アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。
恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

『アメイジング・スパイダーマン2』の概要

サム・ライミ監督による「スパイダーマン」3部作から登場人物、ストーリーなどを大きく変更しリブート(再始動)した、マーク・ウェブ監督による「アメイジング・スパイダーマン」の第2作目。本作では、複数の強敵が次々と現れスパイダーマンに襲いかかるという試みがなされ、アクションシーンも多く、よりエンターテイメントを重視した作品となっている。

主人公「ピーター・パーカー」の旧友「ハリー・オズボーン」が敵役となり、最終的に生き残った彼が、悪の組織を作り上げスパイダーマンの敵となっていく姿が描かれており、これからの長い戦いの始まりを予感させるラストとなっている。

ジャンル:アクション/SF/アドベンチャー

上映時間:142分

主題歌:アリシア・キーズ feat. ケンドリック・ラマー「イッツ・オン・アゲイン」

監督:マーク・ウェブ

原作:スタン・リー スティーヴ・ディッコ

原案:ジェームズ・ヴァンダービルト

脚本:アレックス・カーツマン ロベルト・オーチー ジェフ・ピンクナー

出演者:アンドリュー・ガーフィールド エマ・ストーン ジェイミー・フォックス デイン・デハーン 他

『アメイジング・スパイダーマン2』のあらすじ・ストーリー

「スパイダーマン」として街のヒーローとなった「ピーター・パーカー」は、恋人「グウェン・ステイシー」を危険に巻き込まないという、彼女の父との約束を守り距離をおくことを決意したものの、愛しい人とのすれ違いの生活はあまりにつらく「守れない約束もあるよね」と、グウェンに再び歩み寄っていた。

しかし、「リザード」と共に戦いこの世を去ってしまったグウェンの父「ジョージ・ステイシー」との約束を果たせないでいる自分自身の罪の意識により、時折ジョージの幻影を見るようになり、グウェンに対しても煮え切らない態度をとっていた。

そんなピーターを見るのがつらいグウェンは、彼と別れることを告げ、イギリスへ留学することを決める。

ある日、スパイダーマンとして助けたことのあった一人の冴えない電気技師「マックス・ディロン」が、事故により全身に電気をまとう怪物「エレクトロ」と化してしまう。彼はスパイダーマンに助けられた際に君が必要だと言われ、またマックスという自分の名前をすぐに覚えてくれたことで、スパイダーマンを親友だと勝手に思いこんでいた。

マックスがエレクトロと化した後にスパイダーマンと再会した時、親友だったはずのスパイダーマンは彼の名前を覚えておらず、マックスは怒りをあらわにする。その凄まじい電気の力を放出し荒れ狂い、街を騒然とさせた。

スパイダーマンと警察、消防隊の連携により一度は囚えられてしまったエレクトロだったが、ピーターの旧友「ハリー・オズボーン」の手によって開放される。

つい最近、ハリーの父でありオズコープ社の創設者「ノーマン・オズボーン」が死去し、ハリーがオズコープのCEOとなっていた。父ノーマンと同じく不治の病に侵されていたハリーは、父の研究データをもとに、病を治療するにはスパイダーマンの血液が必要だという結論に達していた。
間近に迫った死の恐怖に怯え、彼へ血の提供を願い出たが、それを危険だと判断したスパイダーマンに協力を断られてしまう。そしてそのことによりハリーはスパイダーマンへの憎悪をつのらせていった。

父ノーマンの後を継ぎCEOの座についたハリーだったが、それを良しとしない社員により陥れられ、オズコープ社から追放されてしまう。追い詰められたハリーは、報復のため、そしてスパイダーマンの血を流させるため、囚えられたエレクトロを逃し手を組んだのだった。

一方、父の遺したカバンから新しい手がかりを見つけたピーターは、「ルーズベルト駅」と呼ばれる地下の隠し駅を訪れた。すると大掛かりな仕掛けが動き出し、研究ラボがそっくりおさまった車両が姿を現した。

ラボのパソコンには父「リチャード・パーカー」の研究成果とメッセージが残されており、父とノーマン・オズボーンが行っていた研究と、その研究を利用したノーマンの真の目的が語られた。

ノーマンは外国の軍事会社と手を組み、生物兵器の研究を行おうとしていた。ノーマンの企みを知ったリチャードは、自身の研究を利用されないように、そして、科学者としての責任を全うするため、愛する息子と離れる決意をしたのだ。

両親の真実と向き合い、またそれを後押ししてくれた伯母「メイ・パーカー」との愛情も深めたピーターは、次にグウェンのもとへ向かう。スパイダーマンの蜘蛛の糸を使い、鉄橋に気持ちを込めた文章を描くという彼らしい告白により彼女を引き止め、ようやくお互いの素直な気持ちを確かめ合うのだった。

しかしそんな時、エレクトロの手によって街中の電気が消失してしまう。彼を止めるべく戦いに向かったスパイダーマンとグウェンは、オズコープ社の巨大な水力発電施設を利用し、過剰な電力を吸収させることでエレクトロを撃破することに成功。

しかしその直後、父の生物兵器研究の遺産により「グリーン・ゴブリン」となったハリーが空から舞い降り二人の前に立ちはだかる。肉体を強化するアーマースーツと飛行用のグライダーを身につけたハリーは、その憎悪を象徴するように醜い姿となっていた。

スパイダーマンの正体がピーターであることに気づいたハリーは、グウェンをさらい「おまえから大事な物を奪ってやる」と飛行中の状態からグウェンを突き落とした。

ハリーの執拗な妨害を回避しながらも一度は蜘蛛の糸でグウェンの体をとらえるが、ハリーによって糸は切られてしまう。猛攻によってなんとかハリーを撃退したピーターは、落下を続ける彼女を全力で追い、蜘蛛の糸を飛ばす。しかし落下する彼女の体を蜘蛛の糸がとらえたその瞬間、グウェンの体は強く地面に叩きつけられてしまう。

帰らぬ人となってしまったグウェンを思うあまり、長い間ピーターの、そしてスパイダーマンの心は街から遠ざかっていた…。

数ヶ月が経った頃、アーマースーツをまとったサイのような怪物「ライノ」が街で暴れまわり、そこへスパイダーマンの格好をした一人の少年が立ちはだかる。母親の悲痛な叫び声の中、小さなスパイダーマンは全く動じずライノと睨み合う。警官隊と街中の人間がかたずをのんで見守る中、少年の前についに彼が現れる。

代わりを努めてくれた少年へ感謝の言葉を残し、「ここが僕の居場所だ」とスパイダーマンは復活をとげるのだった。

主要な登場人物・キャラクター

ピーター・パーカー(スパイダーマン)/演:アンドリュー・ガーフィールド/吹替:前野智昭

本作の主人公。元々明るい性格で、少々子供っぽいところがある。

人々の助けとなることに目覚めヒーロー「スパイダーマン」としての道を選んだものの、愛しい人を危険にさらさないよう恋人グウェンとも距離をとっていたが、それは苦しく、彼を深く悩ませていた。

幼いころ亡くなった両親には秘密があり、残された父のカバンを手掛かりにその真実を明らかにしようとする。

グウェン・ステイシー/演:エマ・ストーン/吹替:本名陽子

ピーターと同じ大学の同級生であり恋人でもある。 その正体がスパイダーマンであることも知っている。

亡き父ジョージ・ステイシーとの「娘を危険に巻き込むな」という約束に悩み苦しむピーターを見かねて別れを切り出し、それを振り切るようにイギリスへの留学を決める。

心を決め、引き止めに来たピーターと素直に喜び合い愛情を深めたが、憎悪を燃やすグリーン・ゴブリンことハリー・オズボーンの手にかかり息を引き取ってしまう。

ハリー・オズボーン(グリーン・ゴブリン)/演:デイン・デハーン/吹替:石田彰

オズコープの創始者ノーマン・オズボーンの息子であり、ピーターの旧友。

父と同じ不治の病に侵されていることを知らされ、その治療にはスパイダーマンの血液が必要だという結論に達したことで、彼の写真を撮っていたピーターに血を提供するように頼んでくれと懇願する。

しかし、血を提供することは危険だと判断したスパイダーマンに協力を断られたことで、死を間近にした恐怖により次第に彼を恨むようになり、ノーマンの遺した不完全な薬品を服用することで「グリーン・ゴブリン」となってしまう。

マックス・ディロン(エレクトロ)/演:ジェイミー・フォックス/吹替:中村獅童

オズコープ社で働く電気技師。 その冴えない見た目と性格のため人には好かれず孤独だった。

ある時街でスパイダーマンに助けられ、自分の名前をすぐに覚えてくれた彼に異常な執着を見せ、親友だと思い込む。

しかし事故により全身を電気で構成する「エレクトロ」と化し、再会したスパイダーマンが名前を覚えていなかったことで彼を憎悪するようになる。さらに、囚われた自身を助け出し、おまえが必要だと語るハリー・オズボーンに誘われ手を組むことになる。

メイ・パーカー/演:サリー・フィールド/吹替:一龍斎春水

piiichani8
piiichani8
@piiichani8

Related Articles関連記事

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

『スパイダーマン』とは、MARVEL COMICS発祥のアメコミヒーローである。 スパイダーマンは、スパイダースーツを着用してヴィランたちと戦いを繰り広げる。これまでスパイダーマンは『サム・ライミ版スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』『MCUスパイダーマン』の3つのシリーズで映画化されてきた。シリーズによってスパイダースーツの形状や能力が異なっている。

Read Article

スパイダーマン3(サム・ライミ版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン3(サム・ライミ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「スパイダーマン3」は2007年のアメリカ映画で、全3部作の3作目となる。原作:スタン・リー、監督:サム・ライミ、出演者:トビー・マグワイア、ジェームズ・フランコ、キルスティン・ダンスト。 幸せな生活を送っていたスパイダーマンこと「ピーター」は、ある日伯父を殺した真犯人が別にいる事実を知らされる。砂の怪物「サンドマン」となったその男に報いを受けさせるため、スパイダーマンは全身を黒く染めていった。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン:ホームカミング(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが務めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

マイティ・ソー(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マイティ・ソー(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

アントマン&ワスプ(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アントマン&ワスプ(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

アイアンマン2(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アイアンマン2(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に遭ってしまう。

Read Article

アイアンマン3(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アイアンマン3(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

(500)日のサマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

(500)日のサマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『(500)日のサマー』とは、運命の恋を信じる男トムと信じない女サマーが繰り広げる、出会いから別れ、立ち直りまでの500日をリアルに描いた恋愛コメディー映画。ミュージックビデオを多く手掛けてきたマーク・ウェブの長編デビュー作である。本作は、脚本のスコット・ノイスタッターのロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでの実際のロマンスに基づいて作られている。

Read Article

Mr.インクレディブル(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

Mr.インクレディブル(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Mr.インクレディブル』とは、ディズニー配給・ピクサー製作、ブラッド・バード監督による長編フルCGアドベンチャー・アニメーション映画。一般市民として暮らしていた驚くべき怪力を持つ元スーパーヒーローが、謎の伝言が届いたことから、再びスーパーヒーローとして同じように特別なパワーを持った妻や子供たちとともに邪悪な敵に立ち向かう。2004年製作・アメリカ作品。

Read Article

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)」は2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第19作目にして集大成となる「アベンジャーズ」シリーズの第3作。 シリーズ最大のスーパーヴィランのサノスとの闘いが描かれる。舞台は全宇宙のあらゆる場所で、シリーズで最もスケールの大きい闘いが展開。 現在、世界で史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

モンスターズ・インク(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

モンスターズ・インク(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターズ・インク』とは、ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

塔の上のラプンツェル(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

塔の上のラプンツェル(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『塔の上のラプンツェル』とは、2010年11月24日にアメリカで公開された、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作の第50作目の長編アニメーション映画である。バイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で監督を務めた。魔法の髪を持つ少女「ラプンツェル」は幼い頃、魔法の髪を独り占めしようとしたゴーテルにさらわれ、森の中の塔で育てられた。塔から出ることを許されず、誕生日にだけ空に浮かぶ灯りを間近で見るのが夢だった。そんな所に現れた青年フリン・ライダーとその灯りを見に行く旅に出る。

Read Article

ベイビー・ドライバー(Baby Driver)のネタバレ解説・考察まとめ

ベイビー・ドライバー(Baby Driver)のネタバレ解説・考察まとめ

『ベイビー・ドライバー』とは2017年にアメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。主人公ベイビーが音楽を聴く事で驚くべきドライビングテクニックを発揮し、逃がし屋として活躍する姿を描いた作品。更にアクションだけではなく、一目惚れした彼女との初々しい恋愛をも描いている。監督はエドガー・ライト、主演はアンセル・エルゴートが務めた。 映像と音楽が完璧にシンクロするという今までになかった爽快アクション映画。

Read Article

インクレディブル・ハルク(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

インクレディブル・ハルク(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ1のネタバレ解説まとめ

マーベル映画作品(MCU)フェイズ1のネタバレ解説まとめ

マーベルは2008年公開のアイアンマンを皮切りに、個々のヒーロー映画の世界を全てつなげてひとつの物語にするという試みを開始した。フェイズ1では中心となるヒーローたちのオリジンを中心に構成されていて、長い歴史のあるアメコミを初めて見る人にもわかりやすくヒーローが紹介されている。 MCUフェイズ1の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

ドクター・ストレンジ(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

ドクター・ストレンジ(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

マイティ・ソー バトルロイヤル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マイティ・ソー バトルロイヤル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

Read Article

シュガー・ラッシュ(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シュガー・ラッシュ(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

ズートピア(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ズートピア(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ズートピア』とは、2016年2月7日にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオより公開されたコメディ・アドベンチャー映画。 新米警察官であるウサギのジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドの2人が、肉食動物と草食動物が共に暮らす大都市ズートピアで起こっている連続行方不明事件を解決するために奮闘する。本作品では、人種問題などの社会問題も描かれている。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

モンスターズ・ユニバーシティ(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

モンスターズ・ユニバーシティ(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターズ・ユニバーシティ』とは、2013年にディズニーとピクサーによって制作された映画である。略称は『MU』。2001年に公開された『モンスターズ・インク(略称:MI)』の続編であり、怖がらせ屋のモンスター・マイクとサリーの大学時代を舞台にしている映画である。夢に向かってひたすら努力をするマイクと才能に頼り、努力を怠けるサリーの出会いから成長への冒険物語。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(GotG2)のネタバレ解説・考察まとめ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(GotG2)のネタバレ解説・考察まとめ

マーベルコミックスのヒーローチーム・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが主役の映画の第2弾。 前作で瀕死の重傷を負ったグルートがベビー・グルートとして復活し、ほのめかされていた主人公ピーターの出生の秘密が明らかになる。相変わらずヒーローとはかけ離れた言動のメンバーたちが大暴れする、コメディ色の強いシリーズである。 MCUシリーズとしては第15作目で、2017年に公開された。

Read Article

ヴェノム(Venom)のネタバレ解説・考察まとめ

ヴェノム(Venom)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴェノム(Venom)』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。日本での公開は2018年11月2日。ソニー・ピクチャーズの保有するマーベル・コミックのキャラクターを実写映画化した『ソニー・ユニバース』シリーズの第1作品目。 地球外生命体シンビオートに寄生され、ヴェノムに変身する特殊能力を手に入れたジャーナリストエディ・ブロックの闘いを描く。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

バイオハザードIV アフターライフ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザードIV アフターライフ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードIV アフターライフ』とは、2010年に公開されたポール・W・S・アンダーソン監督によるホラーアクション映画。 カプコンから発売された大ヒットゲーム『バイオハザード』の実写映画の第4作目の作品となる。同シリーズ3作目から1年後の世界を描く『アフターライフ』では、原作ゲーム『バイオハザード5』からのオマージュ要素が多い。 ゾンビ映画の中でも世界的に影響を与え、スリル満点のアクションや、ストーリーの充実度が注目を集めている。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(GotG)のネタバレ解説・考察まとめ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(GotG)のネタバレ解説・考察まとめ

マーベル・コミックの中でもマイナーながらもカルトな人気を誇るコミックの実写映画化作品。トレジャー・ハンターのピーターが、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラ、遺伝子操作で生まれたアライグマに似たロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、それに全身イレズミ・マッチョのドラックス等と共に、銀河を舞台に凶悪な敵に立ち向かう痛快スペース・アクション。14年に公開され、全世界で7億ドルを超える大ヒットとなった。

Read Article

アイアンマン(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アイアンマン(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ3のネタバレ解説まとめ

マーベル映画作品(MCU)フェイズ3のネタバレ解説まとめ

MCUのフェイズ3では今までの10年間を一区切りさせるということで、大人気の原作を元にしたシビル・ウォーを皮切りにインフィニティ・ウォー以外でもヒーローの大規模なクロスオーバーが描かれている。また、インフィニティ・ストーンの謎が次々に明かされるフェイズでもある。スパイダーマンやドクター・ストレンジなどの新たなヒーローも参入し、フェイズ4に向けた伏線も張られ始める。 MCUフェイズ3の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

アベンジャーズ(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アベンジャーズ(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

バイオハザードV リトリビューション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザードV リトリビューション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードV リトリビューション』とは、2012年に公開されたホラーアクション映画であり、『バイオハザードシリーズ』の第5作目となる作品である。監督はポール・W・S・アンダーソン。今作では、シリーズ第1作に登場したアンブレラ社の特殊部隊レイン、ジル・バレンタインたちが再登場する他、レオン・S・ケネディ、エイダ・ウォンなどのゲームの人気キャラクターも続々登場する。 アリス・アバーナシーは謎の研究施設に囚われていた。多数のアンデッドからから追跡される中、研究施設から脱走しようとする。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

ハルク(Hulk)のネタバレ解説・考察まとめ

ハルク(Hulk)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハルク』とは、2003年のアメリカ映画。アメコミ『超人ハルク』を原作とした実写映画化作品。監督はアン・リー、出演はエリック・バナ、ジェニファー・コネリーら。 若き科学者ブルース・バナーは偶然の事故により大量のガンマ線を体に浴びてしまう。その事故をきっかけにブルースは怒りを抱くと緑色の怪力・ハルクに変身してしまう体となってしまった。理性が働かず、本能のままに暴れて街を破壊するハルクに政府は兵器を投入して捕獲しようとする。しかしブルースの同僚であるベティーだけは彼を救おうとしていた。

Read Article

プリンセスと魔法のキス(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

プリンセスと魔法のキス(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『プリンセスと魔法のキス』とはウォルト・ディズニー・スタジオが制作した2Dアニメーション・ファンタジー・ミュージカル映画。原題は『The Princess and the Frog』。日本では2010年に公開され、ディズニー初のアフリカ系アメリカ人のプリンセス映画として知られる。アメリカ合衆国ニューオーリンズを舞台に、主人公ティアナと王子ナヴィーンを蛙に変えた魔法と、それを解く「プリンセスのキス」をめぐる冒険を描く。

Read Article

目次 - Contents