ホテル・ムンバイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホテル・ムンバイ』とは、2018年に製作されたオーストラリア・インド・アメリカの合作映画である。2008年にインドのムンバイで発生した同時多発テロの際、タージマハル・ホテルに閉じ込められた人たちの様子を実話をもとに描いている。ホテルのレストランで給仕を担当しているアルジュンはロビーからの銃声を聞いて宿泊客を頑丈な部屋へ避難させ、テロリストとの戦いが始まる。監督はアンソニー・マラスが務め、デヴ・パテル、アーミー・ハマー、ジェイソン・アイザックスらが出演した。

『ホテル・ムンバイ』の概要

『ホテル・ムンバイ』とは、2018年に製作されたオーストラリア・インド・アメリカの合作映画である。2008年にインドのムンバイで発生した同時多発テロの際、ムンバイに実在する高級ホテルのタージマハル・ホテルもテロリストによって攻撃を受けた。ホテルには多くの宿泊客とホテルの従業員がおり、従業員が宿泊客をテロリストから守るべく勇敢に行動した人たちの様子を実話をもとに描いている。

監督は本作がデビュー作となるアンソニー・マラスで、脚本や編集も兼任している。音楽はドイツのピアニストであるフォルカー・ベルテルマンが務め、撮影は今作の撮影で評価をあげたニック・レミー・マシューズが務めた。

レストランで給仕をするアルジュンを演じたのは『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテル。ホテルに宿泊するアメリカ人デヴィッドを演じたのは『君の名前で僕を呼んで』のアーミー・ハマー。ホテルに宿泊するロシア人ワシリーを演じたのは『ハリー・ポッター』シリーズのジェイソン・アイザックス。

インドのムンバイでは各地でテロが発生し、高級ホテルのタージマハル・ホテルもその攻撃対象となった。ホテルに侵入したテロリストらはロビーで無差別に銃を撃ち始めた。レストランで給仕を担当しているアルジュンは、その銃声を聞いて食事中の宿泊客らに机の下へ隠れるように指示をした。オベロイ料理長からの連絡で6階にあるチェンバースという部屋に避難するように指示を受けたアルジュンは、宿泊客らを引き連れてチェンバースに避難させ、そこへ乗り込もうとするテロリストとの戦いが始まる。

タージマハル・ホテルを中心に描く本作は、宿泊客を守るべく行動するホテルの従業員、離れ離れになった家族を探して行動する宿泊客、彼らを助けるべく突入する警官、そして無差別に殺し始める青年のテロリストたちを描く群集劇になっている。

『ホテル・ムンバイ』のあらすじ・ストーリー

VIPを迎えるタージマハル・ホテル

デヴィッドらがタージマハル・ホテルに到着して歓迎を受けるシーン。左からデヴィッド、サリー、右から2人目がザーラ。

臨月の妻と小さな娘を家族に持つアルジュンは、インドのムンバイを代表する高級ホテルのタージマハル・ホテルに勤務しており、その1階のロビー横にあるレストランで給仕係を担当している。

そのホテルでは宿泊予定の2組のVIP向けの準備を進めていた。1組はアメリカ人のデヴィッド、妻のザーラ、生まれたばかりの息子キャメロンと、そのキャメロンの面倒を見るベビーシッターのサリーの4人である。もう1組はワシリーという1人の気難しい男で、部屋に女性たちを呼んでパーティをする予定である。

ホテルに到着したデヴィッドとザーラは、キャメロンの世話をサリーに頼んでレストランで食事をすることにする。そのレストランにはワシリーやその他の宿泊客らが食事をしていた。

テロの始まり

銃声を聞いたアルジュンが身の安全を確保するシーン。

CST駅で2人組のテロリストが銃を乱射し始めたことを皮切りにムンバイの各地でテロが発生する。タージマハル・ホテルの近くにあるカフェでもテロリストが銃を乱射し、逃げ惑う人たちがタージマハル・ホテルに助けを求めてやって来た。事情を察したホテルの従業員が中へ誘導すると、その群衆に紛れてテロリストたちも侵入してくる。まだ幼い顔立ちのテロリストたちは、無線で連絡を取り合って合図をすると、ロビーにいるホテルの従業員や逃げてきた人たちを無差別に撃ち始めた。銃声を聞いたアルジュンはレストラン内にいる宿泊客に伏せるように指示をして、自らも身の安全の確保に努めたのだった。

部屋に残されたサリーとキャメロン

デヴィッドがサリーとキャメロンのいる部屋へ戻るシーン。

レストランで机の下に隠れたザーラは部屋にいるサリーの携帯電話に電話するも、サリーはシャワーを浴びていて電話に気付かない。サリーがシャワーを浴び終えて浴室を出ると、見知らぬ1人の女性が部屋に逃げ込んできた。廊下から銃声を聞いたサリーは咄嗟にキャメロンを抱いてクローゼットに隠れ、女性はトイレへ逃げ込んだ。2人のテロリストが部屋に入って来ると、トイレに逃げ込んだ女性はテロリストによって射殺されてしまった。サリーは泣き始めたキャメロンの口を押さえ、テロリストに見つからないように息を潜めていた。テロリストがクローゼットに近づいてきた瞬間、そのテロリストの無線が鳴って、彼らは無線からの指示で部屋を出ていってくれた。サリーはクローゼットを出て浴室に入り、キャメロンの口から手を離すとキャメロンは大声で泣きじゃくるのだった。何とか危機を脱したサリーは、ザーラと電話で連絡を取ってキャメロンの無事を伝えると、とりあえずそのまま部屋に身を隠すことにする。

キャメロンが心配なデヴィッドは、ザーラをレストランに置いてキャメロンのいる4階の部屋へ向かう。ロビーやエレベーターでテロリストらの監視の目が光る中、デヴィッドは何とかしてキャメロンのいる部屋に辿り着いた。その後、デヴィッドとサリーは部屋にあるテレビからテロに関する情報を得ることに。テロリストが宿泊客を次々に処刑しているという情報を耳にしたデヴィッドは、レストランに置いてきたザーラのところへ向かおうと提案するも、赤ちゃんが泣きだしたらテロリストに見つかってしまう危険性があるとサリーから反対されてしばらく部屋に留まることにする。

ムンバイの警官の突入

2名の警官が階段を下るシーン。

インドの特殊部隊はムンバイに常駐しておらず、今回のテロを受けて1300キロも離れたニューデリーから向かうことになっていた。さらに駅や病院などいくつもの場所でテロが発生していたことから、ムンバイの地元警察もホテルへの突入に使える人員はたった5人であった。特殊部隊が到着するまでにホテルにいる人間が全員殺されてしまうのではないかと考えた警察は、ホテルの2階にある警備室に行って、防犯カメラの映像からテロリストの動きを確認することから始めることを決断する。何とかホテルに侵入して2階まで辿り着いた警官らだったが、1人のテロリストに見つかってしまい、手榴弾と銃撃によって3人の警官を失うことになってしまった。

オベロイ料理長による避難行動

オベロイ料理長が避難行動を決意するシーン。

ホテルの料理長を務めるオベロイは調理場にいたホテルの従業員を集めて、ホテルの宿泊客をテロリストから守る行動に移る決意を表明する。テロリストに怯える従業員もおり、家にいる家族を優先して帰っても良いと従業員に判断を委ねた。2人の従業員は帰ってしまったが、残りの7人の従業員は残って宿泊客を守ることを選択する。その後、オベロイ料理長は6階にあるチェンバースという、窓がなく頑丈な部屋へ避難することを決断して、従業員を引き連れてチェンバースへ向かった。またアルジュンへも携帯電話でチェンバースへレストランにいる宿泊客を連れて避難するように指示を出す。指示を受けたアルジュンはレストランに残っていたザーラやワシリーらを連れてチェンバースへ向かった。アルジュンが無事にチェンバースへ宿泊客を連れてくると、従業員らはその場にある飲み物や食事で不安そうにしている宿泊客の気を紛らわせようとするのだった。

アルジュンの勇敢な行動

アルジュンが負傷した女性を病院へ連れていくためチェンバースを出るシーン。左から3人目がアルジュン。

チェンバースへ助けを求めて他の宿泊客たちが続々とやって来る。1人の女性が怪我をしており、その場に居合わせた医師の女性が診たところ、病院に連れていかないと助からないとのことだった。アルジュンは裏口を使って彼女を病院へ連れていくと申し出て、料理長らが見守る中チェンバースを後にする。アルジュンとその女性が階段を降りていると、上から2人の警官がアルジュンに動かないように命令した。警官らがアルジュンの身元を確認している間、彼らをテロリストだと思った女性はドアを開けて廊下に出てしまい、見つかったテロリストに撃ち殺されてしまう。その後、アルジュンは2人の警官を警備室へ案内し、防犯カメラに映っている場所がホテルのどこなのかを説明していた。

捕まってしまったデヴィッド

デヴィッドがテロリストに捕まり、手を背中で縛られ腹ばいにさせられているシーン。

ザーラからの連絡でチェンバースに行けば安全であることを知ったデヴィッドは、サリーとキャメロンを連れてチェンバースへ向かうことにする。テロリストがいないことを確認しながら廊下に出て先を進んでいたデヴィッドは、角を曲がったところで1人のテロリストに見つかってしまい引き返した。デヴィッドはサリーとキャメロンを道具入れの小部屋に隠した後、自らも隠れる場所を探しているところをそのテロリストに捕まってしまう。アメリカ人は人質に取るようにという指示通り、そのテロリストは人質を収容する部屋へデヴィッドを連れていき、デヴィッドの両手を背中で拘束し、腹ばいの状態にするのだった。テロリストが去った後、サリーはその小部屋を出ようとするが、外からしか開けることができずその場に留まらざるを得なくなる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スラムドッグ$ミリオネア(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スラムドッグ$ミリオネア』とは、2008年製作のイギリス映画。インド人外交官ヴィカス・スワラップの小説『ぼくと1ルピーの神様』をダニー・ボイル監督で映画化。インドでオール・ロケーションされた社会派エンタテインメント。第81回アカデミー賞では作品賞を含む8部門を受賞した。日本でもお馴染みのTVのクイズ番組に出場し、史上最高額まであと1問と迫った青年。彼のスラムで育った過酷にして波瀾万丈の生い立ちを、クイズ番組に巧みに織り込みながら、スリリングかつ躍動感いっぱいに描いていく。

Read Article

君の名前で僕を呼んで(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『君の名前で僕を呼んで(Call Me by Your Name)』とは、2017年に公開されたルカ・グァダニーノ監督による青春・ラブロマンス映画。17歳エリオは大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーとひと夏を共に過ごす。そんなエリオの初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いている。本作はアンドレ・アシマンが2007年に出した小説『Call Me by Your Name』を原作としている。今作では原作の物語の途中までしか描かれておらず、続編の構想が明かされている。

Read Article

コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)のネタバレ解説・考察まとめ

『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』とは、2015年の英米合作で制作されたスパイ・アクション映画。1960年代に、アメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』をリメイクした映画。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズを手掛けたガイ・リッチーが務めた。アメリカの「タイム」誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第9位に挙げている。 東西冷戦下を舞台に、米ソ両国のエージェント同士が手を組み凶悪テロを阻止するというスリリングなストーリー。

Read Article

目次 - Contents