アベンジャーズ(Marvel's The Avengers)のネタバレ解説まとめ

%e6%89%89%e7%b5%b5

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。
『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

アベンジャーズとは

%e5%85%a8%e5%93%a1%e7%b4%b9%e4%bb%8b

アベンジャーズは、アメリカン・コミック映画のクロスオーバー作品であり、それらの作品を同一の世界観として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズに属する作品。
本作は第6作品目にあたり、「フェイズ1(第1シーズン)」のクライマックスとなる作品である。

アベンジャーズにかかわる作品群:
『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク』(2008年)
『アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)

上記作品のヒーローキャラクターにブラック・ウィドウやホークアイも加わったメンバーが、地球支配を目論むロキ達と闘う。

あらすじ

国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)長官ニック・フューリーは、世界を破壊する力を持つという『四次元キューブ』の調査を秘密基地で行っていた。調査担当のセルヴィグ博士は、四次元キューブの制御を失い、異次元の扉を開いてしまう。
異次元の扉から現れたのは、神々の国アスガルドを追放されたロキだった。
ロキは地球征服を目論み、セルヴィグ博士やエージェントのクリント・バートン(ホークアイ)を精神支配し、キューブを奪って姿を消した。

フューリーは、四次元キューブ奪還の為、ヒーロー達による最強チーム『アベンジャーズ』を計画。女スパイのナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)やエージェントのフィル・コールソンらに、スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)とトニー・スターク(アイアンマン)、そしてブルース・バナー(ハルク)を招集させた。

ロキは、四次元キューブの力を安定させるイリジウムを奪うため、ドイツへ赴く。ロキの狙いは、四次元キューブで異性界の扉を開き、軍隊を招きいれることだった。
ロジャース、ロマノフ、スタークらによってロキは捕えられたが、精神支配されたバートンがイリジウムの強奪に成功する。

ロキをシールド母艦『ヘリキャリア』の特殊監房に収監したところで、ロキの兄であるマイティ・ソーが姿を現した。一堂に会したアベンジャーズだったが、己の意思に関係なく招集された彼らは、チームになることには反発した。

アベンジャーズの不協和音が響く中、ロキに支配されたバートン率いる強襲部隊がヘリキャリアを急襲。混乱の中、我を失ったバナーはハルクに変身し、暴れ出す。ヘリキャリア内の混乱に乗じて、ロキはコールソンを殺害し、逃走してしまう。この戦闘でバートンの精神支配が解かれ、正気に返ったが、ソーとバナーが地上に落下してしまった。
スタークとロジャースは、コールソンの死を受けて、アベンジャーズとして戦うことを決意した。

ロキは、セルヴィグ博士を使って四次元キューブを発動させ、マンハッタン上空に扉を開いた。扉からは、異世界の軍勢(チタウリ軍)が次々と押し寄せていた。

%e3%83%81%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%83%aa

アベンジャーズは、市民を避難させながら、チタウリ軍と闘っていた。
スタークは、新型のスーツを身に着け、ロキに立ち向かった。一方、ソーとハルクも駆けつけ、アベンジャーズに加わった。
ハルクは、強力な腕力でロキを倒した。ロマノフは、セルヴィグ博士から、四次元キューブの封印方法を聞き出し、ロキの杖を用いて異次元の扉を塞ごうとする。

フューリーの上司である世界安全保障理事はアベンジャーズを信じ切れず、核ミサイルによるチタウリ軍掃討を選択。
フューリーの制止を振り切って、攻撃機を発進させた。

%e5%85%a8%e5%93%a1

攻撃機から核ミサイルが発射されたが、マンハッタン到着前に、スタークがミサイルの軌道を変え、異次元の扉へと向けた。
ロマノフに四次元キューブの封印を待つように伝え、異次元の扉を超えて、待機していた敵母艦に核ミサイルを投げつけて破壊した。異次元の扉が閉じる寸前、スタークも通過し、地球へ帰還した。

戦い後、世界安全保障理事から、四次元キューブとアベンジャーズの行方について尋ねられたフューリーは、「四次元キューブとロキはアスガルドへ還し、アベンジャーズは必要になれば戻す」と答えた。

ロキの身柄は、兄・ソーに委ねられ、2人は神々の国アスガルドへ、アベンジャーズは思い思いの場所へ散っていった。

登場人物(キャラクター)

トニー・スターク=アイアンマン(演:ロバート・ダウニー・Jr 日本語版声:藤原啓治)

%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%bc %e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%af

大富豪にして発明家。
自身の開発したパワードスーツを着用することで、スーパーヒーロー「アイアンマン」となる。
当初アベンジャーズへの参加意志はなかったが、四次元キューブの存在を知り心変わりした。
キューブ強奪をコールソンから知らされ、シールドに協力する。

スティーブ・ロジャース=キャプテン・アメリカ(演:クリス・エヴァンス 日本語版声:中村悠一)

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%96 %e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b9

第二次大戦中に強化人間となり、戦争の果てに冷凍保存された。目覚めた後の世界の変化について苦悩している。
過去の英雄として博物館に展示されており、トレーディングカードも発行されている。
コールソンとは親しい仲で、コスチュームもデザインしてもらった。
抜群のリーダーシップを発揮し、癖の強いチームの面々を見事に纏めているリーダー。

ブルース・バナー=ハルク(演:マーク・ラファロ 日本語版声:宮内敦士)

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b9 %e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

新型爆弾ガンマ・ボムの実験中に大量のガンマ線を浴びたことで、緑の肌と怪力を持つ巨人(ハルク)に変身する体となった。
国家権力から狙われているバナーは、元に戻る方法を模索するため、逃亡生活を送っていた。
ロマノフに、キューブ捜索のために呼び出され、協力することになる。

クリント・バートン=ホークアイ(演:ジェレミー・レナー 日本語版声:宮迫博之)

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%88 %e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%b3

シールドのエージェントにして弓の名人。
ロキによって精神支配され、シールド母艦ヘリキャリアを襲撃した。支配解除後は、アベンジャーズに加わった。
キャプテン・アメリカやハルクのような特殊能力はないが、弓の腕だけで闘う。

マイティ・ソー(演:クリス・ヘムズワース 日本語版声:三宅健太)

%e3%82%bd%e3%83%bc
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(Avengers: Age of Ultron)のネタバレ解説まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier)のネタバレ解説まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(Thor: The Dark World)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

マイティ・ソー(Thor)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

アイアンマン2(Iron Man 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に逢ってしまう。

Read Article

アイアンマン(Iron Man)のネタバレ解説まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

アイアンマン3(Iron Man 3)のネタバレ解説まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(Captain America: The First Avenger)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

NEW

スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが勤めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

新たなマーベルヒーローの誕生! 映画「アントマン」がやっぱり面白い!

様々なヒーローを世に生み出しているマーベルコミックスからこの度また新たなヒーローが誕生しました。その名もアントマン。え、なんかちょっとダサい、と思ったそこのあなた、ぜひこの映画をご覧になってみてください。最高にクールなミクロヒーローであることが分かります。映画「アントマン」をご紹介致します。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

Contents