トイ・ストーリー4(Toy Story 4)のネタバレ解説まとめ

『トイ・ストーリー4』とは、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作、ディズニーの大人気シリーズ『トイ・ストーリー』の第4作目である。ある少女のおもちゃ・ウッディとその仲間たちが新しく加わった、プラスチック製フォークで作られたおもちゃ・フォーキーと一緒に冒険するという物語。キャッチコピーは「あなたはまだ─本当の『トイ・ストーリー』を知らない。」。『トイ・ストーリー2』を最後に登場が無かったボー・ピープとウッディたちの再会なども描かれている。

フォーキー

原語版声優:トニー・ヘイル/日本版吹替:竜星涼
ボニーがプラスチックのフォークなどで作ったおもちゃ。
自分をゴミだと思い込んでいる。そのため、ゴミ箱に入ろうとする癖がある。その度にウッディがゴミ箱から連れ出していた。
キャンプ場に向かう道中でのウッディの説得により次第に自分がボニーにとって大切なおもちゃであることを自覚していく。
セカンド・チャンス・アンティークショップに潜り込んだ際、ベンソンに追いかけられて逃げ切れず捕まるなど、今作のトラブルメーカーである。

ジェシー

原語版声優:ジョーン・キューザック/日本版吹替:日下由美
プレミア付きのカウガールのおもちゃ。『トイ・ストーリー2』の後半でウッディたちの仲間になった。過去にエミリーという名の持ち主にベットの下に落ちて以来忘れられた挙句見つかった後に捨てられ、倉庫に入れられたことから段ボールなどの暗くて狭いところが苦手。今作ではボニーの母親が週に1回、掃除のためにクローゼットにおもちゃを全てしまうが、それも苦手だった。
ヨーテルが得意で、普段は元気いっぱいでおてんばな性格。口癖は「イー、ヤッホー!」。
大胆なアクションで時に活躍する。
今作ではキャンピングカーの中でウッディたちがフォーキーを連れて戻ってくることを信じてひたすら待っていた。

ドーリー

原語版声優:ボニー・ハント/日本版吹替:田中敦子
人形のおもちゃ。ボニーのおもちゃの中でもかなりお気に入り。
ボニーのごっこ遊びではよく魔女の役になりきっている。
ウッディが来るまでは彼女がおもちゃたちを仕切っていたらしい。
今作でもボニーの家でボニーのごっこ遊びに付き合っている。
また、ウッディがいない間、おもちゃたちの会議を仕切っていた。

トリクシー

原語版声優:クリステン・シャール/日本版吹替:許綾香
青いトリケラトプスの恐竜のおもちゃ。ボニーのおもちゃである。
パソコンを操作するのが得意で、夜はボニーのママのパソコンで近所のおもちゃと連絡を取っている。
レックスと同じメーカーの製品であることから、2人は仲が良い。
今作では、ドーリーと共にボニーとごっこ遊びをしたり、ウッディたちをキャンピングカーで待ち続けた。おもちゃたちがウッディたちが戻ってくるまでボニーたちが出発しないように時間稼ぎをする際には、キャンピングカーのタイヤをパンクさせたり、カーナビを見ながら適当に道案内をし、ボニーのパパを混乱させた。

レックス

原語版声優:ウォーレス・ショーン/日本版吹替:三ツ矢雄二
プラスチック製のティラノサウルスのおもちゃ。ウッディの仲間である。動かせる部分がかなり多い。
恐竜なのにかなり優しい性格で天真爛漫で能天気。物事を知らないためおバカキャラという一面もあるため、仲間や他のおもちゃ、子供にあまり怖がられていない。そのことを少しコンプレックスに感じている。
『トイ・ストーリー2』の通気口を破るシーンなど身体を張る場面ではかなり活躍する。
ゲームが大好き。
おもちゃたちがウッディたちが戻るまでボニーたちが出発しないように時間稼ぎをするシーンでは、キャンピングカーのブレーキを踏み続け、ボニーのパパを困惑させた。

ハム

原語版声優:ジョン・ラッツェンバーガー/日本版吹替:咲野俊介
豚の形をしたプラスチック製の貯金箱。ウッディの仲間。お腹にアンディの小銭が少し貯まっている。
アンディは貯金箱として使うだけでなく、おもちゃとして遊んでいた。
見た目とは裏腹にクールで少し毒舌。鋭い考えの持ち主でなかなか良い意見を述べることができる。
他のおもちゃからは頭の良いキャラという印象を持たれている。
のしかかり攻撃などができる。
今作ではボニーの家でボニーのごっこ遊びに付き合っている。
キャンピングカーの中でウッディたちを信じて待っていた。

スリンキー・ドッグ

原語版声優:ブレイク・クラーク/日本版吹替:辻親八
胴体部分がバネ、頭と尻尾が違う素材でできているダックスフントのおもちゃ。ウッディの仲間。
ウッディと同じぐらい仲間想いな性格をしている。少しお節介ではあるが、気の良い性格である。
アンディの家で飼われている犬のバスターの言葉を通訳することができる。
ウッディとはお互いを信頼する仲であり、自身のバネを活かして向こう岸に渡ったり、橋のような役割を何度も果たしてきた。
今作でも、おもちゃたちがキャンピングカーから降りてタイヤをパンクさせる際、窓と地面を繋ぐはしごのようにバネを伸ばしていた。

ミスター・ポテトヘッド

原語版声優:ドン・リックルズ/日本版吹替:辻萬長
ジャガイモの顔をしたおもちゃ。ウッディの仲間。
目や耳などの顔のパーツを自由に付け替えることができ、遠く離れたところでも目や耳を置いていけばそこで見聞きしたことを感じることができる。ミセス・ポテトヘッドの夫である。
かなり皮肉屋な性格だが、妻のことを思いやることができる。自分をパパと呼ぶリトル・グリーン・メンのことを少し鬱陶しく思っている。
今作では、ボニーの家でボニーのごっこ遊びに付き合っている。
キャンピングカーの中でウッディの今までの活躍をみんなに語り、今回もフォーキーを連れて戻ってくるとウッディたちを信じて待っていた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

カーズ(Cars)のネタバレ解説まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

カーズ2(Cars 2)のネタバレ解説まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

Mr.インクレディブル(The Incredibles)のネタバレ解説まとめ

『Mr.インクレディブル』とは、ディズニー配給・ピクサー製作、ブラッド・バード監督による長編フルCGアドベンチャー・アニメーション映画。一般市民として暮らしていた驚くべき怪力を持つ元スーパーヒーローが、謎の伝言が届いたことから、再びスーパーヒーローとして同じように特別なパワーを持った妻や子供たちとともに邪悪な敵に立ち向かう。2004年製作・アメリカ作品。

Read Article

リメンバー・ミー(Coco)のネタバレ解説まとめ

「リメンバー・ミー(Coco)」とは2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサー・アニメーション・スタジオの劇場公開長編第19作目。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。家族の絆をテーマとしている。

Read Article

シュガー・ラッシュ(映画)のネタバレ解説まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

カーズ/クロスロード(Cars 3)のネタバレ解説まとめ

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

Read Article

スクール・オブ・ロック(School of Rock)のネタバレ解説まとめ

『スクール・オブ・ロック』とは、リチャード・リンクレイター監督によるアメリカの映画。日本では2004年に公開。脚本は出演もしているネッド役のマイク・ホワイト手がける。バンドをクビになってしまい途方にくれていたギタリストのデューイが、一本の電話をきっかけに教師の友人ネッドになりすまして名門小学校の臨時教師となり、子どもたちと共にバンドバトルを目指すコメディである。

Read Article

『モンスターズ・ユニバーシティ』の「ロアー・オメガ・ロアー」は「嫌な連中」か?

『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する悪役というかライバルキャラの「ロアー・オメガ・ロアー」。二次創作などで人気を誇っているようですが、作中では「嫌なエリート集団」にしか見えません。でもよくよく考えれば、やっぱり魅力もあるし、憎めないんですよね。

Read Article

目次 - Contents