ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ソード・シールド』は、株式会社ポケモンから発売されたNintendo Switch用ロールプレイングゲーム。2019年11月15日に『ポケットモンスター ソード』と『ポケットモンスター シールド』の同時に二本発売され、ポケットモンスターシリーズの8作品目となる。公式略称は『ポケモン剣盾』。
今作の舞台であるガラル地方で、主人公はポケモンバトルの最高峰であるポケモンリーグへ挑み、チャンピオンを目指す。また、ポケモンが巨大になるダイマックス現象の謎へと挑む。

『ポケットモンスター ソード・シールド』の概要

『ポケットモンスター ソード・シールド』は、『ポケットモンスター ソード』と『ポケットモンスター シールド』の総称で、ポケットモンスターシリーズの8作品目となる。
略称は『ポケモン剣盾』。
株式会社ポケモンから2019年11月15日に発売、パッケージ版とダウンロード版を選んで購入することができ、Nintendo Switchで遊ぶことができる。

本編内の対応言語は、日本語・英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字)の9言語と幅広く対応しており、オンラインを繋ぐことで世界中の人々と対戦や交換が可能である。

日本国内での販売初週の販売数は200万本、2020年6月末までの全世界での累計販売数は1822万本を記録している。
また、日本ゲーム大賞2020年間作品部門で、「ベストセールス賞」と「グローバル賞 日本作品部門」のダブル受賞をしている。

登場するポケモンの数は400匹、新たに登場するポケモンはもちろん、ポケモンシリーズ初代の「緑」「赤」から引き続き登場しているポケモンも多数存在する。
また、ポケモンが住む地方の環境に応じて姿を変えたリージョンフォームのポケモンにも出会うことができる。
今作のストーリーでは、歴代のポケモンシリーズの王道である「チャンピオンに勝つ」という目的の他に、新要素でもあるポケモンが巨大化するダイマックス現象の謎を解くというエピソードも共に進めていく、かなり充実したストーリーとなっている。

『ポケットモンスター ソード・シールド』では、新しいマップである広大な「ガラル地方」で冒険を繰り広げる。
ガラル地方の中央に存在する広大なワイルドエリアは、天候が変化することで遭遇するポケモンも変化するため、何度で訪れても楽しめる要素となっている。
また、自分で捕まえたポケモンと共にキャンプをしたりカレーを作ったり、仲良くなれるシステムも多数兼ね備えられており、ポケモンファンにはたまらない内容となっている。
ソード版、シールド版の2つにおいて、登場するポケモンやジムリーダーが異なっている部分があるため、2本どちらもプレイしても楽しめる。

また、ストーリーもさることながら、登場するキャラもまた魅力的である。
主人公の憧れの存在であるチャンピオンのダンデを始め、主人公のライバルである3人、各地の特色を生かしたジムリーダーなど、各キャラクターがストーリー上でかなり深く関わってくる。
そしてただバトルするだけの相手としてではなく、共に謎を解いたり、協力してバトルをしたりすることで、キャラクタてーとの絆も感じられる内容になっている。

『ポケットモンスター ソード・シールド』のあらすじ・ストーリー

今作の冒険舞台は広大な「ガラル地方」、ガラル地方には数多くの街が存在し、それぞれが異なる特色を持っている。
おだやかな田舎街、近代的な都市、海、雪山、森、洞窟、草原まで、多種多様な環境が広がっている世界であり、その中で人とポケモンが共存している。
「ポケットモンスター(ポケモン)」は、たくさんの謎を秘めた不思議な生き物で、野生で生きたり人と共に暮らして仕事をしていたりと、ポケモンの暮らし方も様々である。
今作ではこれまでに見たことのない新ポケモンたちもたくさん暮らしている。
主人公はガラル地方でチャンピオンを目指しながら、ポケモンが巨大になるダイマックス現象の謎へと挑んでいく。

ポケモンリーグに参加しチャンピオンに勝つ

主人公はガラル地方の端に位置する、ハロンタウン出身の人物。
ポケモン同士を戦わせるポケモンリーグに参加し、ポケモンリーグで一番強いチャンピオンであるダンテに勝つため、同じ街出身のホップと共に旅に出る。
主人公は冒険の途中でさまざまな人やポケモンと出会いながら、ポケモンリーグに参加するためのバッジを奪い合うポケモンジムに挑み、憧れのチャンピオンを目指す。

ストーリーNo.1『ハロンタウン〜ブラッシータウン』

スタートは自宅の前から始まる。
まず主人公は、自室に戻って自分のバッグと帽子を取りに行く。
いよいよ始まるポケモンリーグ挑戦への冒険の準備である。
バッグと帽子を身につけ家を出ると、外にはライバルであるホップが待っており、彼を追いかけてホップの家へ向かう。
ホップの家で、ホップの兄であるダンデが家に帰るためにこの先のブラッシータウンまで来ていることを知る。
ダンデは究極の方向音痴であるため家に帰ってくるのも一苦労、そこでホップが兄を迎えにいくと宣言する。
主人公はホップと共にブラッシータウンに向かう。

ブラッシータウンに着くと、街の中央には大勢のファンに囲まれたダンデが。
彼はガラル地方で大人気のポケモンリーグのチャンピオンであり、大スターなのだ。
無事ダンデと合流した主人公とホップはダンデ・ホップの家に戻り、そこでダンデからポケモンをもらう。
サルノリ、ヒバニー、メッソンの三匹から一匹を選び、主人公の初めての手持ちポケモンを手に入れる。
またホップもその中から一匹を選び手に入れる。

ポケモンを手に入れた二人が冒険を始めようとした矢先、ハロンタウンで飼育されている羊のようなポケモンのウールーが、街はずれにあるまどろみの森へ入ってしまう。
二人はウールーを探すため、薄暗く霧も濃いまどろみの森へと向かう。
森の奥まで進むと、謎のポケモンと出くわしバトルとなる。
このポケモンは、後に明らかとなる、伝説のポケモン、ザシアン、またはザマゼンタである。
(※ソード版はザシアン、シールド版はザマゼンタとなる)
バトルには負けてしまうが無事ウールーを見つけ、ハロンタウンの自宅に帰る。
自宅でママに旅立ちの挨拶をし、いよいよ冒険へと踏み出すのである。
まず主人公は、先を行くホップを追いかけてブラッシータウンにあるポケモン研究所に向かう。

ストーリーNo.2『ブラッシータウン〜ワイルドエリア』

ブラッシータウンに着いた主人公は、まずポケモン研究所へと向かい、マグノリア博士とその孫娘ソニアに出会う。
冒険していることを話すと、ソニアからポケモンのデータを集めるためのポケモン図鑑を渡される。
研究所を出るとダンデがおり、主人公にポケモンの捕まえ方を教えてくれる。
自分のポケモンと野生のポケモンを戦わせることでポケモンをゲットしていくのだ。
無事ポケモンをゲットして手持ちが増えた主人公に、ホップがバトルを挑んでくる。
そんな二人のバトルを見て、ダンデはポケモンリーグに挑戦するための推薦状をくれたのだった。

その後、主人公とホップは2番道路にあるマグノリア博士の家に向かう。
マグノリア博士は、ポケモンが巨大化する現象のダイマックス研究の第一人者だ。
博士によると、最近野生のポケモンが予兆もなくダイマックスし暴れている事件が各地で相次いでいるという。
主人公は博士から原因を探ってくれないかと頼まれ、ダイマックスについての情報とダイマックスバンドを受け取る。
このダイマックスバンドは、庭に落ちていた、不思議な力を持つとされる「ねがいぼし」から作ってもらった。
博士の孫娘であるソニアもダイマックス現象の謎を探るため、主人公とホップと共に出発する。
三人はブラッシータウンの駅へ向かい列車で街を後にする。

列車の到着地点はワイルドエリアのワイルドエリア駅。
ワイルドエリアは広大なエリアで、野生ポケモンの生息地だ。
ワイルドエリアの足を踏み入れた主人公は、まずソニアからポケモンをゲットした後に保管できるポケモンボックスをもらう。
その後ポケモンを捕まえつつ、広大なワイルドエリアを通ってエンジンシティに向かう。

ストーリーNo.3『エンジンシティ〜ターフタウン』

エンジンシティに着くと、まずポケモンリーグへ挑戦するために必要なバッジを集めるジムチャレンジへのエントリー登録をするために、ソニアの案内でエンジンスタジアムへ向かう。
ポケモンリーグへ挑戦するには、8つのジムを巡ってジムトレーナーに勝ち、勝利の証であるジムバッジを手に入れなくてはいけない。
ジムチャレンジは翌日からと言われ、ひと夜を明かすためホテル「スボミーイン」へ。
しかしホテルの受付でエール団と名乗る集団が騒ぎたてており、話しかけるとバトルを挑まれてしまう。
バトル後、マリィという少女に話しかけられ知り合いになる。
エール団はマリィの応援団で、マリィから迷惑をかけたことを謝罪される。
一件落着しホテルに泊まり、朝を迎え、ついにジムチャレンジが始まる。
ソニアとともにホテルのロビーに降りると、そこにはかつてガラル地方を救った伝説の英雄の銅像がある。
その銅像は、大昔ガラル地方を滅ぼそうとしたブラックナイトと呼ばれる大厄災を打ち破った伝説を持つ英雄のものだった。
ブラックナイトは、黒い渦を巻き起こしそのパワーでポケモン達をダイマックスさせ暴れ狂わせたという。
ソニアは大昔のブラックナイトと最近の事件と何か関連がありそうだと考えている。
主人公はホテルを後にし、最初のジムチャレンジ挑戦場所であるターフタウンを目指す。

まず、3番道路を通り、その先のガラル鉱山、そしてターフタウンへ。
ガラル鉱山の出口で、同じくジムチャレンジに挑戦しているビートという少年に声かけられバトルになる。
彼はローズ委員長の使命でねがいぼしを集めているといい、自信満々、勝利へのこだわりをむき出しにバトルをしかけてくる。
彼に勝利し、4番道路を通るとターフタウンへ到着する。

ターフタウンにはたくさんの遺跡がある。
先に到着していたソニアと相棒のワンパチに着いていくと、昔の大厄災を描いた地上絵がある。
遺跡を調べるというソニアと別れ、ターフスタジムへ向かいジムチャレンジに挑戦する。
ジムリーダーのヤローに見事勝利し、クリアの証である一つ目のバッジをゲットした主人公はさらに先へ進んでいく。

ストーリーNo.4『バウタウン〜エンジンシティ』

ターフタウンを出た後、バウタウンへ向かう。
バウタウンに向かうため5番道路を通り橋へ向かうと、またもやエール団がバトルを挑んでくる。
また、ホップが力試しを求めてバトルをしかけてくる。
すべてに勝利し橋を越えると、無事バウタウンへ到着だ。
バウタウンに着くと人だかりがあり、その中心にはポケモンリーグの委員長であるローズと、秘書のオリーヴの姿がある。
ポケモンリーグの委員長、またガラル地方のライフラインに大きく関わっているマクロコスモス社の社長であるローズはとても人気で、彼に群がるファンをさばくオリーヴは忙しそうだ。
その後バウスタジアムに挑戦するために灯台のふもとにいるジムリーダーのルリナに話かけ、バウスタジアムでバトルし、二つ目のジムバッジをゲットする。
ジムチャレンジ後、バウタウンにあるシーフードレストラン「ぼうはてい」にいくと、そこには先ほどのローズの姿がある。
ローズはダンデの推薦状をもつ主人公に興味を示し話しかけてくる。
しかし忙しいローズは会話もそこそこに立ち去るのであった。

その後、主人公はホップと共に、次のジムがあるエンジンシティを目指すため、第二鉱山へ向かう。
第二鉱山の途中でまたビート、エール団と出会いバトルを行う。
エンジンシティに戻ってきた主人公はホテルに泊まるためホテル「スボミーイン」へ向かうが、中でマリィが待ち受けておりバトルとなる。
勝利しホテルに泊まった翌日、エンジンスタジアムへ向かいジムリーダーのカブとバトルをし、勝利し三つ目のジムバッジをゲットする。

ストーリーNo.5『ナックルシティ〜ラテラルタウン』

主人公は次のスタジアムへ向かうため、まずワイルドエリアの北にあるナックルシティへ。
そこでビートで出会いひょんなことから共にナックルシティへ向かうことになる。
ナックルシティに到着すると、ナックルスタジアム前でローズ委員長と出会い、ビートがローズ委員長の推薦でジムチャレンジをしていることを知る。
ビートが勝ちにこだわっているのはすべてローズ委員長のためだったのだ。
主人公たちはまずブラックナイトについて謎を調べるため、スタジアムの西にある宝物庫へ向かう。
宝物庫前に、ナックルシティジムリーダーであるキバナが待っており、事情を話すと彼が宝物庫を案内してくれるというので、ソニアと共に中に入る。
宝物庫の中には大きな絵画が4枚あり、そこには二人の人物が描かれていた。
英雄は二人いたことが判明する。
謎を少し解明した主人公は、次のジムチャレンジの場所であるラテラルタウンへと向かう。

ラテラルタウンへ向かうための6番道路で、またエール団とバトル、その後ラテラルタウンへ到着する。
ラテラルタウンへ着くとホップにバトルを挑まれる。
主人公はラテラルスタジアムへ向かい、ジムリーダーのジムでサイトウ、もしくはオニオンとバトルし、四つ目のジムバッジをゲットする。
(ソード版はサイトウ、シールド版はオニオン)

ラテラルスタジアムを出ると、遺跡のほうで騒ぎがおきている。
急いで向かうと、ビートがポケモンを使って遺跡を破壊しようとしていた。
ビートはローズ委員長の頼みで各地のねがいぼしを集めており、ローズに認められたい想いから焦りを生み、遺跡を壊せばねがいぼしが大量に手に入ると考えたのだ。
ビートを止めるため、主人公はビートとバトルをし勝利する。
負けたビートは志を折られ、呆然となる。
主人公は次のアラベスクタウンへ向かうため、ルナミスメイズの森へ向かった。

ストーリーNo.6『アラベスクタウン〜ナックルシティ』

怪しげな暗く不気味なルナミスメイズの森は、光るキノコに触れて周囲を照らすことで道が見える。
迷路のような道を通りアラベスクタウンへ到着。
アラベスクスタジアムでジムリーダーのポプラとバトルをしクリア、五つ目のジムバッジをゲットする。

ジムチャレンジ後、次のジムチャレンジ場所に向かうため一度ナックルシティに戻ろうとすると、ポプラに話しかけられナックルシティまで送ってもらうことになる。
ナックルシティに到着すると、先ほどバトルに破れたビートが。
先の騒動で尊敬し敬愛するローズ委員長に冷たくつけはなされショックを受けているビートだが、ポプラが彼を気に入り自分の後継者にならないかと誘う。
高齢のポプラはジムトレーナーを引退するために後継者を探していたのだ。
一連を見届けた主人公は、次のジムチャレンジに挑戦するためキルクスタウンへ向かう。

ストーリーNo.7『キルクスタウン〜スパイクタウン』

ナックルシティの東、7番道路を通ってキルクスタウンへ向かう。
キルクスタウンに到着し、キルクススタジアムへ向かい、ジムチャレンジに挑戦する。
キルクススタジアムでジムリーダーのマクワ、もしくはメロンとバトルしクリア、六つ目のジムバッジをゲットする。
(ソード版はマクワ、シールド版はメロン)

ジムチャレンジ勝利後、キルクスタウンで有名なステーキハウス「おいしんボブ」へ向かう。
驚くことに、ステーキハウスの中になんと伝説の勇者の絵が飾られていた。
こんなところで追いかけている謎の糸口に出会えるとは、と驚く主人公とソニア。
ステーキハウスを出ると、英雄の湯の前でホップとバトルとなる。
勝利し、主人公は次の目的地であるスパイクタウンへと急ぐのであった。

9番道路を通り、スパイクタウンへ。
しかし街には人気がなく、入り口の門は固く閉ざされている。
困っている主人公にマリィが話かけ、バトルに勝利したら街に入れてくれるという。
スパイクタウンは彼女の生まれ故郷のため、裏口を知っているのだ。
マリィとのバトルで勝利し、裏口から街中へ入れてもらう。
スパイクタウンはエール団の本拠地でもあるため、街中に潜む多くのエール団と戦い打ち負かし、やっとのことでのジムリーダーであるネズのもとへたどり着きバトルに勝利する。
七つ目のジムバッジをゲットとなる。

次の街に向かおうとスパイクタウンを出ると謎の巨大音が。
音の先、9番道路へ向かうとチャンピオンのダンデが現れ、ダンテに「ここは任せてほしい」といわれたため、主人公は予定どおり次の街へ向かう。

ストーリーNo.8『ナックルシティ〜シュートシティ』

最後のジムチャレンジを行うナックルシティに着き、ナックルスタジアムで向かう。
するとスタジアムの前にはマグノリア博士やダンデ達が集まっている。
どうやらダイマックス現象の騒ぎは大きくなっているらしい。
主人公は事件をダンデたちに任せて、ナックルスタジアムのジムリーダーであるキバナとバトルし勝利、最後の八つ目のジムバッジをゲットする。

無事8つのバッジを入手した主人公は、ポケモンリーグのトーナメント戦への挑戦権を手に入れる。
トーナメント戦が行われるシュートシティへ向かうため、ナックルシティ駅からホワイトヒル駅へ列車で移動する。
ホワイトヒル駅から道なりにすすむとガラル地方最大の都市であるシュートシティへ到着する。
シュートスタジアムに向かい、受付でトーナメントへの参加を登録する。
まずセミファイナルトーナメント、そしてそれに勝利すればジムリーダーやチャンピオンと戦うファイナルトーナメントへと進めるのである。
主人公はまずセミファイナルトーナメントへ挑戦する。

ayatani11
ayatani11
@ayatani11

Related Articles関連記事

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説まとめ

ポケットモンスター サン&ムーンとはゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となる温暖で自然豊かなアローラ地方で、ポケモンが大好きな主人公サトシが、学校生活を送ったり、島めぐりをしたり、ポケモンに出会ったり新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター X・Y』とはロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。プレイヤーはカロス地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。フレア団という悪の組織が登場し、ストーリー中に大きく関わってきて、各地で戦うことになる。メガシンカという通常の進化とは異なるポケモンのパワーアップ要素が初登場する。『ポケットモンスター』シリーズでは初のグラフィックが3Dの作品。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のモンスターボールまとめ

いまや国民的人気作品となった『ポケットモンスター』の、モンスターボールまとめ。 初代を遊んだ人の中には、「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂を信じて、必死に連打していた思い出がある人も多いであろう。 このまとめでは『ポケットモンスター』作中に登場するモンスターボールをまとめて紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の伝説のポケモンまとめ

伝説のポケモンとは、公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、ゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。シリーズ20年、7世代に至るシリーズの間にさまざまな伝説のポケモンが生み出されてきた。この記事では、各作品の舞台である地方の特色を色付ける伝説のポケモンたちを紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

メガシンカとは、ポケットモンスターX・Yで追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと、成長が頭打ちとなったポケモンを中心として作られた。 ゲームシステム的に同じものとして扱われるため、ここでは伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻ることで全盛期の力を獲得するというゲンシカイキについても取り扱う。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

任天堂が産んだ大人気ゲーム、『ポケットモンスター』。その誕生には同じく任天堂が開発した『MOTHER』というゲームの存在が深く関係していることはご存知だろうか。今回は『MOTHER』と『ポケットモンスター』の関係について詳しく解説していく。また『ポケットモンスター』のゲーム中の『MOTHER』の元ネタについても紹介する。

Read Article

ピカチュウの誕生から現在にいたるまでまとめてみた

ポケットモンスターといえば、誰もがその名を聞いたことがあるだろう。ポケットモンスターは1996年2月27日ゲームボーイのソフトとして発売された。ピカチュウは当初まだ無名だったにもかかわらず、そのかわいいキャラクター性に皆が惹かれました。ピカチュウはゲームやアニメのみならず、グッズ化や映画化されたり、また海外でも活躍し愛されてます。そんな我らがピカチュウの過去から現在にいたるまでをまとめてみました。

Read Article

ポケモン個体値ランキングTOPまとめ

ポケモンのステータス、いわゆる個体値には各ポケモンごとに割り振られているポイントというものがあります。ゲーム上、ステータス画面等でその数字を確認することは出来ませんが、個体値は強いポケモンを育てる上で極めて重要な情報・知識になってます。そんな個体値をランキングにして、高い順番にまとめてみました(伝説のポケモンとギガ進化のポケモンは省いております)。

Read Article

BWシリーズやポケモンEX参戦!ついにここまで進化した「ポケモンカード」まとめ!

ポケモンカード、プレイしてますか?当時どんぴしゃだった20〜30代の方々は、遊戯王や別のカードゲームをしているか、もはやプレイしていないかもしれません。そんな知らぬ間に、実はポケモンカードは信じられないほどパワーアップしているのです!今回はそんなポケモンカードがどのくらい進化したのか、まとめてみました。

Read Article

笑えるwwww変なピカチュウまとめw

皆様に愛され続けて約20年になるピカチュウ様。そんなピカチュウ様ですが、最近は映画に出たり漫画に出たり、他のゲームとコラボしてみたり、ついには海外進出も達成されました。しかしながらその裏では、そんなピカチュウ様の顔や体を使って、様々なパロディーが出来上がっているのをご存知でしょうか?そんな偉大なるピカチュウ様の笑える変な画像をまとめてみましたw

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

子ども向けっぽいけど本当は大人向けゲーム!「ポケモン」大人向け要素解説!

子ども向けっぽいキャラクターやゲーム性をしているけど、実は完全に大人向けなゲームをご存知ですか?それは意外にも身近で、今回はその中から「ポケモン」をご紹介!実際に、どこが大人向けなのかの詳細・解説から、実は裏ではこんな計算が行われていた事実など、マニアックな内容をまとめてみました。個体値や努力値、種族値の内容がわかると、ポケモンの世界観が一変するので、途端にプレイしたくなるかもしれませんよ。

Read Article

ポケモンのファンアートは主役も悪役もいい感じ~!※ロケット団多めです☆

子供から大人まで幅広い人気を誇るポケットモンスター。可愛らしいポケモンやサトシたち主人公、悪役のロケット団まで長年ファンから愛されてきました。これまで何度か記事にさせて頂いた坂取さん(@_nnbn_)もそんなポケモンファンのお一人!Twitterで素敵なファンアートを披露されています。今回は坂取さんから許可を頂いたので、素敵なイラストをご紹介致します!

Read Article

「名探偵ピカチュウ」の最速情報まとめ

ポケモンのピカチュウ…ではなく、名探偵のピカチュウがここに参上!「名探偵ピカチュウ」は文字通り、名探偵であるピカチュウが様々な謎に挑むミステリーアドベンチャーゲームです。2016年の2月3日から3DSにてダウンロード専用としてリリースされる「名探偵ピカチュウ」、今回はそんな最速情報をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents