カーズ/クロスロード(Cars 3)のネタバレ解説まとめ

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

『カーズ/クロスロード』概要

「カーズ/クロスロード」は2017年7月15日公開のブライアン・フィー監督によるピクサー制作の長編アニメーション映画作品。ピクサーの長編映画としては18作目でカーズシリーズの第3弾で日本では「カーズ3」ではなく「カーズ/クロスロード」のタイトルで公開された。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンが大クラッシュをし再び表舞台に戻るために新しい相棒に支えられながら奮闘する物語。マックィーンが人生の岐路でどんな決断をするのかが大注目の作品。

『カーズ/クロスロード』のあらすじ・ストーリー

「ピストン・カップ」で7回の優勝を誇る人気ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンは最新テクノロジーを駆使した新世代ルーキーの「ジャクソン・ストーム」に追い抜かれて優勝を逃した。ストームの生意気な態度を忌々しく思ったマックィーンはストームをライバル視するようになる。その後ストームは連勝し、マックィーンは連敗が続いた。次々と現れる次世代レーサーに旧世代のレーサーは次々と引退してしまい、マックィーンは焦りに駆られてしまう。マックィーンはシーズン最後のレースで無理に速度をあげたことで制御できなくなり壁に衝突し激しいクラッシュをしてしまう。

事故から4か月後、怪我から回復したマックィーンはチームの本拠地がある「ラジエーター・スプリングス」で今後のことについて考えていた。マックィーンは今は亡きマックィーンの師匠「ドック・ハドソン」がレーサーを引退する一因となったクラッシュ事故の映像を見て、自分もドックと同じように引退に追い込まれてしまうかもしれない、自分にはもう居場所はないのかもしれないと恋人のサリーに打ち明けた。しかしサリーやラジエーター・スプリングスの仲間たちがマックィーンを励まし、マックィーンを立ち直らせたのだ。マックィーンは自分のスポンサーの「ラスティーズ」がレーサー育成施設「ラスティーズ・レーシング・センター」を新設したことを知りそこへ向かった。
ラスティーズ・レーシング・センターへ着くと、ラスティーズの社長兄弟「ラスティーとダスティー」は高齢化のため、「スターリング」という車にラスティーズを売却していた。スターリングの任命でここで働く「クルーズ・ラミレス」がトレーナーにつき特訓を始めることになる。しかしマックィーンは次世代レーサー育成のためのプログラムになじめず特訓でシミュレーターを壊してしまう。なかなか成果が上がらないマックィーンを見てスターリングはレーサー引退を勧めブランド商品の販売を提案した。マックィーンは次のシーズンの初戦「フロリダ500」で優勝できなければスターリングの提案を受け入ることを決める。

マックィーンはラスティーズ・レーシング・センターを飛び出しフロリダ500まで特訓をしながら旅に出た。シミュレーターではなくリアルな走りを掴むためにかつてレースが行われていたビーチで特訓を開始するが、データ分析のために同行するも砂地を走ったことがないクルーズが足を引っ張ってしまい砂地を走る技を教えることに時間を費やしてしまい自分の練習にならなかった。
その後、移動中に「サンダーホロウ・スピードウェイ」というレース場の看板を見つけ、さらなる実践を求め乗り込んだが、そこで行われていたのは泥の中で車同士を壊し合うというデモリション・ダービーで「クレイジー8」というレースだった。これに強制参加させられたが偶然にもクルーズが優勝してしまう。
なかなか成果が表れないマックィーンはフロリダ500が刻々と迫るにつれて焦燥感にかられてしまい、クルーズに「君はレーサーじゃなくトレーナーだから自分の気持ちが分からない」と八つ当たりをしてしまう。するとクルーズは自身の過去を打ち明けた。クルーズはマックィーンに憧れてレーサーになる夢を抱きながらも、周りからの反対や他のレーサーとの空気が違うことを感じその夢を諦めていた。クルーズは憧れのマックィーンに復活して欲しかったが力になれないと思いトレーナーを辞め、マックィーンの元から離れていった。
クルーズに八つ当たりしてしまったことを悪く思いながらもマックィーンは親友のメーターとテレビ電話で話をした。マックィーンは特訓が上手くいっていないと言い、こんな時にドックがいてくれたらと、メーターに弱音を吐いた。ドックはマックィーンにとってレースについて教えてくれた師匠で、マックィーンを支えてくれたとても大事な存在だった。するとメーターはドックの師匠である「スモーキー」のことを教えてくれた。スモーキーに会えば何か変わるかもしれないと希望が見えたマックィーンは、クルーズを引き止めて謝り、そして一緒にスモーキーのいる「トーマスビル・スピードウェイ」というレース場へと向かった。

ドックの全盛期を支えたスモーキーからドックの話を聞いた。クラッシュ事故を起こし、引退に追い込まれたドックはラジエーター・スプリングスに移住し、約50年後スモーキーに手紙を送るようになった。その手紙の内容はすべてマックィーンのことだった。その手紙を見せながらスモーキーは「ドックの教えてる顔は幸せそうじゃないか」と言った。マックィーンはドックの1番の幸せはレーサーとして活躍することではなく、弟子である自分の成長を見守ることだと知った。気合を入れ直したマックィーンは、スモーキーにスピードではなくテクニック重視の技を教えてもらい、トラクターの群れの中から抜け出す特訓や、暗闇をヘッドライトなしで走る特訓をクルーズとともに受けた。しかしフロリダ500に向かう直前に行ったクルーズとのレースで、マックィーンは見事な仕上がりを見せるも、クルーズに完敗してしまうのだった。

フロリダ500の開催当日、自信を失ったマックィーンは、予選に参加していなかったため最後尾からのスタートとなったが、特訓の成果もあり徐々に巻き返した。そんな中、レース中にクラッシュ事故が起き、レースが中断したタイミングでマックィーンはクルーズと交代し、自分の代わりにレースに参加させようとしたのだ。マックィーンはクルーズにレーサーになるチャンスを与えたかった。このレースがクルーズに与えられる最後のチャンスだと思い、マックィーンはクルーズに「チャンスを掴め」と言う。初めは躊躇していたクルーズだったが、自分の夢を後押ししてくれるマックィーンに感謝しながらマックィーンのゼッケン95をつけてレースに参加した。そしてマックィーンの的確なアドバイスによりクルーズはストームに続く2位まで追いつく。最後の1周でストームとの激しいトップ争いとなり、クルーズはストームの妨害で壁に押し付けられてしまうが、かつてドックも使っていた宙返りの技を使ってかわし、ストームを抜いて優勝した。途中まで走っていたマックィーンと2台での優勝(大会のルールで同じゼッケンなら車が変わっても可ということになっていた)となりマックィーンの引退も取り消された。
クルーズはスターリングとの契約を解除し、大石油会社「ダイナコ」とスポンサー契約を交わしてレーサーとして活躍することに決めた。マックィーンはクルーズのクルーチーフ兼トレーナーとして活躍していくと決めたのだ。

『カーズ/クロスロード』の登場人物・キャラクター

主要登場人物・キャラクター

ライトニング・マックィーン

カーズシリーズの主人公。ピストン・カップで優勝7回を誇る真っ赤なボディの伝説的レーサー。トレードマークは稲妻。ゼッケンは95。
レース中のクラッシュ事故で初めての挫折を経験しレーサーとして続けるか別の道を切り開くか決断を迫られる。
マックィーンの決め言葉だった「カッチャオ」が今作では一度も言われなかった。
エンディングで車体をドックと同じ色の紺色にしている。

クルーズ・ラミレス

ラスティーズ・レーシング・センターで働く黄色のボディが特徴の若手女性トレーナー。音声コマンドアシスタント「ハミルトン」を搭載していてマックィーンと並走することでスピードを計測していた。子どもの頃にテレビでマックィーンのレースを見て大ファンになりレーサーになることを夢見ていたが周りとの空気が違うと感じ断念していた。
ダイナコと契約した際にゼッケンをドックが使っていた51にしている。

ジャクソン・ストーム

最新テクノロジーを駆使したボディを持つ新世代レーサー。空力重視の低く角張った黒と青の車体が特徴。最新設備によるバーチャル空間でのシミュレーション訓練を重ね最も効率的な走行ラインを維持でき新技術こそが至高だと考えている。そのため旧世代レーサーを見下す態度をとる。
ゼッケンは2.0。

その他の登場人物・キャラクター

ドック・ハドソン

1950年代のピストン・カップの伝説のレーサー。クラッシュ事故で引退に追い込まれ、ラジエーター・スプリングスに移住して町医者と判事をしている時にマックィーンに出会った。マックィーンの師匠。2作目以前に他界している。

スターリング

マックィーンのスポンサー、ラスティーズの新社長。ラスティーズ・レーシング・センターの運営者。マックィーンに引退を勧める。

スモーキー

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

カーズ(Cars)のネタバレ解説まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

カーズ2(Cars 2)のネタバレ解説まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

リメンバー・ミー(Coco)のネタバレ解説まとめ

「リメンバー・ミー(Coco)」とは2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサー・アニメーション・スタジオの劇場公開長編第19作目。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。家族の絆をテーマとしている。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

Mr.インクレディブル(The Incredibles)のネタバレ解説まとめ

『Mr.インクレディブル』とは、ディズニー配給・ピクサー製作、ブラッド・バード監督による長編フルCGアドベンチャー・アニメーション映画。一般市民として暮らしていた驚くべき怪力を持つ元スーパーヒーローが、謎の伝言が届いたことから、再びスーパーヒーローとして同じように特別なパワーを持った妻や子供たちとともに邪悪な敵に立ち向かう。2004年製作・アメリカ作品。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

『モンスターズ・ユニバーシティ』の「ロアー・オメガ・ロアー」は「嫌な連中」か?

『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する悪役というかライバルキャラの「ロアー・オメガ・ロアー」。二次創作などで人気を誇っているようですが、作中では「嫌なエリート集団」にしか見えません。でもよくよく考えれば、やっぱり魅力もあるし、憎めないんですよね。

Read Article

目次 - Contents