ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

バトルタワー(クリスタル)

『クリスタル』のみ登場する、ポケモン3体による勝ち抜きバトルが行える施設で、アサギシティの西にある。モバイルアダプタGB(「モバイルシステムGB(後述)」に必要な機器ゲームボーイカラーと携帯電話を接続する)を利用して全国各地のトレーナー(ダウンロードによるプレイヤーが使用したポケモンデータ)と対戦する。
施設ではまず対戦相手のポケモンのレベル(レベル10から10きざみ)と、バトルする対戦ルームを20部屋のうち1つを選ぶ。そのレベル以内のポケモン3体(同じポケモン2体以上は不可)でシングルバトルを行う。
部屋ではトレーナー7人との勝ち抜きバトルを行う。1戦終了するたびに、ポケモンの体力が全回復する。7人全てを倒してそのデータを送りバトル成績が良いと、その部屋の7人目に登場するリーダーになれ、自分のポケモンデータが他のプレイヤーの対戦相手として登場することがある。
1日にできる挑戦数が決まっており、5回まで挑戦できる。トレーナー7人に勝ち抜くか、負けた時点で1回とカウントする。
現在は、モバイルシステムGB(携帯電話などを介してインターネットにアクセスしてコンテンツなどを利用できるネットワークサービス)の通信方法の1つである「みんなでモバイル(専用のサーバー接続によりデータをダウンロードできる)」が終了しているため挑戦できない。

バトルフロンティア

『ハートゴールド・ソウルシルバー』のみ登場し、殿堂入り後に行けるさまざまなバトルを楽しめる施設。アサギシティの西にあり、「バトルタワー」、「バトルファクトリー」、「バトルステージ」、「バトルルーレット」、「バトルキャッスル」の5施設がある。
各施設ではそれぞれバトルルールが異なるところがあるが、基本的に3対3のポケモンバトルで、自分のポケモン3体で相手のポケモン3体を倒さなくてはならない。
同じポケモンを2体以上使うことはできず、レベル50以上のポケモンは自動的にレベル50に統一される。レベル49以下の場合はそのまま。
一部の伝説のポケモンや幻のポケモン(ミュウツー、ミュウ、ルギア、ホウオウ、セレビィ、カイオーガ、グラードン、レックウザ、ジラーチ、デオキシス、ディアルガ、パルキア、ギラティナ、フィオネ、マナフィ、ダークライ、シェイミ、アルセウス)は使用できない。ポケモンのタマゴも同様。
フォルムチェンジしたロトム(ヒートロトム、スピンロトム、フロストロトム、ウォッシュロトム、カットロトム)がバトルに参加しても元のロトムに戻る。
キズぐすりといった回復系のアイテムを使用することはできない。ポケモンにアイテムを持たせることは可能だが、手持ちのポケモン全てに同じアイテムを持たせることはできない。
バトルに勝利するとアイテムと交換できるバトルポイント(BP)がもらえ、各施設に登場するトレーナーと勝ち抜き戦を行う。基本的には1戦終了するたびに、ポケモンの体力が全回復する。バトルでアイテムを消費した場合は元に戻る。
トレーナーを一定人数倒すと、フロンティアブレーン(クロツグ、ネジキ、ケイト、ダリア、コクラン)が登場してポケモンバトルとなる。彼らに勝利すると、20BP(バトルポイント)と倒した証として「きねんプリント」がもらえる。1回目がシルバープリント、2回目がゴールドプリント。
自分のポケモンが全て倒された時点で負けとなりバトルは終了するが、何度でも挑戦することができる。なお、自分の最後のポケモンが相手ポケモンが使った技などにより同時にひんし状態になった場合は、引き分けにならず負けとなる。

バトルタワー

タワータイクーン・クロツグとのバトル。

バトルフロンティア内にある施設で、フロンティアブレーン(リーダー)はタワータイクーンのクロツグ。
1周7人の勝ち抜きバトルで、「シングルバトル」、「ダブルバトル」、「マルチバトル」、「マルチバトル(通信)」、「Wi-Fiバトル」のモードがある。

・シングルバトル:自分と相手がポケモンを1体ずつ出して行うバトル。使用するポケモンは両者3体。
・ダブルバトル:自分と相手がポケモンを2体ずつ出して行うバトル。使用するポケモンは両者4体。
・マルチバトル:トレーナー同士がタッグを組んで、自分タッグと相手タッグがそれぞれポケモンを1体ずつ出す、2対2のバトル。使用するポケモンは両タッグ2体ずつの計4体。
・マルチバトル(通信):DSワイヤレス通信やWi-Fi通信を使って他のプレイヤーとタッグを組んで行うマルチバトル。使用するポケモンは両タッグ2体ずつの計4体。
・Wi-Fiバトル:Wi-Fi通信を使って世界中のプレイヤー(トレーナーデータ)とシングルバトルができる。使用するポケモンは両者3体。

クロツグはシングルバトルのみに出現し、3周目の最後21戦目と7周目の49戦目で戦う。使用ポケモンは21戦目がドサイドン、ミロカロス、カイリューで、49戦目がヒードラン、クレセリア、レジギガス。
マルチバトルでは、ポケモントレーナー(モミ、ミル、ゲン、マイ、バク)のいずれかと組む。それぞれ使用するポケモンに特徴がある。

・モミ:「HP」が高いポケモン
・ミル:「とくこう」が高いポケモン
・ゲン:「こうげき」が高いポケモン
・マイ:「すばやさ」が高いポケモン
・バク:「ぼうぎょ」「とくぼう」が高いポケモン

Wi-Fiバトルは初めランク1のトレーナーとバトルを行い1周7人のトレーナーに勝ち続けることで自分のランクが上がり、より強いトレーナーとバトルができる。しかし、負け続けると自分のランクが下がってしまう。
いずれのバトル形式でも7人に勝利すると1周クリアとなり、バトルポイント(BP)がもらえる。バトル終了後に成績を「ニンテンドー Wi-Fiコネクション」に送ると、自分のトレーナーデータ(手持ちポケモン)が他のプレイヤーの対戦相手として登場することがある。

クロツグに勝利すると記念として21戦目では「アビリティリボン」、49戦目では「グレートアビリティリボン」がポケモンに進呈される。
ダブルバトルでは50連勝すると「ダブルアビリティリボン」、マルチバトルでは50連勝すると「マルチアビリティリボン」、マルチつうしんバトルでは50連勝すると「ペアアビリティリボン」がポケモンに進呈される。
Wi-Fiバトルでは自分のランクが5になると「ワールドアビリティリボン」がポケモンに進呈される。
また、連勝すると自宅に飾れるトロフィーがもらえ、20連勝すると「どうのトロフィー」、50連勝すると「ぎんのトロフィー」、100連勝すると「きんのトロフィー」がそれぞれもらえる。

バトルファクトリー

ファクトリーヘッド・ネジキとのバトル。

バトルフロンティア内にある施設で、ここでは他の施設とは違い自分のポケモンが使えずレンタルポケモンを使う勝ち抜き戦が行われる。フロンティアブレーン(リーダー)はファクトリーヘッドのネジキ。
1周7人の勝ち抜きバトルで「シングルバトル」か「ダブルバトル」、「マルチバトル」のモードがあり、使用するポケモンのレベルをレベル50かレベル100を選ぶ。どちらを選んでも相手トレーナーも同じレベルで挑んでくる。

・シングルバトル:自分と相手がポケモンを1体ずつ出して行うバトル。使用するポケモンは両者3体。
・ダブルバトル:自分と相手がポケモンを2体ずつ出して行うバトル。使用するポケモンは両者3体。
・マルチバトル:DSワイヤレス通信やWi-Fi通信を使って他のプレイヤーとタッグを組んで行うマルチバトル。

シングルバトルやダブルバトルでは、初め6匹のレンタルポケモンから3体を手持ちポケモンとして選んでバトルを行う。バトルに勝利する度に、相手のトレーナーが持っているレンタルポケモン1匹と交換できる。
1周全て戦い終わるとバトルポイント(BP)がもらえる。レンタルポケモンは一新され、次の周回では新たなレンタルポケモンから手持ちポケモン3体を選ぶ。
バトル前に施設スタッフが相手の出すポケモンなどヒントを与えてくれるが、周回を重ねていく度に情報はだんだんと少なくなってくる。
ネジキはシングルバトルのみに出現し、3周目の最後21戦目と7周目の最後49戦目で戦う。ネジキもレンタルポケモンを使用するので、彼が何を使うかはランダム。ただ、21戦目では先頭のポケモンをスタッフより教えてもらえる。
マルチバトルでの使用するポケモンは両タッグレンタルポケモン2体ずつの計4体。1戦終えると自分か味方が相手トレーナーの持っているレンタルポケモンと交換できる。

バトルステージ

ステージマドンナ・ケイトとのバトル。

バトルフロンティア内にある施設で、1体のポケモンによる勝ち抜き戦が行われる。フロンティアブレーン(リーダー)はステージマドンナのケイト。
1周10人の勝ち抜きバトルで、「シングルバトル」、「ダブルバトル」、「マルチバトル(Wi-Fiマルチ)」、「マルチバトル(ワイヤレスマルチ)」から選べる。

・シングルバトル:ポケモン1体による勝ち抜き戦。相手もポケモン1体を使用。
・ダブルバトル:同じ種類のポケモン2体による勝ち抜き戦。相手も同じ種類のポケモン2体を使用。
・マルチバトル(Wi-Fiマルチ):Wi-Fi通信を使って他のプレイヤーと一緒にタッグを組んで同じ種類のポケモンを揃えて行うマルチバトル。
・マルチバトル(ワイヤレスマルチ):ワイヤレス通信を使って他のプレイヤーと一緒にタッグを組んで同じ種類のポケモンを揃えて行うマルチバトル。

初めに参加させるポケモンを1体選ぶ(シングルバトルのみ)。ダブルバトルでは同じ種類で同レベルのポケモンを2体選ぶ。参加できるポケモンはレベル30以上で、アイテムを持たせることができる。ダブルバトルの場合は、同じアイテムを持たせることができる。
その後ポケモンのタイプ全17タイプからどれか1つを選択し、相手は自分が選択したタイプのポケモンを出してくる。最初は最も低いランク1から挑戦し、勝利するとランクが上昇していき最終的にはランク10になる。ランクが上がると使用するポケモンも強くなる。
選択したタイプやランクを問わず10人に勝利すると1周クリアとなり、バトルポイント(BP)が入る。
相手が使用するポケモンのレベルは初め自分のポケモンのレベルより低いが、だんだんと自分のポケモンと同じレベルになる。
17タイプ全てがランク10に達した場合は、後はひたすらランク10の相手とのバトルになる。ワイヤレス通信でのマルチバトルは最初からランク10の相手とバトルする。
ケイトはシングルバトルのみに出現し、5周目の最後50戦目と17周目の最後170戦目で戦う。使用するポケモンは自分のレベルと同じで、選択したタイプに関係なく50戦目・170戦目共に自分のポケモンと同じくらいの強さのポケモン。
別な種類のポケモンで参加する場合は、また最初から挑戦する。しかし、同じ種類のポケモンであれば能力や技、持たせているアイテムが違っていても継続して挑戦できる。

バトルルーレット

バトルルーレットでは、バトル前にルーレットにより発生させるイベントを決め、ルーレットの目によっては有利になったり不利になったりすることがある。

バトルフロンティア内にある施設で形式はバトルタワーと似ているが、バトル前にルーレットにより発生させるイベントを決めて反映させるのが特徴。フロンティアブレーン(リーダー)はルーレットゴッデスのダリア。
1周7人の勝ち抜きバトルで、「シングルバトル」、「ダブルバトル」、「マルチバトル」から選べる。

・シングルバトル:自分と相手がポケモンを1体ずつ出して行うバトル。使用するポケモンは両者3体。
・ダブルバトル:自分と相手がポケモンを2体ずつ出して行うバトル。使用するポケモンは両者3体。
・マルチバトル:DSワイヤレス通信やWi-Fi通信を使って他のプレイヤーとタッグを組んで行うマルチバトル。

いずれの形式でもまず参加ポケモンの持っているアイテム全てを施設側が預かり、持ち物がない状態にする。その後、ルーレットを回す。
ルーレットではバトルで反映させるイベントを決め、押したルーレットの目によっては自分が有利になったり不利になったりすることがある。
ルーレットの目の背景が黒なら自分、赤なら相手にイベントが発生。灰色ならば自分と相手両方に影響するイベントやルーレットの速度変化などが発生。
7人に勝利すると1周クリアとなり、バトルポイント(BP)が入る。ダリアはシングルバトルのみに出現し、3周目の最後21戦目と7周目の最後49戦目で戦う。
使用するポケモンは21戦目がルンパッパ、チャーレム、ヨノワールで、49戦目がバシャーモ、トゲキッス、サンダー。

ルーレットの目の効果(背景が黒か赤の場合)
・雷マーク:手持ちポケモン3体が「まひ」状態になる。「じめん」タイプのポケモンやとくせい「じゅうなん」のポケモンには発生しない。
・ドクロマーク:手持ちポケモン3体が「どく」状態になる。「どく」や「はがね」タイプのポケモンやとくせい「めんえき」のポケモンには発生しない。
・炎マーク:手持ちポケモン3体が「やけど」状態になる。「ほのお」タイプのポケモンやとくせい「みずのベール」のポケモンには発生しない。
・ZZZマーク:手持ちポケモンのうちランダムで選ばれた1体が「ねむり」状態になる。とくせい「ふみん」や「やるき」のポケモンには発生しない。
・氷の結晶マーク:手持ちポケモンのうちランダムで選ばれた1体が「こおり」状態になる。「こおり」タイプのポケモンやとくせい「マグマのよろい」のポケモンには発生しない。
・「LV+」:手持ちポケモン3体のレベルが3上がる。
・「LV-」:手持ちポケモン3体のレベルが3下がる。
・「HP-」:手持ちポケモン3体のHPが20%減少する。ヌケニンには発生しない。
・赤と黒の矢印:自分と相手の手持ちポケモンをその時だけそれぞれ入れ替える。
・木の実マーク:手持ちポケモン3体全てに同じきのみ(ランダム)を持たされる。きのみは周回中持ち続けることができるが、使った時点でなくなる。
・巾着袋マーク:手持ちポケモン3体全てに同じきのみ以外のアイテム(ランダム)を持たされる。アイテムは周回中持ち続けることができるが、消費するものは使った時点でなくなる。

ルーレットの目の効果(背景が灰色の場合)
・太陽マーク:天気が「ひざしがつよい」状態になる。
・水滴マーク:天気が「あめ」状態になる。
・竜巻マーク:天気が「すなあらし」状態になる。
・雪だるまマーク:天気が「あられ」状態になる。
・霧マーク:天気が「きり」状態になる。
・正方形が重なったマーク:5ターンの間、トリックルームを使った状態になる。
・ルーレットと上向きの矢印:次からルーレット速度が上昇。
・ルーレットと下向きの矢印:次からルーレット速度が減少。
・ルーレットと?マーク:次からルーレット速度がランダムになる。
・「BP」:1BP(バトルポイント)をもらえる。
・「BP+」:3BP(バトルポイント)をもらえる。
・円形の矢印:不戦勝して、次のバトルに進める。
・放射状マーク:何も起こらない。

バトルキャッスル

キャッスルバトラー・コクラン(左)のバトルの最初と最後にはオーナーのカトレア(右)も登場。

バトルフロンティア内にある施設で形式はバトルタワーと似ているが、バトル終了後ポケモンは全回復せず、もらえるキャッスルポイント(CP)でポケモンを回復させたり、相手のポケモンを調べたりなどができるのが特徴。フロンティアブレーン(リーダー)はキャッスルバトラーのコクラン。オーナーはカトレア。
1周7人の勝ち抜きバトルで、「シングルバトル」、「ダブルバトル」、「マルチバトル」から選べる。

・シングルバトル:自分と相手がポケモンを1体ずつ出して行うバトル形式。使用するポケモンは両者3体。
・ダブルバトル:自分と相手がポケモンを2体ずつ出して行うバトル形式。使用するポケモンは両者3体。
・マルチバトル:DSワイヤレス通信やWi-Fi通信を使って他のプレイヤーとタッグを組んでマルチバトルを行う形式。

いずれの形式でもまず参加ポケモンの持っているアイテム全てを施設側が預かり、持ち物がない状態にする。
バトル終了後ポケモンは全回復せず、状態異常のみ回復し、ひんし状態のポケモンはHPが1残った状態で復活する。
バトルに勝利するとキャッスルポイント(CP)がもらえる。HPが無傷の状態で勝利したり、レベルの高いポケモンを倒すとキャッスルポイントがより多くもらえる。
各バトル前にそのキャッスルポイントを使ってキャッスルポイント(CP)を使ってポケモンを回復させたり、アイテムを持たせたり、相手のポケモンを調べたりなどができる。
さらにキャッスルポイントを使ってできることを増やす「ランク」を上げることができる。
7人に勝利すると1周クリアとなり、バトルポイント(BP)が入る。コクランはシングルバトルのみに出現し、3周目の最後21戦目と7周目の最後49戦目で戦う。
使用するポケモンは21戦目がヘルガー、エンペルト、ムクホークで、49戦目がエンペルト、エルレイド、エンテイ。

キャッスルポイントでできること
・ポケモン1体のHPを全回復
・ポケモン1体のPP(パワーポイント)を全回復
・ポケモン1体のHPとPPを全回復
・きのみを持たせる
・技の威力を上げるアイテムなどを持たせる
・相手が出すポケモンを調べる(姿や能力、技など)
・相手が出すポケモンのレベルを上下させる
・ランクを上げる
・バトルを避ける

トレーナーハウス

『金・銀・クリスタル』のトレーナーハウスでのバトル。ふしぎなおくりものをしたことがない場合は、ポケモントレーナーのヒカルとバトルすることになる。

トキワシティにある施設で、トレーナーと1日1回バトルができる。『金・銀・クリスタル』と『ハートゴールド・ソウルシルバー』でルールや仕様が異なる。
『金・銀・クリスタル』では「ふしぎなおくりもの」をしたことがある場合、最後に「ふしぎなおくりもの」をした相手がトレーナーとして登場。使用するポケモンは最後に「ふしぎなおくりもの」をした相手の手持ちにいるポケモン。
バトルは通常のトレーナー戦と同じく、相手ポケモンを倒すと経験値が入り、勝利すると賞金がもらえる。
『ハートゴールド・ソウルシルバー』では他のポケウォーカーと通信したことがある場合、通信した相手最大10人までが登場。それ以上の相手と通信した場合は、通信した時期の古い相手から順に入れ替わる。
使用するポケモンは『金・銀・クリスタル』と同じように、通信時に相手の『ハートゴールド・ソウルシルバー』の手持ちにいるポケモン。バトル形式はレベル50以上のポケモンを50に統一したフラットバトル(レベル49以下はそのまま)。
バトルをしても『金・銀・クリスタル』のように経験値や賞金は入らず、代わりにバトルポイント(BP)が1入る。

「ふしぎなおくりもの」やポケウォーカーで相手と通信をしたことがない場合は、『金・銀・クリスタル』ではヒカル(外見は『金・銀・クリスタル』の男の子主人公)、『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではひかる(外見はエリートトレーナー男)が対戦相手として登場。
使用ポケモンはメガニウム、バクフーン、オーダイルで共通。
「ふしぎなおくりもの」やポケウォーカーで相手と通信すると、『金・銀・クリスタル』では消えてしまうが、『ハートゴールド・ソウルシルバー』では残る(通信した相手最大10人の制限には含まれない)。

むしとりたいかい

むしとりたいかいでは普段捕まえることのできないむしタイプのポケモンを捕まえることができる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター X・Y』とはロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。プレイヤーはカロス地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。フレア団という悪の組織が登場し、ストーリー中に大きく関わってきて、各地で戦うことになる。メガシンカという通常の進化とは異なるポケモンのパワーアップ要素が初登場する。『ポケットモンスター』シリーズでは初のグラフィックが3Dの作品。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

メガシンカとは、ポケットモンスターX・Yで追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと、成長が頭打ちとなったポケモンを中心として作られた。 ゲームシステム的に同じものとして扱われるため、ここでは伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻ることで全盛期の力を獲得するというゲンシカイキについても取り扱う。

Read Article

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

任天堂が産んだ大人気ゲーム、『ポケットモンスター』。その誕生には同じく任天堂が開発した『MOTHER』というゲームの存在が深く関係していることはご存知だろうか。今回は『MOTHER』と『ポケットモンスター』の関係について詳しく解説していく。また『ポケットモンスター』のゲーム中の『MOTHER』の元ネタについても紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

子ども向けっぽいけど本当は大人向けゲーム!「ポケモン」大人向け要素解説!

子ども向けっぽいキャラクターやゲーム性をしているけど、実は完全に大人向けなゲームをご存知ですか?それは意外にも身近で、今回はその中から「ポケモン」をご紹介!実際に、どこが大人向けなのかの詳細・解説から、実は裏ではこんな計算が行われていた事実など、マニアックな内容をまとめてみました。個体値や努力値、種族値の内容がわかると、ポケモンの世界観が一変するので、途端にプレイしたくなるかもしれませんよ。

Read Article

笑えるwwww変なピカチュウまとめw

皆様に愛され続けて約20年になるピカチュウ様。そんなピカチュウ様ですが、最近は映画に出たり漫画に出たり、他のゲームとコラボしてみたり、ついには海外進出も達成されました。しかしながらその裏では、そんなピカチュウ様の顔や体を使って、様々なパロディーが出来上がっているのをご存知でしょうか?そんな偉大なるピカチュウ様の笑える変な画像をまとめてみましたw

Read Article

こんなに増えた!? ゲーム作品『ポケットモンスター』に登場するモンスターボール一覧

いまや国民的人気作品となった『ポケットモンスター』の、モンスターボールまとめ。 初代を遊んだ人の中には、「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂を信じて、必死に連打していた思い出がある人も多いでしょう。 このまとめでは『ポケットモンスター』作中に登場するモンスターボールをまとめて紹介します。

Read Article

ピカチュウの誕生から現在にいたるまでまとめてみた

ポケットモンスターといえば、誰もがその名を聞いたことがあるだろう。ポケットモンスターは1996年2月27日ゲームボーイのソフトとして発売された。ピカチュウは当初まだ無名だったにもかかわらず、そのかわいいキャラクター性に皆が惹かれました。ピカチュウはゲームやアニメのみならず、グッズ化や映画化されたり、また海外でも活躍し愛されてます。そんな我らがピカチュウの過去から現在にいたるまでをまとめてみました。

Read Article

BWシリーズやポケモンEX参戦!ついにここまで進化した「ポケモンカード」まとめ!

ポケモンカード、プレイしてますか?当時どんぴしゃだった20〜30代の方々は、遊戯王や別のカードゲームをしているか、もはやプレイしていないかもしれません。そんな知らぬ間に、実はポケモンカードは信じられないほどパワーアップしているのです!今回はそんなポケモンカードがどのくらい進化したのか、まとめてみました。

Read Article

「名探偵ピカチュウ」の最速情報まとめ

ポケモンのピカチュウ…ではなく、名探偵のピカチュウがここに参上!「名探偵ピカチュウ」は文字通り、名探偵であるピカチュウが様々な謎に挑むミステリーアドベンチャーゲームです。2016年の2月3日から3DSにてダウンロード専用としてリリースされる「名探偵ピカチュウ」、今回はそんな最速情報をまとめてみました。

Read Article

ポケモン個体値ランキングTOPまとめ

ポケモンのステータス、いわゆる個体値には各ポケモンごとに割り振られているポイントというものがあります。ゲーム上、ステータス画面等でその数字を確認することは出来ませんが、個体値は強いポケモンを育てる上で極めて重要な情報・知識になってます。そんな個体値をランキングにして、高い順番にまとめてみました(伝説のポケモンとギガ進化のポケモンは省いております)。

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説まとめ

ポケットモンスター サン&ムーンとはゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となる温暖で自然豊かなアローラ地方で、ポケモンが大好きな主人公サトシが、学校生活を送ったり、島めぐりをしたり、ポケモンに出会ったり新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の伝説のポケモンまとめ

伝説のポケモンとは、公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、ゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。シリーズ20年、7世代に至るシリーズの間にさまざまな伝説のポケモンが生み出されてきた。この記事では、各作品の舞台である地方の特色を色付ける伝説のポケモンたちを紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

ポケモンのファンアートは主役も悪役もいい感じ~!※ロケット団多めです☆

子供から大人まで幅広い人気を誇るポケットモンスター。可愛らしいポケモンやサトシたち主人公、悪役のロケット団まで長年ファンから愛されてきました。これまで何度か記事にさせて頂いた坂取さん(@_nnbn_)もそんなポケモンファンのお一人!Twitterで素敵なファンアートを披露されています。今回は坂取さんから許可を頂いたので、素敵なイラストをご紹介致します!

Read Article

目次 - Contents