美女と野獣(実写映画、Beauty and the Beast)のネタバレ解説まとめ

美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。
1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。
魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

『美女と野獣』概要

実写版「美女と野獣」とは

1991年に制作されたディズニー不朽の名作、長編アニメーション『美女と野獣』をディズニー自身が完全実写化した実写版『美女と野獣』。

シカゴやドリームガールズのビル・ゴンドがン監督を務め完全実写化。
音楽はアニメーション版美女と野獣も手がけた、ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケン。

実写版「美女と野獣」では、1991年のアニメーション版の中で使われた楽曲を使用、かつ衣装もアニメーション版のデザインを再現している。
大枠の物語に大きな改変はないが、上映時間はアニメーション版の87分から伸びて130分になっている。
これは、アニメーション版で語られることのなかったベルや野獣の過去エピソードが追加されているためである。

2017年3月17日公開。
またたく間に世界中で記録的な大ヒットとなり、世界興行収入が1300億円を超えるなど『アナと雪の女王』と同等の成功作となり、日本でも公開から42日目で興行収入100億円を突破するなど、2017年公開作品としては最大のヒット作となった。

メインキャラクターを演じる豪華出演陣も注目を浴び、ベルを演じるエマ・ワトソンの歌声も話題となった。
「アニメの実写化」映画としても、興行的にハリウッド最大規模の成功作となった。
また実写版でディズニーが制作、配給を初めて行った作品である。

アニメーション版「美女と野獣」とは

フランスの民話を元に制作されたディズニーの長編アニメーション映画。

アニメーションとして初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされたほか、アカデミー賞オリジナル作曲賞と主題歌賞の2部門を受賞。
実写作品よりもアニメが低く評価されていた当時において、実写と競う形での作品賞ノミネートはまさに快挙であった。

1992年に日本で公開され、2010年にデジタル3-D版が上映された。
長年に渡って愛され続けているディスニー不朽の名作。

愛され続ける「美女と野獣」のメッセージ

身も心も美しい娘ベルと、恐ろしく醜い見た目の野獣の真実の愛を描いた物語。
劇中にはハンサムな自惚れやとして、ガストンというキャラクターが登場し、ベルに求婚するがベルはそれをきっぱりと拒否する。
「人を外見で判断してはいけない」というメッセージが込められている。

『美女と野獣』のあらすじ・ストーリー

魔女の呪い

森の奥深くの城に住む、傲慢な王子が主催する舞踏会に一人の老婆が一夜の宿を求めてやってきた。
老婆はお礼として一輪の薔薇を差し出すも、王子はそれを拒否する。
すると老婆は美しい魔女へと姿を変え、王子と城に呪いをかけた。
王子は醜い野獣に、城に住む召使いは家財道具へと変えられてしまった。
魔女は王子に告げる。
「呪いを解く鍵は、魔法の薔薇の花びらが全て散る前に誰かを心から愛し、そして愛されること。」
だが、野獣の自分を誰が愛してくれるのか、と王子は悲嘆に暮れるのだった。

変わり者のベル

城にほど近い村に住むベルは父モーリスと二人で暮らしていた。
村一番の美貌の持ち主でありながら、読書家で夢見るベルは村人から変わり者と思われていた。
そんなベルに一目惚れした村の英雄ガストンは、しつこくつきまとい求婚するもガストンの下品さや乱暴さを嫌っていたベルはそれを断る。

ある日、愛馬と共に街に出たモーリスは、森の中で道に迷い狼の群れに追われ野獣の住む城に逃げ込んだ。
その際ベルに「お土産に薔薇が欲しい」と言われていたことを思い出したモーリスは、城の庭に咲く一輪の薔薇を摘んだところを野獣に見つかり監禁されてしまう。

馬だけが村に戻ってきたのを見たベルは、父の身に何か起こったと思い村を飛び出し城にたどり着く。
そこで牢獄に捕らえられている父と再会するが、そこに野獣が現れモーリスを薔薇を摘んだ罪で終身刑にしたことを告げる。
ベルは野獣に恐れを感じつつも、愛する父の身代わりになることを決意し牢獄に入る。

野獣の城に囚われたベル

囚われの身となったベルの前に燭台に変えられた家来のルミエールが現れ、時計に変えられたコグスワースが引き留めるのを無視し、彼女を牢獄から解放し客室へと案内した。
言葉を話す家財道具たちに驚いたものの、ポットに変えられたポット夫人や洋服箪笥に変えられたマダム・ド・ガルドローブらに優しくもてなされベルの冷え切った心は徐々に解きほぐされ、笑顔を取り戻していく。

だが、ベルは好奇心から野獣に「近づいていけない」と言われていた魔法の薔薇が置かれている西の塔に入り、野獣の怒りを買ってしまう。
激怒した野獣は「出ていけ!」と叫ぶ。
ベルは村へ帰ろうとするのだが、森の中ででオオカミに襲われてしまう。
窮地のベルを救ったのは野獣だった。
大怪我をを負いながらも自分の命を救ってくれた野獣に、ベルは次第に心を許していく。

横暴なガストン

一方、村へと戻ったモーリスは「野獣に娘が囚えられている」と言うのだが、村人たちは信じなかった。
そんな中、ガストンはモーリスに貸しを作ることでベルを手に入れられるのではないかと考え、子分のル・フウを連れモーリスと一緒にベルの救出に向かうことにした。
しかし、野獣の城に繋がる道はなぜか見つからない。
森の中を彷徨っている現状に業を煮やしたガストンは、モーリスに詰め寄り非礼な振る舞いをする。
ガストンの横暴な態度に呆れたモーリスは「娘はやらん」と断言した。
それに怒ったガストンは、モーリスを殴りつけると木に縛りつけてオオカミに襲わせようとする。

ガストンとル・フウが立ち去った後、モーリスは物乞いのアガットに助け出されて村に戻り、自分を置き去りにしたガストンを責め立てる。
しかし、ガストンは村の人々に対して「物乞いの証言など当てにならない」と反論し、逆にモーリスを異常者扱いして精神病院に隔離しようと荷馬車に閉じ込めてしまった。

距離が縮まる二人

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

美女と野獣(Beauty and the Beast)のネタバレ解説まとめ

フランスの民話を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品。魔女の呪いによって醜い野獣に姿を変えられた古城の王子と美しく聡明な街の娘ベルとの奇跡の愛の物語。ロマンティックな音楽と美しい映像が全編を彩り、信じ合うことで起こる不思議な奇跡が深い感動を呼び起こすファンタジー・ラブストーリー。アニメ作品として初のアカデミー作品賞にノミネートされ、さらに作曲賞と歌曲賞を受賞した。

Read Article

【アナと雪の女王】歴代ディズニープリンセスと異なる新しい愛の形【比較考察まとめ】

『アナと雪の女王』とは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による2013年公開のアメリカ合衆国の映画である。日本では『アナ雪』の略称でも呼ばれ、大ヒットを記録した。ディズニー史上初のダブルヒロインともなる今作で描かれるものは、従来のディズニープリンセスの映画では描かれてこなかった愛の形がある。アナ雪で描かれる愛の形について、他のディズニープリンセス作品と比較しつつまとめていく。

Read Article

シュガー・ラッシュ(Wreck-It Ralph)のネタバレ解説まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

ズートピア(Zootopia)のネタバレ解説まとめ

『ズートピア』とは、2016年2月7日にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオより公開されたコメディ・アドベンチャー映画。 新米警察官であるウサギのジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドの2人が、肉食動物と草食動物が共に暮らす大都市ズートピアで起こっている連続行方不明事件を解決するために奮闘する。本作品では、人種問題などの社会問題も描かれている。

Read Article

ムーラン(Mulan)のネタバレ解説まとめ

古代中国を舞台としたディズニー映画でアニー賞作品賞を受賞。中国の伝説の人物である「花木蘭」をモデルに描かれている作品。主題歌はクリスティーナ・アギレラの「Reflection」である。 ムーランは古くからのしきたりにより、求められる自分と本当の自分とで葛藤をする。そんなムーランにある転機が。様々な困難を乗り越えて自分の運命を切り開いていくムーランの物語である。

Read Article

リメンバー・ミー(Coco)のネタバレ解説まとめ

「リメンバー・ミー(Coco)」とは2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサー・アニメーション・スタジオの劇場公開長編第19作目。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。家族の絆をテーマとしている。

Read Article

アラジン(Aladdin)のネタバレ解説まとめ

ディズニー製作の大ヒットアニメ映画。 貧しい青年アラジンが王女ジャスミンと出会うことから話は始まる。 願いを三つ叶えてくれるランプの魔人・ジーニーは貧しいアラジンを王子に変身させ、ジャスミンとの恋の成就を後押しする。 しかし、最大の敵であるジャファーの魔の手が忍び寄るのであった。 アラジンとジャスミンが魔法の絨毯で空を舞う際に流れる「ホール・ニュー・ワールド」は珠玉の名曲として知られる。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

魔法にかけられて(Enchanted)のネタバレ解説まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

アナと雪の女王(アナ雪、Frozen)のネタバレ解説まとめ

「アナと雪の女王」はアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。 日本ではアナ雪の略称でも呼ばれる。 王家の娘、2人の主人公アナとエルサを待ち受ける過酷な運命を描く。 大人から子供まで楽しめるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの名作。

Read Article

塔の上のラプンツェル(Tangled)のネタバレ解説まとめ

『塔の上のラプンツェル』とは、2010年11月24日にアメリカで公開された、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作の第50作目の長編アニメーション映画である。バイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で監督を務めた。魔法の髪を持つ少女「ラプンツェル」は幼い頃、魔法の髪を独り占めしようとしたゴーテルにさらわれ、森の中の塔で育てられた。塔から出ることを許されず、誕生日にだけ空に浮かぶ灯りを間近で見るのが夢だった。そんな所に現れた青年フリン・ライダーとその灯りを見に行く旅に出る。

Read Article

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

ドリームガールズ(Dreamgirls)のネタバレ解説まとめ

『ドリームガールズ』とは、2006年にアメリカで製作されたミュージカル映画。ソウル/R&B系レコードのモータウン・レーベル所属の黒人女性グループ、ダイアナ・ロスとスプリームスをモデルに、実話を素に描かれたブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品。アメリカにおける60年代から70年代の音楽シーンと華やかなショービジネス界を背景に、デトロイトで結成された黒人女性ボーカル・グループ『ザ・ドリームズ』のサクセス・ストーリーと、その裏にある確執・裏切り・挫折など、様々な人間ドラマを描く。

Read Article

【スマホアプリ】キングダムハーツアンチェインドキーの魅力【KHUx】

リリースしてから爆発的な人気のスマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」は、次のキングダムハーツシリーズ最新作「キングダムハーツ3」へと続く物語を追うことができるんです。キングダムハーツシリーズのファンはもちろんのこと、キングダムハーツに初めて触れる人でも楽しむことができる「キングダムハーツアンチェインドキー」の魅力を、たっぷりご紹介します!

Read Article

目次 - Contents