リメンバー・ミー(Coco)のネタバレ解説まとめ

Coco2

「リメンバー・ミー(Coco)」とは2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサー・アニメーション・スタジオの劇場公開長編第19作目。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。家族の絆をテーマとしている。

『リメンバー・ミー(Coco)』の概要

『リメンバー・ミー』(原題:Coco)は、2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサーの劇場公開長編 第19作目。
邦題は本作の主題歌から採用されている。家族の絆について描いた作品であり、先祖や亡くなった家族のことを子供たちの世代に語り継いでいくことの重要性を説いている。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。
日本版キャッチコピーは「それは、時を越えて― 家族をつなぐ、奇跡の歌。」。

監督は「トイ・ストーリー3」で有名なリー・アンクリッチ。共同監督としてエイドリアン・モリーナがノンクレジットで参加している他、原案、脚本、作詞を担当。また、「トイ・ストーリー3」の製作担当ダーラ・K・アンダーソンも本作で製作に参加。
メキシコを舞台としており、キャストの多くはヒスパニック系である。原語版の主要言語は英語だが、セリフや劇中曲にはスペイン語が多く用いられている。
死者の日というメキシコ独特の文化を題材として取り入れ、死者の世界は非常にカラフルな色彩が描かれている。また、死者という要素が含まれるため、ピクサー作品としては比較的ダークな要素も描かれる。
同時上映はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の短編アニメーション「アナと雪の女王/家族の思い出(Olaf's Frozen Adventure)」。

制作費は推定1億7500万~2億ドル。アメリカの映画批評サイトRotten Tomatoesでは274件のレビューにより97%の高数値を獲得し、興行収入は全世界で8億ドルを超えるなど、興行・評価ともに大成功している。

スタッフは本作の制作にあたって「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「ジョン・ウィック」を参考にしたと語っている。

『リメンバー・ミー(Coco)』のあらすじ・ストーリー

リヴェラ家

Coco  2020

オープニングシーン。切り紙のアニメーションによりリヴェラ家の過去が解説される。

メキシコの田舎街サンタ・セシリアで暮らすリヴェラ家にかつてミュージシャンだったある男がいた。その男は小さな田舎町の中だけでなく、全世界に自分の音楽を届ける成功を求め家を出るが、二度と戻ってはこなかった。

残された妻イメルダとその娘ココは音楽を憎むようになり、リヴェラ家に「音楽禁止の掟」を立て、去った男の話も禁止した。イメルダはシングルマザーとして一人で娘を育てるため、靴職人となる。以降、リヴェラ家は代々靴職人を稼業とし、音楽禁止を戒め続けてきた。

月日は流れ、イメルダや多くの家族が他界し、去った男の顔や名前を知っているのは娘のココのみとなった。ココはママ・ココとして存命していたがすでに99歳の高齢であり、認知症も患っていて、娘やひ孫のこともうまく認識できず、家を出た父親のことを朦朧とつぶやくばかりだった。

ミゲルと家族とデラクルス

Coco  2017

サンタ・セシリアに設置されたデラクルスを讃える銅像。
代表曲「リメンバー・ミー(Remember Me)」をステージで演奏するデラクルス。しかしこのステージでの事故で彼は亡くなっている。

ココのひ孫にあたる12歳の少年ミゲル・リヴェラは、音楽禁止を掟とする大家族に囲まれて暮らしながら、ミュージシャンを志していた。

彼が尊敬するエルネスト・デラクルスはサンタ・セシリア出身の伝説的ミュージシャンで、1942年にステージ上の事故で亡くなったが、現在でも多くのファンに愛されていて、サンタ・セシリアには彼の銅像や彼を讃える祭壇なども設置されていた。
特に代表曲「リメンバー・ミー(Remember Me)」は誰もが知るほど人気があった。しかし、その曲をステージで演奏中に設置されていた鐘が落下して下敷きになったことで彼は亡くなっていた。

ミゲルは家族に隠れて屋根裏でデラクルスに関するレコードやビデオを集め、更に彼のギターのレプリカを作成し、彼の曲を演奏していた。屋根裏の秘密を唯一知っているのは近所に住む犬のダンテだけだった。

いつかデラクルスのようなミュージシャンになりたいと思っていたが、家族からは靴職人になってほしいと期待されていたため、自身の将来に悩んでいた。特に祖母で家長のエレナからは溺愛されながらも、靴職人としての期待と音楽禁止を強く迫られていた。

死者の日

そんな中、メキシコは年に一回の「死者の日」(メキシコで行われる、亡くなった人々に祈りを捧げる行事。日本の「お盆」に近い。)となり、街中で先祖を迎える準備が行われていた。リヴェラ家の祭壇にも多くの先祖の写真が飾られ、その中には若き日のイメルダとココと、家を去ったココの父親の写真もあったが、家族を捨てた男として疎まれているココの父親は写真の顔の部分が破り取られていた。

同日には街で音楽コンテストが行われる予定であり、ミゲルも参加を熱望していたが、家族から反対されることがわかりきっていた。諦めかけていたが、デラクルスの「夢に向かって手を伸ばし、しっかりと掴めば必ず叶う」という言葉もあり、家族に秘密で出場することにする。

こっそりレプリカのギターを持ってコンテストに向かうミゲルだったが、エレナに見つかりそうになり、一家の祭壇に身を潜める。なんとかその場をやり過ごしたが、飾られていた先祖の写真立てをあやまって落としてしまう。写真立てから出てきた写真の折られて見えなかった部分には、ココの父親が握っているギターが映っていた。そのギターはデラクルスのギターと同一だった。ココの父はデラクルスだと確信したミゲルは興奮し、伝説的ミュージシャンの子孫として自身もミュージシャンになることを家族に宣言するが、猛反対を受ける。更には屋根裏に隠していたデラクルスのレコードやギターなども見つかってしまう。

先祖が偉大なミュージシャンなのに、なぜ自分がなってはいけないのか、とミゲルは言うが、一家は「どんなに偉大でも、家族を捨てた男なんて間違っている」と主張する。

納得できないミゲルだったが、エレナは頑なに反対し、レプリカのギターを壊してしまう。傷ついたミゲルは「こんな家族の一員でいたくない!」と叫び、飛び出してしまう。

死者の世界

Coco 2017   miguel come to the land of the dead

拝借したデラクルスのギターを弾いた瞬間、ミゲルの周囲にマリーゴールドの花びらが舞う。この瞬間から、ミゲルは死者の世界に迷い込む。

ミゲルは家族と決別し、コンテストに参加することを決意するが、ギターが壊されてしまったため、出場ができない。なんとか代わりの楽器を手に入れようとするミゲルは、街の祭壇に飾られているデラクルスが愛用していた本物のギターを無断で拝借することにする。

祭壇に忍びこみ、デラクルスのギターを弾いてみると、ミゲルの周囲に突然マリーゴールドの花びらが舞う。

次の瞬間、周囲の人間はミゲルを見ることも触れることもできなくなっていた。唯一 ダンテだけはミゲルを認識できたが、家族の誰もミゲルに気づかない。

先祖と対面

Coco  article hero 1130x430

自身の先祖たちと対面するミゲル。

そんな中、穴に落ちたミゲルは通りすがりの女性に助けられたが、その人物は全身が骸骨姿の死者だった。いつの間に周囲には死者であふれ、彼らはミゲル以外には認知されていない。
混乱するミゲルがある死者にぶつかると、その相手はミゲルを知っていた。他にもミゲルを知っている死者が集まり、彼らは「私達は君の家族だよ」と言う。服装や輪郭から、彼らは何年も前に他界したリヴェラ家の先祖達だったことに気がつく。
ミゲルは死者の世界に迷い込んでしまった。

しかし、なぜミゲルは生きているのに死者の世界に来てしまったのかがわからない。解決策を得るため、ミゲルは先祖達とマリーゴールドの橋を渡って死者の国まで行くことにする。

ゲートとヘクター

Coco   all best scenes   trailers.mp4 000203799

死者の国の街並み。色彩鮮やかな街にミゲルは驚く。

死者の国は非常に色彩鮮やかな街であり、街並みの美しさにミゲルは感嘆する。

死者の国にはゲートがあり、そこでは通過審査が行われていた。死者が生者の世界へ行くためには、死者の日に生者が祭壇に自分の写真を飾っていることが条件だった。
ミゲル達が死者の国に入ろうとすると、ある人物が生者の国に行こうとしていた。その人物は、自分は有名女性画家のフリーダ・カーロであり、審査なんか受けるまでもないと語っていたが、実際はフリーダ・カーロに変装しただけの男性ヘクターであり、審査の結果、誰も彼の写真を飾っていないという。
ヘクターは強引に生者の世界に行こうとするが、橋の途中で力尽き、強制的に戻された。

イメルダと対面

Coco   all best scenes   trailers.mp4 000496312

イメルダから祝福を受けるミゲル。

ミゲルと先祖達はゲートの審査官に事情を話し、ミゲルを死者の国に入れる。
死者の国の中では、ミゲルのひいひいおばあさん、祖母の祖母にして死者の国でのリヴェラ家の家長・イメルダがいた。イメルダは写真が飾られていないと審査結果が出て橋を渡れなかったのだが、そんなことはあり得ないと審査官に怒鳴っていた。ミゲルが祭壇のイメルダの写真を落としてしまい、そのまま持ってきてしまっていたことが原因だった。

ミゲルはイメルダと対面し、事情を話す。ミゲルが死者の世界に迷い込んでしまった理由は、「死者の日に死者の持ち物を盗んだ者は、死者の世界に飛ばされる」というルールによるものだった。
イメルダはミゲルが盗みをはたらいたこと、しかも禁じられてるはずの音楽をやろうとしたことに憤慨する。先祖達もやはり一家に音楽を禁じていた。

死者の世界に迷い込んだ生者は、死者の国で日の出を迎えるまでに生者の世界へ戻らないと永久に帰れなくなるという。
ミゲルが生者の世界に戻る方法は簡単で、「先祖から祝福を受けること」(先祖がマリーゴールドの花びらを持って祝福を与えると告げて、相手に花びらを渡せばいい)だけだった。
イメルダは早々にミゲルに祝福を与えて戻そうとするが、その際に条件を付け加える。「イメルダの写真を祭壇に戻すこと」と「二度と音楽はやらないこと」だった。
ミゲルは後者の条件に不満だったが仕方なく了解し、生者の世界へ戻るが、すぐそばに飾られたままのデラクルスのギターを手に取るとコンテストに出場するため駆けだした。

条件を破ったため、ミゲルはたった2秒で死者の世界に戻ってきてしまった。

デラクルスへの道

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

アナと雪の女王(アナ雪、Frozen)のネタバレ解説まとめ

「アナと雪の女王」はアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。 日本ではアナ雪の略称でも呼ばれる。 王家の娘、2人の主人公アナとエルサを待ち受ける過酷な運命を描く。 大人から子供まで楽しめるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの名作。

Read Article

Mr.インクレディブル(The Incredibles)のネタバレ解説まとめ

『Mr.インクレディブル』とは、ディズニー配給・ピクサー製作、ブラッド・バード監督による長編フルCGアドベンチャー・アニメーション映画。一般市民として暮らしていた驚くべき怪力を持つ元スーパーヒーローが、謎の伝言が届いたことから、再びスーパーヒーローとして同じように特別なパワーを持った妻や子供たちとともに邪悪な敵に立ち向かう。2004年製作・アメリカ作品。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

塔の上のラプンツェル(Tangled)のネタバレ解説まとめ

『塔の上のラプンツェル』とは、2010年11月24日にアメリカで公開された、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作の第50作目の長編アニメーション映画である。バイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で監督を務めた。魔法の髪を持つ少女「ラプンツェル」は幼い頃、魔法の髪を独り占めしようとしたゴーテルにさらわれ、森の中の塔で育てられた。塔から出ることを許されず、誕生日にだけ空に浮かぶ灯りを間近で見るのが夢だった。そんな所に現れた青年フリン・ライダーとその灯りを見に行く旅に出る。

Read Article

カーズ(Cars)のネタバレ解説まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

美女と野獣(Beauty and the Beast)のネタバレ解説まとめ

フランスの民話を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品。魔女の呪いによって醜い野獣に姿を変えられた古城の王子と美しく聡明な街の娘ベルとの奇跡の愛の物語。ロマンティックな音楽と美しい映像が全編を彩り、信じ合うことで起こる不思議な奇跡が深い感動を呼び起こすファンタジー・ラブストーリー。アニメ作品として初のアカデミー作品賞にノミネートされ、さらに作曲賞と歌曲賞を受賞した。

Read Article

カーズ2(Cars 2)のネタバレ解説まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

美女と野獣(実写映画、Beauty and the Beast)のネタバレ解説まとめ

美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。 1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。 魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

Read Article

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

ムーラン(Mulan)のネタバレ解説まとめ

古代中国を舞台としたディズニー映画でアニー賞作品賞を受賞。中国の伝説の人物である「花木蘭」をモデルに描かれている作品。主題歌はクリスティーナ・アギレラの「Reflection」である。 ムーランは古くからのしきたりにより、求められる自分と本当の自分とで葛藤をする。そんなムーランにある転機が。様々な困難を乗り越えて自分の運命を切り開いていくムーランの物語である。

Read Article

カーズ/クロスロード(Cars 3)のネタバレ解説まとめ

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

Read Article

ズートピア(Zootopia)のネタバレ解説まとめ

『ズートピア』とは、2016年2月7日にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオより公開されたコメディ・アドベンチャー映画。 新米警察官であるウサギのジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドの2人が、肉食動物と草食動物が共に暮らす大都市ズートピアで起こっている連続行方不明事件を解決するために奮闘する。本作品では、人種問題などの社会問題も描かれている。

Read Article

アラジン(Aladdin)のネタバレ解説まとめ

ディズニー製作の大ヒットアニメ映画。 貧しい青年アラジンが王女ジャスミンと出会うことから話は始まる。 願いを三つ叶えてくれるランプの魔人・ジーニーは貧しいアラジンを王子に変身させ、ジャスミンとの恋の成就を後押しする。 しかし、最大の敵であるジャファーの魔の手が忍び寄るのであった。 アラジンとジャスミンが魔法の絨毯で空を舞う際に流れる「ホール・ニュー・ワールド」は珠玉の名曲として知られる。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

『モンスターズ・ユニバーシティ』の「ロアー・オメガ・ロアー」は「嫌な連中」か?

『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する悪役というかライバルキャラの「ロアー・オメガ・ロアー」。二次創作などで人気を誇っているようですが、作中では「嫌なエリート集団」にしか見えません。でもよくよく考えれば、やっぱり魅力もあるし、憎めないんですよね。

Read Article

【スマホアプリ】キングダムハーツアンチェインドキーの魅力【KHUx】

リリースしてから爆発的な人気のスマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」は、次のキングダムハーツシリーズ最新作「キングダムハーツ3」へと続く物語を追うことができるんです。キングダムハーツシリーズのファンはもちろんのこと、キングダムハーツに初めて触れる人でも楽しむことができる「キングダムハーツアンチェインドキー」の魅力を、たっぷりご紹介します!

Read Article

目次 - Contents