ヴェノム(Venom)のネタバレ解説まとめ

『ヴェノム(Venom)』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。日本での公開は2018年11月2日。ソニー・ピクチャーズの保有するマーベル・コミックのキャラクターを実写映画化した『ソニー・ユニバース』シリーズの第1作品目。
地球外生命体シンビオートに寄生され、ヴェノムに変身する特殊能力を手に入れたジャーナリストエディ・ブロックの闘いを描く。

『ヴェノム』の概要

『ヴェノム(Venom)』とは、マーベル・コミックのキャラクターであるヴェノムを主人公とした、2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。日本での公開は2018年11月2日、アメリカ合衆国全体での公開は2018年10月5日。コロンビア・ピクチャーズ、マーベル・エンターテインメント、テンセント・ピクチャーズ製作。ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント配給。アメリカではPG-13、日本ではPG12指定作品である。監督は2009年『ゾンビランド』2013年『L.A. ギャング ストーリー』を製作したルーベン・フライシャー。

マーベル・スタジオは関与しておらず、2008年公開の『アイアンマン』から継続しているマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズとの統合は想定されていないとされている。しかし、配給会社であるソニー側は、以前マーベルと提携した映画『スパイダーマン:ホームカミング』とは世界を共有しているとの独自の位置付けを行っている。

原作コミックではスパイダーマンの宿敵として有名なヴェノムを主役とした本作は、元々はプロデューサーのアヴィ・アラッドが2007年公開『スパイダーマン3』シリーズからのスピンオフとして企画していた。しかし、製作側の方向性の違い等で企画が一度白紙に戻るなど二転三転した末、最終的に2017年3月よりソニーが映画の権利を所有するマーベルキャラクターを使用した新たなユニバースを始動させ、その最初の作品として公開される運びとなった。

ソニーとマーベル・スタジオ間の契約の都合上本編にスパイダーマンは登場しておらず、原作コミックではヴェノムの胸にあるスパイダーマンのシンボルマークは映画版ヴェノムのデザインから省かれている。エンドロール後にスパイダーマンの登場するショートムービーが用意されているものの、基本的には以前のスパイダーマンシリーズを視聴していなくても楽しめる作りとなっている。

『ヴェノム』のあらすじ・ストーリー

東マレーシアの山中に、地球へ帰還中のロケットが墜落した。宇宙開発を手掛ける米国の財団『ライフ財団』が所有するそのロケットには、宇宙で発見された4体の地球外生命体「シンビオート」が乗せられていた。様々な生物に寄生することのできるシンビオートには、寄生先の身体能力を著しく向上させる代わりに、脳を操って凶暴化させてしまう特性があった。4体のうち「ライオット」という名の1体が、墜落の混乱に紛れて救助された宇宙飛行士の体に寄生し、寄生された宇宙飛行士は凶暴化して救急車内で救助隊員を殺害する。ライオットは別の救助隊員に乗り移り、体と脳を操って他3体のシンビオートが運ばれたカリフォルニアにあるライフ財団本部へ向かった。

カリフォルニア州サンフランシスコ。新進気鋭のジャーナリストであるエディ・ブロックは、持ち前の正義感による弱者に寄り添った取材が評判を呼び、テレビ局でレギュラー番組を持たされる人気者であった。さらに恋人である弁護士のアン・ウェイングとの仲も良好で、充実した日々を送っていた。ある日、エディはテレビ局の重役から、スポンサーであるライフ財団が進めているロケット開発の取材を依頼される。遺伝子治療を中心とした医療技術開発によって急成長を遂げてきたライフ財団には、裏で人体実験が行われているのではないかという黒い噂が世間で流れていた。このチャンスに噂が真実かどうか追求したいと提案するエディだったが、重役からはロケットについての質問だけするよう念を押されてしまう。

デート後にアンの自宅に泊まったエディは、アンのパソコンにライフ財団に関わる仕事以来のメールが届いているのを発見し、アンが眠っている間に盗み見る。メールには、ライフ財団が連続しているホームレスの不審死事件に関わっており、彼らを人体実験に利用しているのではないか、という疑惑が書かれていた。

取材当日、財団のリーダーで科学者のカールトン・ドレイクへのインタビュー中に人体実験の疑惑をぶつけたエディだったが、怒ったドレイクから強制的にインタビューを打ち切られ、その場から追い出されてしまう。エディはテレビ局をクビになり、更にアンも所属していた弁護士事務所を解雇。エディの行いに幻滅したアンからは別れを言い渡される。

エディが追求しようとしたライフ財団の噂は、実際には真実であった。その後ライフ財団本部へマレーシアから運ばれた3体のシンビオートが到着し、人類を宇宙進出させる方法を探していたドレイクは、強力な地球外生命体であるシンビオートと人間を融合させる実験を開始するのだった。

人類を宇宙進出させるため、シンビオートと人間の融合実験を始めるドレイクとドーラ。

失職したエディは、新しい仕事を探すも見つからず、毎晩バーで酔いつぶれる自堕落な生活を送っていた。ある夜エディは町で知り合いのホームレス・マリアから新聞を購入した後で、近くの雑貨店に立ち寄る。そこで強盗がレジの店員を脅す現場を目撃するが、既にかつての正義感を失ってしまったエディは何もできず、隠れてその場をやり過ごしてしまう。さらに自宅の安アパートでも、隣の部屋からの楽器の騒音に悩まされても苦情を言えず、負け犬として辛酸を嘗めるエディだった。

その頃、ライフ財団ではドレイクがホームレスの男にシンビオートを寄生させる実験を行うが、寄生先の男は苦しみながら死亡し、実験は失敗に終わってしまう。ドレイクは部下の科学者ドーラ・スカースに、実験に使用するホームレスをさらに多く集めるよう命じる。

エディが再び雑貨店を訪れると、店の前にいたマリアの姿が無くなっていた。店の中で、エディの後をつけてきたドーラと鉢合わせるエディ。以前エディがドレイクの人体実験について追及していたことを知っていたドーラは、噂が真実でそれを世間向かってエディに暴いて欲しいと持ちかけるが、エディは関わりたくないと拒否する。

復縁を申し出るエディだが、アンには既に恋人のダンがおり、あっさり断られてしまう。

エディはアンに復縁を申し込むためアンの家を訪れたが、アンに現在の状態が全て自分自身で招いたことであると的確に指摘されたうえ、アンの新しい恋人で医者のダンと鉢合わせしてしまい、退散を余儀なくされてしまう。その後、橋の上からライフ財団の建物を眺めていたエディは、現状を打破しかつての自分を取り戻すため、決意の表情を浮かべてドーラに電話をかける。

呼び出されたドーラはエディを車に乗せてライフ財団へ向かい、その途中でドーラはドレイクが環境破壊により地球に人類が住めなくなった時のため宇宙へ移住する方法を探していること、そのために宇宙で発見された地球外生命体シンビオートと人間を融合させる人体実験を行い、何人ものホームレスが犠牲になっていることをエディに説明する。

ライフ財団本部へ侵入したドーラとエディ。ドーラが警備員の注意を引いている間に、研究室に侵入したエディは捕えられ倒れているホームレスや、シンビオートの写真を撮影する。マリアが監禁されているのを発見したエディは、ガラスを破ってマリアを助けようとするが、シンビオートに寄生され凶暴化していたマリアに襲い掛かられてしまう。シンビオートと適合できなかったマリアはその場で死亡、マリアから離れたシンビオートはエディの体に乗り移る。エディは警備員に発見され追いかけられるが、シンビオートに乗り移られたことで身体機能が著しく向上したエディはそのまま警備員を倒してドアやフェンスを破壊、森の中に逃げ込んで高い木に駆け上り、追っ手から逃れることに成功した。

ライフ財団本部で、人体実験の現場を目撃するエディ。

1人アパートに戻ったエディは、突然激しい空腹感に襲われて冷蔵庫の食べ物、ゴミ箱の食品ゴミまで片っ端から食べはじめる。食べた物を吐き出し1度は正気に戻るが、そのまま気絶してしまう。その頃、シンビオートが1匹いなくなったことに気づいたドレイクは、セキュリティリーダーのローランド・トリースに行方を探させていた。また、ロケットから脱出したライオットも寄生先を次々乗り換えてカリフォルニアに迫っていた。

目覚めたエディは、ライフ財団で撮影した写真を世間に公表するためアンのところへ向かった。恋人ダンとレストランで食事中だったアンは、突然現れたエディに困惑する。アンを説得しようとするエディだったが、再び強い衝動がエディを襲い、アンや他の客の料理を勝手に食べ始めてしまう。更に体が熱くなったため水槽に飛び込み、中のロブスターを食べ始めるエディ。アンたちはエディをレストランから連れ出し、ダンの病院へ連れて行く。

病院でMRIにかけられたエディは、急に苦しみ始める。シンビオートは高音が弱点であり、MRIの発する4000~6000ヘルツの音に拒否反応を示したのだった。正気を取り戻したエディはそのまま帰宅するが、頭の中で何者かが自分に話しかけていることに気づく。その頃、エディを手引きしたことがドレイクにバレたドーラは、シンビオートの融合実験に使用され命を落とす。ドレイクはエディを捕えてシンビオートごと連れ戻すようトリースに命令する。

エディの頭の中で聞こえる声は、エディに寄生したシンビオート「ヴェノム」の声だった。エディが驚く最中、トリースたちライフ財団の警備員がエディの家を襲撃する。ヴェノムの能力によってエディの手が剣に変化、さらに背中から棘が伸び何とか数名を倒したエディは窓から飛び降りバイクで逃げだすが、ドローンからのミサイル攻撃によりバイクが破壊され倒されてしまう。トリースの部下がエディを捕えるが、その時エディの体が全身ヴェノムへと変身し、頭から部下を食べてしまう。

トリースと部下に自宅を襲撃されるエディ。

ヴェノムは川へ飛び込み、対岸に泳ぎ着いてからエディと分離する。負け犬として鬱屈した生活を送っていたエディの感情に共鳴したと話すヴェノムは、地球で生きて行くためこのままエディの体に寄生を続けたいと提案する。エディは、それを受け入れる代わりに自分に協力するようヴェノムに持ち掛けるのだった。

研究所で写した証拠写真を公表するためテレビ局へ向かったエディ。受付で入場を断られたためヴェノム化してビルを上り、かつて自分を雇っていたテレビ局の重役の机に写真の入ったiPhoneを置くが、エレベーターで1階に降りたとたんドレイクの寄越した兵士に取り囲まれる。再びヴェノム化して次々と兵士を倒すエディ。しかし、丁度同じ頃テレビ局にはアンも訪れていた。

エディへの電話が繋がらないことを心配したアンは、かつてエディの職場であったテレビ局までエディを探しに来ていたのだった。エディはヴェノムとして暴れている所をアンに目撃されてしまうが、アンは兵士を倒した後で元の姿に戻ったエディを車に乗せ、ダンの病院まで連れて行こうとする。車内でエディはアンにシンビオートの弱点が高音と火であることを伝え、さらにヴェノムからアンに謝るよう忠告を受けて今までのことを正式に謝罪したのだった。

病院に到着した2人は、ダンから現在エディの体には超人的な身体能力が備わっているが、そのかわり内臓が蝕まれていることが説明される。エディの体を守るため、MRIを作動させて苦しむヴェノムをエディの体から引き離すアン。ヴェノムは換気口から逃げ出し、病院の患者が連れて来ていた犬に寄生する。ヴェノムの寄生から自由になったエディだが、病院まで追いかけ来たドレイクの部下に取り囲まれ、そのままライフ財団の研究所に連れていかれてしまう。いなくなったエディを探すアンを、ヴェノムの寄生した犬が見つめていた。

ライフ財団では、ようやく研究所に到着したライオットに寄生されたドレイクがエディを待ち構えていた。ドレイクはライオットと共に、ロケットを打ち上げて宇宙からさらに大勢のシンビオートを地球に連れてくる計画を立てていたのだ。ヴェノムがエディの体に寄生していないことが解ると、ドレイクはエディを殺そうとする。寸でのところで逃げ出したエディだが、森の中でトリースに追いつめられる。その時、女性型のヴェノム(シーヴェノム)が現れてトリースは食べられてしまう。

シーヴェノムは、ヴェノムがアンに寄生した姿だった。シーヴェノムがエディにキスをすると、ヴェノムはアンからエディの体に戻っていった。シンビオートの仲間であるライオットに協力しないのか、とエディがヴェノムに質問すると、ヴェノムは自らが現在のエディの様なはみ出し者であり、シンビオートの中でもエリートのライオットに従って仲間を地球に呼び寄せるのは嫌だと話す。再び協力することになったエディとヴェノムは、ドレイクを止めるためロケットの発射場へ向かった。

ライオットを寄生させ、力を手に入れたドレイクは目的達成のために施設の職員まで殺害していく。

ドレイクは他の職員を皆殺しにしてロケットの発射装置を起動させる。発射場でドレイクを待ち構えていたエディはヴェノムに変身し、ライオットに変身したドレイクと激しい戦いを繰り広げる。ヴェノムのピンチにアンが管制塔のスピーカーから高音を流して、エディ、ヴェノム、ドレイク、ライオットはそれぞれ人間とシンビオートに一度分離する。そしてライオットに突き刺されたエディは瀕死の重傷を負ってしまう。

ライオットとドレイクが乗り込んだロケットは発射されてしまうが、再びヴェノムと合体したエディがロケットのエンジンを切り裂き、ロケットを爆発させる。ライオットとドレイクはロケット内で炎に焼かれ、ヴェノムとエディも爆風に巻き込まれるが、ヴェノムは最後の力でエディを庇うように体を分離させ、そのまま自分だけ炎に巻き込まれてしまう。エディだけが海へ落下し、その場から生還したのだった。

数日後、エディはアンとアンの自宅の前にいた。ドレイクとライフ財団の悪事を暴露する本を書くことを告げ、アンと別れるエディ。一人街を歩くエディの頭のなかに、消滅したはずのヴェノムの声が聞こえてくる。ヴェノムはエディの体の中で生きていたのだった。人間を食べたいと話すヴェノムに、悪人だけにするよう頼むエディ。

再び店に現れた強盗を、ヴェノム化して返り討ちにするエディ。

エディが雑貨店を訪れると、以前の強盗が再び店主を脅しているところだった。エディは今回は躊躇なく強盗に声をかけ、そのままヴェノムに変身し強盗を食べてしまう。

時は流れジャーナリストとして復帰したエディは、凶悪殺人犯クリータス・キャサディに独占インタビューを行う機会を得てサン・クエンティン刑務所を訪れていた。クリータスはエディに向かって「いずれ自分がこの刑務所を出た時、大量虐殺(カーネイジ)が起こるだろう」という不吉な予言を残す。

なお、エンドクレジット後に2019年に公開が予定されているアニメ作品「スパイダーマン:スパイダーバース」の特別映像が流れる。

『ヴェノム』の主な登場人物・キャラクター

エディ・ブロック / ヴェノム(演:トム・ハーディ 日本語吹替:諏訪部順一(エディ) / 中村獅童(ヴェノム))

カリフォルニア在住の新進気鋭のジャーナリスト。強い正義感と情熱を持っており、ジャーナリストしての評価も高い。仕事に熱心になるあまり、自己中心的な行動をとることもある。弱者を助け不正を許さない取材姿勢が視聴者に人気となり、契約先のテレビ局からも重宝がられていたが、スポンサーであるライフ財団への取材中に財団が裏で行っていた人体実験について追及したことから、圧力をかけられ職を失ってしまう。

無職となり、弁護士の恋人アンにも失恋してしばらくは自堕落な生活を送っていたが、アンからの「過去の自らの自己中心的な行動が現状を作り出してしまった」という言葉や、ライフ財団の研究員ドーラから財団の闇を暴く手助けを求められたことがきっかけとなり、今までの生き方を省み、持ち前の正義感を取り戻していく。

ドーラ手引きで財団の研究施設に忍び込み、地球外生命体シンビオートと人間を融合させるための人体実験の証拠写真を手に入れるが、捕えられていたホームレスの知人を助けようとして、自らがシンビオートに寄生されてしまう。ライフ財団からの追っ手から逃げる中で超人的な身体能力を発揮し、シンビオートと人間の融合体「ヴェノム」に変身する。

アン・ウェイング / シーヴェノム(演:ミシェル・ウィリアムズ 日本語吹替:中川翔子)

エディの元恋人で、弁護士をしている。ライフ財団に関わる訴訟案件を担当していたが、エディがライフ財団を敵に回したことがきっかけで仕事を失い、さらに職場をクビになってしまう。その後エディと別れて医師のダンと交際するが、エディのことは友人として心配しており何度も手助けをする。また途中でヴェノムに乗り移られて、女性型ヴェノム「シーヴェノム」に変身する。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

デッドプール(Deadpool)のネタバレ解説まとめ

デッドプール(Deadpool)とは、2016年2月にアメリカ合衆国で公開された映画。監督はティム・ミラー。日本では、2016年6月に公開。 X-MENシリーズの映画で8作目にあたり、初めてR指定され、日本では15歳以上対象の映画になった。 主役のウェイドはヒーローとは呼べない男。そんなウェイドはフランシスに騙されて、恋人も誘拐される。ウェイドはデットプールを名乗ってフランシスを追う。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(MCU)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(GotG)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックの中でもマイナーながらもカルトな人気を誇るコミックの実写映画化作品。トレジャー・ハンターのピーターが、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラ、遺伝子操作で生まれたアライグマに似たロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、それに全身イレズミ・マッチョのドラックス等と共に、銀河を舞台に凶悪な敵に立ち向かう痛快スペース・アクション。14年に公開され、全世界で7億ドルを超える大ヒットとなった。

Read Article

アイアンマン3(MCU)のネタバレ解説まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)のネタバレ解説まとめ

『アルスラーン戦記』とは、田中芳樹による大河ファンタジー小説。荒川弘によってコミカライズされ、それを原作に映画やアニメ、ゲームなどにもなった。テレビアニメは2015年4月から同年9月までの第1期(全25話)と2016年7月から同年8月までの第2期(全8話)までが放送された。荒川版のコミカライズは2013年9月より別冊少年マガジンにて連載中。架空の王国を舞台に戦乱の世界で1人の王太子・アルスラーンの成長と仲間たちとの絆を描いた英雄譚である。

Read Article

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

Read Article

マッドマックス 怒りのデス・ロード(映画)のネタバレ解説まとめ

前作『マッドマックス/サンダードーム』以来、27年ぶりに製作された『マッドマックス』シリーズの第4作。2015年公開のオーストラリア映画。第88回アカデミー賞では10部門にノミネート、最多の6部門を受賞した。石油も水も尽きかけた世界。資源を独占し、暴力で民衆を支配する軍団に捕われた元・警官マックスは、自由への逃走を開始。凄まじい追跡、炸裂するバトル。絶体絶命のピンチを迎えた時、決死の反撃が始まる。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(MCU)のネタバレ解説まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

スパイダーマン2(サム・ライミ版)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン2』とはサム・ライミが監督した2004年のアメリカ映画。2002年公開の『スパイダーマン』の続編で、3部作の2作目である。スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作。大学生になったピーター・パーカーはスパイダーマンとして日々街の人を助けていたが、スパイダーマンの生活が忙しくなり過ぎて、次第にピーター・パーカーの生活に支障をきたすようになってしまう。そしてピーターは突然スパイダーマンの力を失い、思い悩んだ末に「スパイダーマンを辞める」ことを決意する。

Read Article

マイティ・ソー(MCU)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

アイアンマン(MCU)のネタバレ解説まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(MCU)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

インクレディブル・ハルク(MCU)のネタバレ解説まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(GotG2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックスのヒーローチーム・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが主役の映画の第2弾。 前作で瀕死の重傷を負ったグルートがベビー・グルートとして復活し、ほのめかされていた主人公ピーターの出生の秘密が明らかになる。相変わらずヒーローとはかけ離れた言動のメンバーたちが大暴れする、コメディ色の強いシリーズである。 MCUシリーズとしては第15作目で、2017年に公開された。

Read Article

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(MCU)のネタバレ解説まとめ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)」は2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第19作目にして集大成となる「アベンジャーズ」シリーズの第3作。 シリーズ最大のスーパーヴィランのサノスとの闘いが描かれる。舞台は全宇宙のあらゆる場所で、シリーズで最もスケールの大きい闘いが展開。 現在、世界で史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

ブラックパンサー(MCU)のネタバレ解説まとめ

『ブラックパンサー』とは、2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第18作目。 アフリカの小国ワカンダを舞台に、ヒーローにして国王のブラックパンサーとワカンダの支配を目論むヴィラン・キルモンガーとの闘いを描く。 現在、アメリカで史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

アントマン&ワスプ(MCU)のネタバレ解説まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

スパイダーマン(サム・ライミ版)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン』とは、スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作、サム・ライミ監督の2002年公開のアメリカ映画。全3部作の1作目である。高校生のピーター・パーカーは校外学習先で遺伝子操作された“スーパースパイダー”に偶然かまれ驚異的な力を手に入れた。幼なじみのメアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)や友人のハリー・オズボーンとともに過ごしながら、ピーターが正義のために悪と戦うスパイダーマンになるまでが描かれている。

Read Article

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

アベンジャーズ(MCU)のネタバレ解説まとめ

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

ハルク(Hulk)のネタバレ解説まとめ

『ハルク』とは、2003年のアメリカ映画。アメコミ『超人ハルク』を原作とした実写映画化作品。監督はアン・リー、出演はエリック・バナ、ジェニファー・コネリーら。 若き科学者ブルース・バナーは偶然の事故により大量のガンマ線を体に浴びてしまう。その事故をきっかけにブルースは怒りを抱くと緑色の怪力・ハルクに変身してしまう体となってしまった。理性が働かず、本能のままに暴れて街を破壊するハルクに政府は兵器を投入して捕獲しようとする。しかしブルースの同僚であるベティーだけは彼を救おうとしていた。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(MCU)のネタバレ解説まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(MCU)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

アイアンマン2(MCU)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に遭ってしまう。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(MCU版)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが務めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

マイティ・ソー バトルロイヤル(MCU)のネタバレ解説まとめ

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

ドクター・ストレンジ(MCU)のネタバレ解説まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

ゾンビランド(Zombieland)のネタバレ解説まとめ

新型ウィルスの爆発的流行により、大半の人間が感染し次々とゾンビ化した世界で、辛くも生き延びた臆病な大学生、短気なワイルドガイ、詐欺を働く姉妹の4人が冒険を繰り広げる、09年公開のコミカルでパンチの利いた痛快エンタテインメント・サバイバル・ホラー。大学生がゾンビの世界で生き延びるための32のルールを作り、それを実践して生き延びるというアイデアが面白い快作。

Read Article

スパイダーマン3(サム・ライミ版)のネタバレ解説まとめ

「スパイダーマン3」は2007年のアメリカ映画で、全3部作の3作目となる。原作:スタン・リー、監督:サム・ライミ、出演者:トビー・マグワイア、ジェームズ・フランコ、キルスティン・ダンスト。 幸せな生活を送っていたスパイダーマンこと「ピーター」は、ある日伯父を殺した真犯人が別にいる事実を知らされる。砂の怪物「サンドマン」となったその男に報いを受けさせるため、スパイダーマンは全身を黒く染めていった。

Read Article

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

『スパイダーマン』とは、MARVEL COMICS発祥のアメコミヒーローである。 スパイダーマンは、スパイダースーツを着用してヴィランたちと戦いを繰り広げる。これまでスパイダーマンは『サム・ライミ版スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』『MCUスパイダーマン』の3つのシリーズで映画化されてきた。シリーズによってスパイダースーツの形状や能力が異なっている。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ1のネタバレ解説まとめ

マーベルは2008年公開のアイアンマンを皮切りに、個々のヒーロー映画の世界を全てつなげてひとつの物語にするという試みを開始した。フェイズ1では中心となるヒーローたちのオリジンを中心に構成されていて、長い歴史のあるアメコミを初めて見る人にもわかりやすくヒーローが紹介されている。 MCUフェイズ1の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

MCUシリーズにおけるインフィニティ・ストーンのネタバレ解説まとめ

マーベルスタジオが制作するスーパーヒーロー映画作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース」。多数の作品が作られているMCUシリーズにおいて、物語の重要なカギとなる存在が、インフィニティ・ストーンである。6つ存在するこの石はすべてを集めたものに絶大な力をもたらすという。それぞれの持つ力と、その6つの力が集まる映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にて、どのような力を発揮したのかについてをまとめる。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ2のネタバレ解説まとめ

マーベル作品の個々のヒーロー映画をひとつながりの物語にするMCUシリーズ。フェイズ2ではアントマンやスター・ロードなど新たなヒーローの登場もあるが、既出のヒーローの内面の掘り下げも多く行われている。特にチームの中心となっているアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーの3人についてはアベンジャーズとしてではなく関わった事件について描かれた。 MCUフェイズ2の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ3のネタバレ解説まとめ

MCUのフェイズ3では今までの10年間を一区切りさせるということで、大人気の原作を元にしたシビル・ウォーを皮切りにインフィニティ・ウォー以外でもヒーローの大規模なクロスオーバーが描かれている。また、インフィニティ・ストーンの謎が次々に明かされるフェイズでもある。スパイダーマンやドクター・ストレンジなどの新たなヒーローも参入し、フェイズ4に向けた伏線も張られ始める。 MCUフェイズ3の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents