トイ・ストーリー4(Toy Story 4)のネタバレ解説まとめ

『トイ・ストーリー4』とは、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作、ディズニーの大人気シリーズ『トイ・ストーリー』の第4作目である。ある少女のおもちゃ・ウッディとその仲間たちが新しく加わった、プラスチック製フォークで作られたおもちゃ・フォーキーと一緒に冒険するという物語。キャッチコピーは「あなたはまだ─本当の『トイ・ストーリー』を知らない。」。『トイ・ストーリー2』を最後に登場が無かったボー・ピープとウッディたちの再会なども描かれている。

『トイ・ストーリー4』の概要

『トイ・ストーリー4』とは、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作、ディズニーの大人気シリーズ『トイ・ストーリー』の第4作目である。キャッチコピーは「あなたはまだ─本当の『トイ・ストーリー』を知らない。」である。
ジョシュ・クーリーが監督を務めた。第1作、第2作はジョン・ラセター、第3作目はリー・アンクリッチが監督作だったため、ジョシュ・クーリーが『トイ・ストーリー』シリーズで監督を務めるのは今作が初めて。
今作がピクサー初の作品である『トイ・ストーリー』から数えてピクサー第21作品目である。また、短編も含めた『トイ・ストーリー』シリーズでいうと『トイ・ストーリー4』の前作は『トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド』であり、4年ぶりの新作となる。
アメリカでは第1作目の公開から約24年が経った2019年6月21日、日本ではその翌月12日に公開された。日本での興行収入50億円突破という記録を公開から16日で樹立し、ディズニーアニメーションシリーズ史上最短の快挙を遂げた。台湾では世界最速となる2019年6月20日に公開された。
ボニーという少女のおもちゃとなったウッディとその仲間たちが、新しく加わったフォーキーとキャンプに行く途中で、フォーキーがアンティークショップのおもちゃたちにつかまってしまったことを受けて、かつての仲間のボーと共に冒険、奮闘していく物語である。
『トイ・ストーリー』シリーズを通してのテーマだった、「何がおもちゃにとって幸せなのか」というものに加えて、「人格や感情を持ったものが人間の所有物になっていいのか」というテーマも問いかけられた内容になっている。
「人格や感情を持ったものが人間の所有物になっていいのか」というテーマを『トイ・ストーリー』シリーズで描くことに関しては、数々の映画評論家や映画ファンの間で疑問を投げかけられたりするなど波紋を呼んでいた。

『トイ・ストーリー4』のあらすじ・ストーリー

左がボー、右がウッディ。最初はアンディという少年の部屋にいた

まだウッディというカーボーイのおもちゃが少年・アンディの部屋にいた頃のある雨の日のことである。かつてアンディのおもちゃであった陶器の人形のボー・ビープはアンディの妹・モリーの部屋に移されていた。ウッディは雨水で溢れきった用水路に引っかかってしまい、流されかけていているRCという車のおもちゃを助けようと、バズ・ライトイヤーたちとモリーの部屋に潜入した。ボーの協力もあってRCの救助に成功するも、アンティークなアイテムを集めるのが好きなアンディのママの知人によってボーとボーが飼っていることになっている羊のおもちゃのビリー、ゴート、グラフが連れ去られてしまう。ウッディはボーを助けようとしたものの、ボーたちは運命を受け入れてウッディと別れを告げ、車でどこかへ運ばれて行ってしまった。

人見知りのボニーが幼稚園に行くことを心配するウッディ

ボーがアンディの家を去ってから8年の歳月が流れた。アンディからボニーというアンディの親戚である女の子に譲り渡されたウッディたちはボニーの家で他のおもちゃたちと仲良く暮らしていた。そしてアンディの家にいた頃のように、ウッディはおもちゃたちのリーダーとなっていた。しかし、ボニーがウッディより後に出会ったバズやジェシーに魅力を感じはじめ、段々とウッディは飽きられたのか遊ばれなくなっていく。ウッディは前の持ち主であるアンディと遊んでもらっていた時のことを懐古しては、目の前にある「ボニーと遊んでもらえない」現実をどこか受け入れられないでいた。そんなウッディのことを、ボニーに遊んでもらっているバズたちも心配するようになっていった。ウッディは自分と遊ぼうとしないボニーのことや、選ばれないウッディ自身のことを決して責めたりしなかった。
そんなある日、ボニーは幼稚園に入園することになる。人見知りであるボニーは、幼稚園に行くことを躊躇ってしまう。ボニーが幼稚園に行きたがらないのを見て、ウッディはいたたまれない気持ちになる。

ボニーによってフォーキーが完成する

ボニーのパパとママに宥められながら、ボニーは幼稚園へ向かう準備をする。それを見て心配になったウッディは、昔自分がアンディと一緒にいた時のように、ボニーのカバンにこっそり忍び込み、一緒に幼稚園へ向かうことにする。他のおもちゃたちは、なぜウッディがそこまでするのか分からずにいたため、危険だと反対するが、ウッディは聞く耳を持たずに幼稚園へと向かった。
ウッディが幼稚園に行ってみると、ボニーは担任のウェンディ先生とは打ち解けてはいた。しかし、ウェンディ先生はクラスの子供たち全員を順番に周って見ているため、ずっとボニーに付きっ切りというわけではなかった。さらに、ボニーは人見知りな性格から図画工作を楽しむ周囲と馴染めず、教室に一人でいた。
見兼ねたウッディはゴミ箱を漁り、ボニーの図画工作の材料になりそうなものを拾っては投げてを繰り返す。音に気付き、ボニーはその中からフォークとアイスの棒、モールを拾い集め、少しずつ何かを作っていく。
やがて出来上がったものに、ボニーはフォーキーと名付け、ウェンディ先生やボニーのパパ、ママに見せては喜んだ。

自分はゴミだと言い張るフォーキーをボニーの大切なおもちゃだとバズたちに紹介するウッディ

一方のウッディは、一緒にカバンに入れられたフォーキーが突然しゃべりだすようになり、戸惑いを見せる。フォーキーは自分をおもちゃではなく、ゴミだと思い込んでいるため、ウッディは世話を焼いていた。ボニーの家に帰った後、ウッディはすぐ他のおもちゃにフォーキーを紹介する。バズたちには「こんなのがおもちゃなのか」とフォーキーのことを理解しようとしなかった。そうしている間にも、フォーキーは度々ゴミ箱に入ろうとする。フォーキーは、ボニーに抱きしめられながら寝ていても腕の中からすり抜けたり、ボニーにどれだけ遊んでもらっても「自分はゴミだ」「おもちゃじゃない」と叫びながらゴミ箱に入ってしまうため、ウッディは何度も引き上げたり、引き止めたりした。

ウッディそっちのけでフォーキーと遊ぶボニー。キャンピングカーでキャンプへと向かっている

次の日、ちゃんと幼稚園に行ったご褒美として、ボニーのパパとママはボニーをキャンプへ連れていく。ボニーはパパとママに頼み、ウッディやフォーキーなど、おもちゃを全て引き連れてキャンプへと臨んだ。そのキャンプの道中も、ボニーはフォーキーに夢中であった。そのフォーキーはというと、キャンピングカーや道端にゴミ箱を見つけては入ろうとし、ウッディが引き止めに入っていた。
夜になってバズがウッディに、フォーキーを見張るのを変わろうかと提案する。しかし、ウッディはこれは自分の使命だ、そう自分の中の声が言っているのだと言って断った。これに対してバズは、訳が分からないといった素振りを見せる。

キャンプ場まで歩いていくウッディとフォーキー。その道中でアンディのことをウッディは話す

そうこうしていると、フォーキーが走行中の車の窓から脱走してしまう。他のおもちゃたちの制止も聞かず、ウッディは窓から飛び降り、フォーキーを探しに行く。なんとかフォーキーを見つけたウッディは嫌がるフォーキーをよそに約8キロ歩いてキャンプ場を目指す。その道中でウッディは、アンディと一緒に遊んだ頃の思い出や、そのアンディがいつも楽しい気持ちで毎日を過ごせるようにしたいというおもちゃとしての使命を語りつくし、フォーキーと少しずつ打ち解けていく。そしてフォーキーもまた、ウッディと話していくにつれて自分がボニーにとって必要な存在なんだということを理解する。

アンティークショップでボーの陶器のスタンドを見つけるウッディ。フォーキーはボニーのところへ行こうと催促している

ウッディとフォーキーは長い時間をかけたはものの、夜明けが来る前にキャンプ場にたどり着く。するとウッディは、キャンプ場の近くにアンティークショップがあるのを見かける。そのアンティークショップのウィンドウには、ボーの陶器の人形とセットになっていたはずのスタンドランプが飾られていたのだ。戻ろうというフォーキーの助言も聞かずに、ウッディはそのアンティークショップにボーがいるかもしれないと思い込んでしまい、店の中に入り込む。

ウッディとフォーキーを見下ろすギャビー・ギャビー

ウッディとフォーキーがアンティークショップの中に入ると、人間は誰もいなかった。しかし、よく見るとおもちゃがずらっとならんでおり、ウッディはただならぬ気配を感じていた。その時、フォーキーが大きな音を立ててしまう。それを聞いたベンソンというおもちゃがウッディたちを睨みつける。だが、ベンソンが押す押し車に乗っていたギャビー・ギャビーという人形がウッディたちに優しく話しかける。ウッディたちと話しているうちに、ギャビーはウッディがボイスレコーダーで話せることを知る。その途端に、ベンソンが襲い掛かろうとする。すると、アンティークショップの経営者であるマーガレットの孫娘・ハーモニーがウッディを連れ去ってしまう。こうしてウッディはなんとか逃げ切れたが、フォーキーだけアンティークショップ取り残されてしまう。

アンティークショップを目指すことにしたボーとギグル

命辛々ハーモニーからも逃げ出してきたウッディは、キャンピングカーに戻ってバズたちにフォーキーを助けに行くことを提案しようと試みる。しかし、キャンピングカーに向かう途中で砂場のおもちゃたちに仲間が増えたと勘違いされて取り押さえられてしまう。その結果、砂場に遊びに来た大勢の子供たちにもみくちゃにされてしまう。するとその時、同じく子供たちによってもみくちゃにされ、砂の上に放置されてしまったボーと偶然再会する。再会の余韻に浸る暇もなく、ボーは子供たちが見ていない隙にウッディを連れ出して砂場から脱出する。途中、ウッディはスカンクがこちらを目掛けて突進して来た為に、襲われると思い込んだ。すると、スカンクのことをボーが制止する。このスカンクもボーの仲間のおもちゃであった。スカンクは、ウッディが敵だと勘違いしていただけだったため、ボーとウッディを乗せて高速で砂場から離れていく。
やっと落ち着ける場所にたどり着いたウッディは、ボー、ビリー、ゴート、グラフとの再会を喜んだ。ボーはアンディの家を離れてから新たにギグルというおもちゃとも仲良くなっていた。ボーはアンディの部屋を去った後、やはり一度アンティークショップにいた。しかし、その後ボーはアンティークショップを抜け出し、持ち主のいない野生のおもちゃになったという。それを聞いたウッディは、持ち主のいないおもちゃがどう幸せに過ごすのか、疑問に思い始める。
ボーは話題を変え、持ち主が未だにいるウッディがなぜ砂場にいたのかを問う。そこでウッディは、フォーキーと一緒にボーを探しにアンティークショップに入ったこと、そこでフォーキーとはぐれてしまったことを打ち明ける。そしてウッディは、一緒にフォーキーを助けてほしいとボーに頼む。ボーとギグルはアンティークショップをとんでもない場所だと言って最初は断ったが、最後はウッディに折れて協力することにした。

ウッディが戻ってこないことを心配するバズたち

一方、ずっとキャンピングカーでウッディとフォーキーの帰りを待っていたジェシーたちおもちゃは、2人が帰ってこないことを心配しはじめる。また、バズはというとウッディが言っていた「自分の中の声」とはなんなのか、考えていた。やはり「自分の中の声」がよくわからないバズは、試しに自分に装備されているボイスサウンドが発動するボタンを押す。すると、「無限の彼方へ、さあ行くぞ!」と自分を後押しするサウンドが流れてきたため、バズはキャンピングカーの外に出てウッディを探すことにする。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

カーズ2(Cars 2)のネタバレ解説まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

カーズ(Cars)のネタバレ解説まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

リメンバー・ミー(Coco)のネタバレ解説まとめ

「リメンバー・ミー(Coco)」とは2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサー・アニメーション・スタジオの劇場公開長編第19作目。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。家族の絆をテーマとしている。

Read Article

グリーンマイル(The Green Mile)のネタバレ解説まとめ

『グリーンマイル』とはホラー小説家スティーヴン・キングのファンタジー小説が原作で、1999年にアメリカで公開されたフランク・ダラボン監督の映画。トム・ハンクスなどの豪華キャストで製作された感動傑作で、2000年度のアカデミー賞で4部門にノミネートされている。物語は1935年のある刑務所の死刑囚棟が舞台で、主人公は看守主任のポール。そこに死刑囚として送られてきた不思議な力を持つ大男の黒人ジョンと、他の看守や死刑囚、ネズミのMr.ジングルスたちとの交流を描いたファンタジーヒューマンドラマである。

Read Article

カーズ/クロスロード(Cars 3)のネタバレ解説まとめ

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

Read Article

シュガー・ラッシュ(映画)のネタバレ解説まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

Mr.インクレディブル(The Incredibles)のネタバレ解説まとめ

『Mr.インクレディブル』とは、ディズニー配給・ピクサー製作、ブラッド・バード監督による長編フルCGアドベンチャー・アニメーション映画。一般市民として暮らしていた驚くべき怪力を持つ元スーパーヒーローが、謎の伝言が届いたことから、再びスーパーヒーローとして同じように特別なパワーを持った妻や子供たちとともに邪悪な敵に立ち向かう。2004年製作・アメリカ作品。

Read Article

スクール・オブ・ロック(School of Rock)のネタバレ解説まとめ

『スクール・オブ・ロック』とは、リチャード・リンクレイター監督によるアメリカの映画。日本では2004年に公開。脚本は出演もしているネッド役のマイク・ホワイト手がける。バンドをクビになってしまい途方にくれていたギタリストのデューイが、一本の電話をきっかけに教師の友人ネッドになりすまして名門小学校の臨時教師となり、子どもたちと共にバンドバトルを目指すコメディである。

Read Article

『モンスターズ・ユニバーシティ』の「ロアー・オメガ・ロアー」は「嫌な連中」か?

『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する悪役というかライバルキャラの「ロアー・オメガ・ロアー」。二次創作などで人気を誇っているようですが、作中では「嫌なエリート集団」にしか見えません。でもよくよく考えれば、やっぱり魅力もあるし、憎めないんですよね。

Read Article

目次 - Contents