デッドプール(Deadpool)のネタバレ解説まとめ

Deadpool title image

デッドプール(Deadpool)とは、2016年2月にアメリカ合衆国で公開された映画。監督はティム・ミラー。日本では、2016年6月に公開。
X-MENシリーズの映画で8作目にあたり、初めてR指定され、日本では15歳以上対象の映画になった。
主役のウェイドはヒーローとは呼べない男。そんなウェイドはフランシスに騙されて、恋人も誘拐される。ウェイドはデットプールを名乗ってフランシスを追う。

あらすじ・ストーリー

タクシーに乗り込み、高速道路に向かう男がいた。
男の名はデッドプール。赤いマスクとスーツを着込み、銃と刀で武装していた。
デッドプールは自分を罠にはめたフランシスとその側近達に復讐をするために、フランシス一行の車を襲う。
フランシスの護衛たちを排除し、デッドプールはこれまでにいたる過程を視聴者に語り始める。

遡ること一年前、トラブルシューターとして生計を立てるウェイド・ウィルソンは、行きつけのバーで出会ったストリッパーのヴァネッサと結ばれ、幸せな毎日を過ごしていたが、それもつかの間、末期がんにかかってしまう。

途方に暮れる中、いつものバーでリクルーターの男に出会い、がん治療と引き換えに人体実験の被験者になるよう取引を持ちかけられる。
ウェイドは自身の延命とヴァネッサのため、要求を飲むことにした。

ヴァネッサの元から去り実験施設へ向かう。そこで自身をミュータント化したフランシスという男にがん治療という建前で危険な薬品を投与されてしまう。
さらに、薬の効果を誘い出すために拷問を受けただけでなく、施設では他にも余命幾許もない人間たちが改造を施され、戦闘マシーンとして売買されている事実を知る。

ウェイドは施設に放火し、火の海となった施設内でフランシスに襲い掛かるも、弱りきった体では敵わず、パイプを突き刺され返り討ちにあう。

だが彼は死んでなかった。薬によって変化したウェイドの体は異常な回復能力を得ていたが、かわりに皮膚が焼け爛れ、もう普通の人間として生活できなくなってしまった。
ウェイドは逃亡し、ヴァネッサとの再開を避け、知り合いのアルの世話になりながらフランシスを探し始める。
そして、変わり果てた容姿を隠すためにスーツとマスクを自作し、行き付けていたバーで行われていた「死人が出るかの賭け」に由来するDeadPoolの名を借りて、フランシスの関係者を襲撃しはじめる。

そして、あの時バーに現れたリクルーターからフランシスの居場所を吐かせたウェイドは、フランシスが高速道路にいることを知り奇襲を仕掛ける。しかしX-MENメンバーのコロッサスとネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドの2人に邪魔されてしまい、フランシスに逃げられてしまう。

デッドプール=ウェイドだと知ったフランシスはヴァネッサを人質にとり、空母がある廃棄所でウェイドを討ち取るために多数の傭兵を配備し、防衛ラインを構築。恋人を助け出すためにウェイドはコロッサスとネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドに協力してもらい、三人で傭兵集団を相手取る。

空母が傾くほどの激戦の中、ついにフランシスを追い詰めるが、ウェイドの体を元に戻す方法はないことをフランシスに告げられる。ウェイドはコロッサスの説得をまったく聞き入れず、フランシスに止めを刺す。
戦いが終わった後、ウェイドはヴァネッサの前でマスクを取り、全てを見せるが、ヴァネッサはウェイドを拒むことなく二人は口づけを交わし、ウェイドのストーリーは幕を閉じた。

登場人物・キャラクター

ウェイド・ウィルソン/デッドプール(演:ライアン・レイノルズ/吹き替え:加瀬康之)

Fireshot screen capture 526 deadpool i trailer hd i 20th century fox youtube www youtube com watch vonhbac pfsk 600x326
Deadpool e1475777650340

元一流の傭兵で、第一線を離れたあとはニューヨークでトラブルシューターというヒーローまがいのことをしている。
これといって正義感はないが、なんだかんだ純朴でおしゃべりと下ネタ好き。
極めて高い戦闘能力の持ち主で、実験の効果もあり卓越した強さを誇る。
さらに再生能力は不死身に近く、死ぬことはまずない。

ヴァネッサ(演: モリーナ・バッカリン/吹き替え:林真里花)

Dp girl friend

バーで出会った、娼婦の人。
大男を前にしても怯まないほど肝が据わっているだけでなく、ウェイドの素顔を受け入れる。
元になったのはコピーキャットというキャラクターで、他人に変身できる能力持ちだが、映画の彼女は普通の人間。

ウィーゼル(演:T・J・ミラー/吹き替え:佐藤せつじ)

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%83%abdp

作中に登場するバーの店主。
店の中で喧嘩が起きても傍観しているが、ウェイドを探しに来たフランシスに脅されても居場所を教えないなど、友人想いな性格。
映画では見られなかったが、元になったMARVELコミックに登場する彼は天才的な頭脳の持ち主。

フランシス・フリーマン / エイジャックス(演:エド・スクライン/吹き替え:浜田賢二)

%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

エイジャックスは偽名で、本名のフランシスで呼ばれることを嫌う。
ウェイドのような患者を騙し、ミュータント化させて売買していた。
本人も自身に改造を施しており、研ぎ澄まされた反射神経と高い身体能力を得たかわりに感覚そのものがなくなってしまった。

エンジェル・ダスト(演:ジーナ・カラーノ/吹き替え:行成とあ)

Angel dust

がっしりした体型の女性で、フランシスの側近。
ミュータント化しており、常軌を異したパワーを誇る。

コロッサス(声:ステファン・カピチッチ/吹き替え:木村雅史)

Deadpool colossus

ミュータント・チーム「X-MEN」のメンバー。
鋼鉄の体は銃弾を跳ね除ける防御力と怪力を誇るが、性格はいたって紳士的で真面目。
ウェイドにヒーローの何たるかを説きながらチームに加入させようとする。

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(演:ブリアナ・ヒルデブランド/吹き替え:嶋村侑)

%e3%83%8d%e3%82%ac%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af
keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents