塔の上のラプンツェル(Tangled)のネタバレ解説まとめ

%e3%83%a9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%ab %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

『塔の上のラプンツェル』とは、2010年11月24日にアメリカで公開された、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作の第50作目の長編アニメーション映画である。バイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で監督を務めた。魔法の髪を持つ少女「ラプンツェル」は幼い頃、魔法の髪を独り占めしようとしたゴーテルにさらわれ、森の中の塔で育てられた。塔から出ることを許されず、誕生日にだけ空に浮かぶ灯りを間近で見るのが夢だった。そんな所に現れた青年フリン・ライダーとその灯りを見に行く旅に出る。

『塔の上のラプンツェル』の概要

%e3%83%a9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%ab %e5%a1%94%e3%81%8b%e3%82%89%e5%87%ba%e3%82%8b

『塔の上のラプンツェル』とは、アメリカでは2010年11月24日、日本では2011年3月12日に公開したウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作の長編アニメーション映画である。グリム童話の「ラプンツェル(髪長姫)」が原作で、バイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で監督を務めた。原題は「Tangled」で絡んだやもつれたという意味。当初本作のタイトルは「ラプンツェル」であったが、男女に映画を売り出すために男性キャラクターのフリン・ライダーを強調し、「Tangled」に変更された。

魔法の髪を持つ少女「ラプンツェル」は幼い頃、魔法の髪を独り占めしようとした「ゴーテル」にさらわれ森の中の塔で育てられた。外は危ないからと塔から出ることを許されず、ラプンツェルは誕生日にだけ空に浮かぶ灯りを間近で見るのが夢だった。そして塔に現れた青年「フリン・ライダー」とその灯りを見に行く旅に出る物語である。
子供から大人までファンが多く、ディズニー映画の中でもかなり人気の高い作品である。

『塔の上のラプンツェル』のあらすじ・ストーリー

%e3%83%a9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%ab %e9%ad%94%e6%b3%95%e3%81%ae%e8%8a%b1

金色の魔法の花

とある王国の国王と王妃の間に子供が出来たが、王妃は病気になってしまった。王妃を救うために、人々は王国のどこかに咲いているという病気やケガが治るという魔法の金色の花を探した。老婆のゴーテルはこの花を隠し、独り占めして何百年もの間若さを保っていた。王国はこの花を見つけ出し、薬にして王妃に飲ませると病気は治り、その後元気な女の子が生まれた。金色の髪の毛を持つこの女の子は「ラプンツェル」と名付けられた。ラプンツェルの髪の毛には花の魔力を宿していた。ゴーテルはラプンツェルの髪を狙い城に侵入し、ラプンツェルを連れ去ってしまった。

%e3%83%a9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%ab %e5%a1%94

ラプンツェルが暮らしていた塔

誰も知らない森の奥に、高くそびえ建つ塔があった。そこには18年間外の世界に出たことがない少女「ラプンツェル」が暮らしていた。ラプンツェルは花の魔力を宿した約21メートルの美しい金色の髪を持っていた。この髪は切ってしまうと魔力を失い、茶色の髪になってしまう。ラプンツェルは育ての親「ゴーテル」によって誰にも見つからないように塔の中で暮らしているのだ。ラプンツェルは毎年自分の誕生日になると飛ぶ空の灯りを見て、あの灯りが何なのかこの目で確かめてみたいと思っていた。
18歳の誕生日の前日、ラプンツェルは母のゴーテルに灯りを見に外へ出たいとお願いするが、外は危険だからと説き伏せられてしまう。落ち込むラプンツェルだったが、その日、城からティアラを盗んだ泥棒のフリン・ライダーが森へ逃げ込み、塔によじ登って来た。ラプンツェルは油断しているフリンをフライパンで気絶させ捕まえた。そしてラプンツェルはフリンが持っていたティアラを隠し、目を覚ましたフリンに自分を灯りの見える所まで案内し、塔まで送り届けたらティアラを返すと言う。フリンはしぶしぶ受け入れ、ラプンツェルとフリンは塔の外に出た。母に黙って外に出たことへの罪悪感を感じながらも、初めて見る世界にワクワクせずにはいられなかった。
その頃、森の中で城の馬がいることに気付いたゴーテルは慌てて塔へと引き返した。すると塔にラプンツェルの姿は無く、ラプンツェルが脱走したのだと思ったゴーテルは、ラプンツェルを探しに後を追った。

%e3%83%a9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%ab %e7%a9%ba%e3%81%ab%e6%b5%ae%e3%81%8b%e3%81%b6%e7%81%af%e3%82%8a

ラプンツェルが空に浮かぶ灯りを見たシーン

灯りを見に行く旅の途中、ラプンツェルは荒くれもの達と友達になったり、指名手配のフリンがお城の警護隊長に見つかり一緒に逃げたり、坑道に閉じ込められてしまったりし、ピンチを乗り越えていく。その中でフリンは本当の名前はユージーン・フィッツハーバートであることを打ち明け、ラプンツェルは自分の髪は魔法の髪なのだと打ち明けた。徐々に二人は惹かれあっていく。そしてその夜、ユージーンが薪を集めに離れると、ラプンツェルの元にゴーテルが現れ塔へ連れて帰ろうとする。拒むラプンツェルにゴーテルは塔に隠してあったティアラを渡し、泥棒のユージーンはティアラのためにラプンツェルといるだけだと言いその場から去って行った。
翌朝、ユージーンを追いかけてきたお城の馬が現れたが、馬はラプンツェルにとても懐いて言うことを聞いた。ラプンツェルは灯りを見るという夢を叶えるまではユージーンを捕まえないように馬にお願いした。そしてユージーンはラプンツェルと船に乗り、約束の灯りを見せた。灯りは、行方不明になってしまったプリンセスのために国中の人々が飛ばしている沢山のランタンであった。ラプンツェルはユージーンを信頼し、ティアラを返した。するとユージーンの目線の先には泥棒仲間だった兄弟がいた。何も心配することはないと言ってユージーンは、船を降りティアラを仲間に渡し泥棒仲間とは縁を切ろうとする。しかし、ゴーテルと手を組んでいた兄弟はラプンツェルの魔法の髪の話を聞いており、ティアラよりラプンツェルの髪を狙っていたのだ。そしてユージーンをティアラと共に船にくくり付けそのまま船を流した。ユージーンはその後兵隊に捕まってしまう。ラプンツェルはティアラを返した途端に姿を消したユージーンに裏切られたと思った。その時、髪を狙った泥棒の兄弟が現れたが、ゴーテルが後ろから棒で殴り倒した。ゴーテルの言ったことは正しかったと思ったラプンツェルはゴーテルと共に塔に帰った。ラプンツェルは部屋で落ち込みながら、ユージーンに貰った王国のハンカチを眺めていた。その時、ハンカチにあった太陽のマークを見て赤ん坊の頃の記憶が蘇り、自分がプリンセスであること、ゴーテルが実の母ではないことに気付いた。このことをゴーテルに伝えると、ゴーテルはラプンツェルをどこにも行かないよう塔の中で拘束した。

%e3%83%a9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%ab %e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc%e3%83%b3

ラプンツェルのこぼした涙に宿っていた魔法でユージーンが目を覚ますシーン

その頃、ユージーンは牢屋に入れられていた。ユージーンはラプンツェルが狙われていることを知り焦っていた。するとユージーンが捕まる様子を見ていた馬がラプンツェルとユージーンを助けるために、荒くれ者達を呼んできてくれた。荒くれ者達の協力のおかげで城を出て、馬に乗りラプンツェルの元へと急いだ。しかしユージーンが塔に入った瞬間ゴーテルに刺されてしまう。ラプンツェルはこの先ゴーテルに逆らわないことを条件にユージーンを助けようとするが、ユージーンが最後の力を振り絞りラプンツェルの髪をバッサリと切り落とした。切られた髪は魔力を失い、ゴーテルはみるみるうちに老婆の姿へと戻り、そのまま塔から落ちて灰となって消えてしまった。ラプンツェルはユージーンを抱きしめて涙をこぼした。すると涙にこもった花の魔力でユージーンは再び目を覚ました。

その後、ラプンツェルは王国に戻りプリンセスとなった。ユージーンはフリン・ライダーの名前を捨て、泥棒をやめて二人は結婚し幸せに暮らした。

『塔の上のラプンツェル』の登場人物・キャラクター

ラプンツェル(CV:マンディ・ムーア、デラニー・ローズ・ステイン(幼少時)/日本語吹替 中川翔子、小此木麻理(歌唱シーン)、諸星すみれ(幼少時))

%e3%83%a9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%ab

約21メートルの美しい髪の毛を持つ本作のヒロインである。髪には特別な力が込められていて切ると力を失ってしまうため、幼い頃にゴーテルによって城から連れ去られてしまった。森の中の塔で暮らすラプンツェルは、外には髪を狙う悪者がいるというゴーテルの教えを守り、18年間一度も塔の外には出たことがなかった。外の世界に憧れながらも、唯一の友達であるカメレオンのパスカルと共に塔の中で、読書や料理、音楽、ヨガや壁に絵を描くなどして日々を過ごしている。毎年、ラプンツェルの誕生日になると空に浮かぶ灯りの正体が何なのか確かめたいという夢がある。

フリン・ライダー/ユージーン・フィッツハーバート(CV:ザッカリー・リーヴァイ/日本語吹替 畠中洋)

%e3%83%a9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%ab %e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc%e3%83%b3

指名手配されている王国で一番の泥棒である。ナルシストで自信家の青年。王女のティアラを盗んだ罪で衛兵に追われている時に、身を隠そうとして入った塔でラプンツェルと出会うのである。世間知らずのラプンツェルに振り回されていくうちに自分を見つめ直し、親の顔も知らないという誰にも話したことのなかった孤独な過去と本名をラプンツェルに打ち明けた。フリン・ライダーという名前は、子どもの頃に読んだ物語の主人公からとった偽名である。

ゴーテル(CV:ドナ・マーフィ/日本語吹替 剣幸)

%e3%83%a9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%ab %e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%ab

ラプンツェルの育ての親である。ラプンツェルが生まれる前は魔法の金色の花を独り占めにし、何年もの間若さと美貌を保っていた。しかし王妃が妊娠中に病気になり、魔法の金色の花が摘まれてしまったため、魔法の金色の花の力を持って生まれてきたラプンツェルを城から誘拐し自分の子として育て、その力を利用していた。

パスカル

%e3%83%a9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%ab %e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%ab
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ズートピア(Zootopia)のネタバレ解説まとめ

『ズートピア』とは、2016年2月7日にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオより公開されたコメディ・アドベンチャー映画。 新米警察官であるウサギのジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドの2人が、肉食動物と草食動物が共に暮らす大都市ズートピアで起こっている連続行方不明事件を解決するために奮闘する。本作品では、人種問題などの社会問題も描かれている。

Read Article

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

美女と野獣(Beauty and the Beast)のネタバレ解説まとめ

フランスの民話を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品。魔女の呪いによって醜い野獣に姿を変えられた古城の王子と美しく聡明な街の娘ベルとの奇跡の愛の物語。ロマンティックな音楽と美しい映像が全編を彩り、信じ合うことで起こる不思議な奇跡が深い感動を呼び起こすファンタジー・ラブストーリー。アニメ作品として初のアカデミー作品賞にノミネートされ、さらに作曲賞と歌曲賞を受賞した。

Read Article

美女と野獣(実写映画、Beauty and the Beast)のネタバレ解説まとめ

美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。 1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。 魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

Read Article

ムーラン(Mulan)のネタバレ解説まとめ

古代中国を舞台としたディズニー映画でアニー賞作品賞を受賞。中国の伝説の人物である「花木蘭」をモデルに描かれている作品。主題歌はクリスティーナ・アギレラの「Reflection」である。 ムーランは古くからのしきたりにより、求められる自分と本当の自分とで葛藤をする。そんなムーランにある転機が。様々な困難を乗り越えて自分の運命を切り開いていくムーランの物語である。

Read Article

アラジン(Aladdin)のネタバレ解説まとめ

ディズニー製作の大ヒットアニメ映画。 貧しい青年アラジンが王女ジャスミンと出会うことから話は始まる。 願いを三つ叶えてくれるランプの魔人・ジーニーは貧しいアラジンを王子に変身させ、ジャスミンとの恋の成就を後押しする。 しかし、最大の敵であるジャファーの魔の手が忍び寄るのであった。 アラジンとジャスミンが魔法の絨毯で空を舞う際に流れる「ホール・ニュー・ワールド」は珠玉の名曲として知られる。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

アナと雪の女王(アナ雪、Frozen)のネタバレ解説まとめ

「アナと雪の女王」はアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。 日本ではアナ雪の略称でも呼ばれる。 王家の娘、2人の主人公アナとエルサを待ち受ける過酷な運命を描く。 大人から子供まで楽しめるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの名作。

Read Article

リメンバー・ミー(Coco)のネタバレ解説まとめ

「リメンバー・ミー(Coco)」とは2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサー・アニメーション・スタジオの劇場公開長編第19作目。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。家族の絆をテーマとしている。

Read Article

【スマホアプリ】キングダムハーツアンチェインドキーの魅力【KHUx】

リリースしてから爆発的な人気のスマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」は、次のキングダムハーツシリーズ最新作「キングダムハーツ3」へと続く物語を追うことができるんです。キングダムハーツシリーズのファンはもちろんのこと、キングダムハーツに初めて触れる人でも楽しむことができる「キングダムハーツアンチェインドキー」の魅力を、たっぷりご紹介します!

Read Article

目次 - Contents