アイアンマン2(Iron Man 2)のネタバレ解説まとめ

20160113001510

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に逢ってしまう。

『アイアンマン2』概要

マーベルコミックで連載されている、スタン・リーやジャック・カービーらが原作のヒーローコミックの実写化。複数の映画をクロスオーバーさせるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のシリーズでは第3作品目で、2010年に公開された。2008年に公開された”アイアンマン”の続編にあたる。監督は前作に引き続きジョン・ファヴローにより制作され、興行収入は12億円を記録した。今作からトニーの友人のジェームズ・ローズ役がテレンス・ハワードからドン・チードルに変更となっており、その他のキャラクターは前作から続投している。
また、今回は最強ヒーローチームのアベンジャーズ計画を匂わせる描写も多く、快進撃を遂げるMCUシリーズの本格始動と言える。

『アイアンマン2』のあらすじ・ストーリー

自身がアイアンマンであると告白した半年後、相変わらずトニーはアイアンマンと軍需企業であるスタークインダストリーズの社長業を兼業し忙しい毎日を送っていた。正義の味方として治安維持に努めていたトニーだったが、スーツにより超人的な力を得るという技術に対して危険を感じたり、スーツを悪用しようという動きも出てきていた。軍はアイアンマンスーツを兵器として国の管理下に置くことをトニーに迫るが、トニーは自分以外にはスーツ開発は無理だということを理由にそれを拒否し、誰にも支配されないことを明言した。

スーツを巡るいざこざに続き、トニーは胸に埋め込んだアークリアクターの動力源であるパラジウムによる中毒症状に苦しんでいた。特殊な中和剤を飲んでごまかしてはいるが、トニーの身体はボロボロだった。パラジウムの代わりとなる金属が存在しないことを悟ったトニーは徐々に自暴自棄になっていき、会社の社長の座を秘書であったペッパーに譲り渡した。社長変更のためにあれこれ手続きをしている際、トニーは1人の法務部の女性に目をつける。容姿端麗で仕事も正確にこなす彼女、ナタリー・ラッシュマンの能力を確認したトニーは彼女をペッパーの補佐にスカウトした。そしてトニーの社長としての最後の仕事として、スターク・エキスポを開催しスタークインダストリーのテクノロジーの力を世界に知らしめたのだった。

同時期、1人の科学者であるアントン・ヴァンコが死亡した。彼はトニーの父親のハワードの共同研究者であり、利益を追い求めすぎたためにハワードたち組織の幹部によりスパイ容疑をかけられSSR(S.H.I.E.L.Dの前身組織)から追放され人生の破滅を味わった人物である。アントンの恨み言を聞いて育った息子のイワン・ヴァンコはトニーを殺そうと決意し、父親譲りの優れた頭脳で装備者の意のままに操れる機械の鞭、エレクトリカル・デス・ウィップを開発した。そしてモナコでF1レースに飛び入り参加したトニーを襲撃したのだが、このときはアイアンマンマークVにより撃破されてしまった。

この事件でアイアンマンスーツに類似したスーツをトニー以外が制作できることが明らかとなり、軍は大騒ぎとなる。平和のために作ったスーツを最終的には兵器として使用するつもりの軍に嫌気がさしたトニーはマリブの自宅で誕生日会を盛大に開催し、アイアンマンのスーツ姿で泥酔して大騒ぎしてしまった。スーツやトニーの奇行が世論で叩かれているときに遊び感覚でスーツを持ち出しているというこの醜態にトニーの親友のローズやペッパーは呆れ、ローズはアイアンマンマークIIを持ち出してスーツ同士の喧嘩が勃発してしまった。

トニーとの喧嘩のあと、そのまま軍に持ち帰られたアイアンマンマークIIは軍御用達の武器商人、ジャスティン・ハマーの手により、ウォーマシンとして改造され、そのスーツをヒントにハマーは裏ルートを使い脱獄させたイワンに協力させてドローン型のロボット兵士を作り上げた。ハマーは政府をスポンサーとして確保するために、アイアンマンスーツの機密を狙っていたのだ。新たに開発されたドローン兵士は、スターク・エキスポでのお披露目を待つばかりとなった。
そのころトニーは絶望して呆然としていたが、突然現れたS.H.I.E.L.D長官、ニック・フューリーによりハワードの研究の中にパラジウムの代わりとなる新しい金属のヒントがあるという情報がもたらされた。実は優秀な部下であったナタリー・ラッシュマンはS.H.I.E.L.D.のエージェントであり、アイアンマンがアベンジャーズの一員としてふさわしいか査定していたのだ。ハワードのヒントのおかげで新しい金属を生成できたトニーは命の危機から救われ、ハマーの企みを阻止するためにエキスポ会場へと急いだ。しかし、到着したころには舞台でドローンのお披露目が始まっていた。

ドローン兵士とウォーマシンをエキスポ会場でお披露目していたハマーだが、ドローン兵士とウォーマシンはイワンによりハッキングされアイアンマンを殺すという目的を持って動き始めてしまった。ウォーマシンのパイロットであるローズにも操作は不可能で、イワンの指示によりアイアンマンを追いかけて破壊活動を続けていく。そこでアイアンマンスーツの再起動でオペレーション信号を初期化できるという特性を利用し、ナタリーことブラック・ウィドウがスーツを再起動。アイアンマンスーツのシリーズであるウォーマシンのみはハッキングから脱出できた。
トニーとローズは人気のない公園にドローン兵士をおびき寄せて一網打尽にし、開発したアーマーを装着したイワンと対峙する。”エレクトリカル・デス・ウィップをロボットスーツに装備したウィップラッシュの強力な電撃により苦戦を強いられたが、アイアンマンとウォーマシン2体分のリパルサー光線でついにイワンを撃破した。

後日S.H.I.E.L.D.の支部へ呼び出されたトニーは、アベンジャーズ計画の一端を知らされる。ブラック・ウィドウの査定結果はアイアンマンスーツは素晴らしいがトニーの人間性についてはふさわしくないという散々な調査結果であり、アイアンマンは当面S.H.I.E.L.D.の相談役として活動することとなった。

『アイアンマン2』の主な登場人物・キャラクター

Anthony Edward Stark(アンソニー・エドワード・スターク)(演:ロバート・ダウニーJr.)

Tony1

アイアンマンスーツの開発者にして、パイロット。周りからはアンソニーの愛称であるトニー(Tony)と呼ばれることがほとんどである。軍需企業・スタークインダストリーズの社長であり自他ともに認める天才ではあるが、性格はわがままな上に極度の心配症。自分と同等の頭脳を持つ補佐役として、ジャービスというAIを執事代わりに使っている。アフガニスタンでテロリストに誘拐され、自社の兵器が自国を脅かしているという事実に気づき会社の兵器部門を閉鎖、自分がアイアンマンスーツをまとい戦う道を選んだ。平和を守るという信念はゆるぎないものの、ストレスにより醜態をさらし周りを呆れさせることもしばしばある。手渡しが嫌いなため、書類などを持ってきても直接は受け取らない。また、コーヒーを煎れる以外の家事を自分では全くやらないため、料理の腕前はおそまつである。作中では3時間かけてペッパーのためにオムレツもどきを作成した。

Virginia Potts(ヴァージニア・ポッツ)(演:グウィネス・パルトロゥ)

Peppar1

トニーからはペッパー(Pepper)と呼ばれている。これは、原作版のペッパーのそばかすや赤い髪の毛が胡椒瓶を連想させるためにトニーがつけたあだ名。平社員だった彼女だが、能力を認められて社長秘書に抜擢された。トニーのパートナーでもありトニーの破天荒なふるまいに対して度々頭を抱えているが、なんだかんだトニーのことが好き。そのため作中ではトニーがナタリーのことを気に行っているのが引っかかっていたのか、トラブルが起こった際にナタリーが来てから変なことが起こり始めたと少し責めるシーンがある。S.H.I.E.L.Dのエージェントであるコールソンとは前作で顔見知りになっており、友達。トニーは唯一ペッパーからは手渡しでものを受け取るので、それを利用してコールソンはアベンジャーズの資料をトニーに渡したりしている。

James Rhodes(ジェームズ・ローズ)(演:ドン・チードル)

Rodey1

アメリカ空軍中佐で、トニーの親友。ローディという愛称で呼ばれている。トニーの破天荒ぶりにペッパー共々呆れながらも、彼の平和への信念は信じている。作中では軍の会議でアイアンマンスーツが危険であると上層部に強要されて証言しているが、トニーに託せば大丈夫だという自分の意見も無理やり発言していた。前作でアイアンマンスーツをパイロットとして操縦することに対し期待を持っていたが今作で実現した。ローズ中佐が操るウォーマシンはソーラー充電式で、アイアンマンの標準装備としてついているリパルサーのほかハマーが搭載した武器でアイアンマンスーツよりも重装備になっている。

Harold Hogan(ハロルド・ホーガン)(演:ジョン・ファヴロー)

Happy1

トニー専属の運転手。愛称はハッピー。SPも兼業していて、トニーが襲撃された際にはトニーやペッパーを守るために戦っている。今作ではブラック・ウィドウと共闘していたが、彼が得意のボクシングで1人敵を倒している間にブラック・ウィドウは10人ほど戦闘不能にしていた。トニーとはただの雇い主とSPではなく、友達のような関係。そのため、結構自分の意見をはっきりトニーに伝えたりしている。

Ivan Vanko(イワン・ヴァンコ)(演:ミッキー・ローク)

Ivan2

スターク社に対する父親の恨みつらみを聞いて育った。父親から機械工学の全てを伝授されており、粗暴な外見に似あわずロボット作りからハッキングまでコンピュータのことであれば相当の知識量を誇っている。作中で登場したウィップラッシュ(Whiplash)は父親が残した設計図を基に彼独自に作り上げたもので、アイアンマンスーツが唯一無二だと思っていたトニーは少なからずショックを受けたと思われる。オウムを飼育していて可愛がっている。

Justin Hammer(ジャスティン・ハマー)(演:サム・ロックウェル)

Hammer

スタークインダストリーズと並ぶ大手の兵器会社、ハマーインダストリーズの社長。マーベルユニバースでは、スタークインダストリーズ、オズボーンインダストリーズ(スパイダーマンシリーズで登場)、ハマーインダストリーズが3大企業として位置づけられている。政府お抱えの兵器会社となりスタークインダストリーズをしのぐ利益を出すために、アイアンマンスーツの構造の機密を狙っていた。天才ではないが、大企業の社長を務めるに足る明晰な頭脳の持ち主である。作中では軍に最新兵器の営業に来ていたが、それをウォーマシンに搭載したところハイテクすぎてウィップラッシュのジャミングにより役立たずとなった。

Howard Anthony Walter Stark(ハワード・アンソニー・ウォルター・スターク)(演:ジョン・スラッテリー)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アイアンマン(Iron Man)のネタバレ解説まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

アイアンマン3(Iron Man 3)のネタバレ解説まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが勤めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Guardians of the Galaxy, GotG)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックの中でもマイナーながらもカルトな人気を誇るコミックの実写映画化作品。トレジャー・ハンターのピーターが、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラ、遺伝子操作で生まれたアライグマに似たロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、それに全身イレズミ・マッチョのドラックス等と共に、銀河を舞台に凶悪な敵に立ち向かう痛快スペース・アクション。14年に公開され、全世界で7億ドルを超える大ヒットとなった。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier)のネタバレ解説まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)のネタバレ解説まとめ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)」は2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第19作目にして集大成となる「アベンジャーズ」シリーズの第3作。 シリーズ最大のスーパーヴィランのサノスとの闘いが描かれる。舞台は全宇宙のあらゆる場所で、シリーズで最もスケールの大きい闘いが展開。 現在、世界で史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(Thor: The Dark World)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(Guardians of the Galaxy Vol. 2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックスのヒーローチーム・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが主役の映画の第2弾。 前作で瀕死の重傷を負ったグルートがベビー・グルートとして復活し、ほのめかされていた主人公ピーターの出生の秘密が明らかになる。相変わらずヒーローとはかけ離れた言動のメンバーたちが大暴れする、コメディ色の強いシリーズである。 MCUシリーズとしては第15作目で、2017年に公開された。

Read Article

マイティ・ソー(Thor)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

アベンジャーズ(Marvel's The Avengers)のネタバレ解説まとめ

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)のネタバレ解説まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

マイティ・ソー バトルロイヤル(Thor: Ragnarok)のネタバレ解説まとめ

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

インクレディブル・ハルク(The Incredible Hulk)のネタバレ解説まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(Captain America: The First Avenger)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(Avengers: Age of Ultron)のネタバレ解説まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

ブラックパンサー(Black Panther)のネタバレ解説まとめ

『ブラックパンサー』とは、2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第18作目。 アフリカの小国ワカンダを舞台に、ヒーローにして国王のブラックパンサーとワカンダの支配を目論むヴィラン・キルモンガーとの闘いを描く。 現在、アメリカで史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ1のネタバレ解説まとめ

マーベルは2008年公開のアイアンマンを皮切りに、個々のヒーロー映画の世界を全てつなげてひとつの物語にするという試みを開始した。フェイズ1では中心となるヒーローたちのオリジンを中心に構成されていて、長い歴史のあるアメコミを初めて見る人にもわかりやすくヒーローが紹介されている。 MCUフェイズ1の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ3のネタバレ解説まとめ

MCUのフェイズ3では今までの10年間を一区切りさせるということで、大人気の原作を元にしたシビル・ウォーを皮切りにインフィニティ・ウォー以外でもヒーローの大規模なクロスオーバーが描かれている。また、インフィニティ・ストーンの謎が次々に明かされるフェイズでもある。スパイダーマンやドクター・ストレンジなどの新たなヒーローも参入し、フェイズ4に向けた伏線も張られ始める。 MCUフェイズ3の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ2のネタバレ解説まとめ

マーベル作品の個々のヒーロー映画をひとつながりの物語にするMCUシリーズ。フェイズ2ではアントマンやスター・ロードなど新たなヒーローの登場もあるが、既出のヒーローの内面の掘り下げも多く行われている。特にチームの中心となっているアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーの3人についてはアベンジャーズとしてではなく関わった事件について描かれた。 MCUフェイズ2の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

MCUシリーズにおけるインフィニティ・ストーンのネタバレ解説まとめ

マーベルスタジオが制作するスーパーヒーロー映画作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース」。多数の作品が作られているMCUシリーズにおいて、物語の重要なカギとなる存在が、インフィニティ・ストーンである。6つ存在するこの石はすべてを集めたものに絶大な力をもたらすという。それぞれの持つ力と、その6つの力が集まる映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にて、どのような力を発揮したのかについてをまとめる。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

歴代シャーロック・ホームズ役者には個性的なイケメンがずらり!

シャーロック・ホームズ!彼がいなかったら、テレビドラマでの刑事物やバディ(相棒)物というジャンルはおそらく生まれていなかったと思います。彼を演じた役者の数もかなりのボリュームで、まだ映画に音がない(サイレント映画)時代から既にホームズ映画はありました。そんなホームズを演じた様々な俳優達を時系列で紹介します。

Read Article

目次 - Contents