レミーのおいしいレストラン(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レミーのおいしいレストラン』とは、2007年に公開されたディズニー/ピクサー制作のハートウォーミング・コメディな長編アニメーション映画である。監督はブラッド・バード。物語の舞台はフランス・パリ。料理を愛し、フランス料理のシェフになることを密かに夢見るネズミのレミーと、料理が苦手な青年リングイニが出会い、かつて5つ星だったが星を2つ失ってしまったレストラン「グストー」に新風を巻き起こしていく。自分に自信がもてないネズミと人間の成長と友情が描かれた、子どもから大人まで楽しめる作品。

『レミーのおいしいレストラン』の概要

『レミーのおいしいレストラン』(原題:Ratatouille)とは、アメリカ合衆国の映像制作会社ピクサー・アニメーション・スタジオ(以下、「ピクサー」と称する)によるハートウォーミング・コメディな長編アニメーション映画。ピクサーの長編映画としては8作目の作品となる。配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ 。
アメリカでは2007年6月29日、日本では同年7月28日より公開され、第80回アカデミー賞(長編アニメーション映画賞)、第65回ゴールデングローブ賞(アニメーション映画賞)、第50回グラミー賞(最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム)を受賞した。
監督は『アイアン・ジャイアント』や『Mr.インクレディブル』を手掛けたブラッド・バード。元々はチェコ人アニメーターのヤン・ピンカヴァが監督を務めていたが、経験上の懸念(ピンカヴァはそれまで短編しか制作したことがなかった)により降板し、ブラッド・バードが引き継ぐこととなった。映画公開まで残り20ヵ月という期間であったが、ブラッド・バードはそれまでに仕上がっていたキャラクターデザインや脚本を大幅に変更し(主人公のレミーは現在のようなリアルな造形ではなく、ミッキーマウスのようなネズミがデフォルメされたデザインだった)、作品を完成させた。
ピクサーのスタッフたちはこの映画のためにフランスに赴き、フランス料理の講習を受けたり、厨房を見学して、作品作りに生かした。
声の出演には、パットン・オズワルト、イアン・ホルム、ブライアン・デネヒー、ピーター・オトゥールなどのベテラン俳優たちが名を連ねているが、準主役であるリングイニ役にはスタッフの一人でもあったルー・ロマーノが仮の収録から正式に採用されることになった。(ピクサー作品はスタッフが製作途中にセリフを仮収録していき、そこから正式な声の出演を決定するという流れがあった)他にも、レミーの兄・エミール役の声優であるピーター・ソーンも俳優ではなく、ピクサー所属のアニメーターである。(ピーター・ソーンは他のピクサー作品の声優も務めている)

物語の舞台はフランス。天才的な味覚と嗅覚をもち、料理を愛するドブネズミのレミーが家族や仲間と離ればなれになり、パリへと流れ着く。今は亡き憧れのシェフ・グストーの幽霊に導かれ、レストラン「グストー」に辿り着いたレミーはそこで雑用係として働く青年リングイニと出会う。料理の才能はないリングイニと、料理がしたいレミーが密かにタッグを組み、やがてリングイニはレミーの陰の力によってパリの料理界で名声を得ていく。それと同時に、リングイニの料理の秘密を暴こうとする料理長や、グストーの死の原因となった料理批評家の再来など、レミーとリングイニに危機が迫る。

『レミーのおいしいレストラン』のあらすじ・ストーリー

仲間たちとの別れ

嵐の中、グストーの本に乗って家族や仲間を追いかけるレミー。

パリ郊外から離れたところにある古い一軒家。そこに住むネズミのレミーは、料理界の天才シェフ・グストーに憧れて、フランス料理のシェフになることを密かに夢見ていた。
レミーは群れを率いるリーダーである父・ジャンゴや兄・エミール、そして群れの仲間たちと暮らし、その優れた嗅覚と味覚の才能を買われて、食料に毒が入っていないかを確かめる検査係を任されていた。しかし、残飯を漁る生活に嫌気が差しているレミーは、「人間には近づくな」という父親の教えに反し、度々家のキッチンに忍び込んでは清潔な食料に手を付け、料理番組を観たり、憧れのシェフ・グストーの料理本を愛読したりしては料理に思いを馳せていた。
ある嵐の日、レミーは思い付いた料理をするため香辛料のサフランを盗もうと、エミールを連れていつものようにキッチンに忍び込む。部屋でつけられたままになっているテレビ画面にグストーのインタビュー映像が流れて喜ぶレミーだったが、同時にグストーが亡くなったことを知り、ショックを受ける。レミーが茫然としていると、それまで居眠りをしていた老婆の目が覚め、レミーとエミールの存在に気が付いてしまう。
逃げ惑うレミーとエミールを老婆はショットガンで追い詰めていき、天井を撃ち抜くと、そこにはレミーの仲間たちがおり、天井と一緒に落ちてきてしまう。あまりに多くのネズミに驚き叫ぶ老婆、ジャンゴの指示で大慌てで家の外へと逃げる群れ。大混乱の状況で、レミーはグストーの著書だけでも一緒に持ち運ぼうとする。雨風が吹きすさぶ中、群れの仲間たちは予め用意していた緊急避難用の船や薬缶などに乗って川に出る。レミーも持ってきた本に乗って同じように川に出て、合流しようとするが、追いかけてきた老婆に阻まれ遅れをとる。
老婆からはかろうじて逃げ切ることができたレミーだったが、完全に仲間たちを見失い、下水道の激しい流れに飲まれてしまうのだった。

グストーの導き

地上に出たレミー。パリの夜景をうっとりと眺める。

元居た場所から遠くへと流されたレミーは家族や仲間たちと再会できることを祈りながら、下水道の中に留まっていた。
空腹に耐えながら、自分と共に流されてきたグストーの本を読んでいると、なんとイラストであるグストーが語りかけてくる。
喋り続けるグストーに驚くレミーだったが、「空腹ならばなぜ地上へと出ない?」と言うグストーの一言と、彼が上を指差したことで、レミーは自分が外に出られることに気付く。
もう一度本を見るともうグストーはただのイラストへと戻っており、レミーは意を決して本をそこに置いたまま壁の排水管を伝って地上へと向かう。
レミーがいた下水道の真上では人間たちが何かのパーティーをしており、人気のない台所には食料が沢山残されていた。空腹だったレミーはすぐに手近にあったバゲットに食らいつこうとするが、またもやグストーの幽霊のようなものが現れ、「料理人なら盗まずに食べ物を作れ」と叱責されてしまう。「食べ物は料理を愛する者の所へ来る」というグストーの言葉に、レミーは久しぶりの食事を諦め、その場を立ち去る。壁の裏を進み、ネズミ用罠や犬を避けながら、レミーはやがて建物の外側へと出る。
屋根の上に辿り着いたレミーの眼下には、エッフェル塔が輝く夜のパリの街が広がっていた。自分がパリの地下にずっといたことに驚くレミー。美しい街の景色をうっとりと眺めていると、目と鼻の先にはグストーのレストラン≪グストー(GUSTEAU'S)≫が建っていたのだった。グストーにここまで導かれたことに興奮し、レミーは店へと向かう。

リングイニとの出会い

リングイニに料理をしているところを目撃されてしまうレミー。

その頃、ディナー時であるレストラン「グストー」の厨房では料理人たちが慌ただしく働いており、その様子を緊張した面持ちで厨房の隅からじっと見ている一人の若者がいた。
若者はアルフレッド・リングイニといい、今は亡き母親のレナータの紹介状を携えて、店で雇ってもらうために来たのだった。現在の料理長であるスキナーは素っ気ない対応でリングイニを早々に帰そうとするが、すでに副料理長のホルストがリングイニを雑用係として採用していた。自分の許可なく雇っていたことに最初は憤慨していたスキナーだったが、雑用係であれば邪魔にはならないと考え、リングイニが店で働くことを許可する。

一方レミーは興味深々の様子でレストランの天窓から厨房の様子を覗き込んでいた。初めて目にする本物のレストランの厨房に興奮するレミーに対してグストーの幽霊は、「誰がシェフ?」「彼は何の役割だと思う?」などとクイズを出す。グストーの本で得た知識から、厨房内の料理人たちのそれぞれの役職を楽し気に推し当てるレミー。厨房内ではリングイニが慣れない様子で床掃除をしており、なんとスープが入った鍋をひっくり返してしまうというとんでもないミスをしでかしていた。
減ってしまったスープをどうにかするために、手当たり次第に食材や調味料を鍋に入れていくリングイニの姿を目撃してしまったレミーはグストーの幽霊にどうにかするように言うが、「私は君の想像の産物だから無理だ」と返されてしまう。
「スープをなんとかしないと!」と慌てふためくレミーの動きによって、閉まっていた天窓が開いてしまい、レミーは厨房内へと落ちてしまう。
見つかったら殺されてしまうかもしれないため、スープの事よりもどうにかして外へ逃げようとするレミーだったが、多くの人間が動き回る厨房内では上手く身動きが取れずにいた。なんとかして開いている窓まで辿り着くが、リングイニが台無しにしたスープの匂いを嗅いでしまい、吐き気を催すほどの酷さにレミーは周りにあった調味料などでスープに手を加えていく。適当なところで切り上げようとするが、グストーの幽霊に「君にならスープを修正できる」と言われ、レミーは外に出ることを止め、本格的にスープを元通りにすることに決める。次第にスープ作りに夢中になるレミーが何者かの視線を感じて動きを止めると、料理をするレミーの姿を呆気に取られた顔で見つめるリングイニが真横にいたのだった。

タッグ結成

協力関係を築くという約束をし、リングイニはレミーを解放することに決める。

レミーとリングイニが目を合わせたまま固まっていると、料理長のスキナーがスープを探してやってくる。レミーはその場からすぐさま逃げようとするがリングイニにざるの中に閉じ込められてしまう。
スープレードルを握りしめたまま鍋の前に立っているリングイニを見て、スキナーはリングイニがスープに何か手を加えたと思い激怒する。
スキナーがリングイニに掴みかかっている間に、料理人の一人がスープを皿に盛りつけ、そのままウェイターに渡してしまう。大慌てでスープが客に供されるのを阻止しようとするスキナーだったが、スープは注文主である婦人の元へと出され、スープを口にした婦人はシェフを呼ぶようにウェイターに頼む。リングイニにクビを宣告し、クレームが来るに違いないとビクビクしながらウェイター長のムスタファと共に客の元へと向かうスキナー。いたたまれなくなったリングイニは厨房から去ろうとするが、副料理長のホルストに襟首を掴まれて引き留められる。
客席から戻ってきたスキナーは言葉を失った様子であり、一緒にいたムスタファによると婦人は有名な料理評論家のルクレアで、スープを絶品と褒めていたということだった。早速スープを味見したスキナーは、「一体なんのまねだ?」と再びリングイニに掴みかかる。そんなスキナーに厨房で唯一の女性料理人・コレットはリングイニのクビを撤回するよう言う。
「『誰でも名シェフになれる』というグストーの信念に基づいて、雑用係であっても見くびらずに料理人として認めるべき」というコレットの意見に他の料理人たちも顔を見合わせて賛同する。
その様子にスキナーはリングイニをクビにすることを止め、コレットには彼の教育係になるように、リングイニ本人には今度自分の目の前で同じスープを作ることを命じる。
騒ぎが一旦落ち着いたのを見計らって、ざるの中から脱出し外に出ようとするレミーに、スキナーが気が付いてしまう。料理人たちが総出でレミーを捕まえようとする中、咄嗟にリングイニが空き瓶の中にレミーを閉じ込める。
「レストランにネズミがいた事が知られてはならないため、店から遠く離れた場所で殺すように」とスキナーに命じられたリングイニは、自転車でノートルダム大聖堂近くのセーヌ川の河岸まで行く。
そのまま瓶ごとレミーを川に流そうとするリングイニだったが、怯えて訴えかけるようなレミーの目に耐えられず思い止まる。
「そんな目で見るな!」とリングイニは叫び、自分がスープを作ったと誤解されていること、そのスープをまた作れと無理難題を言われて困っていることを瓶の中のレミーに訴える。スープに手を加えているレミーの姿を目撃していたリングイニは、「何のスパイスを入れていたのか」とレミーに思わず尋ね、「今度こそ長く働きたい」という胸の内を吐き出す。
自分の言葉に頷くように見えるレミーに驚きを隠せないリングイニだったが、レミーが言葉を理解していることが分かると、絶品だと褒められたスープをまた作れるかどうかレミーに聞く。
早く瓶の中から出たいレミーは、「協力し合おう」というリングイニの言葉に対して強く頷くが、いざ出してもらうと一目散に逃げだす。
逃げ去るレミーを見ながら茫然と立ち尽くすリングイニ。その姿に胸が痛くなったレミーはリングイニの元へと駆け寄るのだった。

問題勃発

リングイニのアパートにて、朝食のオムレツを作るレミー。

リングイニはレミーを連れて自分のアパートへと帰り、レミーに部屋の中を案内する。いびきをかいて眠りこけるリングイニの横で、窓辺に寝床をこしらえてもらったレミーはパリの街をうつらうつらとした目で眺めながら、やがて眠りにつく。
朝になり、リングイニが目覚めるとレミーの姿がない。冷蔵庫からは卵がなくなっており、てっきりレミーは食材を盗んで逃げたものだと思い込むが、レミーは朝食のオムレツを作っていたのだった。
オムレツはとても美味しいものだったが、レミーが向かいのアパートの家庭菜園から取ってきたハーブをスパイスとして入れたことを知り、リングイニは「何か欲しいものがあれば買うから盗まないように」とレミーをたしなめる。そうこうしている内に出勤時間になってしまい、リングイニは食事をとろうとするレミーを引っ掴んで慌てて店へと向かう。
その頃、店では料理人たちが料理評論家のルクレアの批評が載った新聞を読んでいた。
批評は「再びグストーの店に注目したい」という絶賛の内容であり、スキナー以外の料理人たちは驚きながらも喜ぶ。店の外ではリングイニがレミーを体のどこに隠したらいいか悩んでいた。
覚悟を決めて服の中にレミーを入れて店に入ると、厨房ではスキナーが待ち構えており、「時間はかかってもいいからスープを再現するように」とリングイニに言い渡す。
スープ鍋を目の前にして、恐る恐る材料を入れようとするリングイニ。レミーはリングイニの体に噛みつくことで、リングイニが間違った材料を選んでいることを伝えようとするが、痛みに耐えきれないリングイニは食料庫へ向かい、レミーを服の中から出す。
噛み跡がたくさんついた体を嘆きながら、「こんなやり方では無理だから他を考えよう」と強い口調で話すリングイニの後ろにはチーズやソーセージがあり、空腹のレミーはそれを虚ろな目で見つめる。レミーが空腹であったことに気が付いたリングイニは、チーズのかけらをレミーに与え、優しく自分たちの役割分担(レミーは動きを指図し、自分はその通りに動く)についてと、それは他人には分からないようにしなければならないということを話す。
食料庫の中からリングイニの声が聞こえたためスキナーが扉を開けると、そこにはリングイニとネズミの姿があった。リングイニはすぐに明かりを消し、帽子の中にレミーを隠す。「ネズミがいた!」と騒ぐスキナーだったが、ふと我に返り「ここでなにをしている」とリングイニを問い詰め、「すぐ出ていけ!」と言って、食料庫からリングイニを追い出す。
ひとまずレミーが見つからなかったことに安堵するリングイニだったが、食料庫を出た直後、よそ見をしたときに目の前から皿を持って歩いてきたウェイターにぶつかりそうになってしまう。しかし体を海老反りにして、間一髪のところで避けることができた。体が自分の意志とは関係なく反射的に動いたのは、レミーが何かをしたからだと思ったリングイニはレミーに「どうやったのか」と聞くと、レミーはリングイニの髪の毛を引っ張って体を動かしたことが判明する。
レミーにとってもそのような行動は咄嗟のことだったのだが、改めて鏡の前でレミーに髪を引っ張られたリングイニの体は操り人形のように動いてしまう。
その時、レミーとリングイニには同じ考え(レミーがリングイニに動きを指示する方法)がひらめき、その日から彼らの特訓が始まるのだった。

特訓の日々、そしてスープの完成へ

完成したリングイニのスープの味を確認するスキナーと、緊張した表情で見つめるリングイニ。

アパートにて、レミーはリングイニにネクタイで目隠しをさせ、髪を引っ張ることのみで体を動かすことに慣れさせようとする。
最初はひっくり返ったり、物を掴むのも思うようにいかないが、繰り返し練習を積むことで段々とレミーの思うようにリングイニが動けるようになっていく。
料理をする上で必要な動作も可能になった頃、やっとリングイニはレミーの指示の下、厨房でスープを作ることができるようになった。
リングイニが作ったスープの味が以前と同じものであることを確認したスキナーは、「スープだけでは私の店では生き残れない」と言い、コレットに仕事を叩き込んでもらうようリングイニに命じる。
美人のコレットに仕事を教えてもらえることにまんざらでもない様子のリングイニに対してコレットは、「女性である自分が男社会である高級料理界に身を置けているのは努力の結果。雑用係にそんな自分の邪魔なんてさせないから」と厳しく釘をさす。
そんなとげとげしいコレットの態度を嫌がるどころか好意的な眼差しを向けるリングイニだった。

レナータの手紙で判明する衝撃の事実

グストーの遺言状を読む弁護士タロンと、それを後ろで聞くスキナー。

コレットにリングイニを任せたあと、スキナーは料理長室でグストーの名を使った冷凍食品の商品開発の計画を練っていた。開発協力者との話が終わり、部屋に一人になったスキナーは未開封の手紙のチェックを始める。その中にはリングイニが持参してきたレナータの手紙もあり、一応読んでみようと封を開けて中身を読む。
手紙にはなんと「息子はグストーの子である」ということが書いてあり、驚いたスキナーはすぐに顧問弁護士のタロンを呼び寄せる。スキナーが慌てたのには理由があった。グストーの遺言では「自分の死後2年間、相続人が現れなければ店は2番シェフに譲られる」とあり、そこに示されている2番シェフというのはすなわち自分で、死後2年が経過するまで残り1ヵ月を切っていたこのタイミングで実の息子であるという人物(=リングイニ)が現れたからだった。
狼狽するスキナーに弁護士は「リングイニ自身がグストーが実の父親であることを知らず、母親の目的が息子を店で雇ってもらうだけであればそこまで心配する必要はない」と宥め、ショーケースに飾られたグストーのコック帽子に残っていたグストーの髪の毛をハンカチに包むと、「グストーとリングイニの父子関係を調べるためのDNA鑑定をするのでリングイニの髪の毛も採取するように」とスキナーに言う。「心配するな」と弁護士に言われたスキナーだったが、リングイニが実は何かを知っており、レナータの手紙は自分を陥れる罠ではないかと気が気ではなかった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Mr.インクレディブル(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Mr.インクレディブル』とは、ディズニー配給・ピクサー製作、ブラッド・バード監督による長編フルCGアドベンチャー・アニメーション映画。一般市民として暮らしていた驚くべき怪力を持つ元スーパーヒーローが、謎の伝言が届いたことから、再びスーパーヒーローとして同じように特別なパワーを持った妻や子供たちとともに邪悪な敵に立ち向かう。2004年製作・アメリカ作品。

Read Article

インクレディブル・ファミリー(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インクレディブル・ファミリー』とは、2018年に公開されたディズニー/ピクサー製作の長編アニメーション20作目となる映画である。また、アカデミー賞で長編アニメーション賞、音響編集賞を受賞した『Mr.インクレディブル』の続編映画となっている。主人公はMr.インクレディブルの妻であるイラスティガール。ヒーロー活動が禁じられひっそりと暮らしていたが、ある事をきっかけにパー一家は再びヒーローとして活躍を遂げる。それぞれ違った才能を持つヒーロー達の活躍を見て、家族で楽しめるコメディ映画作品である。

Read Article

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

カーズ(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

リメンバー・ミー(Coco)のネタバレ解説・考察まとめ

「リメンバー・ミー(Coco)」とは2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサー・アニメーション・スタジオの劇場公開長編第19作目。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。家族の絆をテーマとしている。

Read Article

モンスターズ・インク(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターズ・インク』とは、ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

カーズ2(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

トイ・ストーリー4(Toy Story 4)のネタバレ解説・考察まとめ

『トイ・ストーリー4』とは、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作、ディズニーの大人気シリーズ『トイ・ストーリー』の第4作目である。ある少女のおもちゃ・ウッディとその仲間たちが新しく加わった、プラスチック製フォークで作られたおもちゃ・フォーキーと一緒に冒険するという物語。キャッチコピーは「あなたはまだ─本当の『トイ・ストーリー』を知らない。」。『トイ・ストーリー2』を最後に登場が無かったボー・ピープとウッディたちの再会なども描かれている。

Read Article

モンスターズ・ユニバーシティ(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターズ・ユニバーシティ』とは、2013年にディズニーとピクサーによって制作された映画である。略称は『MU』。2001年に公開された『モンスターズ・インク(略称:MI)』の続編であり、怖がらせ屋のモンスター・マイクとサリーの大学時代を舞台にしている映画である。夢に向かってひたすら努力をするマイクと才能に頼り、努力を怠けるサリーの出会いから成長への冒険物語。

Read Article

ファインディング・ニモ(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファインディング・ニモ』とは、第76回アカデミー賞で長編アニメ賞を受賞した、ディズニー / ピクサー製作の冒険ファンタジー映画である。 2016年には続編『ファインディング・ドリー』が公開された。人間に捕らえられたニモを助ける為、父親であるカクレクマノミのマーリンが旅の途中で出会ったナンヨウハギのドリーと共に、大冒険を繰り広げる物語を描いている。ニモの居場所がシドニーだと知り、急いで向かう2人に幾度となくピンチが降り注ぐ。旅の終わりに親子の絆を感じる事が出来る、感動が詰まった作品である。

Read Article

ファインディング・ドリー(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファインディング・ドリー』とは、第76回アカデミー賞で長編アニメ賞を受賞した『ファインディング・ニモ』の続編映画であり、その1年後の物語を描いたディズニー / ピクサー製作の冒険ファンタジーアニメーション映画である。極度の忘れん坊のドリーがある事を機に、今まで忘れていた家族を探す冒険を描いている。旅の途中、家族を見つける手掛かりは人間達が海の生物を保護している施設、海洋生物研究所にあると知る。旅の中で親友のニモとマーリンや家族との絆が深まっていく、感動が詰まった映画作品である。

Read Article

インサイド・ヘッド(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インサイド・ヘッド』とは、公開される前からピクサー史上最高傑作と言われた、人間の頭の中が舞台となったアニメ映画である。人間の感情「喜び」「怒り」「悲しみ」「嫌悪」「恐れ」がキャラクターとなり様々なピンチを乗り越えるという内容。それぞれの感情がなぜ必要なのか、子供から大人まで楽しんで見ることの出来る作品である。ピクサー長編アニメーション第1作は『トイ・ストーリー』であり、20年後の2015年に本作が公開されたので「20周年記念作品」とされている。

Read Article

アラジン(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ディズニー製作の大ヒットアニメ映画。 貧しい青年アラジンが王女ジャスミンと出会うことから話は始まる。 願いを三つ叶えてくれるランプの魔人・ジーニーは貧しいアラジンを王子に変身させ、ジャスミンとの恋の成就を後押しする。 しかし、最大の敵であるジャファーの魔の手が忍び寄るのであった。 アラジンとジャスミンが魔法の絨毯で空を舞う際に流れる「ホール・ニュー・ワールド」は珠玉の名曲として知られる。

Read Article

NEW

ムーラン(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ムーラン(原題:Mulan)』とは、アメリカのディズニーで1998年に制作された、古代中国を舞台としたディズニー映画である。中国の伝説の人物である「花木蘭」をモデルに描かれている作品。2020年には実写映画化もされたが、こちらの作品は多くの波紋を呼んでいる。古くからのしきたりに従う周囲に求められる女性としての自分、自分らしく振る舞いたいという気持ちを持つ自分とで葛藤をするムーランが、父の代わりに男装して出兵することをきっかけに多くの困難を乗り越える過程と成長する姿を描いた物語である。

Read Article

美女と野獣(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。 1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。 魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

Read Article

塔の上のラプンツェル(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『塔の上のラプンツェル』とは、2010年11月24日にアメリカで公開された、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作の第50作目の長編アニメーション映画である。バイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で監督を務めた。魔法の髪を持つ少女「ラプンツェル」は幼い頃、魔法の髪を独り占めしようとしたゴーテルにさらわれ、森の中の塔で育てられた。塔から出ることを許されず、誕生日にだけ空に浮かぶ灯りを間近で見るのが夢だった。そんな所に現れた青年フリン・ライダーとその灯りを見に行く旅に出る。

Read Article

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

アナと雪の女王(アナ雪)のネタバレ解説・考察まとめ

「アナと雪の女王」はアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。 日本ではアナ雪の略称でも呼ばれる。 王家の娘、2人の主人公アナとエルサを待ち受ける過酷な運命を描く。 大人から子供まで楽しめるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの名作。

Read Article

美女と野獣(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

フランスの民話を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品。魔女の呪いによって醜い野獣に姿を変えられた古城の王子と美しく聡明な街の娘ベルとの奇跡の愛の物語。ロマンティックな音楽と美しい映像が全編を彩り、信じ合うことで起こる不思議な奇跡が深い感動を呼び起こすファンタジー・ラブストーリー。アニメ作品として初のアカデミー作品賞にノミネートされ、さらに作曲賞と歌曲賞を受賞した。

Read Article

ズートピア(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ズートピア』とは、2016年2月7日にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオより公開されたコメディ・アドベンチャー映画。 新米警察官であるウサギのジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドの2人が、肉食動物と草食動物が共に暮らす大都市ズートピアで起こっている連続行方不明事件を解決するために奮闘する。本作品では、人種問題などの社会問題も描かれている。

Read Article

ムーラン2(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ムーラン2(Mulan II)』とは、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ製作、ディズニーの人気作品『ムーラン』の続編である。『ムーラン』の物語から1ヵ月後、主人公のムーランとシャン将軍が新たな任務を受け、旅に出る物語である。そのため、前作とリンクする部分も多々見受けられる。2005年にアメリカで公開された。日本では劇場での公開は無かったが、2004年に先行してビデオで販売された。一方で、主要キャラクターの中には今回新たに登場する者もおり、新しい『ムーラン』を見せることにも成功している。

Read Article

シュガー・ラッシュ(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

往年の人気TVシリーズを、トム・クルーズ製作・主演、「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督で映画化した大ヒット・アクションシリーズ第4弾。前作から5年後の2011年、日米同時公開。爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む姿を圧倒的なスケールで描き出す。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

【アナと雪の女王】歴代ディズニープリンセスと異なる新しい愛の形【比較考察まとめ】

『アナと雪の女王』とは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による2013年公開のアメリカ合衆国の映画である。日本では『アナ雪』の略称でも呼ばれ、大ヒットを記録した。ディズニー史上初のダブルヒロインともなる今作で描かれるものは、従来のディズニープリンセスの映画では描かれてこなかった愛の形がある。アナ雪で描かれる愛の形について、他のディズニープリンセス作品と比較しつつまとめていく。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

シュガー・ラッシュ:オンライン(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュガー・ラッシュ:オンライン』とは、2012年に公開された『シュガー・ラッシュ』の続編となる長編3DCGアニメーション映画。前作の舞台だったアーケードゲームの世界を飛び出し、おなじみのヴァネロペとラルフの仲良しコンビが広大なインターネットの世界で大冒険を繰り広げる。劇中にはGoogleやTwitterなど実在するIT企業のロゴが登場するなど、インターネット関連のネタが数多く散りばめられている。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作。日本での公開は2018年12月。

Read Article

ポカホンタス(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポカホンタス』とは1995年に公開されたディズニーアニメ映画33番目の作品。ディズニー映画史上、初めて実在の人物を扱った歴史的映画である。映画中盤の挿入歌「カラー・オブ・ザ・ウィンド(Colors of the Wind)」はアカデミー賞で受賞するほど評判が高い。舞台は17世紀初頭のアメリカ、インディアンのポカホンタスが植民地開拓するためにアメリカ大陸に上陸したジョン・スミスに出会い、お互いに恋に落ちる。人種の壁を越えたロマンスは、ディズニーでは異例ともいえる作品だ。

Read Article

プリンセスと魔法のキス(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『プリンセスと魔法のキス』とはウォルト・ディズニー・スタジオが制作した2Dアニメーション・ファンタジー・ミュージカル映画。原題は『The Princess and the Frog』。日本では2010年に公開され、ディズニー初のアフリカ系アメリカ人のプリンセス映画として知られる。アメリカ合衆国ニューオーリンズを舞台に、主人公ティアナと王子ナヴィーンを蛙に変えた魔法と、それを解く「プリンセスのキス」をめぐる冒険を描く。

Read Article

アリス・イン・ワンダーランド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリス・イン・ワンダーランド』とは2010年公開のアメリカの3D映画。監督はティム・バートン。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給。原作はルイス・キャロルの児童文学小説『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』。19歳になったアリスが再びワンダーランドに迷い込み、赤の女王に支配されていたワンダーランドを救う。実写とモーションキャプチャーの技術を使い映画化した。映像が素晴らしく童話の世界観を見事に実写化しており、アカデミー賞では衣装デザイン賞をはじめ、3部門で受賞した。

Read Article

モアナと伝説の海(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『モアナと伝説の海』とは、ディズニー製作のスペクタクル・アドベンチャー映画。2016年公開。この映画は、全米興行収入ランキング3週連続1位、第89回アカデミー賞では主題歌賞、長編アニメーション賞にノミネートされた。モヌトゥイ島に住む16歳の少女モアナは海を愛し、サンゴ礁の向こうの世界にとても魅力を感じていた。ある日、近郊に魚が居なくなり、椰子の実等の果物も腐り始める。島の人々と世界を救う為に大海原へ旅に出るという物語を描いている。

Read Article

アナと雪の女王2(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アナと雪の女王2』は、2019年に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による、アメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画である。2013年に公開された『アナと雪の女王』の続編となっている。キャッチコピーは「なぜ、エルサに力は与えられたのか―。」であり、エルサの力の謎を解き明かす旅に出る冒険物語が描かれている。4柱(はしら)の風、火、大地、水の精霊を周囲の物を使って姿を表現したり、動物の姿で表現したりしている所が魅力である。

Read Article

カーズ/クロスロード(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

Read Article

【あつ森】トイストーリーの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大ヒット映画シリーズ「トイストーリー」を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

『モンスターズ・ユニバーシティ』の「ロアー・オメガ・ロアー」は「嫌な連中」か?

『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する悪役というかライバルキャラの「ロアー・オメガ・ロアー」。二次創作などで人気を誇っているようですが、作中では「嫌なエリート集団」にしか見えません。でもよくよく考えれば、やっぱり魅力もあるし、憎めないんですよね。

Read Article

【スマホアプリ】キングダムハーツアンチェインドキーの魅力【KHUx】

リリースしてから爆発的な人気のスマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」は、次のキングダムハーツシリーズ最新作「キングダムハーツ3」へと続く物語を追うことができるんです。キングダムハーツシリーズのファンはもちろんのこと、キングダムハーツに初めて触れる人でも楽しむことができる「キングダムハーツアンチェインドキー」の魅力を、たっぷりご紹介します!

Read Article

【あつ森】ふしぎの国のアリスの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここではディズニーの名作映画『ふしぎの国のアリス』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【あつ森】ディズニーランドを再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここではディズニーランドを再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【あつ森】アラジンの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここではディズニーの名作映画『アラジン』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【あつ森】塔の上のラプンツェルの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここではディズニーの大ヒット映画『塔の上のラプンツェル』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【あつ森】リロ&スティッチの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここではディズニーの大人気映画『リロ&スティッチ』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

目次 - Contents