スパイダーマン2(Spider-Man 2)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン2』とはサム・ライミが監督した2004年のアメリカ映画。2002年公開の『スパイダーマン』の続編で、3部作の2作目である。スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作。大学生になったピーター・パーカーはスパイダーマンとして日々街の人を助けていたが、スパイダーマンの生活が忙しくなり過ぎて、次第にピーター・パーカーの生活に支障をきたすようになってしまう。そしてピーターは突然スパイダーマンの力を失い、思い悩んだ末に「スパイダーマンを辞める」ことを決意する。

メイ・パーカー(演:ローズマリー・ハリス、日本語吹替:谷育子)

ピーターの伯母。夫であるベンおじさんの死後、家計が厳しくなるも、ピーターに対しては懸命に明るく接しようとしていた。お金を借りにピーターと一緒に銀行へ行った際、強盗に来たドクター・オクトパスの人質になってしまったが、スパイダーマンに助けられた。メイおばさんの「ヒーローとは勇敢で自分を犠牲にしてまでみんなの手本になる人なのよ」という言葉によって、ピーターはスパイダーマンの力をもう一度取り戻そうと自分を奮い立たせることが出来た。

ロージー・オクタビアス(演:ドナ・マーフィー、日本語吹替:高島雅羅)

オットー・オクタビアス博士の妻。大学生の時に、同じく大学生だったオクタビアス博士と出会った。ロージーは英文学専攻・オクタビアス博士は科学を専攻していたため理解し合うのに困難が生じたりもしたが、その後無事結婚した。夫を心から愛している。

J・ジョナ・ジェイムソン(演:J・K・シモンズ、日本語吹替:立川三貴)

新聞社デイリー・ビューグルの社長。スパイダーマンのことを嫌っており、批判的な新聞記事を載せたがる。しかし息子ジョン・ジェイムソンのフィアンセであるMJがドクター・オクトパスに連れ去られた時には「ドクター・オクトパスを倒せるのはスパイダーマンだけなのに、私が追いやってしまった」と、自分の行いを一瞬反省する一面もあった。

ジョン・ジェイムソン(演:ダニエル・ギリーズ、日本語吹替:石川禅)

画面中央の男性

J・ジョナ・ジェイムソンの息子で宇宙飛行士。父であるJ・ジョナ・ジェイムソンとは対象的に落ち着いた話し方である。ニューヨーク科学図書館設立委員会主催の慈善パーティにて、MJに結婚を申し込みOKをもらったものの、結婚式当日にMJにすっぽかされてしまった。

カーティス(通称:カート)・コナーズ教授(演:ディラン・ベイカー、日本語吹替:原康義)

ピーターが通っているコロンビア大学の教授。オクタビアス博士の友人。スパイダーマンの生活が忙しくて大学の授業に遅れがちになったり成績が下がる一方だったピーターを心配していた(コナーズ教授は、ピーターがスパイダーマンだとは知らない)。

ジョセフ・"ロビー"・ロバートソン(演:ビル・ナン、日本語吹替:石住昭彦)

新聞社デイリー・ビューグルの編集長。彼自身はスパイダーマンは街の人を悪党から守ってくれるヒーローだと思っているため、スパイダーマンのことを悪く言いがちなJ・ジョナ・ジェイムソンを説得したりなだめたりすることが多い。いつも的確な位置からスパイダーマンの写真を撮ってくるピーターこそが、スパイダーマンなのではないかと思っている。

ベティ・ブラント(演:エリザベス・バンクス、日本語吹替:本田貴子)

J・ジョナ・ジェイムソンの秘書。早口でまくしたてるJ・ジョナ・ジェイムソンにハッキリものを言ったり、J・ジョナ・ジェイムソンが忘れそうになっていた仕事を思い出させてフォローしたりするなど有能な秘書である。
スパイダーマンの写真の報酬を受け取れなかった(前借り分に足りなかった)ピーターを優しく励ました。

ホフマン(演:テッド・ライミ、日本語吹替:飛田展男)

J・ジョナ・ジェイムソンの部下。4本のアームに操られ“凶暴な科学者”になってしまったオクタビアス博士の呼び方を「ドクター・オクトパスはどうか」と最初に提案したのはホフマンだった。しかしJ・ジョナ・ジェイムソンがその呼び方を自分が考案したかのように突然言い出して、そのまま横取りされてしまった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパイダーマン3(Spider-Man 3)のネタバレ解説まとめ

「スパイダーマン3」は2007年のアメリカ映画で、全3部作の3作目となる。原作:スタン・リー、監督:サム・ライミ、出演者:トビー・マグワイア、ジェームズ・フランコ、キルスティン・ダンスト。 幸せな生活を送っていたスパイダーマンこと「ピーター」は、ある日伯父を殺した真犯人が別にいる事実を知らされる。砂の怪物「サンドマン」となったその男に報いを受けさせるため、スパイダーマンは全身を黒く染めていった。

Read Article

スパイダーマン(Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン』とは、スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作、サム・ライミ監督の2002年公開のアメリカ映画。全3部作の1作目である。高校生のピーター・パーカーは校外学習先で遺伝子操作された“スーパースパイダー”に偶然かまれ驚異的な力を手に入れた。幼なじみのメアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)や友人のハリー・オズボーンとともに過ごしながら、ピーターが正義のために悪と戦うスパイダーマンになるまでが描かれている。

Read Article

NEW

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

『スパイダーマン』とは、MARVEL COMICS発祥のアメコミヒーローである。 スパイダーマンは、スパイダースーツを着用してヴィランたちと戦いを繰り広げる。これまでスパイダーマンは『サム・ライミ版スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』『MCUスパイダーマン』の3つのシリーズで映画化されてきた。シリーズによってスパイダースーツの形状や能力が異なっている。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが勤めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

アントマン&ワスプ(Ant-Man and the Wasp)のネタバレ解説まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

マイティ・ソー(Thor)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

目次 - Contents