マイティ・ソー バトルロイヤル(Thor: Ragnarok)のネタバレ解説まとめ

Thor ragnarok

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』概要

マーベルコミックスに登場するヒーローのひとり、雷神ソーを主役としたアクション映画の第3作品目。2017年に公開された。マーベルシネマティックユニバースのシリーズとしては、第17作品目である。
主役のクリス・ヘムズワースの出身国であるオーストラリアでユーチューバ―のイベントが開催されたりと、公開前からファンの間で話題になっていた。監督はタイカ・ワイティティ。今までのシリーズとは一味も二味も違うテイストに使用とした結果、爽快な物語が仕上がった。宇宙を股にかけるヒーローチームのガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとは違ったテイストのコメディ映画にもなっていて、笑いどころが多く存在する。
カメオ出演にマット・デイモンなどの大物俳優やクリス・ヘムズワースの兄を起用するなど、監督の遊び心が見え隠れしている。宇宙でハルクが大暴れするこのストーリーは、コミックスの”プラネット・ハルク”を参考にした模様。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』のあらすじ・ストーリー

Thor ragnarok chris hemsworth tom hiddleston new york

アスガルドの王子である雷神のソーは、アスガルドの滅亡・ラグナロクをもたらすスルトを倒すべく、不毛の地ムスペルヘイムでひとり戦っていた。スルトの力の源である兜を奪ったソーはアスガルドへ帰還するが、門番であるヘイムダルの姿がなく代わりに戦闘員であるスカージがいた。宮殿ではソーと弟のロキがダーク・ワールドで共闘した寸劇まで催されており、宇宙が強大なパワーを持つ石であるインフィニティ・ストーンの影響で混乱を極めているのに父王のオーディンには堕落した雰囲気が漂っている。父王のおかしな様子にピンときたソーが問い詰めると、実はそのオーディンは死んだはずの弟であるロキが化けていたのだ。

ロキが地球にオーディンを置いてきたと告げたためソーはロキを引きずって地球に急いだが、何とロキがオーディンを置いてきた老人ホームは壊されていた。途方に暮れるソーとロキだったが、その時、魔術師・ドクター・ストレンジの招待を受ける。どうやらオーディンはドクター・ストレンジに頼んで北欧へ移動したようだった。
急いで2人がノルウェーに向かうと、オーディンが海を見ながら佇んでいた。オーディンは2人に愛していると告げると、死の女王ヘラが復活したことを告げて死んでしまった。オーディンはここ数年力が弱まっており、無理をしてソーを地球に送ったりヘラを封印したりしていたのだ。直後、ヘラが現れた。彼女はその残虐な性質のせいでオーディンの力で地下世界へ封印されていたが、彼が死んだことで完全復活を遂げたのだ。彼女の目的は自分の力の源であるアスガルドの完全支配と、全宇宙の征服だった。ソーとロキはヘラに立ち向かおうとするが、全能のハンマーであるムジョルニアをもあっという間に破壊されてしまう。思わずアスガルドへ戻り体制を立て直そうとしたロキだったが、移動中にヘラに追いつかれてソーとロキは時空の狭間に落とされ、ヘラはアスガルドに侵入してしまった。ヘラはウォーリアーズ・スリーやアスガルドの屈強な戦士たちを軽々倒し、アスガルドを乗っ取った。

Thor ragnarok who is hela

一方ソーはサカールと言う見知らぬ惑星に墜落した。無法者たちに囲まれてピンチのソーだったが、元アスガルド最強の女戦士であるヴァルキリーに攫われて謎の場所へと連行されてしまった。実はそこはグランドマスターという宇宙でも古参の男に支配された惑星で、ソーはそこで開催されているバトルロイヤルの出場者として攫われたのだ。そんなわけが分からないイベントに関わりたくないソーはグランドマスターに抗議するが聞き入れられず、イライラしているとなんとロキが優雅に座って談笑しているのを発見した。ロキは先にサカールに墜落していて、話術でグランドマスターの友人になっていたのだ。しかし、兄を助けるわけではないロキ。バトルロイヤルに放り込まれたソーだったが、そこで最強の対戦者として現れたのはアベンジャーズのメンバーであるハルクであった。人工知能ウルトロンとの戦いの後、行方不明になっていたハルクは、なんと戦闘機クインジェットで宇宙まで来ていたのだ。友人だと言うソーに対して容赦なく攻撃を加えるハルクの一撃にソーは気絶してしまった。
目が覚めたソーは、ハルクの部屋に転がされていた。ハルクとヴァルキリーに共にアスガルドや地球の危機を救おうと説得するソーだったが、2人は聞く耳を持たない。しかし、クインジェットのブラック・ウィドウのメッセージを利用してハルクをバナー博士に戻すことに成功。バナー博士と逃げていると、やはり協力したいと申し出たヴァルキリーによりロキも捕獲されサカールからの脱出を企てることとなった。
グランドマスターの船が頑丈なため、それを奪ってアスガルドへ向かうことが決定。ソーとロキは協力してグランドマスターの船を奪い、サカールを脱出した。この時またソーを出し抜こうとしたロキだったが、それをソーに見透かされて阻止されてしまった。ソーはグランドマスターの小型艇で、ロキはサカールの囚人たちを連れて大型船でアスガルドに向かった。

Thor ragnarok revengers

アスガルドへ着いた一向は、故郷の無残な姿を目にする。既にヘラが地下に眠っていた自分の部下を蘇らせて、反逆者の処刑やアスガルドの支配を進めていたのだ。その傍らには、アスガルドの戦士であったスカージの姿もあった。ソー、ヴァルキリー、ハルクは奮戦するが、ヘラは余裕でその攻撃をかわしていく。途中でロキが追いついてアスガルドの民を宇宙船に避難させ、ヘラの兵士を倒していったが一向に勝機が見えない。そこでソーはオーディンやヘイムダルがアスガルドは国ではなく民だという言葉を思い出す。自分たちの力ではヘラを完全に亡ぼせないと悟ったソーは、ロキに頼んでスルトを復活させることに決めた。ロキはアスガルドの宝物庫に行き、スルトの兜を永遠の炎にくべて彼を復活させた。その宝物庫にはインフィニティ・ストーンのひとつである四次元キューブが保管されていて、それもロキは見つめていた。
スルトは復活しアスガルドを言い伝え通り、地獄の炎で亡ぼしていった。ヘラはアスガルドからパワーを得ているため必死に阻止しようとするが、スルトのパワーに敵わず地下へと転落していった。その後アスガルドは完全に破壊されて、木っ端みじんになってしまった。

宇宙船でどこへ行こうかと考えあぐねるソーは、民を連れて地球に行くことを決定。ロキはNYでトラブルを起こした過去があるため心配するが、ソーは何とかなると楽天的だ。ついにソーは、名実ともにアスガルドの王になったのだ。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』の登場人物・キャラクター

Thor Odinson(ソー・オーディンソン)(演:クリス・ヘムズワース)

Thorragnarok

アスガルドの第1王子。北欧神話のソーがモデルのキャラクター。今までオーディンの第1子だと認識されていたが、今作で姉のヘラがいたことが判明した。全能のハンマーであるムジョルニアを武器として扱い、雷撃や打撃で戦う。
アベンジャーズのメンバーでもあり、必要があれば地球に行って戦うこともある。地球にガールフレンドがいたが、劇中でお互い振ったというセリフを言っているため一時的にしろ破局した模様である。
以前(映画マイティー・ソー)よりは周りのことも考慮して行動するようになってはいるが、基本的には短気で子供っぽい性格。弟のロキのことはそれなりに大事に想っていて、彼が騒動を起こしても最終的には許してしまう傾向にある。

Loki Odinson(ロキ・オーディンソン)(演:トム・ヒドルストン)

Loki2

アスガルドの第2王子。北欧神話の邪神ロキがモデルのキャラクター。実はヨトゥンヘイム(氷の巨人の国)の生まれであり、オーディンの実子ではなく養子。オーディンの妻のフリッガに教わった魔法と、持ち前の狡知さで戦う。
今作登場の死の女王ヘラ、大狼のフェンリル、オーディンが乗っていた馬であるスプレイニル、大蛇のヨルムンガンドは、本家の北欧神話とマーベルの原作だとロキの子供となっているが、MCUでは全く関係ないらしい。
兄のソーのことは嫌いとは言っているが、いざという時には助けたりしているので本気で憎んだりはしていない。悪戯の神(邪神とも)なので、もちろん本人は悪戯が大好き。幼いころにも、ヘビに化けてソーをひどい目に合わせたりしたというエピソードが今作で明らかになった。いつもはクールなふるまいが目立つロキだが、今作ではコミックリリーフの役割も担っている。

Odin(オーディン)(演:アンソニー・ホプキンス)

Odin2

アスガルドの王。北欧神話のオーディンがモデルのキャラクター。映画”マイティ・ソー/ダーク・ワールド”の時にロキに記憶を封印されて地球へ追放されてしまい、記憶がそれなりに戻っても自分の死期を悟って地球に留まっていた。
古代にヘラと共に宇宙の侵略を進めていたが、九つの世界(星)を支配したあと改心し、ヘラを封印して今に至る。ソーはもちろんロキのことも大事な息子として愛している。今作での彼の言葉で、ロキに魔法を教えたのが妃のフリッガであることが確定的となった。

Hela(ヘラ)(演:ケイト・ブランシェット)

Hela

死の女神で、アスガルドの大地からパワーを得ている。原作と北欧神話ではロキの娘であるが、MCUではロキの義姉。オーディンと共に宇宙の侵略を進めていたがあまりの暴虐な行動によりオーディンが死の世界に封印した。彼女の目的はオーディンへの復讐と、アスガルドだけではなく宇宙全体を暴虐の限りを尽くして支配することである。
単純な力比べならソーにも勝てる強大なパワーを持つ。フェンリスという大狼を従えて戦う。全能のハンマーであるはずのムジョルニアも、彼女にかかると片手で木っ端みじんにできる。ヘラ、ソー、ロキの3姉弟はそれぞれ微妙に似ている言動をしているので、姉弟であるということをアピールする監督の演出かと思われる。

Hulk/Robert Bruce Banner(ハルク/ロバート・ブルース・バナー)(演:マーク・ラファロ)

Sakaar

ハルク

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

マイティ・ソー(Thor)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(Thor: The Dark World)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(Captain America: The First Avenger)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)のネタバレ解説まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(Guardians of the Galaxy Vol. 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックスのヒーローチーム・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが主役の映画の第2弾。 前作で瀕死の重傷を負ったグルートがベビー・グルートとして復活し、ほのめかされていた主人公ピーターの出生の秘密が明らかになる。相変わらずヒーローとはかけ離れた言動のメンバーたちが大暴れする、コメディ色の強いシリーズである。 MCUシリーズとしては第15作目で、2017年に公開された。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが勤めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier)のネタバレ解説まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

アントマン&ワスプ(Ant-Man and the Wasp)のネタバレ解説まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

アベンジャーズ(Marvel's The Avengers)のネタバレ解説まとめ

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

ブラックパンサー(Black Panther)のネタバレ解説まとめ

『ブラックパンサー』とは、2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第18作目。 アフリカの小国ワカンダを舞台に、ヒーローにして国王のブラックパンサーとワカンダの支配を目論むヴィラン・キルモンガーとの闘いを描く。 現在、アメリカで史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

インクレディブル・ハルク(The Incredible Hulk)のネタバレ解説まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)のネタバレ解説まとめ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)」は2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第19作目にして集大成となる「アベンジャーズ」シリーズの第3作。 シリーズ最大のスーパーヴィランのサノスとの闘いが描かれる。舞台は全宇宙のあらゆる場所で、シリーズで最もスケールの大きい闘いが展開。 現在、世界で史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

アイアンマン2(Iron Man 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に逢ってしまう。

Read Article

アイアンマン(Iron Man)のネタバレ解説まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Guardians of the Galaxy, GotG)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックの中でもマイナーながらもカルトな人気を誇るコミックの実写映画化作品。トレジャー・ハンターのピーターが、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラ、遺伝子操作で生まれたアライグマに似たロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、それに全身イレズミ・マッチョのドラックス等と共に、銀河を舞台に凶悪な敵に立ち向かう痛快スペース・アクション。14年に公開され、全世界で7億ドルを超える大ヒットとなった。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(Avengers: Age of Ultron)のネタバレ解説まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

アイアンマン3(Iron Man 3)のネタバレ解説まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

MCUシリーズにおけるインフィニティ・ストーンのネタバレ解説まとめ

マーベルスタジオが制作するスーパーヒーロー映画作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース」。多数の作品が作られているMCUシリーズにおいて、物語の重要なカギとなる存在が、インフィニティ・ストーンである。6つ存在するこの石はすべてを集めたものに絶大な力をもたらすという。それぞれの持つ力と、その6つの力が集まる映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にて、どのような力を発揮したのかについてをまとめる。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ3のネタバレ解説まとめ

MCUのフェイズ3では今までの10年間を一区切りさせるということで、大人気の原作を元にしたシビル・ウォーを皮切りにインフィニティ・ウォー以外でもヒーローの大規模なクロスオーバーが描かれている。また、インフィニティ・ストーンの謎が次々に明かされるフェイズでもある。スパイダーマンやドクター・ストレンジなどの新たなヒーローも参入し、フェイズ4に向けた伏線も張られ始める。 MCUフェイズ3の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ1のネタバレ解説まとめ

マーベルは2008年公開のアイアンマンを皮切りに、個々のヒーロー映画の世界を全てつなげてひとつの物語にするという試みを開始した。フェイズ1では中心となるヒーローたちのオリジンを中心に構成されていて、長い歴史のあるアメコミを初めて見る人にもわかりやすくヒーローが紹介されている。 MCUフェイズ1の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ2のネタバレ解説まとめ

マーベル作品の個々のヒーロー映画をひとつながりの物語にするMCUシリーズ。フェイズ2ではアントマンやスター・ロードなど新たなヒーローの登場もあるが、既出のヒーローの内面の掘り下げも多く行われている。特にチームの中心となっているアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーの3人についてはアベンジャーズとしてではなく関わった事件について描かれた。 MCUフェイズ2の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents