アイアンマン3(Iron Man 3)のネタバレ解説まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

『アイアンマン3』概要

マーベルコミックスにて連載されているヒーローコミックの実写化作品。アイアンマンシリーズとしては第3作品目、MCU(マーベルシネマティックユニバース)としては第7作品目にあたり、フェーズ2としては記念すべき第1作品目。2013年に公開され、興行収入は25.7億円にのぼった。監督はシェーン・ブラックが務め、前作までの監督であるジョン・ファヴローは役者として続投している。アイアンマンシリーズは3部作の構成となっているため彼が主役の物語としては最終話となるが、エンドクレジット後には”Tony Stark will return.”の一文が表れるため”Marvel’s the Avengers”の続編には出てくることを示唆している。映画の宣伝文句にも「さらばアイアンマン」とアイアンマンがMCUからいなくなるのかと心配になるような一文が書かれていたが、ファンの心配は取り越し苦労であった。予告編もシリアスな雰囲気で構成されていたが、アイアンマンらしいコメディが所々に盛り込まれているため重くなりすぎずに映画を鑑賞できるストーリーになっている。今作のストーリーは原作コミックのうち、ウォーレン・エリスにより描かれた”エクストリミス”を元に構成されている。

『アイアンマン3』あらすじ・ストーリー

1999年大晦日、トニーはスイスで学術会議後のパーティに参加していた。そこでマヤ・ハンセンの行っている研究に興味を持ったトニーは詳しく話を聞こうとするが、同じく研究者のアルドリッチ・キリアンにも呼び止められてしまう。キリアンに屋上で話を聞くと言ったにも関わらずトニーはハンセンを優先し、キリアンとの待ち合わせをすっぽかすという心無い行動をとってしまった。キリアンは有名な天才科学者であるトニーに自分の研究を紹介できると意気込んでいたため激しい屈辱を感じ、自分の会社であるA.I.M.をトニーの会社よりも強大にするために手段を選ばず動くようになったのだった。

13年後、トニーはアイアンマンとして世界平和維持に一役買う存在となっていた。以前にも増してスーツの改良に没頭しているトニーのもとに、前から危険視されていたテン・リングスという武装組織のテロが最近頻繁に起きているというニュースが入ってきた。テン・リングスはトニーがアイアンマンになるきっかけの誘拐事件の実行犯であり、アイアンマンに匹敵するアーマーを作ることができるヴァンコという男への資金提供をも行っていた、トニー個人にとっても、アメリカにとっても極めて危険な組織である。この事件の影響で、トニーが軍に寄贈したウォーマシンマーク2は塗装を塗り替え、国の平和を守る公式のヒーロー、アイアン・パトリオットとして世間に発表されることになる。アイアン・パトリオットの話も兼ねてパイロットのローズ大佐とトニーがダイナーで会っていると、2人の子供がトニーにサインをねだってきた。アベンジャーズとしてNYを守ったトニーは、市民の憧れの的なのだ。自分のイラストにサインをしようとしたトニーだが、地球の科学を超越した異星人の巨大な戦艦を目撃してしまったNY決戦の記憶が急にフラッシュバックし、パニックになってしまった。AIのJ.A.R.V.I.S.にバイタルチェックをさせるが異常はなく、彼の診断は重度のパニック発作とのことだった。実はトニーは自分がどれだけ頑張ってアイアンマンスーツを改良しても、魔法や異星のオーバーテクノロジーの前では無力だとずっと悩んでいたのだ。

ある日、会社で社長業をこなしていたペッパーの元にバイオテクノロジー研究所A.I.M.の所長のキリアンが営業に現れた。エクストリミスという薬による身体強化の研究を共同で進めないかという話だったが、ペッパーは軍事利用を恐れ拒否し、キリアンを追い返したのだった。
その後ペッパーがトニーの自宅に行くと、何故かトニーはアイアンマンスーツに自分の相手をさせて自分は研究室でトレーニングに励んでいた。キリアンとペッパーが親しげだったということに対してのやきもちもあるが、NY決戦のトラウマのせいで情緒不安定になっていたのだ。その夜ペッパーと一緒に寝ていると、トニーは悪夢にうなされた拍子にスーツに自分以外の者の排除を指示してしまう。夜中にいきなりスーツに攻撃されそうになったペッパーはショックを受け、寝室から出ていってしまった。
同じ夜、スターク社の警備部長であるハッピーはチャイニーズシアターでキリアンの側近のサヴィンを発見した。男と何かの取引をしていたサヴィンを怪しく感じたハッピーが様子をうかがっていると、取引相手の男が爆発し、周囲は壊滅状態、ハッピーは意識不明の重体となってしまった。そして、この爆発もテン・リングスのテロだという声明が電波ジャックによりアメリカ全土に放送された。
テロと戦うことも活動の一貫としているアイアンマンであるトニーにマスコミがコメントを求めたところ、親友のハッピーが負傷したトニーは怒り心頭で自分を狙えばよいとばかりにテン・リングスのリーダー、マンダリンへの挑発的なコメントと共に自宅の住所を公開してしまった。

自宅でテロの現場検証を行っていたトニーは、マンダリンが実験的なテロを起こしていた地域にアジトがあると考えてテネシー州ローズヒルにアタリをつけていた。そのとき、自宅に13年前に会ったエクストリミスの発明者であるハンセンが訪ねてきた。直後、トニーの自宅にテン・リングスのミサイルが直撃。なんとかペッパーとハンセンを守り応戦していたトニーだったが海に落ちて気絶してしまい、気づいたときにはJ.A.R.V.I.S.によりテネシー州にまで移動させられていた。これはトニーがマンダリンのアジトがある可能性があるローズヒルへの飛行計画を立てていたからだが、このためにスーツの充電が切れてしまいトニーはしばらくスーツなしでの活動を余儀なくされてしまう。
一方ペッパーはハンセンと共に彼女が泊まっているホテルに向かっていた。ハンセンはキリアンがトニー抹殺を目論んでいること、自分の組織でテロを起こして武器やエクストリミスを売ることで大企業にのし上がったことを明かす。そこにキリアンが現れた。実はハンセンもA.I.M.の一員であり、彼女こそがエクストリミスの開発者なのだ。元々は再生医療に使うためにエクストリミスを改良していたハンセンであったが、研究に没頭していくうちに人間兵器開発を推し進める結果になってしまったのだった。

民家の倉庫に隠れたトニーだが持ち主の少年・ハーレーに見つかり、彼に協力を要請することになった。ハーレー少年に情報をもらいマンダリンについて調査していたところ、エクストリミスにより超人兵士となった女に襲撃され、科学知識を総動員して立ち向かうトニー。ハーレーの協力もありなんとか撃退できたが、急いでマンダリンを倒さなければと考えたトニーはアイアンマンスーツの充電をハーレーに頼んでその場をを後にした。その道中、軍の機密情報に侵入したトニーはエクストリミスの実験は軍の最深部が関わっていることを知りさらに急ぐが、スーツの充電がうまくいかずに生身でアジトへ潜入することとなった。

テン・リングスのアジトに侵入したトニーは順調に攻略していたが、やっとたどり着いたマンダリンの私室にはボスを演じているスラッテリーという男がいるだけであった。スラッテリーによれば、マンダリンとはテン・リングスを印象付けるための虚像であり、組織の黒幕はキリアンだという。その後サヴィンにとらえられてしまったトニーはキリアンにより殺されかけるが、ハンセンが命を呈して助けてくれた。ハンセンはエクストリミスを改良していった結果テロに協力することになってしまったことに対し、ずっと良心の呵責を感じていたのだ。同時に、トニーはキリアンからペッパーがエクストリミスを投与されたことをも知らされてしまう。同じく捕らえられていたローズと協力して脱出を図る。その際に二人はスラッテリーからアメリカ合衆国大統領の処刑計画を聞きだした。そのため、ペッパーの救出と大統領の保護を同時にやり遂げなければならなくなってしまった。

キリアンはローズから奪ったアイアン・パトリオットでローズになりすまし、大統領暗殺を狙っていた。ペッパー捜索も一刻の猶予もない状態であるため、大統領のほうにはトニーが遠隔操作でスーツを急行させるが大統領機は大破、大統領本人は誘拐されてしまった。
トニーたちはスラッテリーからの情報をもとにキリアンが大統領を連れていった場所を特定したが、そこにはエクストリミスで身体強化した元軍人がうろうろしていた。ローズが困っていると、トニーは援軍を呼び寄せたと自信ありげに言う。そして、飛来してきたのは何体ものアイアンマンスーツで構成されたアイアン・レギオン(アイアン軍団)だったのだ。J.A.R.V.I.S.によりコントロールされているスーツたちは次々に軍人たちを撃破しその隙にトニーはペッパーの救出に、ローズは大統領の救出を行っていく。ペッパーを見つけたトニーだったがそこにキリアンが来襲し部屋が破壊され、トニーの伸ばした手をかすめてペッパーは炎の中に落下してしまった。絶望しながらもトニーはキリアンと戦うが、徐々に劣勢になってしまう。そして、どんどん追い詰められていくトニーはアイアンマンスーツをキリアンに着せて自爆させることで辛くも勝利することができたのだ。

だが、キリアンは死んでおらず黒焦げになりながらもトニーを殺そうと迫っていた。そのとき、エクストリミスのおかげで炎に焼かれても平気だったペッパーが現れてキリアンを鉄パイプで殴り飛ばし、アイアンマンスーツから引きちぎった腕のリパルサー光線でキリアンを焼却した。アイアンマンスーツはペッパーの高体温から敵(エクストリミス)と判断し攻撃を加えのだが、ペッパーはそれすら撃破したのだった。

キリアンが死んだことでエクストリミスに関連する研究を支援していた軍関係者も逮捕され、事件は徐々に収束を迎えていた。トニーはペッパーに投与されたエクストリミスの治療法を見つけ、恋人を常人に戻した。さらに、トニーは胸のリアクターでとどめていた爆弾の破片を取り除く手術を受ける決意をした。被爆直後、十分な医療技術がなかったことと近くに信頼できる医師がいなかったことでずっと手術を先延ばしにしていたのだ。手術後トニーは破壊された元自宅に訪れて、海中に沈んでしまったロボットアームのDUMMYとYOUを回収し、胸のリアクターを海に捨てて今までの自分に決別した。スーツが無くても、胸にアークリアクターが無くてもアイアンマンスーツを着ている自分こそが”アイアンマン”であると決意するために。こうして、トニーはスーツ依存症とも言える状態を脱却したのだ。

自分の苦労した話を誰かに言いたいトニーはアベンジャーズのメンバーであるバナー博士にスイスから今までの経緯を話していたのだが、聞き上手だとほめられたバナー博士は居眠りしていた。そこで、今度は自分が中学生のときの話から話し始めるトニーだった。

アイアンマン3の登場人物・キャラクター

Anthony Edward Stark(アンソニー・エドワード・スターク)(演:ロバート・ダウニー・Jr)

大企業スタークインダストリーズの元社長兼天才エンジニア。テロ組織に誘拐され自社の兵器がテロに使用されていることを知り、平和を守るためにアイアンマンとなった。周りからはアンソニーの愛称のトニーと呼ばれることが多い。アベンジャーズの相談役(ヘリキャリアや武器を開発したりする)として加入しているが、戦闘の際には先陣を切って戦っている。性格はわがままで極度の心配性。開発しているアイアンマンスーツにも、備えあれば憂いなしという言葉がしっくりくるスペックを備えている。今作において”Marvel's the Avengers”でのNY決戦からトニーは不眠症とPTSDに悩まされており、その不安を払拭するためにスーツ開発にのめりこんでいて、スーツ依存症といっても良いレベルである。NY決戦に関連する言葉を聞くとパニック発作を発症してしまうなど、症状はかなり深刻である。

Virginia Potts(ヴァージニア・ポッツ)(演:グウィネス・パルトロゥ)

現スタークインダストリーズ社長であり、元々はトニー専属の秘書兼恋人。赤い髪とそばかすが胡椒瓶を連想させるということで、トニーによりペッパーという愛称で呼ばれている。わがままなトニーに呆れながらもついていっている彼女だが、今回トニーがあまりにもスーツ作りに没頭しているために関係が破綻しそうになっていた。今作で様々な事件に巻き込まれたからか、続く”Avengers: Age of Ultron”や”Captain America: Civil War”ではトニーと距離を置いていた。

James Rhodes(ジェームズ・ローズ)(演:ドン・チードル)

トニーの親友のアメリカ空軍大佐で、ウォーマシン(アイアン・パトリオット)のパイロット。前作では中佐だったが、昇進して大佐になった。トニーの破天荒さに振り回されてはいるが、基本的には信頼している。よくアメリカ軍にたてつくことの多いトニーと軍の間で板挟みになっている苦労人である。ウォーマシンのパイロットとなってから軍の指令により紛争地域の鎮圧に行く任務を任されており、”Marvel's the Avengers”の時にも彼はアジアでテロリストたちと戦っていたという公式設定がある。

Harold Hogan(ハロルド・ホーガン)(演:ジョン・ファヴロー)

トニーの親友でスターク社の警備部長。根が真面目なので仕事を全うしようと頑張りすぎて、今作では警備が厳しすぎるとの苦情をペッパーから言われていた。周りからはハッピーという愛称で呼ばれている。原作ではペッパーと結婚したりしていたが、映画版ではペッパーとはただの友達である。

Aldrich Killian(アルドリッチ・キリアン)(演:ガイ・ピアース)

研究所A.I.M.(Advanced Idea Mechanics)の創設者にして社長。1999年のパーティで、トニーに自分の研究を紹介しようと粘っていたのがトニーとの出会い。元々は脚が悪かったがエクストリミスの効果で障害を克服し、テン・リングスの敵となり得るトニーを抹殺しようと画策する。自身にもエクストリミスを投与しており、劇中では高温で耐熱機能も備えているはずのアイアンマンスーツを溶かすという技も見せた。テン・リングスのボスであるマンダリンはキリアンが作り上げた架空の人物であり、あえて言うならば彼自身がマンダリンと言える。

Maya Hansen(マヤ・ハンセン)(演:レベッカ・ホール)

13年前のパーティでトニーにエクストリミスの初期研究を紹介した植物学者。再生医療の研究のため仕事に没頭していたら、いつのまにかテロの片棒を担がされていた。マンダリンに従ってはいたが、作中でトニーがテン・リングスの基地にとらえられたときには良心の呵責を感じトニーを助けようとした。

Trevor Slattery(トレヴァー・スラッテリー)(演:ベン・キングズレー)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アイアンマン2(Iron Man 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に逢ってしまう。

Read Article

アイアンマン(Iron Man)のネタバレ解説まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが勤めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ2のネタバレ解説まとめ

マーベル作品の個々のヒーロー映画をひとつながりの物語にするMCUシリーズ。フェイズ2ではアントマンやスター・ロードなど新たなヒーローの登場もあるが、既出のヒーローの内面の掘り下げも多く行われている。特にチームの中心となっているアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーの3人についてはアベンジャーズとしてではなく関わった事件について描かれた。 MCUフェイズ2の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

インクレディブル・ハルク(The Incredible Hulk)のネタバレ解説まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(Captain America: The First Avenger)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

アントマン&ワスプ(Ant-Man and the Wasp)のネタバレ解説まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(Avengers: Age of Ultron)のネタバレ解説まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

ブラックパンサー(Black Panther)のネタバレ解説まとめ

『ブラックパンサー』とは、2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第18作目。 アフリカの小国ワカンダを舞台に、ヒーローにして国王のブラックパンサーとワカンダの支配を目論むヴィラン・キルモンガーとの闘いを描く。 現在、アメリカで史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Guardians of the Galaxy, GotG)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックの中でもマイナーながらもカルトな人気を誇るコミックの実写映画化作品。トレジャー・ハンターのピーターが、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラ、遺伝子操作で生まれたアライグマに似たロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、それに全身イレズミ・マッチョのドラックス等と共に、銀河を舞台に凶悪な敵に立ち向かう痛快スペース・アクション。14年に公開され、全世界で7億ドルを超える大ヒットとなった。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier)のネタバレ解説まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)のネタバレ解説まとめ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)」は2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第19作目にして集大成となる「アベンジャーズ」シリーズの第3作。 シリーズ最大のスーパーヴィランのサノスとの闘いが描かれる。舞台は全宇宙のあらゆる場所で、シリーズで最もスケールの大きい闘いが展開。 現在、世界で史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(Thor: The Dark World)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(Guardians of the Galaxy Vol. 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックスのヒーローチーム・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが主役の映画の第2弾。 前作で瀕死の重傷を負ったグルートがベビー・グルートとして復活し、ほのめかされていた主人公ピーターの出生の秘密が明らかになる。相変わらずヒーローとはかけ離れた言動のメンバーたちが大暴れする、コメディ色の強いシリーズである。 MCUシリーズとしては第15作目で、2017年に公開された。

Read Article

マイティ・ソー(Thor)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

アベンジャーズ(Marvel's The Avengers)のネタバレ解説まとめ

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)のネタバレ解説まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

マイティ・ソー バトルロイヤル(Thor: Ragnarok)のネタバレ解説まとめ

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

MCUシリーズにおけるインフィニティ・ストーンのネタバレ解説まとめ

マーベルスタジオが制作するスーパーヒーロー映画作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース」。多数の作品が作られているMCUシリーズにおいて、物語の重要なカギとなる存在が、インフィニティ・ストーンである。6つ存在するこの石はすべてを集めたものに絶大な力をもたらすという。それぞれの持つ力と、その6つの力が集まる映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にて、どのような力を発揮したのかについてをまとめる。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ1のネタバレ解説まとめ

マーベルは2008年公開のアイアンマンを皮切りに、個々のヒーロー映画の世界を全てつなげてひとつの物語にするという試みを開始した。フェイズ1では中心となるヒーローたちのオリジンを中心に構成されていて、長い歴史のあるアメコミを初めて見る人にもわかりやすくヒーローが紹介されている。 MCUフェイズ1の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ3のネタバレ解説まとめ

MCUのフェイズ3では今までの10年間を一区切りさせるということで、大人気の原作を元にしたシビル・ウォーを皮切りにインフィニティ・ウォー以外でもヒーローの大規模なクロスオーバーが描かれている。また、インフィニティ・ストーンの謎が次々に明かされるフェイズでもある。スパイダーマンやドクター・ストレンジなどの新たなヒーローも参入し、フェイズ4に向けた伏線も張られ始める。 MCUフェイズ3の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

歴代シャーロック・ホームズ役者には個性的なイケメンがずらり!

シャーロック・ホームズ!彼がいなかったら、テレビドラマでの刑事物やバディ(相棒)物というジャンルはおそらく生まれていなかったと思います。彼を演じた役者の数もかなりのボリュームで、まだ映画に音がない(サイレント映画)時代から既にホームズ映画はありました。そんなホームズを演じた様々な俳優達を時系列で紹介します。

Read Article

目次 - Contents