ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説まとめ

A simpler time pokemon red blue green and yellow

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』の概要

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目であり、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品に当たる。
『赤・緑』はゲームボーイ対応ソフトで、任天堂から1996年2月27日に発売された。『青・ピカチュウ』も『赤・緑』とストーリーは同じだが、『青』では『赤・緑』で野生ポケモンとして出現しなかった一部のポケモンが出現し、『ピカチュウ』では最初のポケモンがピカチュウで、『赤・緑・青』では最初のポケモンであるフシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメをストーリー中に入手できるなど、一部システム面で違いがある。
『青・ピカチュウ』もゲームボーイ対応ソフトで、『青』が任天堂から1996年10月15日に発売され、この時は小学館のコロコロコミックなどで通信販売されていたが、1999年10月10日に一般販売された。『ピカチュウ』は1998年9月12日に発売された。
『ファイアレッド・リーフグリーン』はゲームボーイアドバンス対応ソフトであり、株式会社ポケモン・任天堂から2004年1月29日に発売された。
また、『赤・緑・青・ピカチュウ』のニンテンドー3DS用のバーチャルコンソールソフトが2016年2月27日に発売された。
ゲームフリーク・クリーチャーズが制作を担当。

海外では『赤・緑』がアメリカで1998年9月28日、オーストラリアで1998年10月23日に発売された。また、『ピカチュウ』がオーストラリアとニュージーランドで1999年9月3日、アメリカとカナダで1999年10月18日、ヨーロッパで2000年6月16日に発売された。
そして、『ファイアレッド・リーフグリーン』がアメリカとカナダで2004年9月9日、オーストラリアとニュージーランドで2004年9月23日、ヨーロッパで2004年10月1日に発売された。

冒険の舞台はカントー地方で(『ファイアレッド・リーフグリーン』ではナナシマも冒険)、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇をすることがゲーム目標。
プレイヤーはポケモントレーナーとなり、ポケモンを捕まえたり、ポケモンと出会ったりして図鑑を完成させていき、各地のポケモントレーナーやジムリーダーとバトルをして腕を磨き、ポケモンリーグに挑戦して四天王やチャンピオンを倒して殿堂入りをして、最強のポケモントレーナーを目指す。
ストーリー中に、世界征服を目論む悪の組織であるロケット団と戦うことになる。

『赤・緑・青・ピカチュウ』に登場するポケモンは全部で151種類で、『ファイアレッド・リーフグリーン』に登場するポケモンは全部で386種類。
『ファイアレッド・リーフグリーン』では、初め『赤・緑・青・ピカチュウ』初出の151種類しかポケモン図鑑に登録することができないが、殿堂入り後「捕まえた数」が60以上の場合、オーキド博士にぜんこく図鑑にバージョンアップしてもらえる。
初出が『赤・緑・青・ピカチュウ』以降のポケモンはぜんこく図鑑にしないと『ファイアレッド・リーフグリーン』や他のバージョン(同じゲームボーイアドバンスソフトの『ルビー・サファイア・エメラルド』など)から通信交換で連れて来ることはできず、また、初出が『赤・緑・青・ピカチュウ』以降のポケモンに進化できない。
例えば、ゴルバットの進化形クロバットは『赤・緑・青・ピカチュウ』の次作の『金・銀・クリスタル』初出のポケモン。『ファイアレッド・リーフグリーン』には登場するが、ぜんこく図鑑ではないと進化条件を満たしても進化できない(強制的に進化キャンセルされる)。
『ファイアレッド・リーフグリーン』では全てのポケモンを捕まえることはできず、同じゲームボーイアドバンスソフトの『ルビー・サファイア・エメラルド』やニンテンドーゲームキューブソフト『ポケモンコロシアム』や『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』から連れて来る必要がある。

『赤・緑・青・ファイアレッド・リーフグリーン』での最初のポケモンは、フシギダネ(くさ・どくタイプ)、ヒトカゲ(ほのおタイプ)、ゼニガメ(みずタイプ)。『ピカチュウ』のみ、最初のポケモンがピカチュウ(でんきタイプ)になる。
伝説のポケモンは『赤・緑・青・ピカチュウ』では、フリーザー、サンダー、ファイヤー、ミュウツーで、幻のポケモンがミュウ。
『ファイアレッド・リーフグリーン』でも伝説のポケモンや幻のポケモンは基本的同じだが、伝説のポケモンはライコウ、エンテイ、スイクン、ルギア、ホウオウ、レジロック、レジアイス、レジスチル、ラティアス、ラティオス、カイオーガ、グラードン、レックウザ、幻のポケモンはセレビィ、ジラーチ、デオキシスを図鑑登録できる。

『赤・緑・青・ピカチュウ』では、出現するポケモンやポケモン図鑑の記載文章などがバージョンによって異なる。『ファイアレッド・リーフグリーン』でも同様。

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』のあらすじ・ストーリー

マサラタウン~ヤマブキシティ

20160226234445

主人公(真ん中)はオーキド博士(左上)から最初のポケモンとポケモン図鑑をもらう。

カントー地方のマサラタウンで母親と一緒に暮らす主人公は、同じ町に研究所を構えるオーキド博士から研究所で最初のポケモン(フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメのいずれか1匹)をもらう。オーキド博士の孫であるライバルも最初のポケモンをもらい、ライバルと初めてのポケモンバトルを行う。
その後、主人公はトキワシティでオーキド博士の荷物を預かり、マサラタウンに戻ってその荷物をオーキド博士に届ける。そして、主人公とライバルは研究所でオーキド博士からポケモン図鑑の完成を頼まれ、ポケモン図鑑をもらう。
ライバルは一足先に旅立ち、主人公も冒険の旅に出発することになった。

20161211130200

ニビジムではジムリーダーのタケシに挑戦。

主人公はマサラタウンを旅立ち、ポケモンを捕まえたり、トレーナーと戦いながら最初のポケモンジムがあるニビシティを目指す。トキワシティの西ではライバルと再戦。
トキワシティからトキワのもりを越え、ニビシティに到着。ニビジムに挑戦して、ジムリーダーのタケシに勝利してグレーバッジをもらう。ニビシティから次のジムがあるハナダシティに向かう途中のおつきみやまでロケット団に遭遇しロケット団員(したっぱ)とバトルをする。
おつきみやまを抜けてハナダシティに到着。ハナダジムに挑戦して、ジムリーダーのカスミに勝利してブルーバッジをもらう。ハナダシティから北東方向に向かおうとすると町の出口でライバルに再会してバトル。
ハナダシティから北東に向かうと、ハナダシティのはずれにあるみさきのこや(マサキの家)でポケモンと合体してしまったマサキに出会う。マサキの家にあるパソコンを使い分離させてマサキを救った後、お礼にマサキからクチバシティに停泊している豪華客船サントアンヌ号に乗ることができるチケットをもらう。
再びハナダシティに戻ると、ロケット団にわざマシンを盗まれた現場を目撃し、現場の裏手でわざマシンを盗んだ団員と戦ってわざマシンを取り返す。そしてハナダシティの南、ヤマブキシティ付近にある地下通路を通ってクチバシティに到着。
クチバシティの港にはサントアンヌ号が停泊しており、主人公は船員にチケットを見せて乗船する。船内では乗客やライバルとバトルをして、船長からひでんマシン「いあいぎり」をもらう。船から降りた後、サントアンヌ号は出航した。
その後クチバジムに挑戦して、ジムリーダーのマチスに勝利してオレンジバッジをもらう。

20160716 vc pokemon01

マサキからもらったふねのチケットでサントアンヌ号に乗船。

クチバシティからディグダのあなを通り、ニビシティ側に抜けた後、トキワのもりの東にある建物でオーキド博士の助手からひでんマシン「フラッシュ」をもらう。
そしてハナダシティに戻り、そこから東に移動。イワヤマトンネルを抜けた後、南に向かうとシオンタウンに到着。ポケモンのお墓があるポケモンタワーを訪れ、そこでライバルと再戦。ポケモンタワーでは謎の幽霊に遭遇。
その後、シオンタウンから今度は西に向かう。ヤマブキシティ付近の地下通路を通ってタマムシシティに到着。タマムシジムに挑戦して、ジムリーダーのエリカに勝利してレインボーバッジをもらう。
タマムシシティのゲームコーナー「ロケットゲームコーナー」を訪れると、ゲームコーナーの中にロケット団がいた。バトルして勝利すると団員はその場を立ち去る。主人公がゲームコーナーのポスターの裏にあるスイッチを押すと、ゲームコーナーの中に地下階段が出現した。
地下階段を進むとそこはロケット団のアジトになっており、主人公はそこでロケット団員達と戦う。アジトの奥の部屋ではロケット団のボス・サカキに出会い、彼とバトルをする。
サカキに勝利するとサカキはアジトを後にし、彼の部屋でシルフスコープを入手する。その後、ポケモンタワーに向かいシルフスコープを使用すると幽霊の正体がゴーストタイプのポケモンであることが判明。
最上階に続く階段の手前で塔をさまようガラガラの幽霊と遭遇しバトル。勝利すると、ガラガラの幽霊は成仏していった。塔の最上階にはロケット団がいて団員達と戦う。彼らに勝利して退散させた後、ロケット団に捕まっていたフジ老人を救い、その後ポケモンのふえをもらう。
最初は入ることができなかったヤマブキシティだったが、町のゲートにいる警備員に飲み物を渡して入れるようになる。しかし、町はロケット団に占拠されている状況で団員達が見張っていた。
町の中央にあるシルフカンパニーも占拠され、主人公達は社内でロケット団員達と戦う。また、社内ではライバルに再会しバトル。バトルに勝利すると、ライバルは最強のトレーナーになることを主人公に宣言し去っていった。
シルフカンパニーの最上階にある社長室に入るとサカキに再会。シルフカンパニーの社長と交渉中のサカキは邪魔な主人公を排除するためにバトルを仕掛けてくるが、主人公はサカキに勝利。
その後、サカキをはじめロケット団がシルフカンパニーから撤退し、主人公は会社の危機を救ってくれたお礼としてシルフカンパニーの社長からマスターボールをもらう。
それから主人公はヤマブキジムに挑戦して、ジムリーダーのナツメに勝利してゴールドバッジをもらう。また、ヤマブキジムの隣にある格闘道場にも挑戦し、道場の師範・カラテ大王に勝利して、エビワラーかサワムラーをもらう。

20170211105916

シルフカンパニーではロケット団と戦い、最上階ではサカキと戦う。

セキチクシティ~ポケモンリーグ挑戦

Maxresdefault

ポケモンのふえを使った後、目を覚ましたカビゴンとバトル。

ヤマブキシティから次のジムがあるセキチクシティに向かう。その途中で、眠っているカビゴンが道をふさいでいたが、ポケモンのふえで起こしてカビゴンとバトルをする。
バトルした後、さらに道路を進みセキチクシティに到着。セキチクジムに挑戦して、ジムリーダーのキョウに勝利してピンクバッジをもらう。
さらにセキチクシティのサファリゾーンではポケモンを捕まえ放題のサファリゲームに挑戦。サファリゾーンではひでんマシン「なみのり」を入手し、きんのいればを見つける。
その後、入れ歯をなくして困っていたサファリゾーンの園長にきんのいればを届け、お礼にひでんマシン「かいりき」をもらう。
セキチクシティから次のジムがあるグレンタウンへは「なみのり」を使って海上を進んでいく。グレンタウンに到着するが、グレンジムには鍵が掛かっていて入れない。
同じ町にあるポケモンやしきを訪れ、中でグレンジムを開ける鍵を入手。鍵を使ってグレンジムの扉を開けてジムに挑戦し、ジムリーダーのカツラに勝利してクリムゾンバッジをもらう。
グレンタウンから再び海上を進んでいき、マサラタウンを経由して、最後のジムがあるトキワシティに到着。ジムに挑戦するが、ジムリーダーはロケット団のボス・サカキ。ジム戦でサカキと再び戦うが勝利し、グリーンバッジをもらう。

Img 20180109 205720

チャンピオンロードに続くゲートでジムバッジを見せて先に進む。

ジムバッジを全て集めた主人公はポケモンリーグのあるセキエイこうげんを目指す。その途中で同じくジムバッジを全て集めたライバルに出会いバトルをする。バトルに勝利した後、ライバルは先にセキエイこうげんへと向かった。
主人公もセキエイこうげんに続くゲートでバッジを見せて進み、チャンピオンロードを越えてポケモンリーグのあるセキエイこうげんに到着する。
ポケモンリーグでは初め四天王のカンナ、シバ、キクコ、ワタルと戦い勝利する。その後、四天王を全て倒しチャンピオンになったライバルと戦うことになり、四天王の部屋のさらに奥にチャンピオンとなったライバルが待ち構えていた。
そこで主人公はライバルとの激闘を繰り広げるが、ライバルに見事勝利し、主人公はポケモンリーグのチャンピオンとなった。
その後オーキド博士が駆けつけ、チャンピオンになった主人公を祝福。と同時に負けてしまったライバルに対してはポケモンへの信頼と愛情を忘れているから負けてしまったと指摘した。
そして主人公はオーキド博士に連れられて殿堂入りの部屋に入り、自分と自分のポケモン達を記録した。ポケモンリーグの戦いを終えた主人公はマサラタウンへと帰った。

その後もポケモン図鑑の完成を目指したり、トレーナーとしての腕を磨いたりするなど、主人公の冒険はまだまだ続くのだった。

Maxresdefault

ポケモンリーグではチャンピオンとなったライバル(右上)と激闘を繰り広げる。

ナナシマ(『ファイアレッド・リーフグリーン』殿堂入り前)

Dihrvphvqae6qyj

マサキ(真ん中)に誘われた主人公は、彼と一緒にシーギャロップ号で1のしまに向かう。

カツラに勝利してクリムゾンバッジを入手した主人公は、グレンタウンでマサキに再会する。用事があるマサキに誘われ、高速船「シーギャロップ号」で一緒にナナシマ・1のしまに向かう。
1のしまに到着した後、マサキに連れて来られたポケモンネットワークセンターで、マサキの友人・ニシキに出会う。ニシキはネットワークマシンの調整をしていたがうまくいかず、マサキが協力することになった。
主人公はマサキから2のしまにいるマサキの知り合いの男性に隕石を渡すようお使いを頼まれ、ニシキからナナシマを行き来する「シーギャロップ号」に乗船するためのパス「トライパス」をもらい、ナナシマのタウンマップももらう。
1のしまからシーギャロップ号に乗船して2のしまに到着。マサキの知り合いである島のゲームコーナーの主人を訪ねるが、主人はいつも時間通りに弁当を届けに来る自分の娘が店に来ないととても心配していた。
主人公は主人から自分の娘・マヨの様子を見に行ってもらいたいと頼まれ、マヨが行った3のしまに向かうことになった。
シーギャロップ号に乗って3のしまに到着するが、島は暴走族が占拠しており、主人公は因縁をつけられた暴走族と戦うことになるが、彼らを倒して退散させる。
3のしまでマヨの手掛りを得て、きずなばしを越え、西の端にあるきのみのもりに向かうと森の奥でマヨを発見。きのみを取りに来ていたマヨは森の中でスリーパーに遭遇して怖がって帰れずにいた。そしてスリーパーに襲われそうになり、主人公はスリーパーとバトルをしてマヨを救出する。
その後、主人公はマヨと一緒に2のしまのゲームコーナーに戻る。そして、主人公は主人にマサキから頼まれた隕石を渡した後、主人からお礼としてつきのいしをもらう。
マサキのお使いを終えた主人公は1のしまに戻る。ポケモンネットワークセンターではネットワークマシンの調整が完了しておりマサキの用事も終了。
主人公とマサキは1のしまでニシキと別れて、シーギャロップ号でグレンタウンに戻り、グレンタウンでマサキと別れた。そして、主人公は最後のポケモンジムがあるトキワシティを目指すのだった。

ナナシマ(『ファイアレッド・リーフグリーン』殿堂入り後)

ポケモンリーグでの戦いを終えた主人公はオーキド博士に研究所に呼ばれ、ライバルと共にオーキド博士にポケモン図鑑をぜんこく図鑑にバージョンアップしてもらう。そして、オーキド博士から図鑑完成を改めて頼まれる。
ライバルは先に出発し、主人公も出発してシーギャロップ号に乗るためクチバシティに向かう。
そして、クチバシティからシーギャロップ号に乗って1のしまに向かい、ポケモンネットワークセンターでニシキに再会。ニシキは遠い地方の人々と通信交換ができるようにセンターの中にあるネットワークマシンの改良を行っていたが、それには特別な石が必要らしい。その石は1のしまにあるということだが、ニシキは見つけることができなかったという。
1のしまの中心地からほてりのみちを越えて、1のしまの北東にあるともしびやまに来ると、そこにはロケット団がいた。ロケット団のしたっぱと戦うことになるが勝利し、彼らは引き上げる。そして、ともしびやまの洞窟の奥でルビーを入手する。
主人公はルビーをニシキの元に届けた後、ナナシマのどこかにあるルビーと対になる石を探してきてほしいとニシキに頼まれる。そして、ニシキからトライパスと引き換えにレインボーパスをもらい、またナナシマ全てのタウンマップをもらう。

1のしまからシーギャロップ号に乗って4のしまに向かうと、ナナシマにやって来たライバルに再会。ライバルは島で自分達が知っている人達を見かけたと主人公に言い、島を後にした。
ライバルと別れた後、島の北東にあるいてだきのどうくつでカンナに出会う。カンナはポケモン達を狙うロケット団と対峙しており、主人公はカンナと共にしたっぱと戦う。
勝利した後、ロケット団に捕らえられたポケモン達が5のしまにある倉庫であることを聞き出した主人公は、カンナと別れシーギャロップ号で5のしまへと向かう。
5のしまでは島の東側でロケット団のしたっぱと戦い、ロケット団の倉庫を見つける。しかし、倉庫を開けるのにパスワードが2つ必要で主人公はともしびやまにいたしたっぱの話から1つは知っていたが、もう1つは知らず開けることはできなかった。
パスワードの手掛りを求め、主人公は5のしまからシーギャロップ号で6のしまに向かう。ポケモンセンターではライバルに再会し、じっくりと図鑑完成を目指すと決めたライバルはマサラタウンへと帰る。
島の南東にあるいせきのたにに向かった主人公は、島にある遺跡・てんのあなの入口にある点字を解読して遺跡の中に入り、遺跡の地下深くでルビーと対になる石・サファイアを発見する。
しかし、そこにロケット団を取引相手とする研究員のスミオが現れ、サファイアを持っていってしまう。スミオはロケット団の倉庫を開けるパスワード(もう1つのパスワード)を主人公に教え、去っていった。
パスワード2つ入手した主人公は、ロケット団の倉庫でパスワードを入力して倉庫の中に入り、中でしたっぱや幹部と戦う。幹部を倒してロケット団が倉庫から撤退した後は研究員のスミオと戦い、勝利してサファイアを取り返した。
1のしまに戻った主人公は、ポケモンネットワークセンターでニシキにサファイアを渡す。ルビーとサファイアにより、ネットワークマシン完成し、ニシキはホウエン地方の人々と通信交換できるシステムを完成させる。
ニシキと別れた主人公は、ポケモンリーグで強くなった四天王と再戦し、ライバルとも再戦。そしてライバルとの激闘を制し、主人公は再び殿堂入りを果たした。

そして、主人公の冒険はこれからも続くのだった。

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』のゲームシステム

初期設定

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説まとめ

シリーズ6作目となる本作はプラットッフォームを3DSへ移し、シナリオ、ゲームシステム、フィールドやバトル画面がフル3D表示になる等、表面的だけ見ても、従来より大幅にボリュームアップしているのが伺える。『生命と破壊』を司る伝説のポケモンを巡る、カロス地方の存亡を懸けた事件へと巻き込まれるが、主人公は友達やポケモンとの絆を深めこれを乗り越えていく。

Read Article

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説まとめ

ポケットモンスター サン&ムーンとはゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となる温暖で自然豊かなアローラ地方で、ポケモンが大好きな主人公サトシが、学校生活を送ったり、島めぐりをしたり、ポケモンに出会ったり新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

メガシンカとは、ポケットモンスターX・Yで追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと、成長が頭打ちとなったポケモンを中心として作られた。 ゲームシステム的に同じものとして扱われるため、ここでは伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻ることで全盛期の力を獲得するというゲンシカイキについても取り扱う。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の伝説のポケモンまとめ

伝説のポケモンとは、公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、ゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。シリーズ20年、7世代に至るシリーズの間にさまざまな伝説のポケモンが生み出されてきた。この記事では、各作品の舞台である地方の特色を色付ける伝説のポケモンたちを紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

任天堂が産んだ大人気ゲーム、『ポケットモンスター』。その誕生には同じく任天堂が開発した『MOTHER』というゲームの存在が深く関係していることはご存知だろうか。今回は『MOTHER』と『ポケットモンスター』の関係について詳しく解説していく。また『ポケットモンスター』のゲーム中の『MOTHER』の元ネタについても紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン、Pokémon)の都市伝説・裏設定まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

こんなに増えた!? ゲーム作品『ポケットモンスター』に登場するモンスターボール一覧

いまや国民的人気作品となった『ポケットモンスター』の、モンスターボールまとめ。 初代を遊んだ人の中には、「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂を信じて、必死に連打していた思い出がある人も多いでしょう。 このまとめでは『ポケットモンスター』作中に登場するモンスターボールをまとめて紹介します。

Read Article

ピカチュウの誕生から現在にいたるまでまとめてみた

ポケットモンスターといえば、誰もがその名を聞いたことがあるだろう。ポケットモンスターは1996年2月27日ゲームボーイのソフトとして発売された。ピカチュウは当初まだ無名だったにもかかわらず、そのかわいいキャラクター性に皆が惹かれました。ピカチュウはゲームやアニメのみならず、グッズ化や映画化されたり、また海外でも活躍し愛されてます。そんな我らがピカチュウの過去から現在にいたるまでをまとめてみました。

Read Article

BWシリーズやポケモンEX参戦!ついにここまで進化した「ポケモンカード」まとめ!

ポケモンカード、プレイしてますか?当時どんぴしゃだった20〜30代の方々は、遊戯王や別のカードゲームをしているか、もはやプレイしていないかもしれません。そんな知らぬ間に、実はポケモンカードは信じられないほどパワーアップしているのです!今回はそんなポケモンカードがどのくらい進化したのか、まとめてみました。

Read Article

「名探偵ピカチュウ」の最速情報まとめ

ポケモンのピカチュウ・・・ではなく、名探偵のピカチュウがここに参上!「名探偵ピカチュウ」は文字通り、名探偵であるピカチュウが様々な謎に挑むミステリーアドベンチャーゲームです。2016年の2月3日から3DSにてダウンロード専用としてリリースされる「名探偵ピカチュウ」、今回はそんな最速情報をまとめてみました。

Read Article

ポケモン個体値ランキングTOPまとめ

ポケモンのステータス、いわゆる個体値には各ポケモンごとに割り振られているポイントというものがあります。ゲーム上、ステータス画面等でその数字を確認することは出来ませんが、個体値は強いポケモンを育てる上で極めて重要な情報・知識になってます。そんな個体値をランキングにして、高い順番にまとめてみました(伝説のポケモンとギガ進化のポケモンは省いております)。

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

子ども向けっぽいけど本当は大人向けゲーム!「ポケモン」大人向け要素解説!

子ども向けっぽいキャラクターやゲーム性をしているけど、実は完全に大人向けなゲームをご存知ですか?それは意外にも身近で、今回はその中から「ポケモン」をご紹介!実際に、どこが大人向けなのかの詳細・解説から、実は裏ではこんな計算が行われていた事実など、マニアックな内容をまとめてみました。個体値や努力値、種族値の内容がわかると、ポケモンの世界観が一変するので、途端にプレイしたくなるかもしれませんよ。

Read Article

笑えるwwww変なピカチュウまとめw

皆様に愛され続けて約20年になるピカチュウ様。そんなピカチュウ様ですが、最近は映画に出たり漫画に出たり、他のゲームとコラボしてみたり、ついには海外進出も達成されました。しかしながらその裏では、そんなピカチュウ様の顔や体を使って、様々なパロディーが出来上がっているのをご存知でしょうか?そんな偉大なるピカチュウ様の笑える変な画像をまとめてみましたw

Read Article

ポケモンのファンアートは主役も悪役もいい感じ~!※ロケット団多めです☆

子供から大人まで幅広い人気を誇るポケットモンスター。可愛らしいポケモンやサトシたち主人公、悪役のロケット団まで長年ファンから愛されてきました。これまで何度か記事にさせて頂いた坂取さん(@_nnbn_)もそんなポケモンファンのお一人!Twitterで素敵なファンアートを披露されています。今回は坂取さんから許可を頂いたので、素敵なイラストをご紹介致します!

Read Article

目次 - Contents