ゴジラvsコング(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラvsコング』とは、“怪獣王”ゴジラと“髑髏島の巨神”コングの熾烈な戦いを描いた、2021年公開のハリウッド映画。2014年から続く『モンスターバース』シリーズの四作目である。
あらゆる怪獣の王として君臨するも、人類に対しては中立の立場を取っていたゴジラ。しかしある時巨大企業エイペックス・サイバネティクスの本社がゴジラに襲われる。人類はゴジラに匹敵する力を持つコングを唯一の対抗手段と目して様々な計画を進めていくが、その裏には世界の覇者にならんとする者たちの邪悪な思惑が隠されていた。

『ゴジラvsコング』の概要

『ゴジラvsコング』(原題:Godzilla vs. Kong)とは、“怪獣王”ゴジラと“髑髏島の巨神”コングの熾烈な戦いを描いた、2021年公開のハリウッド映画。日本の映画会社東宝が生み出した世界的キャラクターである「怪獣王ゴジラ」を、アメリカのレジェンダリー・エンターテインメント社がフランチャイズ契約して製作された、ハリウッド版怪獣映画シリーズ『モンスターバース』(MonsterVerse)の四作目である。

『モンスターバース』は、2014年公開の第一作『GODZILLA ゴジラ』が当時の興行収入一位を記録したことを皮切りに、世界的に人気と評価を集めた作品であり、当初の発表においては本作はその最終作となる予定だった。そのためファンの期待は高く、グッズ展開なども盛んに行われていたものの、COVID-19の世界的蔓延によりアメリカ、ヨーロッパ、台湾以外の地域では三か月ほど公開が遅れることとなった。
公開後はファンを中心に高い評価を集め、「シリーズ最高傑作」との声も多く寄せられる。北米において有名な映画指標であるシネマスコアでは、『モンスターバース』シリーズで初のA評価を受けている。本作を含めて『モンスターバース』への高い人気を受け、レジェンダリー・エンターテインメント社は同シリーズの新作の製作を発表。この作品の売り上げ次第では、さらなる続編の展開もありうるとしている。

人類の前に突如現れた、巨大な古代生物“怪獣(タイタン)”たち。その中でももっとも強大な力を持つゴジラは、最強の敵である宇宙怪獣キングギドラを降し、自らに歯向かう怪獣たちも次々と打ち破り、名実共に怪獣たちの王として君臨していた。
そのゴジラは人間に対しては「邪魔しなければ攻撃しない」といった中立の立場を取っていたが、ある時巨大企業エイペックス・サイバネティクス(以下エイペックス)の本社を突如として襲撃。施設を徹底的に破壊し、甚大な被害を生み出す。

人類はゴジラに匹敵する力を持つコングを唯一の対抗手段と目し、これを利用してゴジラを倒すための様々な計画を進めていく。一方「なぜゴジラは急に人間を襲い始めたのか」を疑問に感じる人々が、独自にその謎に迫っていく。そこには、怪獣の力を利用して世界の覇者にならんとする者たちの邪悪な思惑が隠されていた。

『ゴジラvsコング』のあらすじ・ストーリー

これまでの『モンスターバース』

『GODZILLA ゴジラ』

『GODZILLA ゴジラ』のポスター用画像。

2014年、アメリカの特務研究機関モナーク(MONARCH)が調査していた巨大な繭から、古代生物ムートーが孵化する。同時に海中に潜んでいた巨大生物ゴジラも人類の前に姿を現し、繁殖のために合流しようとする雄と雌のムートーを追ってアメリカに上陸する。
雌雄のペアとなったムートーはラスベガスやサンフランシスコを蹂躙し、米軍はこれを撃退するために様々な策を講じる。そのどれもが失敗に終わるかと思われたその時、ゴジラがムートーに襲い掛かる。期せずして共闘することとなったゴジラと米軍は、互いを利用する形でムートーのペアを撃破する。
無残に破壊された街並みを尻目に、悠然と海中に去っていくゴジラ。人知を超えたその力を見せつけられた人類は、「果たしてゴジラは“人類の味方”と呼べる存在なのか」という残酷な命題を突き付けられる。

『キングコング: 髑髏島の巨神』

『キングコング: 髑髏島の巨神』のポスター用画像。

太平洋に位置する髑髏島(どくろとう)。巨大台風並みの暴風雨に閉ざされたそこには、“怪獣(タイタン)”と呼ばれる巨大生物たちの故郷・人類未踏の地下世界につながる空洞があるとされていた。米軍がベトナムからの撤退を決めた1973年、怪獣の存在とその脅威について極秘に調査を進めていた特務研究機関モナークは、髑髏島の謎を解き明かそうと調査隊をここに送り込む。そこに待っていたのは、島を我が物顔で闊歩する怪獣たちと、その頂点に君臨するコングの姿だった。
もはや調査を進めるどころではなく、島からの脱出を目指す調査隊。そこに怪獣たちが襲い掛かり、仲間が次々と命を落としていくも、島民であるイーウィス族たちの助けを得てなんとか脱出ポイントへと辿り着く。
彼らが悪意の来訪者ではないことを悟ったコングは、なおも調査隊に襲い掛かる怪獣をその剛腕で退ける。かくして調査隊は本来の目的を果たすことはできなかったものの、コングという強大な怪獣の情報をモナークへと持ち帰るのだった。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

左からゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラ。

ゴジラが姿を現して以降、その人知を超えた力を見た人々の間には、「人類は地球の王者ではない」という事実が戦慄と共に芽生え始めていた。一方で「怪獣こそ人間が狂わせた自然のバランスを調停するための地球の意志の体現者なのではないか」という思想も生まれ、世界は渾沌とした空気に覆われていた。
「怪獣の力で自然を回復させる」ことを夢見たエマ・ラッセルは、同様に怪獣の力で現代の国家間のパワーバランスを崩壊させることを目論むテロリストと手を組み、最強の怪獣キングギドラを復活させる。それに呼応して、世界各地で眠っていた怪獣たちも目覚め、ここにその頂点に立つ存在を決める怪獣たちの決戦が幕を上げる。

キングギドラは地球で誕生した怪獣ではなく、地球環境からすれば“異物”だった。そのため地球環境への被害を意に介さずに暴れ回り、世界中で活動する怪獣を次々に撃破し、同時に街を、国を蹂躙していく。これに対抗できるのはゴジラしかいない。そう考えたモナークの工作により、ゴジラとキングギドラはボストンの地で激突。己の過ちを悟ったエマは、せめてキングギドラを倒そうと、決死の覚悟でゴジラを援護し、そのまま命を落とす。壮絶な死闘の末にゴジラは勝利し、生き残った怪獣たちは彼を自分たちの王だと認めてかしずく。ここに“怪獣王”ゴジラが誕生したのだ。
一方、一連の戦いに関わることのなかった髑髏島では、「巨大な猿と恐竜のような怪物が戦う様が描かれた壁画」が発見される。

エイペックスへの襲撃

エイペックス・サイバネティクス本社を放射熱線で焼き払うゴジラ。

ゴジラがキングギドラを降してから五年が経過した。ゴジラは自分に歯向かう怪獣を次々に打ち破り、名実共に“怪獣王”として君臨していた。
そのゴジラは人間に対しては「邪魔しなければ攻撃しない」といった中立の立場を取っていたが、ある時巨大企業エイペックス・サイバネティクスの本社を突如として襲撃。施設を徹底的に破壊し、甚大な被害を生み出す。

エイペックスの派遣社員で、「うちの会社は何かの陰謀を隠している」という妄想に取りつかれているバーニー・ヘイズは、その証拠を手に入れるまたとないチャンスだと社内の機密区域に侵入。そこで人間の背丈ほどもある目玉のような装置を発見する。
やはり自分の推測は正しかったと喜ぶバーニーだったが、ゴジラが接近しているのを見てそれ以上の調査を断念。必死に逃げまどい、なんとかこの場を切り抜ける。

ゴジラが唐突に牙を剥いたことに人々は戦慄し、これに対抗する手段を求めるようになっていく。白羽の矢が立てられたのは、“髑髏島の巨神”ことコングだった。
髑髏島で発見された壁画には、ゴジラとコングが戦う姿が描かれていた。これは人類の誕生以前から、この二大怪獣が戦い続けてきた好敵手同士であることの証である。

元モナークのネイサン・リンドは、エイペックスのCEOであるウォルター・シモンズと、同主任研究員である芹沢蓮(せりざわ れん)の来訪を受ける。彼らは怪獣たちの誕生した場所である地下空洞世界・ホローアースを目指す計画を立てていた。そこに存在するはずの、怪獣をも生み出す強大なエネルギーを手に入れ、これを利用してゴジラを葬ろうというのだ。
かつてホローアースを目指し、その冒険の中で兄を失い、世間から非難と嘲笑を受けたネイサンは、自身の提唱した説の正しさを今度こそ証明するために、「水先案内人を務めてほしい」というウォルターたちの提案を受け入れる。

コングと語る少女

「ゴジラが人類に牙を剥いたのには、何か理由があるはずだ」。そう信じたマディソン(右)は、学友のジョシュ(左)と共に調査に乗り出す。

ホローアースを目指すために、ネイサンたちには必要なものが二つ存在した。そこに辿り着くための乗り物と、案内役となる“人類に力を貸してくれる怪獣”である。
ホローアースに通じる洞窟は、一定から先で重力が反転している空間があり、生身でここを通過すれば人間の肉体など簡単に潰れてしまう。かつてネイサンの兄が命を落としたのもこれが原因だった。エイペックスは一台で大都市七日間分もの電力を賄うほどの出力を持つ飛行探査機ヒーヴ(HEAV)を開発しており、前者の問題は解決。後者の問題の解決のため、ネイサンはかつてモナークで同僚だったアイリーン・アンドリュースの力を借りることを思いつく。

アイリーンは長年コングの生態について調べており、事実上その第一人者でもあった。人類に明確な敵意を示したことのないコングなら、今回の計画のためにうまく利用できるのではないか。そう考えたネイサンは、数年前に巨大台風に襲われた髑髏島へと赴く。かつて島の周囲で荒れ狂っていた暴風雨は怪獣たちの活動で消え失せ、同時にその内部の環境も激変。モナークはコングを保護し、かつ本格的に研究するために様々な人と物資を送り込んでいた。
ネイサンがホローアース探索計画について打ち明けると、アイリーンは難色を示す。人類のためならコングを利用してもいいということにはならないと反論するアイリーンだったが、ネイサンは「髑髏島の環境が変わった今、コングだっていつゴジラに襲われるか分からない」と食い下がる。イーウィス族の最後の生き残りで、今はアイリーンの養女となっている言葉のしゃべれない少女ジアは、手話を使ってコングに意志を伝えることが可能だった。これを見たネイサンは、ジアがいれば計画はより確実なものになると期待し、アイリーンを強引に説き伏せる。

その頃、エマ・ラッセルの娘であるマディソン・ラッセルは、世界的に広まる“ゴジラ脅威論”を受け入れられずにいた。かつてゴジラを間近で見た彼女には、「この怪獣は“地球意志の代弁者”のような、人間の善悪では計れない超然とした存在だ」という想いがあった。そのゴジラが必要の無い暴威を振るう怪物になったとは、とても信じられなかったのである。
ゴジラが人類に牙を剥いた理由をどうしても知りたいと考えたマディソンは、学友のジョシュ・ヴァレンタインをむりやり巻き込んで行動を開始。「怪獣の真実」というポッドキャストを公開しているバーニーに接触し、彼と共にエイペックスの暗部に迫っていく。

洋上の決闘

空母の上で戦うゴジラとコング。

ネイサンがアイリーンを説き伏せたことで、ホローアース探索計画は実行に移される。ホローアースに続くとされていた髑髏島の洞窟は崩落してしまっていたため、一行は南極にあるもう一つのホローアースへの入り口へとコングを輸送することとなる。
大型の空母と輸送船で、コングと必要な物資を運搬する中、ある事実が明らかとなる。実はコングはいくつかの手話を修得しており、気を許しているジアに対してのみほぼ完全な意思疎通ができる状態にあったのだ。これを知ったネイサンは、自分たちの成功にはジアの協力が不可欠だと考え、なんとか彼女の歓心を買おうと計画の必要性を訴える。しかしジアはコングを利用しようとするネイサンを警戒し、「あなたは臆病者だ」と手話を使って彼を罵る。

手話の分からないネイサンは、アイリーンに「この子はなんと言っているんだ」と尋ね、悪戯心を発揮した彼女は「“あなたは勇敢だ”と言っている」と答える。それを聞いたネイサンは、ようやくジアが自分のやろうとしていることを認めてくれたと、どこか照れ臭そうに笑みを浮かべるのだった。
しかし南極を目指す航路の中、突如海中からゴジラが現れる。コングと物資を守るため、輸送艦隊は砲撃とミサイルを雨のごとく浴びせるもまったく効果がなく、ついにゴジラは空母の上でコングと相対する。轟然とこれに殴りかかるコング、負けじと反撃して相手を薙ぎ倒すゴジラ。狭い場所で殴り合った末、コングのタックルがゴジラを海の中へと叩き落す。だがもともと海中を普段の生活の場としているゴジラは、それを意に介することなく放射熱線を吐いて応戦。海中からの飛び道具に対して有効な手立てのないコングは翻弄され、海に落ちたところでゴジラの尻尾に締め上げられて身動きを封じられてしまう。

このままではコングが溺れてしまう。アイリーンは咄嗟に爆雷を落とすことを艦隊司令に提案し、この援護によりなんとかコングはゴジラの拘束から脱出。輸送船の上まで這い上がるも、そこで精魂尽きて気を失う。ゴジラに対抗するあらゆる手段が失われたところで、ネイサンは「船の動力を止めろ」と言い出す。「今までの行動を考えれば、戦う相手がいなくなればゴジラは去っていくのではないか」という推測に基づいたこの奇策は見事に成功し、ゴジラはそれ以上コングや一行を襲うことなく退いていく。こうしてネイサンたちは九死に一生を得るのだった。

エイペックスの野望

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

マッドマックス 怒りのデス・ロード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

前作『マッドマックス/サンダードーム』以来、27年ぶりに製作された『マッドマックス』シリーズの第4作。2015年公開のオーストラリア映画。第88回アカデミー賞では10部門にノミネート、最多の6部門を受賞した。石油も水も尽きかけた世界。資源を独占し、暴力で民衆を支配する軍団に捕われた元・警官マックスは、自由への逃走を開始。凄まじい追跡、炸裂するバトル。絶体絶命のピンチを迎えた時、決死の反撃が始まる。

Read Article

歴代ゴジラの作品像、描かれ方、設定、特徴、見た目・ビジュアルまとめ

東宝が誇る世界の怪獣王、ゴジラが初めてスクリーンに姿を現したのは1954年。そこから現在に至るまでゴジラは姿形設定を変え、見るものを魅了してきた。1954年から2018年までスクリーンに登場してきた歴代のゴジラの劇中での作品像、活躍、描かれ方、設定、特徴、見た目・ビジュアルに焦点を充ててまとめていく。

Read Article

MAN WITH A MISSION(マンウィズ・MWAM)の徹底解説まとめ

MAN WITH A MISSIONとは、日本で活躍する5人組ロックバンド。日本語に訳すと「使命を持った男」という意味を持つ。人間の体に狼の頭という「究極の生命体」の5人で構成される。デビュー当初は独特のビジュアルからコミックバンドなどと捉えられることもあったが、完成されたサウンド、圧倒的なライブパフォーマンスで、今や世界にも通用する日本が誇るロックバンドである。結成時期は公開されておらず、5人の素顔も謎に包まれている。マンウィズ、MWAM、オオカミバンドなどと呼ばれている。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

ベイビー・ドライバー(Baby Driver)のネタバレ解説・考察まとめ

『ベイビー・ドライバー』とは2017年にアメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。主人公ベイビーが音楽を聴く事で驚くべきドライビングテクニックを発揮し、逃がし屋として活躍する姿を描いた作品。更にアクションだけではなく、一目惚れした彼女との初々しい恋愛をも描いている。監督はエドガー・ライト、主演はアンセル・エルゴートが務めた。 映像と音楽が完璧にシンクロするという今までになかった爽快アクション映画。

Read Article

キングギドラ(ゴジラシリーズ)の徹底解説・考察まとめ

キングギドラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣で、1964年のシリーズ第5作「三大怪獣地球最大の決戦」で初登場して以来、多くの怪獣映画に登場を果たしている。 竜のような3本の首と2本の尻尾、コウモリのような巨大な翼、黄金の体と、一度見たら忘れられないインパクトを持った見た目が特徴的。度々ゴジラと激突していることから、ゴジラ最大のライバルとも称される。

Read Article

ゴジラVSキングギドラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キャッチコピーは「お前だけには絶対負けない!」、「世紀末、最大の戦いが始まった。」、「12・14決戦!」。 「ゴジラvsキングギドラ」は、1991年12月14日に公開されたゴジラシリーズ第18作目で、東宝創立60周年記念作品。 ゴジラのライバルである人気怪獣キングギドラが再登場し、ゴジラとの戦いを描いた怪獣映画。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

メカゴジラの徹底解説・考察まとめ

メカゴジラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する怪獣の一体。 その名の如くゴジラを模した姿のロボットであり、視覚的に分かりやすいコンセプト、カッコよさ、劇中で見せる圧倒的な強さから人気の高い怪獣である。 劇中の描写には、映画製作当時におけるロボットや機械に対するイメージが反映されており、各作品ごとの特色がみられる点が興味深い。

Read Article

ガイガン(Gigan)のネタバレ解説・考察まとめ

ガイガンとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣である。 初登場作品は1972年のシリーズ第12作「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」で、その後も度々シリーズに出演している。「未来怪獣」「サイボーグ怪獣」の異名通り、ゴーグル状の単眼、鉤爪状の手、腹部に回転ノコギリと全身武器の凶悪怪獣であり、その華麗な姿と残忍な戦いぶりから、根強い人気を誇る怪獣である。

Read Article

シン・ゴジラ(庵野秀明)のネタバレ解説・考察まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

84ゴジラ(The Return of Godzilla)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラ(The Return of Godzilla)とは、日本を代表する特撮映画「ゴジラシリーズ」の第16作目として、1984年に公開された怪獣映画。1954年以来、30年ぶりに出現したゴジラと人間の戦いを、当時の世界情勢等も織り交ぜながらリアリティ溢れる描写で描いている。 1990年代のヒットシリーズとなる「平成VSシリーズ」の事実上の第一作目にして、導入部にあたる作品でもある。

Read Article

GODZILLA 怪獣惑星(アニゴジ)のネタバレ解説・考察まとめ

『GODZILLA 怪獣惑星』とは1954年から続く怪獣映画「ゴジラ」を原作としたアニメ映画作品。脚本は虚淵玄、監督は静野孔文、瀬下寛之。 人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。その中でも圧倒的な力を持ったゴジラによって半世紀に渡り敗走を重ねた人類は、種全体の存続のため宇宙への脱出を余儀なくされる。22年後、再び地球を人類の手に取り戻すため、主人公ハルオを筆頭にゴジラと戦う様を描く。

Read Article

いぬやしき(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 「人を助けることで生を実感する男」と「人を殺すことで生を実感する男」の戦いが描かれる。

Read Article

キャロル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャロル』(原題:Carol)とは、パトリシア・ハイスミスの半自伝的小説に基づいた、1950年代を舞台に2人の女性の恋愛模様を美しくリアルに描いた恋愛映画。監督は、トッド・ヘインズで、主演をケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラの2人が務め、2015年公開となった。ルーニー・マーラが第68回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞したほか数々の映画賞にノミネートされた。ニューヨークを舞台に離婚調停中の人妻キャロルと、彼女に心を奪われた女性テレーズとのせつない恋愛が描かれている。

Read Article

実写版「銀魂」メインキャストが出揃う!※キャラ絵との比較画像、公式最新動画掲載

主役の銀さん以外のキャスティングが発表になりました。それぞれドラマや映画で主役を張れる方達の揃い踏みです。そこで「銀魂実写化!」の妄想キャスティングと同じような感じで、画像を並べてみました。 メインキャストのビジュアルや予告動画、主題歌などについての情報は、その都度紹介していきます。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

覆面をしているバンドってありますよね?お面だったり、被り物だったり。中には全く顔出しをしないバンドもあれば、途中から堂々と顔を出したり、覆面を辞めたり。ライブでは外しているバンドもあれば、絶対に顔出ししないバンドもあり。そんな魅力ある覆面バンドをいくつか集めてまとめてみましたので、ご覧下さい!

Read Article

10月放送の新作ガンダムの主題歌を担当する「MAN WITH A MISSION」の代表作3選!

2015年10月より放送が始まる「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主題歌担当に抜擢されたロックバンド「MAN WITH A MISSION」。狼男の姿でロックを奏でる異色のバンドとして急激に人気を集めている通称・マンウィズは、これまでにも有名な作品の主題歌として楽曲を提供してきました。 今回はそんなマンウィズの代表作を3曲ご紹介致します。

Read Article

いぬやしき(第4話『鮫島』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 弁当屋で働くふみのは恋人からプロポーズされ、幸せな生活を過ごしていた。しかし、ヤクザの鮫島によってその幸せは奪い去られる。犬屋敷はふみのを助けるために行動する。 今回は「いぬやしき」第4話『鮫島』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第11話『地球の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 犬屋敷はついに家族に機械の体を持つことを打ち明ける。家族はそれを受け入れ、犬屋敷たちは幸せな日々を送っていた。しかし、その幸せは巨大隕石が地球に迫っているという発表でかき消されてしまう。今回は「いぬやしき」第11話『地球の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第9話『新宿の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察を襲った獅子神の行動はどんどん加速する。日本に宣戦布告した獅子神は無差別に殺人を始める。犬屋敷と安堂は獅子神を止めるべく行動を始める。今回は「いぬやしき」第9話『新宿の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第6話『2chの人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察に追われた獅子神に声をかけたのはクラスメイトの渡辺しおんだった。彼女の元で息を潜める獅子神だったが、母親が世間の目に晒されていた。そして獅子神に悲劇が訪れる。 今回は「いぬやしき」第6話『2chの人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第2話『獅子神皓』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 高校生・獅子神皓は宇宙人に改造され、機械の体になった。獅子神はその力で友達をいじめの手から救おうと考える。心優しい面を見せる一方で、獅子神はどこか狂っていた。そして同じ力を持つ二人が顔をあわせる。 今回は「いぬやしき」第2話『獅子神皓』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第10話『東京の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 獅子神が落とした飛行機で東京は大パニックに陥った。犬屋敷は被害を減らそうと尽力するが、それを獅子神に知られてしまう。麻理が危険にさらされる中、二人は再会する。今回は「いぬやしき」第10話『東京の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents