか、ピーター・パーカーとして生きるか、岐路に立たされたピーターは、強敵ドクター・オクトパスと戦いながら自分の道を模索していく。

当時最先端の技術を用いた視覚効果が評価され、第77回アカデミー賞において視覚効果賞を受賞した。日本では2004年日本興行収入ランキングで第6位にランクインし、興行収入67億円を記録した(一般社団法人日本映画製作者連盟集計)。また全世界では2004年全世界興行収入ランキングで第3位にランクインし、興行収入783,766,341ドル(約847億円)を記録した(Box Office Mojo集計)。

『スパイダーマン2』のあらすじ・ストーリー

うまくいかないことばかりで悩むピーター

ピーター・パーカーは高校生の時に遺伝子操作されたクモに偶然かまれて驚異的な力を手に入れ、スパイダーマンとなった。高校卒業後にコロンビア大学の学生(物理学専攻)となってからも、力を使いスパイダーマンとして街の人を助ける忙しい毎日を送っていた。また、スパイダーマンを撮るカメラマンの仕事を続けつつ、ピザ配達のアルバイトもしていたので、スパイダーマン・大学生・カメラマン・ピザ配達という4つの生活を掛け持ちしている日々だった。

ピザ屋の店主アジズ(画面左背中を向けている男性)と話すピーター(ヘルメットの男性)。

一人暮らしの大学生であるピーターは、バイトをして生計を立てていかねばならなかった。しかし困っている街の人を助けるため“スパイダーマンとしての生活”を最優先してしまうことが多かったので、授業に間に合わなかったり、バイトに遅刻したり、ピザの配達先に時間通りに届けられなかったりなど“ピーター・パーカーとしての生活”に支障をきたすことが多かった。また、少しおっとりしていてのろまなピーターの性格も災いしていた。
ピーター自身どうもうまくいかないことを痛感していたが「大いなる力には、大いなる責任が伴う」という亡きベンおじさんの言葉を胸にスパイダーマンとして生きていくことを決めていたので、どうすることも出来ない状態だった。

結局ピーターは遅刻が重なってピザ配達のバイトをクビにされてしまった。また大学では、カーティス(通称:カート)・コナーズ教授から「君は成績がどんどん下がっている。授業には遅れるしいつもとても疲れた顔をしている。まだ提出していない核融合のレポートについてオットー・オクタビアス博士の研究を書くなら、早くするんだ。でないと落第だぞ。オクタビアスは私の友人だ。しっかり調べるように」と釘をさされてしまった。

またカメラマンの仕事については、新聞社デイリー・ビューグル社長のJ・ジョナ・ジェイムソンがいつも悪口と共にスパイダーマンの写真を載せていたので、ピーターは「悪口を書かれるならスパイダーマンの写真は撮りたくない」と感じていた。そこでピーターは、あえて公園のハトや、街の人が犬とフリスビーしている場面などの当たり障りのない写真をデイリー・ビューグルに持っていったところ、J・ジョナ・ジェイムソンに「クビだ。お前を雇うのはスパイダーマンの写真を撮るからだぞ」と言われてしまった。お金が必要だったピーターは、念の為持ってきていたスパイダーマンの写真を渋々取り出した。それを受け取ったJ・ジョナ・ジェイムソンは「1面はこの写真だ。“街に恐怖のマスク男”という見出しだ」とすぐに編集長のジョセフ・"ロビー"・ロバートソンに指示を出し、ピーターには「報酬は150ドル(約16000円)だ」と告げた。ピーターは報酬をもらう手続きをしにJ・ジョナ・ジェイムソンの秘書ベティ・ブラントのところへ行ったが、ピーターがお金に困って2週間前に前借りしていた金額に足らなかったため、現金を受け取る事はできなかった。

コナーズ教授(左コート姿の男性)に諭されるピーター。

J・ジョナ・ジェイムソン(左)に当たり障りのない写真を酷評されるピーター。

うまくいかないことばかりで意気消沈したピーターは、ある日の夜ピーターの伯母であるメイおばさんの家を訪れた。するとそこにはメイおばさんだけでなくピーターの幼なじみのメリー・ジェーン・ワトソン(以下:MJ)や、ピーターの親友のハリー・オズボーンも一緒にいたのでピーターは驚いた。実はその日はピーターの誕生日で、メイおばさんの家にMJもハリーも集まってピーターの誕生日パーティを行おうとしてくれていたのだ。しかしピーターは毎日忙しかったため、自分の誕生日さえ全く忘れてしまっていた。
お祝いの食事を食べる前に、ピーター、MJ、ハリーは近況について一緒に話した。MJは舞台女優や広告のモデルとして活躍していて、MJの顔付きの大きな広告をピーターが何度か街中で見かけるほどだった。一方ハリーは、父のノーマン・オズボーンが亡くなった後会社を継いでオズコープ社の社長になっていた(ノーマンは自らすすんで人体パワー増強実験の実験台になり、その結果、副作用により別人格が表れ、凶暴なグリーン・ゴブリンとなった。そしてスパイダーマンとの決戦にて偶発的に死亡してしまう)。そして現在はオクタビアス博士が研究している核融合の特別プロジェクトに資金提供しているんだとピーターに話した。ピーターは驚いて「今オクタビアス博士の研究についてレポートを書くところなんだ」と言うと、ハリーは快く「オクタビアス博士に紹介しよう」と話した。

続けてハリーは、MJが今でもピーターのことが気になっているのに気づいていたので「何とかしないのか?MJはお前のこと見つめたり、見なかったりして…」とMJに気付かれないようにピーターに尋ねた。ピーターは、2年前ノーマンの葬儀に出席した後にMJに告白されていた。ピーターもMJのことを心から愛していたが、スパイダーマンとして生きていくことを決めていたので、MJに危害が及ばないようにと自分の本心は告げずに「友達でいよう」と返事していた。そして2年が経った現在でもピーターはスパイダーマンの生活を続けていたので、MJの気持ちに応えられる状態では無かった。
ピーターはハリーの質問に対し「忙しいから女の子と遊ぶ時間がないんだ」とやんわり否定して答えた。スパイダーマンの正体がピーターだということはまだ誰にも知られておらず、事情も説明出来ないので、ピーターはこう答えるしかなかった。しかし、ハリーはピーターの“忙しい”という言葉に反応し「あいつ(スパイダーマン)を撮るのに忙しいからか?」と今にも怒り出しそうな様子で話した(ピーターがスパイダーマンを撮るカメラマンだということはハリーは知っていた)。2年前、死んだノーマンを抱きかかえたスパイダーマンと自宅で偶然鉢合わせたハリーは、以来ずっと「父ノーマンが死んだのはスパイダーマンのせいだ」と思っていたため、スパイダーマンの正体について話さないピーターに苛立っていた。ピーターは「その話はやめよう。君とはずっと友達でいたい」と答えたが、ハリーとの不穏な空気は変わらなかった。

サプライズでピーターの誕生日を祝うMJ(画像左)とハリー(黒い服の男性)とメイおばさん(白髪の女性)。

せっかくの誕生日会だったが、スパイダーマンを巡ってピーターとハリーの間に不穏な空気が流れた。

パーティーが終わってMJもハリーも帰った後、ピーターがふと机の上を見ると、銀行からの“抵当権喪失通知書”が置いてあるのに気がついた。メイおばさんの生活が心配になったピーターは、机に顔を伏せて寝ていたメイおばさんを優しく起こしてから「おばさんが心配だよ。一人で住んでいるし。銀行からの通知も見たよ」と話しかけた。メイおばさんは「そうよ、返済が遅れているの。でもみんなよくあること。とにかくこの話はもう終わりよ。私は疲れたわ。あなたも早く帰りなさい」と言って話を切り上げ、20ドル紙幣を1枚(約2100円)を誕生日祝いとしてピーターに渡した。ピーターが断ろうとすると、メイおばさんは珍しく語気を強め「いいから受け取りなさい!大したお金じゃないけど、ちゃんと持っていくのよ。…ごめんなさい、ベンが居なくて寂しいのよ。来月であの人が亡くなって2年になる。時々思うの、もしあんなことをした相手(ベンおじさんを殺した犯人)に会ったら、私はどうするかなって…」と涙ぐみながら話した。

ピーターは、ベンおじさんが亡くなった経緯を誰にも話せないままずっと自責の念にかられていたので、悲しむメイおばさんに何も言葉をかけられずただ立ち尽くしていた(ピーターは、お金稼ぎで参加したアマレスのプロモーターが充分な賞金をくれなかった腹いせに、プロモーターのところを襲った強盗犯をわざと捕まえなかった。ピーターがわざと逃した結果、外に逃げ出したその強盗犯が逃走用の車を手に入れるためにベンおじさんを襲ったのだった)。

ベンおじさんの死について、メイおばさんに何も言えず立ち尽くすピーター。

ピーターは自宅に帰る前に裏庭に出てバケツにゴミ袋を入れていたところ、既に帰ったと思っていたMJが声をかけてきて驚いた。少し話した後MJが「今夜会えてよかったわ」とまっすぐピーターを見つめながら言ったので、MJに見とれたピーターは思わず「ああ、なんてこった…(MJを守るために距離をおいていないといけないのに惹かれてしまうという意味)」と言った。それを聞いたMJはピーターが本心を言ってくれるのではないかと思い、どういう意味か聞こうとしたが、結局ピーターにうまくはぐらかされてしまった。
自分がモデルを務めた広告を見て褒めてくれたりいつも励ましてくれたりするのに、告白にはOKを出してくれないピーターは、MJにとって謎のままだった。そこでMJは去り際に「…私、カレが出来たの」と言ってピーターの様子を見た。ピーターが動揺した様子で「それってボーイフレンドってこと?」と言ったので、MJは「そうね、気が合ってるわ」と答えた。ピーターはショックを受けているようだったが取り繕って「…それは良かった。友達が増えるしね」と何とか答えた。しかしMJに「それ以上の関係かも」と付け加えられると、ピーターは一瞬固まってしまった。すぐに気を取り直したピーターは「明日、君の舞台を見に行くよ」と咄嗟に言った。MJはとても喜び「がっかりさせないでね」と言ったので、ピーターは「させないよ」と答えた。MJは笑顔で帰っていった。

自分のアパートに戻ったピーターが誰にも気づかれないよう静かに歩き自室のドアを開けようとすると、向かいの部屋に住んでいる大家のディコヴィッチが玄関を開けて「家賃は?」と訪ねてきた。実はピーターはお金が足らず家賃がひと月遅れになっていて、しかも今回が初めてではなかったので、帰ってきたことがディコヴィッチにばれないよう忍び足で入ってきたのだ。ピーターは「週末には給料が入る予定なんです。約束します」と言ったが、ディコヴィッチは「“約束”が食えれば娘は太る」と言って、細身な体の自分の娘アースラを指した。そこでピーターが「今はこれしか無いんです」と答えて、先程メイおばさんからもらったばかりの20ドル紙幣1枚をポケットから取り出すと、ディコヴィッチはすぐにそれを取り上げ「もうコソコソ家に帰ってくるなよ」と言って扉を閉めた。

やっと自分の家に入ってベッドに座ったピーターは、自分の現状を振り返り考え込むように床を見つめた。

オクタビアス博士との出会い~MJとの約束

ハリーの紹介でオクタビアス博士(画像右赤い服の男性)に会えたピーター。

翌日、ピーターはハリーのはからいでオクタビアス博士の研究室を訪れることが出来た。当初オクタビアス博士は「学生と話しているヒマはないんだ」と言ってピーターの訪問にあまりいい印象ではない様子だったが、ハリーは自分の研究の大事なスポンサーであったため、ハリーの親友ピーターを受け入れようとした。その後オクタビアス博士は、ピーターが自分の友人コナーズ教授のもとで勉強している学生だと徐々に思い出し「(コナーズ教授から)君は優秀だと聞いている。だが、なまけ者だと。優秀なだけではだめだ。努力しなければならない。知性は特権ではなく授かり物だ。世のために使うんだ」とピーターに忠告した。
ハリーが役員会出席のため会社に帰っていった後、ピーターはオクタビアス博士が作った核融合装置を見学した。オクタビアス博士が装置について説明するよりも前に、ピーターが的確に装置の分析をしたので、オクタビアス博士はピーターのことを気に入り始めていた。

その後もオクタビアス博士の妻ロージー・オクタビアスが淹れてくれたお茶を飲みながら、核融合装置についての話は続いた。
原子周波数を調波し、波長を増強してからエネルギー出力を急激に増大させるという核融合装置の原理について、オクタビアス博士は「太陽が永遠にエネルギーを与えるようなものだ」と説明していた。しかし核という非常に大きなパワーを持つものの研究なので、ピーターは「本当に核融合の安定化が出来るのか」とオクタビアス博士に質問した。しかしオクタビアス博士は自分の研究に絶対の自信を持っており「ピーター、1時間半も説明しただろう?わずかな計算ミスもありえない」と真剣な表情で答えた。「すみません疑うつもりでは…」とピーターは申し訳なさそうに答えた。そこへお茶を注ぎにきたロージーが「彼の研究は完璧よ。ぜひ明日のデモンストレーションに来てその目で確かめて」と優しくピーターに話した。

そしてロージーは「あなたのことを聞かせて。彼女はいるの?」とピーターに尋ね、話題を変えた。ピーターは少し考えた後「よく分かりません」と答えた。オクタビアス博士は「君が分からなくて誰が分かる?」と言ったが、ロージーは「きっと秘密の恋なのよ」とフォローした。そしてオクタビアス博士は「恋のような面倒なものを内に秘めていると、病気になるぞ」と忠告した。夫妻が大学で出会った時は、オクタビアス博士が科学専攻でロージーが英文学専攻だったので、一方はアインシュタインの相対性理論について話し、もう一方はイギリスの詩人T.S.エリオットについて話すという、非常に努力が必要な恋愛だった。ロージーとの思い出話をしたオクタビアス博士は「私は幸運にもロージーと出会えた。努力もした。T.S.エリオットは科学より難しいが、女性に愛されたいと思ったら詩を語るんだぞ」とピーターにアドバイスした。

オクタビアス博士は研究について時には厳しい言い方をしたが、ロージーと話す時は途端に柔和な表情になる優しい夫だった。

実験について話すオクタビアス博士とロージー(画像中央女性)とピーター。

夜になり、ピーターはMJの舞台を見に行く準備を始めた。オクタビアス博士のアドバイス通り、詩の本を読んでから(アメリカの詩人ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローの『ハイアワサの歌』という詩を音読した)身だしなみを整え、お金がなかったのでわずかだったがMJにあげる花を道中で購入し、20時から始まるMJの公演へと順調にバイクで走っていた。
すると途中で悪党と警察がカーチェイスしているのに遭遇し、ピーターはスパイダーマンに変身し悪党を捕えなくてはならなくなった。乗っていたバイクはカーチェイスに巻き込まれ壊れてしまったが、無事街の人を守って悪党も捕まえることが出来た。しかしそのために20時からのMJの公演開始時間を過ぎてしまった。それでもなんとか劇場に到着したピーターは「ミス・ワトソンの友人で、誘われたんです」と言って、劇場入り口の案内係に入らせてくれるよう掛け合ったが「舞台の雰囲気を損なわないよう、開演後の入場は出来ません」と言われ断られてしまった。

ピーターは劇場の中に入れず意気消沈しながら、劇場前の道路の反対側で公演を終えたMJが出てくるのを待っていた。
少しして私服に着替えたMJが出てきて誰かを探しているようにキョロキョロしているのが見えたので、ピーターはMJの元へ行こうと道路を渡ろうとした。するとMJに「サインを頂ける?」と声を掛ける男性が現れた。振り返ったMJは笑顔で「どうしたの?」と突然男性が来たことに驚いている様子だったが、すぐに近寄って男性とキスをしていた。この様子を見ていたピーターは、この男性こそがMJが言っていた“ボーイフレンド以上の関係になるかもしれない彼”なんだと察して「MJが待っていたのは自分ではなく彼なのではないか」と思いショックを受けた。その間にもサイレンを鳴らして走るパトカーが目の前を通っていき、ピーターは悪党退治に行かなければならなくなった。ピーターはMJの元に行けない悔しさを滲ませながら、パトカーが向かった方へ歩いていった。
一方MJは、男性と一緒にごはんを食べるため寄り添って歩いている途中、後ろを振り返ってピーターが来ていないかと気にしていた。

自分から公演を見に行くと約束したピーターだったが、結局“ピーター・パーカーとしての生活”よりも“スパイダーマンとしての生活”を優先しなければならず、MJとすれ違いになってしまった。

MJに渡すため花を買うピーター。

銃を持った悪党と戦うスパイダーマン。

“彼”と歩きながらも、ピーターが本当に来なかったのか気になって後ろを振り返るMJ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパイダーマン3(Spider-Man 3)のネタバレ解説まとめ

「スパイダーマン3」は2007年のアメリカ映画で、全3部作の3作目となる。原作:スタン・リー、監督:サム・ライミ、出演者:トビー・マグワイア、ジェームズ・フランコ、キルスティン・ダンスト。 幸せな生活を送っていたスパイダーマンこと「ピーター」は、ある日伯父を殺した真犯人が別にいる事実を知らされる。砂の怪物「サンドマン」となったその男に報いを受けさせるため、スパイダーマンは全身を黒く染めていった。

Read Article

スパイダーマン(Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン』とは、スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作、サム・ライミ監督の2002年公開のアメリカ映画。全3部作の1作目である。高校生のピーター・パーカーは校外学習先で遺伝子操作された“スーパースパイダー”に偶然かまれ驚異的な力を手に入れた。幼なじみのメアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)や友人のハリー・オズボーンとともに過ごしながら、ピーターが正義のために悪と戦うスパイダーマンになるまでが描かれている。

Read Article

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

『スパイダーマン』とは、MARVEL COMICS発祥のアメコミヒーローである。 スパイダーマンは、スパイダースーツを着用してヴィランたちと戦いを繰り広げる。これまでスパイダーマンは『サム・ライミ版スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』『MCUスパイダーマン』の3つのシリーズで映画化されてきた。シリーズによってスパイダースーツの形状や能力が異なっている。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが勤めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(Spider-Man: Far From Home)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

マイティ・ソー(Thor)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

アントマン&ワスプ(Ant-Man and the Wasp)のネタバレ解説まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

キャプテン・マーベル(Captain Marvel)のネタバレ解説まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

Read Article

アイアンマン(Iron Man)のネタバレ解説まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

ヴェノム(Venom)のネタバレ解説まとめ

『ヴェノム(Venom)』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。日本での公開は2018年11月2日。ソニー・ピクチャーズの保有するマーベル・コミックのキャラクターを実写映画化した『ソニー・ユニバース』シリーズの第1作品目。 地球外生命体シンビオートに寄生され、ヴェノムに変身する特殊能力を手に入れたジャーナリストエディ・ブロックの闘いを描く。

Read Article

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)のネタバレ解説まとめ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)」は2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第19作目にして集大成となる「アベンジャーズ」シリーズの第3作。 シリーズ最大のスーパーヴィランのサノスとの闘いが描かれる。舞台は全宇宙のあらゆる場所で、シリーズで最もスケールの大きい闘いが展開。 現在、世界で史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

アイアンマン2(Iron Man 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に遭ってしまう。

Read Article

デッドプール(Deadpool)のネタバレ解説まとめ

デッドプール(Deadpool)とは、2016年2月にアメリカ合衆国で公開された映画。監督はティム・ミラー。日本では、2016年6月に公開。 X-MENシリーズの映画で8作目にあたり、初めてR指定され、日本では15歳以上対象の映画になった。 主役のウェイドはヒーローとは呼べない男。そんなウェイドはフランシスに騙されて、恋人も誘拐される。ウェイドはデットプールを名乗ってフランシスを追う。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(GotG2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックスのヒーローチーム・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが主役の映画の第2弾。 前作で瀕死の重傷を負ったグルートがベビー・グルートとして復活し、ほのめかされていた主人公ピーターの出生の秘密が明らかになる。相変わらずヒーローとはかけ離れた言動のメンバーたちが大暴れする、コメディ色の強いシリーズである。 MCUシリーズとしては第15作目で、2017年に公開された。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(GotG)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックの中でもマイナーながらもカルトな人気を誇るコミックの実写映画化作品。トレジャー・ハンターのピーターが、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラ、遺伝子操作で生まれたアライグマに似たロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、それに全身イレズミ・マッチョのドラックス等と共に、銀河を舞台に凶悪な敵に立ち向かう痛快スペース・アクション。14年に公開され、全世界で7億ドルを超える大ヒットとなった。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier)のネタバレ解説まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)のネタバレ解説まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

マイティ・ソー バトルロイヤル(Thor: Ragnarok)のネタバレ解説まとめ

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

Read Article

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(Avengers: Age of Ultron)のネタバレ解説まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

インクレディブル・ハルク(The Incredible Hulk)のネタバレ解説まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(Captain America: The First Avenger)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

ハルク(Hulk)のネタバレ解説まとめ

『ハルク』とは、2003年のアメリカ映画。アメコミ『超人ハルク』を原作とした実写映画化作品。監督はアン・リー、出演はエリック・バナ、ジェニファー・コネリーら。 若き科学者ブルース・バナーは偶然の事故により大量のガンマ線を体に浴びてしまう。その事故をきっかけにブルースは怒りを抱くと緑色の怪力・ハルクに変身してしまう体となってしまった。理性が働かず、本能のままに暴れて街を破壊するハルクに政府は兵器を投入して捕獲しようとする。しかしブルースの同僚であるベティーだけは彼を救おうとしていた。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(Thor: The Dark World)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

アベンジャーズ(Marvel's The Avengers)のネタバレ解説まとめ

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

ブラックパンサー(Black Panther)のネタバレ解説まとめ

『ブラックパンサー』とは、2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第18作目。 アフリカの小国ワカンダを舞台に、ヒーローにして国王のブラックパンサーとワカンダの支配を目論むヴィラン・キルモンガーとの闘いを描く。 現在、アメリカで史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

アイアンマン3(Iron Man 3)のネタバレ解説まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ3のネタバレ解説まとめ

MCUのフェイズ3では今までの10年間を一区切りさせるということで、大人気の原作を元にしたシビル・ウォーを皮切りにインフィニティ・ウォー以外でもヒーローの大規模なクロスオーバーが描かれている。また、インフィニティ・ストーンの謎が次々に明かされるフェイズでもある。スパイダーマンやドクター・ストレンジなどの新たなヒーローも参入し、フェイズ4に向けた伏線も張られ始める。 MCUフェイズ3の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ2のネタバレ解説まとめ

マーベル作品の個々のヒーロー映画をひとつながりの物語にするMCUシリーズ。フェイズ2ではアントマンやスター・ロードなど新たなヒーローの登場もあるが、既出のヒーローの内面の掘り下げも多く行われている。特にチームの中心となっているアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーの3人についてはアベンジャーズとしてではなく関わった事件について描かれた。 MCUフェイズ2の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

MCUシリーズにおけるインフィニティ・ストーンのネタバレ解説まとめ

マーベルスタジオが制作するスーパーヒーロー映画作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース」。多数の作品が作られているMCUシリーズにおいて、物語の重要なカギとなる存在が、インフィニティ・ストーンである。6つ存在するこの石はすべてを集めたものに絶大な力をもたらすという。それぞれの持つ力と、その6つの力が集まる映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にて、どのような力を発揮したのかについてをまとめる。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ1のネタバレ解説まとめ

マーベルは2008年公開のアイアンマンを皮切りに、個々のヒーロー映画の世界を全てつなげてひとつの物語にするという試みを開始した。フェイズ1では中心となるヒーローたちのオリジンを中心に構成されていて、長い歴史のあるアメコミを初めて見る人にもわかりやすくヒーローが紹介されている。 MCUフェイズ1の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents